佐藤健 恋 つづ。 恋つづで『佐藤健』に恋してしまう人が続出する理由とは?

【恋つづ】天堂先生(佐藤健)のキュン死セリフ&キスシーンまとめ│days

佐藤健 恋 つづ

上白石萌音が佐藤健と繰り広げる胸キュンラブストーリー、火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)も、3月17日についに最終話を迎える。 第6話から4週連続で右肩上がりに視聴率を伸ばし、前回の第9話では平均視聴率14. 7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録する人気ぶりだ。 これほど多くの視聴者の心を掴んだ大きな要因は、やはり上白石と佐藤の演技力の高さ。 特に上白石が演じた主人公・佐倉七瀬は、ともすればあざとく見えてしまうドジっ子キャラ。 それを佐藤扮するドSドクターの天堂から、そして視聴者からも愛されるヒロインへと昇華させることができたのはなぜか。 そこには、上白石のある挑戦があった。 上白石萌音(以下、上白石):こちらこそ、ご足労ありがとうございます。 上白石:うふふ。 そうですね。 七瀬も私も昭和な感じがあると、よく言われます。 私は七瀬ほど行動派ではないけれど、人の痛みや悲しみには寄り添える人ではありたいと思いますし、改めて七瀬にそれを教えてもらった感じはありますね。 やさしくありたいなと。 あとは思ったことをすぐ口に出しちゃうところでしょうか。 吉川愛ちゃん、堀田真由ちゃん、渡邊圭祐くんの同期組がみんなすごく大好きなので、会うと毎日ハグしちゃいます。 「今日もかわいいよー!」って。 上白石:もう最近言いすぎちゃったのか、スルーされ始めて(笑)。 「(そっけなく)ありがと」って。 それでも懲りずに「かわいい!」って言っちゃうのは、七瀬と似てるかもですね! 『恋つづ』の現場は、本当に楽しくてみんな仲がいいです。 誰とエレベーターに閉じ込められても、楽しく救助を待てる自信があります! あ、でも私は「かわいい」とは言えるけど、好きな人に「好き」ってなかなか言えないタイプなので。 やっぱり、すごいと思います、七瀬って! 「好き」とか「ありがとう」と思ったら伝えたほうがいいんだなって、これも七瀬に教わったことです。 思ってるだけで伝わることもあるけど、やっぱり口に出したほうが伝わるし、相手も嬉しいですよね。 セリフもすごく素敵ですし。 でも……はい……七瀬を演じている私としては、天堂担ですし……好きですよ! 実は最初のころ、ドSとかヤダなって思っていたんです。 でも、ドSってただのラベルで、愛情表現の仕方のひとつなんだなって知ったので。 そういうのがわかっちゃうと、いつも優しいよりも、たまに優しいっていうツンデレの強さも知りました。 「健さんの作ったキュンを視聴者の方に届ける邪魔をしたくない」 ーープロデューサーさんが上白石さんを起用した理由に「イヤミのなさ」だとおっしゃっていました。 ドジっ子の愛されキャラを演じる上で、気をつけたことは? 上白石:本当に塩梅が難しかったところです。 やろうと思えば、いくらでもできるんですが、そうすると「いや、こんな子いないでしょ」って観てくださっている方がシラケてしまったら台無しなので、漫画的なコミカルさを残しながら、成長の伸びしろを感じさせるにはどうしたらいいかをものすごく意識しました。 特に序盤は失敗ばかりで、医療の現場なので笑えないものも多くて。 これは、どう消化していけばいいのかと悩んでいたんですけど、みなさんにも意見を仰ぎつつ、そこは胸をお借りしてやろうとは思っていたんですが、やっぱり掴むまでは難しかったですね。 第1話のころとか「好きです!」「何でもやります!」みたいな、言葉よりも魂が先走っちゃってる感じでセリフを発していました。 ちょっと忙しないトーンで、その音だけでも「大丈夫?」って周りが不安に思うような感じに。 でも、徐々に愛を知って、ちゃんと自分の中にいろんなものが収まってきて、落ち着いた音程とか、息遣いなどで表現していきました。 これも声優業をやらせていただいた経験が活かされていて。 アテレコのときって「もう5歳上げていきましょう」とか「色を明るくしてください」とか、声色を探る時間があるんですよね。 それはドラマでも同じことだなって思ったんです。 どこまで伝わっていたかはわからないですが、声はすごく大事にしています。 上白石:ありがとうございます。 どのお芝居でもそうなんですが、何回もテイクを重ねるわけで、やっぱり最初の反応がリアルなんですよね。 特に胸キュンシーンとかは、とにかく反射なんですよ。 肩がピッてなったり、目の奥がパッと開いたり。 そういうものを毎回鮮度を保つのが大事でしたね。 だから、カットがかかったら毎回記憶を1回全部消すようにしてました。 「何も覚えてませーん」みたいな! 胸キュンって基本突然くるものなので。 健さんからのキュンが私をはさんで視聴者の方に届くわけなので。 とにかく私は、その邪魔になりたくないと思って取り組みましたね。 でもそこはむしろピクッてなったらダメだって、反射が出ないようにしていました。 意識を飛ばすのが、大変でした。 視聴者の方の反応は届いていますか? 上白石:大学とか高校のときからの友達から、放送終了後に毎回LINEが届きます。 でも、みんな取り乱してて(笑)。 「あああああー!」とか「ぎゃーーー!」みたいなのばっかりですね。 のっけからキスの嵐だった第7話の反響が特にすごくて。 そういうリアルタイムな熱をダイレクトにもらえるのは、やっぱり連ドラならではだなって思いました。

