オーボエ おすすめ。 独学に最適!オーボエ初心者用おすすめ教本(教材・教則本)まとめ

独学に最適!オーボエ初心者用おすすめ教本(教材・教則本)まとめ

オーボエ おすすめ

しっかりした土台で安定感があるスタンドです。 ピンの部分には楽器に優しいベロア素材の生地を貼っているので、スピーディーに持ち替えしたいときにも安心して使えます。 メーニッヒ・LF レゾナンスサムホルダー 親指の腹が管体に触れると、わずかながらも響きを止めてしまいます。 このサムホルダーを付けると親指はプレートに触れるため、より豊かな響きが得られます。 GEBR. メーニッヒとLF用ですが、その他の楽器でも使用可能です。 ネジ穴を開け直す必要がある場合がございます。 詳しくはご相談ください。 オープンプライス Reeds for OBOES 《オリジナル》 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団カイ・ラプシュ氏がCEOを務めるブランドのチューブ用です。 オープンプライス Reeds'n Stuff Germany サーモプロテクションカバー 管楽器にとって湿度や温度の変化は管体にストレスを与えるため、なるべく避けたいことです。 長時間演奏しないときなどにこのサーモプロテクションカバーをかぶせれば、楽器に負担をかけず安心して使用することができます。 Reeds'n Stuff サーモプロテクションカバー オーボエ・クラリネット兼用 オープン価格 オーボエのリード あなたにピッタリのリード、ダクならきっと見つかります! 完成リードもリードの材料も、ダクなら豊富。 リード名 標準価格 写真 No. リード名 標準価格 1 外囿 販売価格 2,580 円 13 KAT 販売価格 2,690 円 2 ブレーメン ピンク 販売価格 2,983 円 14 GALAX M 3,850 円 3 ブレーメン 水色 販売価格 2,983 円 15 GALAX Y 3,850 円 4 アルバート 販売価格 2,543 円 16 GALAX T 3,850 円 6 虎谷 販売価格 2,250 円 17 GALAX A 3,850 円 7 木原 赤 販売価格 2,210 円 18 GALAX N 3,850 円 8 木原 青 販売価格 2,426 円 19 NEMU ロングスクレープ 販売価格 2,690 円 9 木原 オレンジ 販売価格 2,426 円 20 BDR ロングスクレープ 販売価格 2,690 円 10 KH 青 販売価格 3,710 円 21 ビアリッツ ロングスクレープ 販売価格 2,690 円 11 KH 赤 販売価格 3,710 円 NEW 星ヶ丘 販売価格 2,690 円 12 5 猿田リードは 製作中止となりました <イングリッシュホルン完成リード 価格表> 写真 No. リード名 標準価格 写真 No. リード名 標準価格 22 ブレーメン ピンク 販売価格 3,447 円 26 KH 青 販売価格 4,611 円 23 ブレーメン 水色 販売価格 3,863 円 27 KH 赤 販売価格 4,611 円 24 アルバート 販売価格 3,350 円 28 NEMU ロングスクレープ 販売価格 2,983 円 25 虎谷 販売価格 2,983 円 29 BDR ロングスクレープ 販売価格 3,423 円 30 ビアリッツ ロングスクレープ 販売価格 2,983 円 MDR オーボエリード NEW!! 人気のA-Typeに46mmのタイプが新登場!! レジェール オーボエ用リード ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団オーボエ奏者、クリストフ・ハルトマン氏の監修により完成した革新的なリード、待望のレジェール・オーボエリードが発売!! 当店では選定ができますので、ぜひご来店ください。 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団オーボエ奏者、クリストフ・ハルトマン氏の監修により完成した革新的なリードで、特殊な合成樹脂素材で作られているため、天然ケーンと変わらない音色や優れた耐久性が特長です。 独自開発したポリマー素材を、3軸精密裁断機を用いて精確に成形し、全ての工程にコンピュータ制御の機器を導入して厳しく管理されています。 加工により最適な息の流れが作られ、ダイナミクスレンジも広く、より快適な吹奏感を得ることができます。 水に濡らさずすぐに吹けるレジェールリードは、乾燥の季節にオーボエ吹きの悩みの種を解消してくれます! 