精油 英訳。 香料

精油の学名の読み方

精油 英訳

パイン精油 目次• キーワード&データ リラックス、自己確立 名前 パイン、松、赤松、ヨーロッパアカマツ、オウシュウアカマツ、パインニードル、Pine Pinus sylvestris マツ科 葉、球果 水蒸気蒸留法 ミドルノート 刺激強、妊娠初期は避ける 【樹木系】新鮮な森林に香り。 バルサム調。 魂を浄化する儀式といった宗教的に使われることもありました。 マットレスに松の葉を詰めて使われることもありました。 パインの精油には沢山の種類がありますが、一番使いやすく一般的なものはこのPinus sylvestrisの学名のものです。 植物の特徴 原産はオランダ、もしくはユーラシア大陸と言われていますが、現在はヨーロッパとアジアに多く生息しています。 樹高は40m、周囲は1mにもなる巨大な木です。 樹齢も500年近くになるものもあります。 パインの効果効能 心への効能 パインは胸部を開き、心を強くする働きがあります。 悲観的な気持ちになってしまう時、自分への自信を取り戻して肯定的な気持ちを取り戻してくれます。 とくに自分に対して否定的になってしまいがちなとき、内向的になりすぎてしまうときに、自己受容を促してくれます。 体への効能 気を強壮する作用があり、呼吸器系の症状に効きます。 気管の炎症緩和や、うっ滞除去、せきや喘息にも効果的です。 また、殺菌作用や消炎作用もあります。 それらは泌尿器系、生殖器系の疾患に有効です。 鎮痛・鎮静作用はリウマチ痛や関節炎に効果的です。 皮膚への効能 皮膚へは抗炎症作用があります。 アトピー性皮膚炎にもいいと言われています。 湿疹などに対する殺菌作用もあります。 パインには様々な種類がありますが、この種類が一番皮膚に使いやすいです。 体への効能• 鎮痛作用• 抗菌作用• 抗感染作用• 消炎作用• 抗リウマチ作用• 呼吸器の鎮痛作用• うっ滞除去作用• 去痰作用• 血圧上昇作用• 結石溶解作用• 神経強壮作用• 局所循環促進作用• 殺菌消毒作用• 刺激作用• 肝臓の浄化• 血行促進作用• コルチゾン作用• 免疫向上作用• 抗肥満作用• 抗炎症作用• 森林浴効果 肌への効能• 湿疹への殺菌作用• 抗炎症作用 おススメ使い方 芳香浴、沐浴、ホームケア 精油のブレンド 香りの相性がいいブレンド 樹木系、柑橘系の香りと相性がいいです。 柑橘系・・・• フローラル系・・・• オリエンタル系・・・、• 樹木系・・・、、、、、 機能性ブレンド• 免疫力アップに・・・パイン、、• 風邪・インフルエンザに・・・パイン、、、 中医学からみた性質 陰 金 肺 大腸 魄 温・燥 次はこれを要チェック 注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。 ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。 事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。 持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

