ホテル ニュー ジャパン 火災。 ホテルニュージャパン火災があった心霊スポット「プルデンシャルタワー」

[過去の災害事例]ホテルニュージャパン火災

ホテル ニュー ジャパン 火災

昭和後期に起こった都心でのホテル火災 ホテルニュージャパン火災は 昭和57年2月に起きた大きな被害を出した火災事故です。 千代田区永田町にあった建物内で、9階の客室から出火した事で最終的に33人が死亡し34人が負傷する大惨事になりました。 日本の火災事例の中では絶対と言っていいほどその名が出てくる事から、その後の防災にも大きく影響を与えた事故と言えるでしょう。 地上10階立て、地下2階のこの建物、火災によって上層の階を中心に4. 186㎡を焼失しました。 出火原因は宿泊客の寝タバコ この日深夜3時前後、9階の宿泊客の客室から寝タバコが原因で出火しました。 その後同じ9階にあった従業員の仮眠室に向かっていた人が充満する煙に気づき、階下に戻った後もう一人人員を連れて来たところ客室から助けを呼ぶ声に気付きました。 マスターキーでドアを開け、倒れている宿泊客を発見しましたが、この間の初期消火活動の遅れが被害を増大させる事になってしまいます。 すぐに備えつけの消火器を用いて一旦は火を消した様にも見えたようですが、再び燃え広がり新しい消火器が必要になってしまいます。 しかし、先ほどとは別の新しい消火器の配置場所が分からずその間にも火は燃え広がりました。 この際別の人間が9階の屋内消火栓を活用しようとしますが、パニックも手伝い上手くホースの伸ばす事が出来なかったようです。 火災通報があったのが20分後 消防署に連絡があったのが出火後実に20分経過した後と判明しています。 しかもそれは従業員や宿泊客からでは無く、通行人がホテルの前の公衆電話から行った物でした。 後の調査でこの公衆電話からでは火事の大本の位置が見えないため、一部の火や煙で通報したとしてもその時点ではかなり広範囲に渡って燃え広がっていたと判断されました。 基本的に火事の場合は初期消火活動と同じく消防署への通報も早急に行う必要があります。 早ければ早いほど火の拡大を防ぐ事にもなるので、いざと言う時は真っ先に通報するぐらいの心持で良いかと思います。 避難に関する教育不足の指摘 この様な非常時のホテル側から従業員に対する避難誘導の共有が行われていなかった事も判明しました。 火災発生当初一部の従業員と警備員からの避難誘導はありましたが、それが組織だって全館同時に行われた事は無く、全体的に見るとホテル側の対応に問題があったと言う事になっています。 その他の延焼の要因として、外国人宿泊客が多くコミュニケーションが効率良く取れなかった事や、建物の構造自体も簡素な物ではなかったため避難経路が判別しにくい事があります。 上記の様な要因が幾つも重なり、結果的に一般の宿泊客は逃げ惑う事態に陥りました。 防火設備の不備が発覚 ホテルニュージャパンでは火災に対する防災設備でことごとく不備が発覚します。 スプリンクラーの設置義務があったのにも関わらず未設置、館内の非常放送設備が当時故障していて、一部防災区画の配管にも問題があった事が分かっています。 細かい所では客室機材の一部に防火対策が施していない物を通常使用していたり、そもそも部屋通しの壁は木製の物だった事も火災規模を増長させています。 これは一旦火が付いた際に煙を多く出し、避難者の行動を困難にしてしまいます。 火災の際は火で命を落とす人よりも有害な煙を吸引して意識を失い、そのまま死亡してしまう人が多いのです。 結果的にホテルオーナーの防災に対する意識の低さが被害に直結した形になってしまいました。 普段より各設備や従業員にも防災意識を持たせる事が出来ていればここまでの被害にはならなかったと思います。 当時のニュース映像等も目にする事が出来ますが、社会現象まで発展した火災事例です。