全長約70ミリ、開きが約0. 7ミリです。 この度当店でも正規取り扱いを開始しました! 豊富なティップの種類や、精密な造り、また何と言ってもこの使い易さが、多くのプレーヤーから指示されています。 また、リーズンスタッフの最大の魅力が、ガウジングマシンやメーキングマシンは、ベッドや刃のパーツを買い足せば一つの土台で複数の楽器に対応ができることです!オーボエ、イングリッシュホルン、オーボエ・ダモーレ、それぞれの楽器ごとにマシンを用意する必要が無く、とても経済的です。 ご相談も承りますので、お気軽にお問い合せくださいませ。 リードがしっかりホールドされて、安定感もバッチリ! ・OB12本用 販売価格 7,333円 オーダーメイドのリードケース「YAMAKAZU」 伝統を受け継ぐ桐箪笥職人の技を活かして、軽くて丈夫 なリードケースが誕生しました。 桐材は、湿度も程良く調整します。 持ち運びに便利でスタイリッシュな見た目が魅力的です。 ・オーボエ 6本入り OCO-6 約45g 標準価格 9,350 円 ・オーボエ 20本入り OCO-20 約100g 標準価格 15,180 円 Galax オーボエリードケース GO-PO ポプラウッド製のおしゃれなリードケース。 中はリードをはめ込むタイプで、ケースの厚みも薄いので持ち運びにも便利ですね。 10本入り 標準価格 5,280円 長松リードシェーパーティップ 和久井 仁モデル ハンドシェーピングユーザーに朗報です!! 長松管楽器研究所とNHK交響楽団オーボエ奏者 和久井 仁氏との共同開発により、リードシェーパーティップがついに一般発売することとなりました。 オーボエ用とイングリッシュホルン用で、それぞれ軽めタイプと重めタイプがあります。 軽めタイプは息がスムースに入り、ソロを楽に吹きたい方向き、重めタイプは倍音が多く、息をしっかり入れて吹きたい方にオススメです。 このティップはリーガー社のハンドルに合うようになっており、他のメーカーに比べるとティップの材質が非常に硬く、ナイフの滑りが良くてシェービングしやすいのが特徴です。 プロの方々も大絶賛のティップです! 店頭でお試しいただくこともできますので、ご希望の方はぜひご来店ください。 【オーボエ用】 9 軽め 《NEW》 8 軽め 7 重め 販売価格:各19,963円 【イングリッシュホルン用】 6 軽め 7 重め 販売価格:各23,731円 リーガー シェーパーハンドル オーボエ用 ハンドシェーピングには欠かせない、シェーパーハンドル。 お好みのティップを差し込んでお使いください。 銀製の楽器は使用していると、空気中の硫黄成分と反応し硫化して変色していきます。 この布は、ケース内の楽器の上にかぶせるだけで、楽器の変色をおさえてくれます。 どんな金属にも使用できますが、汚れや水分を拭き取ることは重要です。 すでに、変色の進行しているものを復元することはできません。 オーボエ用ケース・ケースカバー オーボエのおしゃれなケースカバーやブリーフケースなど、DACオリジナルのアイデア商品をはじめ、多数ご用意しております。 DACオリジナル マルチボディバッグ コンパクトな見た目ながら、ポケットもたくさん付いて、A4のファイルまで一度に持ち運べるバッグが新登場!中はボア仕様になっており、大切な楽器をふんわり守ってくれます。 ショルダー、リュック、手提げの3WAYで持ち運び可能。 内側にはビニールコーティングを施しているので雨にも強く、取っ手やショルダーパッド 外側のみ 部分には本革を使用。 カラーはベーシックな黒と茶をベースにカラフルなファスナーの洗練されたデザイン。 金具とプレートは、黒にはシルバーを、その他のお色にはゴールドを合わせました。 普段の装いにも馴染むおしゃれなブリーフケースです。 この度ダクでは感謝の気持ちと、ずっと末永くお使いいただきたいとの気持ちを込めて、下取り買い換えサービスを始めることにしました。 毎日持ち歩いて、だいぶ使用感が出てきたな。。 新しいの欲しいな。。 というお客様。 ダク店頭にて新しいマルチブリーフケースをご購入の際に、今お使いのマルチブリーフケースをお持ちいただけましたら、 4,000円にて下取りいたします!! 新色も随時発売しておりますので、気になるお色が出てきた時に、色違いへのお買い換えももちろんOKです。 ぜひサービスをご活用いただき、楽しい音楽ライフの相棒にしてくださいますよう、今後ともよろしくお願いいたします! カラー:ベージュ、ブラウン、ネイビー、ブラック、メイサイ 希望小売価格 19,360 円.