次の

歴史年表で見るアロマテラピー

精油 英訳

概要 ボスウェリア属の樹木は、、などの南部、、、、などの 、 に自生している。 これらの樹皮に傷をつけるとが分泌され、空気に触れて固化する。 1-2週間かけて乳白色~橙色の涙滴状の塊となったものを採集する。 乳香の名は、その乳白色の色に由来する。 古くからこの樹脂の塊を焚いて香とし 、またはなどに使用するの原料として利用されている。 樹脂の性質は樹木の種類や産地によって大きく異なる。 樹木は栽培して増やすことが困難で、これらの自生地の特産品となり、かつては同じ重さのと取引されたこともある。 現在も良質とされるものの商業的な生産は主にオマーンで行なわれている [ ]。 近年は火災、による害、、乱開発、農地への転換などで急速に減少している。 最近の研究では、今後50年で約90%減少すると予想されており、持続は不可能と考えられている。 香以外にも・としても用いられ 、鎮痛、止血、筋肉の攣縮攣急の緩和といった効能があるとされる。 また、多く流通している南アラビア地域では、唾液分泌の促進やリラクゼーションのために乳香樹脂をのように噛むことがある。 で得られるは、食品や飲料にとして添加される。 また、にも利用され、シトラス系、インセンス様、オリエンタル系、フローラル系など、様々な香水に使われている。 などのを使って抽出したアブソリュートは、香りの定着剤として多くの香水に用いられる。 乳香が数千年にわたり宗教に利用されてきたことをかんがみると、として利用した際の成分には、やに効果的であると考えられる。 にが用いられるが、樹脂を燃焼させた際の成分とは異なるため、香としての効能を流用することはできない。 精油には強い刺激作用があり、産地や抽出法で成分が異なるため効能を一般化することは困難だが、香りを楽しむ目的で精油をなどと併用するのなら、アロマテラピーでの利用も有益であるかもしれない。 精油の香りには興奮作用が、樹脂を燃やした香りにはリラックス効果が見られるようである。 精油は強力な活性を持つが、抗作用は非常に弱い。 歴史 乳香はにはの墳墓から埋葬品として発掘されているため、このころにはすでに焚いて香として利用されていたと推定されている。 古代エジプトでは神に捧げるための神聖なとして用いられていた。 神に捧げるための香という点は古代のたちにも受け継がれており、にも神に捧げる香の調合に乳香の記述が見られる。 また、でが生まれた時にがイエス・キリストに捧げた贈り物の中に乳香、、がある。 にもには薫香の処方内への記述が現れるため、このころにを通じて伝来したものと考えられている [ ]。 を含むでは、古代から現代に至るまで、で香炉で乳香を頻繁に焚いて用いる。 にも乳香が用いられる。 香水などへの使用が行なわれるようになったのはに入ってからであり、乳香をしたや溶剤抽出物であるアブソリュートがこの用途に用いられるようになった [ ]。

次の

歴史年表で見るアロマテラピー

精油 英訳

概要 ボスウェリア属の樹木は、、などの南部、、、、などの 、 に自生している。 これらの樹皮に傷をつけるとが分泌され、空気に触れて固化する。 1-2週間かけて乳白色~橙色の涙滴状の塊となったものを採集する。 乳香の名は、その乳白色の色に由来する。 古くからこの樹脂の塊を焚いて香とし 、またはなどに使用するの原料として利用されている。 樹脂の性質は樹木の種類や産地によって大きく異なる。 樹木は栽培して増やすことが困難で、これらの自生地の特産品となり、かつては同じ重さのと取引されたこともある。 現在も良質とされるものの商業的な生産は主にオマーンで行なわれている [ ]。 近年は火災、による害、、乱開発、農地への転換などで急速に減少している。 最近の研究では、今後50年で約90%減少すると予想されており、持続は不可能と考えられている。 香以外にも・としても用いられ 、鎮痛、止血、筋肉の攣縮攣急の緩和といった効能があるとされる。 また、多く流通している南アラビア地域では、唾液分泌の促進やリラクゼーションのために乳香樹脂をのように噛むことがある。 で得られるは、食品や飲料にとして添加される。 また、にも利用され、シトラス系、インセンス様、オリエンタル系、フローラル系など、様々な香水に使われている。 などのを使って抽出したアブソリュートは、香りの定着剤として多くの香水に用いられる。 乳香が数千年にわたり宗教に利用されてきたことをかんがみると、として利用した際の成分には、やに効果的であると考えられる。 にが用いられるが、樹脂を燃焼させた際の成分とは異なるため、香としての効能を流用することはできない。 精油には強い刺激作用があり、産地や抽出法で成分が異なるため効能を一般化することは困難だが、香りを楽しむ目的で精油をなどと併用するのなら、アロマテラピーでの利用も有益であるかもしれない。 精油の香りには興奮作用が、樹脂を燃やした香りにはリラックス効果が見られるようである。 精油は強力な活性を持つが、抗作用は非常に弱い。 歴史 乳香はにはの墳墓から埋葬品として発掘されているため、このころにはすでに焚いて香として利用されていたと推定されている。 古代エジプトでは神に捧げるための神聖なとして用いられていた。 神に捧げるための香という点は古代のたちにも受け継がれており、にも神に捧げる香の調合に乳香の記述が見られる。 また、でが生まれた時にがイエス・キリストに捧げた贈り物の中に乳香、、がある。 にもには薫香の処方内への記述が現れるため、このころにを通じて伝来したものと考えられている [ ]。 を含むでは、古代から現代に至るまで、で香炉で乳香を頻繁に焚いて用いる。 にも乳香が用いられる。 香水などへの使用が行なわれるようになったのはに入ってからであり、乳香をしたや溶剤抽出物であるアブソリュートがこの用途に用いられるようになった [ ]。

次の