次の

佐藤健と上白石萌音が「おうちで恋つづ」で交際発覚?仲良しすぎる?

佐藤健 恋 つづ

4月30日、Twitter上では「 七瀬ちゃんいってらっしゃい」「 七瀬ちゃんおめでとう」というハッシュタグがトレンド入りしていた。 この日は、木曜日。 特別編の放送日でもない。 ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(通称:恋つづ)最終話で、七瀬(上白石萌音)が天堂(佐藤健)にプロポーズされ、留学へ旅立った日だった。 公式が発したわけでもなく、ファンが作り出した「恋つづ愛」の結晶である。 これほどまでファンを熱くさせる『恋つづ』。 先週28日に放送された特別編第8話では、第7話に続き、ボーリングデートやバックハグのシーンなどで未公開カットが挟まれ、再放送でありながらも何度も観ているファンを楽しませた。 作り手の愛と、それを全力で受け取るファンの愛が合致しているからこそ生まれる盛り上がり。 やはりすごい作品だ。 ドワンゴジェイピーnewsでは特別編の放送に合わせて、第7話から1話ごとにTwitterで『恋つづ』アンケートを実施。 第8話はちょっとだけマニアックな番外編も。 選択肢は以下の4つ。 7%)となった。 何度も何度も髪を撫でる天堂(佐藤健)からの愛情供給量は半端なかったようだ。 「愛しそうになでるところがとても見ていてキュンキュンしました」「もう撫で方が尋常でない 笑 くらい!甘いです」「佐藤健くんの色気ダダ漏れ」と回答理由を寄せてくださった方も。 また、番外編はこんなお題。 4%)となった。 『恋つづ』に登場するキャラクターはみな邪気がなく愛すべき人物たち。 なかでも「あんりちゃんの純粋な気持ちに、本当に癒されました」とコメントをくださった方もいたように、第1話から登場し天堂が可愛がる杏里ちゃんはまさに天使だった。 そして本日5日(火)よる10時から『「恋はつづくよどこまでも」胸キュン! 特別編』が放送される。 佐倉家のナイスキャラオンパレードと愛情深い空気。

次の

恋つづ天堂(佐藤健)衣装ブランド!サングラスやコートが私物だって本当?

