あずさ監査法人 面接。 新日本、トーマツ、あずさ、あらた 四大監査法人の就活対策(当時)

新日本、トーマツ、あずさ、あらた 四大監査法人の就活対策(当時)

あずさ監査法人 面接

一般に、BIG4=四大監査法人という場合、次の4つを指します。 ()内は加盟している国際的な監査法人のネットワークの名前です。 ・ 新日本有限責任監査法人(アーンストアンドヤング): 人員総数(一般の会社における社員、役員に相当)、クライアント数ともに日本最大級の監査法人です。 監査証明クライアント数は4,000社以上に上っています。 クライアント数も人員も最大のため、さまざまな業種の監査に携われるチャンスが多いのが特徴です。 ・ 有限責任監査法人トーマツ(デロイトトゥシュトーマツ): 四大監査法人の中で、唯一国際的なネットワークの中核となっている歴史のある監査法人です。 また、傘下に直轄のコンサルティング会社(デロイトトーマツコンサルティング)を有しており、公認会計士として経験を積んだ後にコンサルタントへのキャリアパスを図りたいという場合の選択肢が広くなっています。 ・ 有限責任あずさ監査法人(KPMG): 新日本、トーマツに比べるとやや小規模ですが、パブリックセクター、アカウンティングアドバイザリーなど、知見を有する公認会計士だからこそ提供できる専門サービスを幅広く知恵供しています。 監査業務のみならず、いろいろな業務を経験してみたい方におすすめです。 また、女性の就労支援に力を入れており、保育施設の利用枠を用意するなど、さまざまな配慮がなされています。 ・ PWCあらた監査法人: 金融庁の業務停止命令により解散した中央青山監査法人からPWCの日本におけるメンバーファームを引き継ぐ形で設立された、まだまだフレッシュな監査法人です。 なお、 どの監査法人も社員教育には力を入れていますので、「仕事に必要な知識をブラッシュアップする機会がない」と悩むことはまれです。 まずは、ご自身が「これからの自分の仕事とプライベートにおいて、どうしたいのか」をしっかり考えてください。 そうすれば、おのずとどんな環境で働くのがいいのかが見えてくるはずです。 見えてきたものに基づいて、「自分だったらこの監査法人でどんな仕事ができるか」を考えてみれば、きっといい志望動機に仕上がるでしょう。 マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーが調べることが難しい業界情報・企業情報をお伝えすることができます。 各監査法人毎の志望理由の考え方を、あなたの今後のキャリアを鑑みた上でご支援致します。 まずはお気軽にご相談下さい。

