ツインパワーsw 半プラ。 20ツインパワーのボディが半分樹脂の半プラボディに… 耐久性はステラと同じらしい 素材

【もはやステラ?】20ツインパワーが最大の弱点克服して得たものとは?。

ツインパワーsw 半プラ

20ツインパワーと19セルテートのどちらかを購入しようと考えています。 ツインパワーXDも良さそう? 20ツインパワーが叩かれているのは知っているのですが、半プラボディーはそんなにダメなのでしょうか? やはり、実釣面や、耐久性に大きな問題があるのでしょうか? どちらの方がどうすぐてれいるのかなども教えていただけるとありがたいです。 まだ釣りを初めて1年なもので全く詳しくないので教えていただきたいです。 ちなみに使う用途としてはサーフでのヒラメ、小型青物や、堤防などのライトショアジギング 投げても50gまで に使おうと思っており、5000番にしようと思っています。 ロッドはネッサci4+、ラテオr、オーバーゼアAirのどれかを購入する予定です。 お答えいただけると嬉しいです 20ツインパワーが半プラボディーなのはたぶん苦肉の策でしょうね。 というのもオールアルミにすると19ストラディックと自重が変わらなくなります。 また軽いマグネシウムにすると価格がステラに近くなるという具合で剛性を保ちつつ価格と自重を抑えるにはこうするしかなかったのでしょうね。 まあ釣行ごとに大物がバンバン釣れるなんてよほどの腕の人くらいなので普段使いでは問題ないと思いますよ。 それとロッドはラテオRの100Mか100MHくらいが良いと思います。 レングスが短い分飛距離には不利ですが短い分軽くて空気抵抗も少なく済むので1日キャストを続けると疲労度が結構違いますよ。 また軽くて振り抜き安いのでキャストスピードも上がりますので極端に飛距離が落ちることも無いですよ。

