厚別区 殺人事件。 札幌厚別区の殺人事件の重要参考人が自殺しましたが、身近な人だったのですか?...

トップページ

厚別区 殺人事件

概要 [ ] の男Y(犯行当時24歳)と女C(同19歳)は1991年の5月頃に知り合い、その後8月からYの部屋で同棲を始める。 Yはイベント会社社長、Cは大学1年生であった。 程なくしてYの会社経営は行きずまり、当面のにも困るようになる。 Yは殆んど仕事をせず、Cのとしてので生活していたという。 その後Cの両親に二人の居所を突き止められた為、目的に加え邪魔な存在を消すため、YはCに両親の殺害を提案。 Cもこれに同意し、11月22日未明Cの両親宅に侵入し二人を殺害(刺殺)。 翌年1月6日までにを解約したり、夫婦宅にあったものを売り払う等で計680万円を得ている。 を車ごと燃やしの湿地帯の地中に遺棄し、自殺に見せかけるため偽の遺書を作る等隠蔽工作を行ったが、1月26日に夫妻の遺体が発見されその日の夜にYとCはされた。 裁判 [ ] ではどちらがか、またCは両親の殺害に直接手を下したか否かが争点となった。 YとC双方の主張は悉く食い違った。 Yは犯行はC主導で行われたと述べ、Cは逆にY主犯説を主張した。 また犯行当時Yと肉体関係にあった人妻4人がYから亭主を保険金目当てで殺害することを提案されたと供述したが、Yはこれを全面的に否認した。 Cは「犯行に応じないとお前の裸の写真をばら撒く」等とYに脅されたと供述したが、が押収した物品の中にはそのようなものはなかった。 判決 [ ] 3月23日はYとCにを言い渡した。 検察はYへののみ不服とし、、更にまでしたがいずれも棄却され12月26日にYも無期懲役が確定した。 は事件が「Yが立案し、またYの指示で行われた」可能性はあるとしながらも、「Cも積極的に犯行に関与しており、二人の判決に大きな差を付けYをとすべきだとは断定し難い」とした。 その他 [ ]• 遺体は焼け焦げており激しく損傷していた。 実際にCが手を下したかは損傷が激しく不明である(Yは母親はCが刺したと主張しているが、Cは両親共にYが手を下したと述べている)。 YとCは同棲生活中に二体のの縫いぐるみに「プハ」「プハプハ」と名前を付け4人家族を擬した生活を送っていた。 Cは「Yにを受けていた(Cによればにを挿入する、自分のを飲まされる等)」と主張したが、Yはこれを否認し「Cは軽いノリの女だった」と供述している。 実際に、Yの裁判でCのこの主張が完全に否定されたために、Yは最終的に極刑を免れることとなった。 (なお、その時点でCの判決は既に確定済みであった) 参考文献 [ ]• 『新潮45』2001年1月号 この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。 などしてくださる()。

次の

札幌両親強盗殺人事件

厚別区 殺人事件

6月下旬に北海道札幌市厚別区内で発生した殺人事件について、北海道警は3日、殺人容疑で逮捕した43歳の暴力団員の男を札幌地検に送検した。 交通事故の損害賠償を巡るトラブルから殺人に至ったとみられており、さらに調べを続けている。 北海道警・厚別署によると、逮捕・送検された43歳の男は6月29日夕方、札幌市厚別区大谷地東4丁目付近にあるマンション駐車場で、このマンションに住む52歳の男性を包丁で刺殺した疑いがもたれている。 被害者の男性が運転するクルマは2007年12月、札幌市東区内のコンビニエンスストア駐車場で、容疑者の男が運転するクルマに低速で接触。 被害はバンパーの小傷のみだったが、男はこの事故で打撲を負ったと主張。 同乗者分を含め、治療費や休業補償など約280万円の損害賠償を求めた。 男性と契約する損害保険会社は札幌地裁に対し、債務が無いことの確認を求める民事訴訟を提訴。 同地裁は「男は被害を誇張している」と判断。 「バンパー修復費用のみを支払えばよい」として、約3万円の賠償を男性に命じていた。 しかし、男はこれに不満を持ち、当初請求の残金や遅延損害金を支払うよう男性に迫っていたという。 事件当日もこれが原因でトラブルになり、最終的に刺殺するに至ったとみられている。 警察では男が虚偽の休業証明などを用意し、執拗に金の支払いを求めていたものとみて、厳しく追及している。 《石田真一》.

次の

札幌市厚別区殺人事件 犯人自殺 犯人は警察関係者か!

