ウイイレ 2020 アンカー。 【ウイイレアプリ2020】FPファビーニョ(5/25)レベマ能力と評価!リヴァプールのアンカー!

【ウイイレアプリ2020】「アンカー」最強当たりランキングTOP20

ウイイレ 2020 アンカー

(ウイイレアプリ2019)アンカー最強ランキング(使用感):パスもディフェンスも全部まかせられるのは!? アンカーとは、 「中盤の底に位置して守備を安定させる」のが役割です。 とはいっても、守備がメインなわけではありません。 ディフェンスラインまで戻って、パス回しの中心にもなってくれる選手なので、ディフェンスだけでなく、パス能力も高い必要があります。 ポジションは以下になります。 そうなんです。 完全にDMFだけなんです。 中盤の門番とも言われるポジションなんで、DMFとしてあらゆる能力を持っていることが大事です。 そのため以下のような選出ポイントを設けて最強ランキングを選んでみました。 選出ポイント• パス能力• フィジカル• ディフェンス• スピード• スキル• 使用感 パス能力 パスを散らす役割なので重要:グラウンダーパス、フライパス フィジカル 体の強さは大事:身長、フィジカルコンタクト ディフェンス あくまでDMFだから守備も重要:ディフェンスセンス、ボール奪取 スピード そこまで必要ないけど、速い方がよし:スピード、瞬発力 スキル 「インターセプト」、「ワンタッチパス」が重要 使用感 最終的にはここですね。 使ってて使いやすいかです。 【超重要】 実際にアンカーを使ってみると、 パス能力の方が大事な感じなんですよね。 もちろんディフェンス力も大事ですが、DMFポジションって攻撃してくる相手も警戒していて、なかなかボールに触れさせてもらえません。 なので、 体が大きいことで自然と足が届いてボールをカットしてくれたり、パスミスをカットすることの方が大事なイメージ(フィジカル大事)です。 そのため、ディフェンス力がないのは気にしないでもいいと思っています。 (むしろ身長とフィジカルコンタクト) 特に中盤の底でのパスミスは即失点につながるので、パス能力は大事ですし、ワンタッチパスも超重要です。 CBに使っている人もいるほどの優秀な選手です。 弱点はありませんが、パス能力が抜群というわけではなく、ドリブルやボールコントロールがあまり高くなく、キープ力がそこまで高くありません。 個人的にはウイイレ2019からは使用感がちょっと落ちてる印象です。 選出ポイント 1. たしかにスピードはあまりありませんが、 196cmなので足の長さがある感じで 、何かとディフェンスをしていると体にボールが当たる感じがあります。 フライイパスは低いですが、グラウンダーパスが高いので、パス供給は十分に果たしてくれます。 ウイイレ2019ではフィジカルコンタクトよりも実際の身長がかなり影響してる感じがするのでエンゾンジはかなりおすすめです。 ワンパがないのでパスミスだけは気をつけましょう。 選出ポイント 1. パスも出せれば、ディフェンスも高レベルでこなせます。 さらにスキルもワンタッチパス、インターセプトとしっかりと持っています。 フィジカルが少し低いのですが、ボール奪取が90を超えてくるので十分です。 攻撃の組み立てで下がってくる感じが、リアルのグエンドゥジさながらで使っててかなり楽しいです。 (ビジュアルも目立つので使いやすい!) もっと上位にしてもいいんですが、いかんせんレベルMAXまで上げるのはさすがに厳しいのでこの順位です。 選出ポイント 1. レベルMAXまでいければ、もしかしたら最強かもしれないレベルですね。 ディフェンス能力が若干低いですが、身長とフィジカルがトップクラスで、DMFとしてはスピードもトップクラスなので、フィジカルでボールを奪ってくれます! 