次の

[過去の災害事例]ホテルニュージャパン火災

ホテル ニュー ジャパン 火災

出典: 火災の直接の原因は、9階に宿泊していたイギリス人の男性宿泊客の寝たばこであった。 しかし火が、広範囲に広がってしまった背景には、ホテルニュージャパンのずさんな設備にあった。 ad by google ずさんなホテルの設備 後に記載するが、伝説の消防士と呼ばれる高野甲子雄 たかのきねお 氏が、 ホテルニュージャパンの火災が起きる2ヶ月前に定期点検に来ている。 その時、経費節約のため、加湿器は止められており空気はとても乾燥しており 「ここで火災が起きたら大変なことになる」と高野氏は思ったという。 また、火災が起きた際に、大量の水を散水する消防用設備である「スプリンクラー」の設置は 行なわれていなかった。 もちろん、この定期点検を受けて、東京消防庁はホテルニュージャパンに警告。 しかし 社長の横井英樹 よこい ひでき は警告を受けた後、 飾りのスプリンクラーを設置し、ごまかすというなんともずさんな対応であった。 さらに火災時、横井社長は、ホテルにある高級家具を非難させるよう指示をしている。 大火災発生・異例の23区全域の消防士を動員 現場は、あまりにもひどい状態であり、要救助者も多数発生している状態であった。 そのため、東京消防庁は、最高ランクの出場態勢「火災第4出場」を発令。 東京・23区全域の消防士の動員を呼びかけた。 集まった消防士は600人以上。 緊急車両は120両以上が現場に駆け付けた。 66名を救った伝説の消防士・高野甲子雄率いるレスキュー隊 当時、永田町にある消防署で、特別救助隊入隊 レスキュー隊 の隊長を 務めていた 高野甲子雄 たかのきねお 氏。 当時33歳であった。 高野氏は5名の部下とともに現場へと向った。 火災がひどい9階10階は、はしごも使えず、危険な場所であったが 多くの逃げ遅れた宿泊客が残されている状態であった。 高野氏率いるレスキュー隊は、危険な9階10階へと向った。 開かないドア・屋上から救出 到着から10分後、9階に辿り着いた隊員たち。 しかし、非常階段のドアは開かず、ドアを開けるためのカッターを 取るに戻るには時間がかかりすぎた。 しかし、2ヶ月前に定期点検で高野氏は、屋上も入念にチェックしていた。 そのこともあり屋上からロープをおろして宿泊客を助けようと思いつく。 屋上へと向ったレスキューター隊は、ロープをおろし次々と宿泊客を救出していく。 命がけの救出 しかし、救出した宿泊客から 「まだ部屋に人が残されている」と聞かされる。 その客がいた部屋は、まだ火災は起きていないものの隣の部屋は火で燃え盛っており いつ 「フラッシュオーバー」が起きてもおかしくない状態であった。 フラッシュオーバーとは、突然起きる爆発で、1度爆発が起きれば 温度は1000度以上にもなり、防火服を着ていても命の危険があった。 しかし高野氏は、救出することを決め、隊員の中でも俊敏である 浅見昇氏を向かわせた。 しかし、その途中、浅見氏の酸素ボンベが切れてしまい救助を断念。 高野氏は、悩んだ末に、自らが救助に行く事を決断する。 隊長が突入するのは、 マニュアル違反であった。 しかし、自分が行くのが最善の策だと考え、救助へと向った。 部屋で倒れている男性を見つけた高野氏は、 男性にロープを巻き付け抱きかかえようとした。 しかしその時、恐れていたフラッシュオーバーが起きてしまう。 隊員たちは急いで高野氏の命綱を引き上げた。 そこには、男性を抱えて離さない高野氏がいた。 男性は、全身に大火傷を負い、高野氏自身も、頭、顔に火傷を負い、気管支もやられてしまっていた。 そのため到着後30分で高野氏は病院へ送られた。 66名の救出 高野氏が病院に送られてからも、レスキュー隊を含めた消防士たちの 必死の救出により 66名が救出された。 火がようやく鎮火したのは、 火災から7時間経ったころであった。 その後、隊員たちは病院にいる高野氏のもとに防火服のまま駆け付け、 高野氏の無事を確認し泣き出す隊員もいた。 その後、病室で、フラッシュオーバーの中、助けた男性が亡くなったことを知る。 伝説の消防士と言われるように フラッシュオーバーの中、助けた男性が亡くなったことについて高野氏は、 『どんな状態から要救助者を助けようと、その人が亡くなったら助けられなかったのと同じです。 』と語る。 その悔しさから必死に救助活動にあたりその後、1000以上の現場で多くの救助を行った。 2007年には小金井消防署 所長に就任し、いつしか「伝説の消防士」と言われるようになった。 20歳で消防士になった高野氏。 「1人でも多くの人を助けたい」との思いから特別救助隊(レスキュー隊)への入隊を強く希望するも 身長165cmと体格に恵まれなかったことから3度不合格。 それでもあきらめず4度目の試験でようやく合格し、念願の特別救助隊(レスキュー隊)へ入隊。 その後、高野氏の熱意から部下たちからの信頼も厚かった。 TVで当時、亡くなった男性について語る高野氏は、本当に悔しい表情であり 人命救助に命をかけた高野氏の人柄が良くわかった。 そんな彼だからこそ、 「伝説の消防士」と言われるのだろう。 横井英樹 よこい ひでき 社長の生い立ち 第二次世界大戦終結後、GHQの出入り商人となり、1代で財産を築いた戦後を代表する実業家である。 その後、デパートの白木屋(しろきや)の買収を企て、 「乗っ取り屋」と言われるように。 その後、ホテルニュージャパンでの大火災で名が知られ、世間から良いイメージはない人物である。 孫のZEEBRAが語る横井英樹社長の素顔 ヒップホップ歌手の ZEEBRA(ジブラ)さんは、横井英樹社長の孫にあたる。 少年時代の祖父に対するイメージといえば、 「気前のいいじいさん」で慕っていたという。 その後、大火災の後に 「殺人犯の孫」と呼ばれて傷ついたことや、 祖父の存在が、音楽活動の原動力になっていることを自伝にて語っている。 (引用元: また、世間ではイメージが悪い一方で横井英樹社長は火災後、犠牲となった台湾人の遺族を生涯にわたり毎年、慰霊のため、 招待し続けたと言われている。 (引用元:) 1998年11月30日に85歳で亡くなっている。