次の

オーボエがほしい

オーボエ おすすめ

— 2018年 8月月11日午後4時24分PDT オーボエの音に惹かれて趣味にしたいと考えていても、オーボエがどのような楽器かよく知らないという方も多いのではないでしょうか。 オーボエと他の楽器とで悩んでいて、オーボエを趣味にするメリットを知りたい方もいるかと思います。 オーボエについての基礎知識や、オーボエを趣味として始めるメリットとかかるコストを見ていきましょう。 オーボエの基礎知識 オーボエは木管楽器の一種で、リードと呼ばれる葦の一種を吹き口につけて音を出す楽器です。 一説によると古代エジプトが起源とされているのですから、とても長い歴史ある楽器と言えます。 見た目はクラリネットに似ていますが、クラリネットがリード1枚に対して、オーボエはリードを2枚使うダブルリード楽器です。 音域としては中高音を担当しており、その音色は女性の歌声とも表現されます。 実際にオーボエの音を聴いてみましょう。 オーボエを趣味にする3つのメリット 実際にオーボエの美しい音色を聴いていただきました。 特徴的な音色以外にも、オーボエを趣味にするメリットはたくさんあります。 オーボエを趣味にするメリットをいくつか挙げたので、ぜひ参考にしてみてください。 オーケストラでソロが多い オーボエはソロやメロディが多く、吹きごたえがある点がメリットの1つです。 なぜオーボエのソロが多いのかは諸説ありますが、特徴のある音色だからというのも理由の1つでしょう。 ソロ曲が多いと綺麗にソロを演奏しようという気持ちになり、練習する楽しみややりがいに繋がります。 友達や仲間と一緒に演奏するときに、綺麗にソロを演奏できれば気持ち良いこと間違いなしです。 気軽に練習できる オーボエを趣味にするメリットは、気軽に練習できる点が挙げられます。 アウトドアの趣味と違い、遠くに行く必要がある、複数人でないと楽しめないということがありません。 また、トランペットやユーフォニアム等の楽器に比べてサイズも小さいので、仕事帰りにスタジオや公園で練習するといったことも可能です。 せっかく始めた趣味なので、自分の練習したいときに練習でき、楽しむことができるのは大きな魅力ですね。 人とは違った趣味を持てる ピアノやギターといった楽器に比べてオーボエの奏者は少ないので、人とは違った趣味を持つことができます。 具体的な奏者人口は定かではありませんが、オーボエはオーケストラの中でも1人か2人程度です。 ご自身の周りでも、オーボエをやったことがあるという方はあまりいないのではないでしょうか。 もし、人とは違った趣味を持ちたいと考えているのであれば、オーボエはうってつけの趣味と言えます。 オーボエを趣味にするのにかかる費用 オーボエを趣味にするメリットについてご紹介しました。 具体的に始めるとなると、どのくらい費用がかかるのでしょうか。 オーボエの相場価格や、始めるにあたって必要なものの価格をまとめました。 オーボエの価格相場 メーカーやモデルにもよりますが、オーボエの相場価格は大体30~100万円ほどです。 メインの価格帯は40~70万円ですが、初心者用モデルだと10万円台のもの、上級モデルだと100万円近くのものもあります。 とても高価に感じられますが、オーボエはメンテナンス次第で何十年と使うことができる、一生物の楽器です。 また、高価ということは裏を返せば、大人だからこそ始められる特別な趣味とも言えるでしょう。 オーボエのレンタルもおすすめ 前項で見た通りオーボエはとても高価なので、購入するのを躊躇してしまう方もいるかと思います。 購入するのは難しいけれどオーボエを趣味として始めたいという方は、オーボエをレンタルするのがおすすめです。 オーボエのレンタルを行っている、ReReレンタルについてご紹介します。 ReReレンタルでオーボエをレンタルする では、オーボエを1泊あたり3,000円から借りることができます。 オーボエの定価が30~100万円であることを考えると、オーボエレンタルがかなりお得であることがおわかりいただけるでしょう。 レンタルの期間やモデルは自由に選ぶことができ、WEBから申し込みをすると、送料無料で自宅に届くというシステムです。 3泊4日からレンタル期間を決めることができ、もう少し練習したいという場合は1日500円から延長できるので、思う存分オーボエを楽しむことができます。 オーボエを趣味にしたい方は、ぜひレンタルから始めてみてはいかがでしょうか。 オーボエを独学で趣味にするのは難しい? オーボエを趣味で始める費用や、オーボエのレンタルサービスについて見てきましたが、1人で習得するのは時間がかかるという話も聞きます。 オーボエを独学で趣味にするのは、本当に難しいのでしょうか。 オーボエが難しいとされる理由をまとめました。 オーボエは運指が難しい? オーボエは、いくつものキーが連動して音が出る仕組みになっています。 オーボエの運指は、クロスフィンガリングと呼ばれる運指法を多く使うため、難しというイメージがあるようです。 たしかに、少し複雑な運指もありますが、簡単なものから練習していけばマスターすることは不可能ではありません。 また、人によっては運指がリコーダーと似ていると感じる方もます。 どの楽器も習得までには練習が必要な上、習得するスピードも人それぞれなので、オーボエが格別に難しいわけではないでしょう。 オーボエは吹き方が難しい? オーボエは、とても細いリードに息を吹き込むため、高圧で息を吹き込む必要があります。 加えて、吸い込んだ息を全て使うわけではないので、息が余る楽器とも言われます。 