次の

有限責任監査法人トーマツの中途採用一次&最終面接はどんな感じなのか。

あずさ監査法人 面接

こんにちは。 コメントで要望を頂いたので、アメブロ時代に書いた監査法人就活情報の記事をこちらにも書いておきます。 (だいぶ前にご要望頂いたのに遅くなりすいませんでした) 但し、私が就活をしたのは2011年で結構時間が経っていますし、当時は就職難の状況でしたが今では一点して売り手市場な状況と、だいぶ状況が変わっているので参考程度にして頂ければと思います。 今は誰でも希望した法人に入れるので、特段就活対策はしなくていいと思いますが、面接で優秀な人は内定承諾する代わりに希望の部署へ配属確約を要求したりできるので、そういう意味では就活頑張る意味はあると思います。 あえて当時書いた内容をそのまま残しています。 Contents• 小論文。 23日:面接予約 24日~:面接 二次と三次 選考の特徴 ・法人説明会に行くとそのまま一次選考になるので、ESの志望動機を考える材料が不足しがち。 二次選考を受けた人は全員三次選考が受けれる。 ・論文式試験の成績を提出する。 ・面接の待合室はリクルーターの方がおらず、就活生だけで話を出来るため楽しい。 なかなかのぶっちゃけトークが出来るし友達も出来る。 ・全体的に固い。 全てが淡々と進む。 選考内容 ・一次はESと小論文。 ESは「自己PR」と「志望動機、将来の希望等をご記入欄下さい」という2つの項目のみ。 各九行。 非常にシンプル。 だからこそ難しいかも。 小論文は法人説明会が終わった後、10分程休憩があってからすぐ行われる。 制限時間15分。 テーマは各回で異なる。 時事に関するものも出たとか。 私の回は「わが法人が掲げる3つの力 人材力、国際力、創造力 以外に必要な力を一つあげて説明書せよ」というテーマ。 ・二次選考と三次選考は面接 どちらも個人面接。 就活生一人に対し面接官が二人。 質問内容は… 法人志望動機、他の法人の就活状況、長所、会計士をめざした理由、趣味、苦手な人はどんな人か・その人とどのように接するか、最近人に謝ったこと、最近人に起こったこと、ストレスが溜まった時どうやって発散するか、人生であった困難な経験とそれをどうやって乗り越えたか、最近のニュースで気になる事は、それについてどう思うかetc… あまり変わった質問はされない。 よく就活で聞かれるような内容が聞かれる。 20分〜30分程かな? 新日本は比較的圧迫面接が多いと聞く。 私自身圧迫面接だった。 圧迫面接だと面接中の雰囲気は悪く、手応えが無いが気にせず話せば内定は出る。 他の法人と比べて面接官が固い人が多いという印象を受けたし、周りの受験生も同じことを言っていた。 面接の中であまり話題が盛り上がらず淡々と進むが、だかどうということもない。 初日面接の人はだいたい通る。 一年目の賞与は2. 6月分。 ・やはり日本のリーディングカンパニー。 売上クライアント数日本一。 ・BIG4の一角アーンスト・アンド・ヤング 以下E&Y のメンバーファーム。 ・お固いイメージ、まじめ・落ち着きがある人が多いイメージ。 ・国際部門と国内部門での異動はほとんどないらしい。 有限責任監査法人トーマツ 選考日程 11月14日 合格発表日 :法人説明会・フリーディスカッション予約開始 15日~22日:法人説明会・フリーディスカッション 23日:一次選考予約開始 24日~:一次選考 あとは進行状況による。 選考の特徴 ・法人説明会と別に、フリーディスカッションがある。 法人説明会は1時間程法人側の説明を聞き、個別に質問はできない。 フリーディスカッションとは通常他の法人では法人説明会と一緒に行われるリクルーターと直接的話せる場。 必ずこちらも予約すべき。 ・フリーディスカッションは堅苦しい雰囲気は無い。 イスが無くテーブルを囲んで立ち話という感じ。 国内監査部門、グローバルサービスグループ 他法人でいう国際監査部門 、トータルサービス部門といった部門ごとにテーブルに別れておりそれぞれ話を聞ける。 移動しやすく色々な話が聞ける。 ・一次選考はグループディスカッションとそれに関するレポート ? のようなものの作成。 二次選考と三次選考は個人面接。 人によって四次面接がある。 ・全体的に適当で段取りが悪い。 待たされる時間が長い。 選考内容 ・一次選考はグループディスカッションとES 過年度に選考を受けたことがある人は小論文。 合格発表前からパソコンで見ることが出来る。 23日の選考予約までにウェブからESを登録する必要がある。 内容は… 会計士を目指した理由 法人志望動機 どのようなプロフェッショナルになりたいか 会計士の誠実性について、それがわかるあなたのエピソード 長所とそれによる成功体験 短所とそれによる失敗体験 趣味特技 希望事務所 東京や横浜etc… とそこを希望する理由 その他自己PR等自由に という感じで比較的項目が多い。 