奪った後も、パス能力は十分ですし、スキルもめちゃくちゃ豊富なのでバックスピンロブで一気にカウンターってのもできます。 ちなみにヘッダーをもってるので、おそらくDMFとしては空中戦最強でしょう! グエンドゥジ同様にもっと上位でもいいんですが、レベルMAXはかなりしんどいのでこの順位にしました。 選出ポイント 1. ワンタッチパスがあれば、トップクラスでしたね。 せっかくグラウンダーパスも最強レベルで、ディフェンス力も最強クラスなのに。。 とはいっても、ワンタッチパスがないからってパスミスをするわけではないので、グラウンダーパス92もあれば、十分ダイレクトでもつながります。 あとは、 レベル50くらいまで上げればかなりの選手になります。 まずはレベル50くらいまで目指しましょう! 選出ポイント 1. とはいってもスピードとディフェンス力はあるので、ボールを奪う力はかなり強いです。 ボールを奪う際のフィジカルは低いですが、ボールをキープする際にはメッシ級のボディコントロールがあるので、体に触れさせることなくクルクル回ればOKです。 スタミナもありますし、数字以上に使いやすい選手です。 ぶっちゃけ、DMFで使うのがもったいないくらいので選手です。 チェイシングのスキルは少し邪魔な印象ですね。 くっついて行ってしまうので真ん中を開ける危険性があります。 選出ポイント 1. めっちゃパスが上手いわけでもなく、フィジカルが強いわけでもなく、ディフェンス力が高いわけでもありません。 でも使用感が抜群なんです。 パウリーニョは決定力とプレースキック以外は全部、80以上なんです。 これってかなり凄いことなんです。 もともとパウリーニョは「ボックストゥボックス」だったんですが、なぜか「アンカー」になっちゃいました。 ポジションもCMFが最適正なんで、なんか変なんですよね。 でも使ってみるとこれが意外とハマります。 やっぱりバランスが良いんですかね。 ワンタッチパスもありますし、パスつなぎも申し分ありません! 他のアンカーがなんかしっくりこない人はオールマイティーなパウリーニョをおすすめします。 選出ポイント 1. パス、フィジカル、ディフェンス、その全てがトップクラスです。 スピードはないようでそこまでないわけではないので、ボール奪取する上ではマイナスにはなっていません。 やっぱりウイイレ2019からは、フィジカルが重要になってる気がしますし、エンゾンジ同様に身長で相手からボール奪取する感じですね。 あとは、マティッチのAIはかなり高い気がするので、使っててちょうどいいパスカットや、絶妙なパスを通してくれます。 スタミナもあるし、ドリブルもそこそこできるのでかなり使い勝手のいいアンカーです。 選出ポイント 1. 個人的にはマティッチが好きなんですが、マティッチにはワンタッチパスがありませんし、多少パス能力が落ちます。 ブスケツはスピードがないんですが、アンカーにはそこまで重要な能力値じゃありませんし、身長とディフェンス力でカバーできます。 必要なスキルもしっかりと持っていますし、使用感も抜群です。 持っているなら使うべき選手です。 あと結構 大事なポイントとして、LV44でレベルMAXなので、ツアーで貯めたスペシャルトレーナーだけでレベルMAXにすることができます。 すぐにレベルMAXの数値で使用できるのもかなり高いポイントですよね。 グエンドゥジやベルガはさすがにだいぶ時間も労力もかかるので、ブスケツは費用対効果もいいアンカーです。 2枚確定スカウト• アンカー選びは悩みますよね。 必ず1人は入れたいですし、それでいて2人は選べませんからね。 個人的なおすすめは、ディフェンス力ではなくて、パス能力でアンカーを選ぶことをおすすめします。 次に優先するのはフィジカル(身長、フィジカルコンタクト)だと思います。