そのため、余った息を吐き出すタイミングを自分の中で決めて、上手くブレスコントロールをする必要があります。 オーボエが特別ブレスコントロールが難しいというわけではなく、これは楽器全般に言えることです。 綺麗な音を出したり上手く息継ぎをしたりというのは、他の楽器同様ある程度の練習が必要でしょう。 — 2018年 8月月11日午前6時27分PDT 独学でオーボエを習得する方法をご紹介しましたが、オーボエを趣味にする方法の1つに、音楽教室に通うという方法もあります。 オーボエを趣味にするにあたって、音楽教室でオーボエを学ぶメリットを集めました。 独学と音楽教室どちらが良いということではないので、ご自身に合った趣味の楽しみ方を見つけてくださいね。 オーボエの正しい奏法を身につけられる オーボエの音楽教室では、プロのオーボエ奏者が呼吸法や吹き方を一から教えてくれます。 もし吹き方が間違っていれば講師の方が指摘をしてくれるので、正しい奏法を身につけることができるでしょう。 独学でも正しい奏法を身につけることは可能ですが、自分では気づきにくい癖等も正すことができるのは、音楽教室ならではのメリットです。 比較的上達が早い 音楽教室であれば、月や年間で決められた回数は最低限練習することになるので、定期的に練習の機会を設けることができます。 もちろん独学でも毎日練習したり、自分でスケジュールを組んだりというのは可能です。 しかし、ある程度の強制感がある方が始めは続けやすく、先生と一緒に自分にあったレッスンを受けることができるため挫折することも少ないです。 また、音楽教室でオーボエの練習仲間ができれば、仲間と競ったり一緒に練習したりと、自ずと練習意欲も高まるはずです。 オーボエを趣味にする|おすすめ音楽教室5選 — 2018年 8月月10日午前8時12分PDT 前項では、オーボエを趣味にするために音楽教室で学ぶメリットを解説しました。 オーボエを始めようと考えている方に、おすすめの音楽教室を厳選紹介します。 東京・神奈川・千葉・埼玉といった関東のみならず、全国展開の音楽教室もあるので、お近くの店舗を調べてみましょう。 椿音楽教室 は、東京都内200か所でマンツーマンレッスンを受講可能な音楽教室です。 各地のスタジオでレッスンが受講できるため、自分の都合の良い場所でレッスンを受けられます。 講師陣は名門音楽大学出身者など、経験のある方ばかりなので、安心して受講できます。 無料の体験レッスンもあるので、ぜひ一度無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?無料体験レッスンでは、楽器・楽譜の貸し出しを行っているので、手ぶらで受講可能です。 おすすめポイント• 200か所以上のスタジオで受講可能• 経験豊富な講師陣• 60分の体験レッスンが無料• レッスンは、初級・中級・上級というレベル毎と、1回のレッスン時間とで分かれています。 通い続けて上達すればレッスンのレベルを上げることもできるので、教室を変えずに通い続けることができます。 北海道から九州まで全国156店舗と、抜群の店舗数も人気の要因でしょう。 職場や自宅の近く等、通いやすい店舗がきっと見つかるはずです。 ダ・カーポ 入会金 10,000円 税込 料金 6,000円 税込 ~ 回数 1回30分を年間36回 1回60分を年間18回等々 コース ジュニア・レギュラー・ グループ・ビッグバンドコース 店舗 東京都新宿区 オーボエ教室のダ・カーポは、HPに講師のプロフィールが掲載されており、どんな方から学ぶのか事前に知ることができます。 レッスンの時間や回数はいくつか分かれており、レッスンスケジュールは講師の方と相談して決めるようです。 レッスン日時が固定ではないので、自分の都合に合わせて学べるのが便利ですね。 また、管楽器専門店での買い物や、スタジオのレンタル料金が割引になるという入会特典を受けることができます。 リード等の消耗品を割引価格で購入できるのは、とてもお得と言えるでしょう。 アルル音楽教室 入会金 16,200円 税込 料金 12,096円 税込 ~ 回数 1回30分を年間42回 コース 個人レッスン 店舗 東京都豊島区 アルル音楽教室は、個人レッスン型のオーボエ教室です。 魅力は、オーボエのレンタルと練習室の利用が無料という点でしょう。 借りたオーボエは持ち帰ることもできるので、レッスン後や空き時間に自宅やスタジオで練習できます。 また、日々のレッスンの他にアンサンブルや発表会、打ち上げ等のイベントも盛り沢山です。 オーボエを趣味として学ぶだけでなく、同じ趣味を楽しめる仲間ができるのが素敵ですね。 ことねオーボエ教室 入会金 5,400円 税込 料金 4,200円 税込 ~ 回数 1回45分を年間12回~ コース 個人・アンサンブル 店舗 新宿、渋谷等7店舗 都内6店舗と横浜1店舗の合計7店舗を展開しているのが、ことねオーボエ教室です。 ことねオーボエ教室では、最も安いコースでなんと1ヶ月4,200円からオーボエを学ぶことが可能です。 1回のレッスン時間は45・60・90分、1ヶ月の練習回数は1~4回から選ぶことができ、レッスン時間と回数によって月謝が変わります。 オーボエはレッスン時間内であれば無料で借りることができ、持ち帰ってのレンタル希望の場合は1ヶ月6,000円です。 また、1本1,500円で自分に合ったカスタムリードを作ってくれるという特典もあります。 自分の予定に合わせて時間や回数を柔軟に選択できるので、とても通いやすい教室でしょう。

