いのちの食べ方 eve lyrics。 Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

Eve『いのちの食べ方』歌詞の意味を考察・解釈

いのちの食べ方 eve lyrics

Eveのニューアルバム『Smile』が2月12日にリリースされた。 JR SKI SKI、ガーナ チョコレートのバレンタインデーキャンペーンなど、お茶の間で鳴り響くタイアップソングを次々に放つ一方、本作はこれまでよりも深い内省と孤独が綴られているアルバムでもある。 ネット発の歌い手からシンガーソングライターへ変化を果たし、パーソナリティーをヴェールに包んだままでいながら、信頼するクリエイターとともに作り上げてきた物語性に富むMVも含めた総合芸術として存在感を発揮してきたEve。 認知の拡大が急激に進む中、彼が「泣きながら笑う」アルバムジャケットに託したものと、心の内を吐露した歌に込めた願いとはなんなのか。 音楽的な刷新も多くうかがえる作品を通じ、クロスレビューでEveの今を探求する。 Eve(いぶ) 2枚の自主制作アルバムを経て、2016年に全国流通盤『OFFICIAL NUMBER』をリリース。 2018年~2019年は、12,000人を動員したワンマンツアー『winter tour 2019-2020 胡乱な食卓』を含めて全公演が即完。 2019年2月発売の『おとぎ』はオリコンデイリー2位を獲得した。 2020年2月12日にニューアルバム『Smile』を発売し、5月23日にはアリーナワンマンライブ『Eve Live Smile』を予定している。 かつて『NHK紅白歌合戦』に出場したサカナクションが、自らの立ち位置を「マジョリティの中のマイノリティ」と定義したことを思い出したりもした。 新作『Smile』は、オーバーグラウンドの世界に一歩足を踏み入れたという意味でも、音楽家としてのさらなる挑戦という意味でも、Eveにとって重要な「成長痛」のアルバムだと感じた。 ただ、あえて意地悪なことを言わせてもらうと、バンドサウンドからクラブミュージック的なプロダクションへと移行すること自体は既定路線で、彼にとっては明確な新境地だが、他の誰もやっていない新境地を見せた、というわけではない。 「オリジナリティ」ということで言えば、まだまだ先があるように思う。 ただ、この曲は「本作は一作では完結しない」という印象を与えるもので、それはアレンジの面において、Eveがまだ現在の路線に伸び代を感じているからこそなのかもしれない。 SpotifyでEve『文化』を聴く() Eveはここ数年でシンガーソングライターとして急成長して見せたわけだが、アレンジは自分よりもキャリアの長いNumaこと沼能友樹をパートナーとしている。 秋田ひろむもシンガーソングライターとして、詩人として、非凡な才能を見せつつ、アレンジに関しては出羽良彰をパートナーとし、匿名性や、ビジュアルも含めたもの作りなど、両者には共通する部分が多い。 また、青森出身の秋田は過去に東京で成功できずに地元に戻った経験があり、「都市」に対する「地方」を自らのアイデンティティとしている。 それはEveが「アンダーグラウンド」という言葉で表現したネットカルチャーというアイデンティティと通じるものがあり、つまり、彼らには「反骨精神」という共通点もある。 1から10までを自分一人で作れるスーパーマンではないし、きらびやかな衣装に身を包んでポーズを決めることもない。 それでも、そんな自分にできることがあるなら、それに対して真摯に取り組むことで、自分の可能性を知りたいし、広げたい。 そして願わくば、多くの人と関わりながら、それを実現していきたい。 そんな姿勢があるからこそ、彼らの音楽は「僕らの音楽」なのであり、多くのリスナーの共感を生んでいるのではないかと思う。 doublet 2. LEO 3. レーゾンデートル 4. 虚の記憶 5. いのちの食べ方 6. 闇夜 7. 朝が降る 8. 心予報 9. 白銀 10. バウムクーヘンエンド 11. mellow 12. ognanje 13. 胡乱な食卓• イベント情報 『Eve Live Smile』 2020年5月23日(土) 会場:神奈川県 ぴあアリーナMM プロフィール Eve(いぶ) 2枚の自主制作アルバムを経て、2016年に全国流通盤『OFFICIAL NUMBER』をリリース。 2018年~2019年は、12,000人を動員したワンマンツアー『winter tour 2019-2020 胡乱な食卓』を含めて全公演が即完。 2019年2月発売の『おとぎ』はオリコンデイリー2位を獲得した。 2020年2月12日にニューアルバム『Smile』を発売し、5月23日にはアリーナワンマンライブ『Eve Live Smile』を予定している。