次の

20ツインパワー出るから15ツインパワー買ってきた。旧モデル買うなら今か!?│ナナブンノニブログ

ツインパワーsw 半プラ

オカッパリのシーバスフィッシングのために、17エクスセンスCi4+ C3000MHGから本商品に交換。 あくまで個人的な主観による比較レビューである事を理解の上で感じていただきたい。 17エクスセンスCi4の武器である「軽さ」には勝てない。 そもそもスペック上の物理的な重量で20ツインパワーのほうが重いのだから当たり前。 ただ、リール自体の重心バランスが改善され手元に寄っているので実際の釣り場でロッドを振ってもたいして差がない気がした。 剛性感。 この「剛性感」は比べるまでもなく、各種メディアで紹介のある通り圧倒的圧倒! 17エクスセンスCi4が霞んで見えるほど。 実際に50cm〜70cmのシーバスをかけたが、なんの問題もなくスルスルとランディング。 巻きのタッチ。 本商品の巻きは「ステラに追いついた」と言われているが、・・・ステラよりもほんの少し重いリーリング。 確かに滑らかな巻き心地ではあるが・・・ しかしステラには勝てていない 実売価格3万円後半で、この巻きなら合格点だが デザイン。 樹脂素材を奢った17エクスセンスCi4のシックなマットブラックが好みの人もいるとは思うが、個人的にはこちらが好き。 半プラボディと酷評する人もいると思うが、メタリックに光るボディとローターに19ステラSWをセルフオマージュしたかのような肉抜きスプールが最高! そして所々に配色されたゴールドがさりげなく存在感を醸し出す。 価格面。 17エクスセンスCi4が約2万円前半。 20ツインパワーが3万円後半。 釣りのタックルは年々と進化していくが、この価格でシマノの「質実剛健」を具現化した リールを使えるのなら損はない。 小型番手も充実しているので、アジ・メバルやトラウト、シーバス、ライトショアジギなど様々な釣種に対応するラインナップ。 総評として。 ステラなどだけに搭載される高級機能やマテリアルをふんだんに盛り込みながらも価格を抑えて登場したモデル。 これだけでシマノの本気度がうかがい知れるのだが、やはりステラの限り無く滑らかな巻きなどには及ばない。 終わりに。 人間の編み出したルアーフィッシングという魚の命の鼓動と尊さを感じ、最高の趣味を楽しむための道具。 この最上の時間を愉しむために、なぜ購入を悩む必要があるのか・・・ そんなリールの1つである事に間違いない。 デイナイトと両立出来る凡庸性を求めたらやはりハイギアで尚且つ少しでも剛理性がある物となると現状セルテートかツインパワーになる。 手持ちのセルテート3000XHはエクストラハイギアでナイトゲームにはやや不向き。 ルビアス3000Cもあるがザイオンボディのたわみはやっぱり酷く70㎝以上をかけるとリールフットがクネクネ曲がる感じは好きになれない。 ツインパワーはまだ3回しか使っていませんが、40~70㎝を10匹釣った感じだと必要十分値段相応って感じ。 金属ローターに限っては文句ありません。 むしろ、「たしかにこれなら」と納得している自分がいるのも事実です。 MLの竿で70㎝以上をかけて突っ込まれるとリール頼りになるがツインパワーならドラグ性能を信じてファイトしても全く問題なかった。 釣りをしてステラやツインパワーを回したことあるなら普通に区別出来るわな。 ステラやツインパワーを一回も回したことない人や釣りをやったことない人は区別出来ないかもね。 ステラは本当にヌルヌルだが、ツインパワーはヌルヌルの中にズルズルって感じが入っていてちょっとギアが重い感じ。 やや辛口なレビューになってもうたな。 でもな、シマノこれがユーザーの声なんよ。 半プラボディは定価2~3万くらいのリールやヴァンキッシュのような軽さを追求したモデルだけにしろ。 実質剛健のツインパワーに軽さはいらない。 もし、ツインパワーに軽さを求めているユーザーがいたらそれは本来のツインパワーを知らない人に過ぎない。 軽さは正義と言う時代の流れに飲み込まれたツインパワーの復活を私は願ってるわ。 PS 2020年4月5日ナイトゲームでシーバスを4匹釣ったところ巻きが急に重くなったのは何なのだろう? 25匹くらいほど釣って症状が出てきたので残念。 4月15日にシマノから連絡がありシャフトを交換するとのことでした。

次の

originalsupperbox.co.uk:カスタマーレビュー: シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー C3000MHG バーサタイル

ツインパワーsw 半プラ

15ツインパワーSWは、俗にいう「半プラ」構造です。 私は、「半プラ構造であっても、ギア支持する側のボディが金属であれば、フルメタルのステラとそん色ない」と考えるのですが、皆さまのご意見をお聞かせください。 海の大物を相手にする釣りにおいて、魚とファイトする際は、「ポンプリトリーブ」をします。 これならリールボディへの負担は最小限です。 なので、根に突進する魚を強制的にストップさせるような、ゴリ巻きをしない限りは、半プラ構造で十分だと思うのです。 実際に、80cmの砲弾の如きメジロを、ストラSWで釣った際、ポンピングしたのですが、リールの歪みを実感することはありませんでした。 (魚の頬にフックがめり込み、スレ掛かりのようになっていたので、とても引いたです) ツインパワーSWに関しては、半プラのボディ本体には、リールのオシレート機構が搭載されているだけであり、そこまで強い負担はかかっていないと考えるのですが、この理解で大丈夫でしょうか? ピニオンギアを支えるボディが樹脂なんで問題ありだと思います。 ポンピングしようがゴリ巻きしようが、まず間違い無く負荷が掛かるのはピニオンギアですからね。 リールフットからピニオンギアまで一体のアルミボディで支え、ピニオン前後にボールベアリングが入ってこそタフネスリールとしては一級品であります。 ツインパワーSWは減点2なんで、ソルティガ、キャタリナ、ステラSWと比べたらかなりの減点になります。 ピニオンギアがズレても、リールのレッグが捻れるのと違って捻れは感じないでしょうが、ギアの噛み合わせは間違いなく狂っていて、その分ハンドルに入力されるエネルギーがギアのダメージとなって減衰し、フルメタルのステラSWよりも早くギアが磨耗してしまうのは間違いの無い事実です。

次の