次の

ウイイレ2020でもウィルマルバリオスは有能金【アンカー最強かつ無課金の方におすすめの選手】

ウイイレ 2020 アンカー

ウイイレ2020のマイクラブやマスターリーグで使える、おすすめのフォーメーションを5つご紹介いたします! 現実のサッカーとウイイレとしてのサッカー、両方の側面からご説明したいと思いますので、よろしくお願いします。 対人戦やSIM対戦でぜひとも参考としていただけたら光栄です! おすすめ記事 使える!おすすめフォーメーション5選|ウイニングイレブン2020マイクラブSIM攻略情報• 中盤にバランス良く5人のミッドフィルダーを配置し、さらにディフェンダーも4枚配置することで、時折、サイドバックをオーバーラップさせて、中盤の数を増やして厚くすることで、後方からのビルドアップとボールポゼッション(ボール支配率:ボールを保持する割合)を上げやすいフォーメーションです。 中盤や最終ラインに数が多い反面、1トップのフォワードへの負担は大きく、前線でのポストプレーができる強靭なフィジカルと、裏を抜けるスピード、そしてエースストライカーとして必要な決定力と万能な能力が必要です。 ウイイレでの4-2-3-1 ここからは、ウイイレのSIMモードでの話をしたいと思います。 このフォーメーションをウイイレでうまく使うことは難しいです。 その理由は OMFの配置が難しいからで、ふつうのサッカーと違い、ウイイレでは試合時間がとても短いので、ボールを回しすぎるよりもシュートにどのように持っていくかが大事になるのですが、 OMFとCFの位置を縦の関係にすると攻撃が鈍化することが多いです。 なので、ウイイレで使うときは1トップのCFとOMFを疑似的な2トップのように斜めに配置することをおすすめします。 最後に、マイクラブでこのフォーメーションで始める場合は、FWにまずは体格の良さを優先してまずは背が大きい(できたら190cm級)の選手を選ぶのが良いでしょう。 FCバルセロナといえば、ティキ・タカという味方同士の距離感を短くし、ショートパスをつないでボールポゼッションを高くする戦術で有名なのです。 ですが、本来4-3-3というフォーメーションは基本的にカウンターの戦術が有効です。 その理由は、フォワードに三枚のフォワードを並べてワイドに配置していること、そして中盤が三枚のみで数が少ないので、普通のチームならばDFからFWへ大きく蹴りだしたり、ウイングと裏を駆け上がるサイドバックの2人でサイドを突破し、クロスを上げて、センターフォワードがズドン!と決める戦術を取ることが多いからです。 ウイイレの4-3-3 ウイイレでの4-3-3も基本的には同じで、カウンターが基本戦術になります。 もし、バルセロナみたいにパス回しをしたい場合は、グアルディオラ時代のフォーメーションみたいに、CFをSTとし、両WGよりも低い位置に下げ、中盤3人とSTでダイヤモンドの形を結成することでボール支配率を高めることに努めるのが良いと思います。 そうすることで、常に二方向へのパスコースを確保し、選手同士が三角形の形を多く作ることができるのでおすすめです。 ただ、最初にご説明した通り、基本的にはこの4-3-3ではカウンター戦術をメインにして、三枚のMFは技巧派よりも守備的な選手を配置したほうが良いと思います。 派生として、以下のような中盤を正三角形の形にし、トップ下を置いた4-2-1-3というフォーメーションもあります。 4-3-3に比べるとボランチが2枚なので、少し守備の負担が大きくなります。 ただ、OMFを含めて前4枚、後ろ6枚ではっきりと攻守に分かれることができるので、どのような選手を配置するのか決めやすいフォーメーションです。 マイクラブで利用できる監督も多いので、ぜひ1つ所持しておくことをおすすめします。 アンカーの位置に司令塔のピルロが深くからチャンスメイクをして、サイドCMFに運動量が豊富なガットゥーゾとセードルフを配置して、ピルロをサポートするというフォーメーションでした。 その前のトップ下にはカカやルイ・コスタが君臨していましたね。 基本的にはディフェンス4枚、ボランチ3枚の7人で強固な守備陣営を形成するので、イタリア式のとても守備的なフォーメーションといえるでしょう。 ポゼッションサッカーというよりも大きくボールを蹴りだして、前の三人で試合を決めてもらう攻撃方法を取るのが良いと思います。 なので、ビルドアップのタイプを「ショートパス」ではなく「ロングパス」の監督の方が活躍してくれる可能性が高いです。 なので、ピルロがいたアンカーには基本的にディフェンス力の高い選手を配置するのがよくて、時には2枚のセンターバックの間に入り、スリーバックを形成できるプレースタイル「アンカー」を所持している選手が良いでしょう。 そして、チャンスメイクをするプレースタイル「プレーメーカー」を持っているような選手はサイドのCMFに配置するとよいと思います。 または、OMFをCMFに変更してプレーメーカーを配置するのも手ですね。 フォワードからディフェンダーまでを狭く配置することで、仲間の間の距離を小さくして、もしボールを奪われてもすぐに取り返せるようなフォーメーションが一般的です。 最近だと、ドルトムントやアトレティコマドリードがこのフォーメーションで結果を残しています。 理由は 超カウンターフォーメーションが作れるからです! コンセプトアレンジにゲーゲンプレスなどをつけて、ガンガン前線からプレッシャーをかけてカウンターをしかけましょう。 おそらく、 SIMモードや監督モードで一番安定して勝ちやすいフォーメーションではないかと思います。 かつては、トルシエジャパンが3バックを採用し、ワールドカップで初のベスト16に進みました。 サイドハーフは、4バックのサイドハーフに比べると一列下がった位置に配置し、ウイングバックのように守備にも積極的に参加する必要があるでしょう。 ウイイレの3-5-2 かつては、最初の時に使いやすいフォーメーションだったのですが、最近のウイイレではあまり使えない感じですね。。。 理由は、3バックのサイド裏がどうしても抜かれてしまうからです。 これはここ二作くらいの話ですが、斜めの動きが強化されたのでそのせいかなと考えています。 なので、3バックを使う場合は、先ほどサッカーの方ではウイングバックのように低めに配置せずに高い位置に配置し、なるべくカウンターをするための準備をする必要があります。 そうすることで、守備は補完できていませんが、その代わりに攻撃に枚数をかけて、打ち勝つことを目指しましょう! 最後に 今回は、ウイイレ2020でのおすすめフォーメーションを5つご紹介しました! サッカーでのフォーメーションの形、ウイイレでのフォーメーションの形、それぞれに意味があるのですが、最終的には両方ともサッカーです。 まずは頭の中で自分が再現したい戦術を思い描き、ぜひウイニングイレブンの中で再現できるようにがんばりましょう! また、次回もよろしくお願いいたします。 chrono0520.