次の

いのちの食べ方

いのちの食べ方 eve lyrics

動画投稿日:2020-05-22 19:00:26 動画の評価:👍84337👎143 再生回数 :458016回 カテゴリー:Music タグ :Eve,いのちの食べ方,MV,MusicVideo,アニメーション いのちの食べ方 movie ver. lnk. ,Ltd Recorded at Aobadai Studio Inc. Assisted by Miyuki Nakamura Aobadai Studio Inc. Mixed at Soi Studio Special thanks! Overall, splendid and done very well. It is very unlike the rough sketch animations that E ve had for his previous hits, which is not an insult. It had its own charm. Ok lets begin theorizing shall we? Inochi, the protagonist that we see trough the clip is the severed head of the dragon from the intro, we can see that he sometimes appears with the dragons head, specifically at 2:47. The key to this is the grey man, in my perspective he represents the city itself and a force that twists Inochi into becoming the thing we see eating the dragons body a at the end of the clip. Were am I going: I believe that the clip is the story of how Inochi, was once an idealistic young man, who slowly became corrupted by the world to the point were he completely gave up all semblances of his humanity. After that we see him clenching his stomach in hunger while the grey man follows him, as all the food places in the background begin to close, this represents the pressure that life is putting on him to abandon those ideals that he held and give into his most primitive instinct, survival.

次の

Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

いのちの食べ方 eve lyrics

その足りないもののシンボルが 「君」という人物です。 何か自分の日常に物足りなさを感じて、 バックパッカーのように人生を彷徨い歩く主人公。 衝動的な感情で行動を起こしたりなんかして、どこかで人生に 劇的な展開が起こることを期待しているようにも思えます。 しかしながらその一方で、 自分が追い求めている「君」という人物がもう来ないという現実も主人公はわかっている様子。 わかっていながらも、足りないものを探し歩いているようです。 しかし おまじないの効果なんてものは一時的で、結局は 満たされないことへのやるせなさが募っていきます。 そしてここで、 主人公が捜し歩いているものの正体が判明します。 それは 「握りしめる手」や 「温もり」。 分かりやすく言うならば、独りで人生を旅する彼は 自分以外の誰かの愛を待ち望んでいるのです。 間接的な表現が多いですが、要するに 「人生がどこか満ち足りない。 愛されたい。 」ということです。 心まで貧しくなって グレイの海を彷徨った 美は満ち溢れているんだ 見過ごすな 人の温もりを感じてこなかった主人公は、 心まで荒んでいってしまいました。 本当は 美しく輝いているはずの人生が、 グレイで面白みに欠けるものに思えてきてしまっている様子。 もったいないことをしているという自覚がある主人公は、 「美を見過ごすな」と自らに訴えかけます。 サビ1 夜が明ける前に酔いを醒まして 時間がないんだ君には 盲目でいたいの 退屈な今日を 超えていきたいんだきっと 命というものは限りあるもの。 主人公にも君にも、残された時間はそう長くはありません。 だからこそ、 酒に酔って呆然と人生を浪費してしまってはもったいない。 早く酔いを醒ますよう促します。 しかしその一方で、 退屈な毎日にいちいち構っていては心が持たないというのもまた事実。 くだらないことは盲目的に酒でも飲んでうまくやり過ごして、いつかきっと救われるはずだと未来に期待したくなる気持ちも痛いほどわかります。 主人公の心には、 相反する二つの感情が渦巻いているのです。 声が届くまで想いをぶつけて ふらふらになってしまうまで 僕らにそれを忘れることを許さないから 考えることすらやめてしまいな 「声が届くまで想いをぶつけて ふらふらになってしまうまで」は 主人公の愛への渇望です。 人との直接的な繋がりも薄くなって、上辺だけのやり取りも増えてきた昨今。 主人公が求めているのは、 「声を通じて想いをぶつける」という 人の温もりを感じられるやり取りなのです。 人間である以上、僕らは誰かと愛をもって過ごすことの喜びを忘れることなどありません。 独りぼっちの時間なんか 誰かと過ごす時間と比べると 無意味なものに思えてしまうから、主人公は孤独な今、 何かを考えることなんか無駄だからやめてしまおうとしているのではないでしょうか。

次の