次の

ホテル ニュー ジャパン

ホテル ニュー ジャパン 火災

東京都千代田区永田町に、 「プルデンシャルタワー」という超高層ビルがあります。 プルデンシャルタワーは、現在おもにレストランやオフィスとして使用されています。 今は賑やかですが、かつてこの場所で、 日本の歴史に名を残すほどの 大火災が起こったことは知っていますか? プルデンシャルタワーは、1982年に 33名もの死者が出た 「ホテルニュージャパン火災」があった跡地に建てられているのです。 だからでしょうか? プルデンシャルタワーでは 都内有数の 心霊スポットとして、 様々な心霊現象が語られています。 今回は、都内の心霊スポット「プルデンシャルタワー」と、その原因となった「ホテルニュージャパン火災」について紹介します。 心霊スポットプルデンシャルタワーの原因となった「ホテルニュージャパン火災」とは? 東京都千代田区のプルデンシャルタワーは、 「ホテルニュージャパン」という高級ホテルの跡地に建てられました。 ホテルニュージャパンは 日本初のオープンカフェとショッピングアーケードを備え、東洋一の格式をうたった高級ホテルですが、ここで 日本の歴史に名を残すほどの大火災が起きてしまったのです。 1982年2月8日。 死者33名、負傷者34名。 史上最悪の「人災」と呼ばれた 大火災です。 発生した時刻は 夜中の3時24分で、ほとんどの宿泊者は寝ていました。 9階から火の手が上がり、この火災から逃れるために 高層階から飛び降りた人もいたそうです。 出火から 約9時間ほど燃え続けました。 出火の原因は 外国人男性客による寝たばこで、この火災は日本中に大きな衝撃を与えました。 しかしここまでの大火災になってしまった原因は、ホテル側にありました。 スプリンクラーの故障など、消火設備の不備もあり、火はあっという間に燃え広がってしまったのです。 実はこのホテルニュージャパン、 乗っ取り屋の異名を持つ実業家・横井英樹氏によって 買収されており、その後は 安全面などで徹底的にコストカットをはかっていたのです。 事件後、防火及び消化施設の維持管理と従業員への指導の怠り、注意義務の違反により、 社長の横井氏は業務上過失致死罪で 逮捕。 ホテルも行政から 営業禁止処分を受けました。 心霊スポット「プルデンシャルタワー」で語られる心霊現象 火災をきっかけに 廃業したホテルニュージャパンでしたが、その後しばらく放置されます。 取り壊しが決定したのは、 火災から14年後のことでした。 そして2002年、 その跡地に現在の「プルデンシャルタワー」が建設されたのです。 しかしそんな 大火災があったホテルニュージャパンの跡地であるためか、 プルデンシャルタワーでは多くの 心霊現象が目撃され、都内有数の 心霊スポットとして認知されています。 以下にプルデンシャルタワーで語られている心霊体験を紹介します。 「助けて」という女性の叫び声を聞いた• 窓から 炎が見えた• 誰もいない階段で会話する 複数人の声が聞こえた• 6階の部屋から、 妊娠した女性がお腹を抑えながらこちらを見ていた(実際にホテルニュージャパン火災の時に、お腹の中に胎児を身ごもったまま亡くなってしまった女性がいた)• 最上階に 裸の人がいて、話しかけると消えてしまった 東京には心霊スポットがたくさんある! 東京都千代田区永田町2丁目13 プルデンシャルタワー.

次の