次の

【ウイイレアプリ2020】FPファビーニョ(5/25)レベマ能力と評価!リヴァプールのアンカー!

ウイイレ 2020 アンカー

個人的にはこの中でバリオスが1番強いまであると思っています! 理由は アンカーの選手で特にずば抜けて足が速いため。 アンカーの選手一覧を見ていただけるとイメージしやすいかと思いますが、このポジションの選手はスピードが65~79辺りがほとんどです。 それに対し バリオスはレベル1時点でスピード84・瞬発力81あるというのはかなりアドバンテージであると言えます。 特にウイイレのオンライン対戦はダッシュボタンを使う機会が多く、選手のスピード値は結構重要ですよね。 ウイイレでは守備が上手くて足も速い、いわゆる カンテタイプの選手は希少性のある存在でかなり使いやすいです。 スキル「ワンタッチパス」追加 ウイイレ2020のバリオスは新たなスキルとして「ワンタッチパス」をデフォルトで所持しています。 ワンタッチパスは地味に助かる良いスキルなので、ワンタッチパス追加は強化と言っていいかと思います。 ちなみに右サイドバック RSB でも起用可 ちなみにですが、バリオスは右サイドバックにも薄い適正があります。 なので中盤で良いMFのFPが揃っている場合はサイドバックで使ってあげることもできるので、手持ちにいて腐りづらいタイプの選手なのも特徴です。 それが コンディション安定度。 総合値は82のままの金選手• スキル「軸足あて」がなくなり、「ワンタッチパス」が追加• バリオスはウイイレ2019でも有能金でしたが、今作は最強金とまで言ってもいいのかもしれません。 それぐらい個人的には強いキャラだと思っているので、興味のある方はぜひ獲得を目指して見て下さい。 おまけ:FPバリオス(ウイイレ2019)の能力値 バリオスはゼニト所属であり、ウイイレ2020でFPになる可能性も存在します。 前作ウイイレ2019では一度だけFPになったことがあり、その時はDMFの最強FPクラスの大当たりFPで登場していました。

次の