次の

♪スタッフおすすめオーボエ♪

オーボエ おすすめ

初心者向けオーボエ教本(教材・教則本) まずは書店やAmazonで購入できるおすすめオーボエ教本を厳選してみました。 もっと音楽が好きになる 上達の基本 オーボエ オーボエを初めて演奏することになった!という超初心者向けの教本です。 身に着けておきたい基本知識、準備の方法、基礎練習の仕方が分かりやすい平易な言葉で解説されています。 毎日の練習方法が書かれた「デイリートレーニング・シート」は、持ち運びできるので学校や練習場に持っていって練習に役立てることができます。 上達のコツまで網羅されており、上級者になっても手放せない1冊になるはず。 パワーアップ吹奏楽! オーボエ 楽器の持ち方、吹き方、練習方法を網羅した教本です。 呼吸の仕方、指使いなどの基本テクニックから、安定感のある音を出す方法や高音域をきれいに出す方法など、上達のための練習方法についても解説されています。 イラストが豊富なので、難しい本は苦手という人にもおすすめです。 うまくなろう! オーボエ 楽器やリードの選び方、組み立て方、演奏の仕方が丁寧に解説された教本です。 演奏編では「羊かんのように音を出せ!」「生クリームのように音を終わらせろ」などユニークな解説が目立ちます。 口の中や手のひらの中で気をつけたいことまで網羅されているので、もっとオーボエが上手くなりたいという人にぴったりです。 オーボー教則本 梅原美男 著 全音吹奏楽器教本 2 楽譜の読み方やリードの削り方などが解説されており、音楽や木管楽器初心者に愛されてきたベストセラー本。 初心者から上級者まで身に着けておきたい知識をほぼ網羅できるので、クラシック音楽が演奏できるまで上達できます。 楽器の組み立て方や手入れの仕方などは解説されていないため、基礎的なことは周囲が教えてくれるという人に向いています。 初心者向けオーボエ教本&DVDセット 周囲にオーボエを教えてくれる人がいないという人は、レッスンに通って基礎から指導してもらったほうが上達するかもしれません。 しかし、近所にオーボエ教室を開催しているところがない、できるだけコストをかけたくないという人は教本とDVDがセットになった教材で学ぶのがおすすめです。 オーボエはほかの楽器と比べると、教本自体が少なく、DVD教材はとても珍しいです。 ここでは楽譜が読めない超初心者でも30日でオーボエが吹けるようになる教材をご紹介します。 初めてでも一人で学べる!オーボエの美しい音色を手に入れるための上達講座第1弾 楽器の組み立て方やリードの選び方など基礎から映像で丁寧に教えてくれる教材です。 手首を傷めない方法、安定した音を出す方法、唇が疲れない方法などプロだからこそ知っている知識を余すところなく教えてくれます。 さらに吹いているとクラクラする、音程があいにくい、指使いが難しいといった初心者が陥りやすい悩み解消法まで伝授してくれるので、学生から年配者まで活用できます。 第1弾でオーボエの基本をマスターした後、第2弾ではオクターブキーの使い方やタンギング、スラーといった演奏法を学びます。 第2弾では いよいよ曲を演奏することができ、収録曲は以下の通りです。

次の