佐藤健 恋 つづ

『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日)のウォズ役で一躍メインストリームに躍り出た渡邊圭祐が、TBSで放送中のドラマ『恋はつづくよどこまでも』で待望のGP帯連ドラ初出演。 血を見るのが苦手なヘタレ新人看護師・仁志琉星役で、新たなファン層を開拓している。 モデル出身のクールなビジュアルから一見すると近寄りがたそうな印象の渡邊だが、中身はちょっとイタズラっぽい笑顔が似合う26歳。 ウィットに富んだ切り返しで周りを楽しませるユーモアとサービス精神の持ち主だ。 今回の「オシダン!plus」では、今後さらなるブレイクが期待される渡邊の素顔を丸ハダカに! まずは注目のTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の裏話を語ってもらった。 うれしいですね、夜に出られるというのは。 ずっと朝の9時から(『仮面ライダージオウ』のこと)だったので(笑)。 光栄だし、気合が入っています。 事務所の先輩である(佐藤)健さんと「こんなに早く共演するんだ!」って声をファンの方からもらったり。 地元の友人や親も「よかったね」と連絡をくれて。 その反応を受けて、僕もますます楽しみになりました。 好きな食べ物の話とか。 あはは(笑)。 初めてお話しさせてもらうときに、今の仕事についての話を健さんから振っていただいたんですけど、僕がありえないぐらいの量の汗をかいてしまい、話を最後までしきれずに終わるという・・・(笑)。 完全に健さんの魅力にあてられてしまいました。 「そうなんだ、イクラ好きっておかしいんだ」と思いつつ、健さんに「好きな食べ物なんですか?」って聞き返したら、「寿司です」と。 「いや、一緒じゃないですか、何が違うんですか」ってツッコんで(笑)。 そのやりとりがなんだか面白くて、印象に残っています。 常に"佐藤健"としてそこにいるんです。 オーラがすごいというか、吸い込まれちゃうんですよね。 否が応でも惹きつけられてしまう。 そういう"黒い魅力"を持った方です。 まだ健さんを説明するのにうまい言葉が見当たらなくて。 撮影が全部終わるまでには、あの人の魅力を語れるぐらいにお近づきになれたらなと思っています。 この間、僕がちょろっと「果物食べたいね」って話をしたら、次の日くらいにドライフルーツを持ってきてくださって。 そんなふうに僕らに対しても、スタッフさんに対しても、気配りを絶対に忘れない方。 すごく楽しい現場なんですけど、この和やかな空気をつくっているのは、完全に上白石さん。 人として尊敬しています。 それはですね、健さんと僕が所属しているアミューズで「ハンサム」という事務所主催のイベントがありまして、それに以前は健さんも出て踊ったりしていたんですけど、その話を上白石さんにして、当時健さんがやっていた振りを僕がやったらハマっちゃって・・・(笑)。 たぶんそのときのことだと思います。 それで(笑)。 で、上白石さんが「今度この振りを健さんにやってもらおう」って張り切っていたんですけど。 そしたら言ったのが俺だってバレるじゃないですか。 だからやめてって、必死になって止めました(笑)。 台本を読んで、女性がキュンとするドラマになるのかなと思いました。 漫画原作ではありますが、こと僕の演じる仁志くんに関してはかなりオリジナル要素が強くて、原作にはないストーリーがたくさん描かれているので、原作ファンの方にとっても、ドラマからこの作品を知った視聴者の方にも面白い起爆剤になるのかなと思っています。 ヘタレで、ナヨナヨしていて、自信がないけど、なんか自信があるっていう男の子。 僕の抱いている男性の理想像からかけ離れているというか、言ってしまえば真逆にいるのが仁志琉星。 演じるのには大変苦労しています(笑)。 たぶんヘタレってなりたくてなる人っていないと思うんです。 やっぱりカッコよくありたいというのが、僕も含めて男の本音。 でも、ヘタレって愛される人間のことを指している言葉だとも思うんですね。 失敗しても先輩から可愛がられていたり、後輩にすごく慕われて愛のあるイジリを受けたり。 そういう仕事に恋に不器用ながらまっすぐに進んでいく仁志を、ドラマが終わるまでには観ている方々から愛されるキャラクターとしてつくっていけたらと思います。 と言うのも、仁志は観ている人たちをキュンとさせられる男ではないので(笑)。 香里奈さん演じる流子に対して緊張でドギマギしながらも勢いだけで突き進んでいくところと、小児科で小さい子どもたちに見せる優しい笑顔。 そのギャップを見せられればとは思いますけど、女性をキュンとさせるカッコいいところは、たぶん流子さんとのシーンでは出せないんじゃないかな。 そうですね。 それも含めて愛していただけたらと思います! 後編では、本人曰く「Sっ気がある」という恋愛観や、『仮面ライダージオウ』から今作に入るまでの日々を聞いています。 また、パラビオリジナルストーリー『まだまだ恋はつづくよどこまでも』も独占配信中。

次の