厚別区 殺人事件

1、婚約者 2、伊藤華奈さんとLINEをしていた人物 3、通り魔説 4、伊藤華奈さんご両親・弟 当事件の犯人と考えられる人物を番号順に並べてみた これより番号順に推理し、消去法により絞ってみたいと思う 1、婚約者 現在では犯人である確率が最も高い 後々推理していく。 かんぜんに白の可能性もある 2、このグループの構成は女1、男1、中学の同級生(おそらく女性) 後にラインの文章は記載するがこのメンバーを犯人説から外すことはできないと思われる。 被害者が自宅にいることを知っていたのは、婚約者・LINEグループだけであるということ この中に被害者伊藤華奈さんと陰で浮気相手・恋仲であった可能性のある男性も出てくる。 LINEの会話記録も消去することが可能であるため、キーポイントとなる部分は消去しマスコミに報告している可能性が高い。 遺体発見時の状況として木のくぼみに押し込まれ枯葉がかけられていた。 女性を犯人と仮定すると万が一抵抗された場合逃げられてしまい、殺害に失敗してしまう 死亡原因は解剖により窒息死であるとわかっている。 女性が女性を口をふさぐなどして殺害するのは難しいと考える。 男性だとこの犯行は可能となる。 でもこの男性に殺害する動機はない、むしろ心の支えとなっていた人物なのだから・・・ となると犯人は・・・ 3、事件解明にもっとも時間がかかるであろう通り魔説 通り魔を仮定した場合、たまたま外に出てきた被害者を誘拐し何らかの方法で殺害したことになる 短時間で誘拐して連れ去ることを考えると車であった可能性が高い。 よってその場で犯行を行ってはいないため犯人特定に至る証拠が見つかる可能性は低い 極端な話付近の道を通った車、付近に土地勘がある人間すべてが容疑者としてあげられるため ほぼ100%迷宮入りしてしまう。 しかしその犯人が今後犯罪を犯しその他事件について自供して発覚する可能性はありうる。 家族は限りなく白。 一般的に考え婚約中の人が異性に連絡を取るというのは、一歩間違えば大きな裏切りにつながると考える。 親も健在でむしろ札幌と室蘭とあれば行こうと思えばいつでも出向くことは可能だし、家族の関係もあれだけ良好なら必ず親に電話やメールの一本くらい行きそうなものである。 こうした推理から婚約中ではあるも男友達と恋仲にあった可能性は非常に高い。 またこの男性は伊藤さんから日常的に相談されることもあったに違いない。 婚約者男性がどのような人間だったかおそらく知っているだろう kzsoten ・ 5月19日 ふざけんなやあのクソ野郎 kzsoten ・ 5月19日 何も協力してないくせに母ちゃん泣かすとかどういう神経してんだ kzsoten ・ 5月19日 しかも家から私物全部持って行きやがった kzsoten ・ 5月19日 よくそんなんで俺と実里の将来に口出しできたな kzsoten ・ 5月19日 かなさんは俺が守ります(笑)ふざけんなゴミ kzsoten ・ 5月19日 可能なら姉ちゃんに見せてやりてーわこの状況 kzsoten ・ 5月19日 くたばれマザコン野郎 kzsoten ・ 5月20日 婚約者が「今テレビに出たらまた荒れるから警察には出るなと言われた」らしいけど、今日警察に問い合わせてみたら 「報道に変なストーリーを付ける週刊誌には気を付けろとは言ったが、テレビに出るなとは一言も言っていない」だってさ kzsoten ・ 5月20日 もし俺が同じ立場なら死に物狂いで探すし、マスコミや2ちゃんねるの人に何言われようがテレビ出まくって協力呼び掛けるけどなぁ。 kzsoten ・ 5月20日 こんなのが一ヶ月後に姉ちゃんと結婚控えてたんだぜ。 kzsoten ・ 5月20日 自分は関係ない。 協力するつもりもないから関係を切らせてもらう。 だってさ kzsoten ・ 5月20日 自分で自分の首絞めてるのも気付けないわけね。 家族・弟はマスコミには大々的に発表していないが、婚約者との関係にひびが入りつつあることに気づいていたのではないだろうか。 この文面からも弟は完全に婚約者男性を疑っていると考えられる。 実際に家族が警察に問い合わせた結果、警察としてはこのような内容で婚約者には伝えてはいないとの回答だった。 要するに婚約者はウソをついている。 本来自分が犯人でないならマスコミにもっとたくさん訴えることができると思う。 実際自分が婚約者なら一秒でも早く犯人を捕まえてほしいし、許せない気持ちでいっぱいであろう。 またな。 忘れない。 しんど。 携帯鳴るたびにビビる。 おかえり華奈。 ゆっくり休みなよ?寒かっただろうに。 慎と3人で行った居酒屋。 横浜も行った。 すき焼きうまかったね。 忘れへんで。 ずっとな。 改めておかえり。 話したいけど・・話したらまた泣くねこれ。 この相手が伊藤さんの可能性もありうる。 LINEでは被害者をかなやんと呼んでいる男性がいる。 これがりゅーとは確信はないが、普段かなやんと呼んでいたが、死亡後のツイートでは哀悼の意も込めてあだ名ではなく華奈と呼んだ可能性がある。 もう一つの可能性はLINEで登場した男とりゅーは別人であるということである。 それでも両者ともに友達以上の関係であることは間違いない。 浮気相手や元彼の可能性あり。

次の