それぞれ100~250字程。 時間は15分。 テーマは「ある商店街の空き地に新店舗を開き商店街を活性化させたい。 どのような店を開くべきか」や「名門中学受験生向けの学習塾についてどのような戦略を導入すべきか」といったもの。 テーマに関する資料が数枚与えられる。 資料の読み取りにある程度時間がかかる。 商店街活性化のテーマを例にすると、商店街の現状データ、住民アンケートによる候補店舗のランキング、各店舗の設置に必要な面積 空き地の面積の計算が必要になる etc… それを書いて提出した後、10分程休憩をはさみテーマについてグループディスカッションが行われる。 グループディスカッションは6人 欠席者がいると4人になったりもする 時間は25分。 その中で面接官に対し30秒以内で自己PRも行う。 30秒はかなり短く感じる。 なお30秒を超えて2分程しゃべってる人もいたが一次選考通過し内定獲得していたので、ナーバスになりすぎる必要は無いかもしれない。 しかし自分が話すぎるとディスカッションの時間が減るので、周りに迷惑をかけないためにも時間は守った方がいい。 ディスカッションについては司会進行役は決めてはいけないという指示がされる。 タイムキーパーや書記は決めてもよい。 ディスカッションをしたのち、各自でディスカッションの内容を書く。 制限時間15分。 上司に会議の報告をするようなイメージ。 面接は二次選考が1対2三次選考が1対1。 質問内容は一般的なものが多い。 基本的にはESに沿って行われるため、会計士を目指した理由や法人志望動機が中心か。 誠実性とそのエピソードについて詳しく聞かれた人も多い。 私は楽しく面接出来たが、人によっては圧迫面接を受けた人もいる。 いずれも20~30分ぐらいか。 ・幻 ? の四次面接 三次面接が終わると、そのままエレベーターまで見送られる人と待機させられる人に別れる。 待機させられた人は四次面接に相当するものに進む。 Twitterや2ch情報によると四次面接に進めれば事実上の内定で、エレベーターで帰されると落ちていると言われていた。 実際は四次面接まで進んだ人で落ちた人は聞いた事がないので半分正解。 しかし三次面接で帰された人も普通に内定出てるので半分不正解。 四次に進めた人はある程度安心していいが、三次まででも特に気にする事はない。 ちなみに四次面接は選考というより、「複数内定出ても是非うちに来て下さい」という話がされるだけ。 ただし四次面接に進めても内定確約ではないので注意。 選考に関するうわさ ・四次選考に関するうわさは上記の通り ・グループディスカッションはグループの中から優秀なひとをとるというより、グループ全体の良し悪しで全員が受かったり全員が落ちたりする。 これはあながち間違いではないと思う。 わたしのグループは5人中3人と二次選考で一緒になり、その3人は内定獲得していた。 あと2人がどうなったかは不明だが。 ・トーマツは体育会系で残業等が多い 話を聞く限りそんな事はない 法人の特徴 ・初任給30万円 給与例でありどの程度の手当を含むのか不明 、賞与は年三回。 うち二回が通常のボーナスでもう一つは能力に応じて支給され0の人がほとんど ?。 一年目の賞与は合計3~4月分。 ・今年は全法人で最も多くの内定者を出してる模様。 推定200人前後。 ・新日本に続く国内売上二位。 ・BIG4の一角デロイト・トゥッシュ・トーマツ 以下DTT のメンバーファーム。 DTTは世界二位の会計事務所。 BIG4のなかで唯一日本の法人名が入っている。 ・体育会系と言われるが、個人的にはそんなことはない。 ・これまた個人的意見だが新日本程固くなく、あずさほど和気あいあいでもない。 ちょうど中間のイメージ。 実際複数内定出た人も新日本とトーマツや、あずさとトーマツで悩む人は多いが新日本とあずさで悩む人は少ない気がする。 人のキャラは濃いかもしれない。 ・法人説明会では非監査業務やグループ会社とのクロスファンクションな体制が強調される。 ・全体的に対応が適当。 面接や内定者説明会はやたら待たされるし、内定承諾してしばらくしても提出書類が送られて来ない。 人によって必要な連絡がされていなかったりするため、大丈夫かと不安になる。 有限責任あずさ監査法人 選考日程 11月14日 合格発表日 :説明会予約開始 15日~:法人 説明会 23日:選考予約開始 24日~:一次選考 選考の特徴 ・グループ面接がある。 自宅ではなく選考会場でウェブテストを受ける。 グループ面接では同じ会計士受験生の就活生のレベルが見れて面白い。 ・法人説明会の時のフリーディスカッションではリクルーターの連携がうまく取れていて、自分がどんなことをやりたいかという話をするとそれが出来る部署の担当者にうまくつないでくれる。 ・リクルーターは美男美女が用意されている。 ・全体を通して段取りがよく、スムーズに進む。 ・面接は、面接官も盛り上がってくれて楽しく進むパターンが多い。 それでもあっさり落とされたりするからご用心。 選考内容 ・一次選考はグループ面接 事前にESを提出しそれにそった質問がされる。 ESは 法人志望動機4行 会計士を目指した理由5行 自己PR 長所短所 5行 日常生活で自分らしいと感じる瞬間4. 5行 希望業務とその理由2行 以上。 2010年も同じだったとのこと。 就活生四人対面接官二人でグループ面接が行われる。 1人あたりのしゃべる時間はそんなに長くなく、質問も多くないのですぐ終わってしまう。 私のグループは、会計士を目指した理由と論文後今まで何をしていたか、受験以外に人生で1番頑張った事、その活動の中で周りの人とどう関わって来たか、といったぐらいの事だった。 自分が話す時間が短ければ、話した事について掘り下げて質問してくれる。 事前に一つテーマが与えられそれについて面接官とディスカッションも行われます。 なごやかな雰囲気が多いと聞く。 質問もESにそった一般的なもの。 他の法人の就活状況も聞かれる。 20~30分ぐらい。 面接官とのディスカッションは「少人数学級と大人数学級どちらが良いか」「小学生のうちから英語教育を行うべきか」といったテーマについて、どちらか一方の立場に立ちディスカッションする。 正解は無いものなので時事に関する情報を集めるとかの対策は不要だと思う。 面接官が反対の立場から反論・質問してくるのでそれに対し自分の意見を言う感じ。 問題に答えるものが40分と性格診断のようなものが20分。 問題は内容は国語、算数のようなもの。 時間が無いのでそこそこ難しい。 性格診断はよくあるYESかNOで答えるタイプのもの。 ・三次面接 三次面接は1対1。 この時点で100人前後に絞られていた模様。 が、結果的に辞退者が多く三次面接まで進めなかった人にも追加で内定を出していた。 自己紹介や会計士をめざした理由等、二次面接でも聞かれたようなことが効かれる。 そして面接後半は内定を匂わせてくる。 「7日から9日空いてる?空けといてね。 」という感じ。 時間にして30分ぐらい。 ちなみに内定をもらうと通知書とともに、長文直筆で自分の人格を肯定してくれるような文書が届く。 選考に関するうわさ ・男女ともに美男美女が多い。 リア充が集まる。 男性はわからないが、女性は茶髪の人が多く華やかなイメージ。 あながち間違いではないか? ・女性人気が高く、法人自体も女性を多く取る。 私もこのウワサをよく聞いたが、私の周りではあずさが第一志望の女の子は1人もいなかった。 たまたまか? ・オリンパス関連でやばいんじゃないかという話があった 詳細不明。 法人の特徴 ・初任給は284,000円。 採用人数もおそらく三大で一番少ない。 三大の中で唯一人員削減をしていないため、そのツケが給料や採用人数にあらわれていると言われるが詳細は不明。 法人給料はどの程度の手当を含んでいるか不明なため、一概に比較は出来ない。 ・BIG4の一角KPMGのメンバーファーム。 KPMGは世界四位の会計事務所であり、BIG4の中では少し規模が小さい。 ビジネス系 文系? 学生が選ぶ世界の就職したい企業ランキングでGoogleにつぐ世界二位。 ちなみに二位から五位は全て会計事務所BIG4。 ・とにもかくにも和気あいあいとした雰囲気が漂っている。 やや学生ノリ。 みんな仲良しといった感じ。 そこが人員削減していない事にもあらわれているのか? ・三大の中では好き嫌いが大きく別れる印象。 個人的には好き。 仲良しだが馴れ合いではないと感じた。 ただその印象は人による。 「あの学生ノリは自分には合わない」という人も少なくない。 ・監査法人の中でもダントツに細かい気配りが出来ている。 面接や説明会で待たされる事は無い、待合室にペットボトルのお茶常備、法人説明会参加者には個別に手紙を送り、内定通知とともに面接官から直筆長文の文書が送られてくるという徹底ぶり。 ・部門は国内と国際で別れるのではなく、第一部門の中で国内監査も国際監査も行うといったスタイル。 1人で両方関われるという話を聞く。 といった感じですかね。 PwCあらた監査法人 選考日程 11月14日 合格発表日 ~:WEBテスト開始。 その後法人説明会予約開始。 15日~:法人説明会 ES提出 23日~:選考予約開始 24日~:面接開始 選考の特徴 ・法人説明会を予約するためにはWEBテストを受けなくてはならない。 他の法人の特徴もあるのでめんどくさい。 ・外国人面接官との英語面接がある。 ・なんとなく全体的にドライな感じ 選考内容 ・一次選考はWEBテストとES 法人説明会を予約がする前にWEBテストを受けなくてはならない。 ただし結果に関わらず説明会の予約は出来る。 内容はいわゆるSPIのようなもの。 自宅のパソコンで行うため誰かに協力してもらおうと思えば出来てしまう。 ESの内容は志望動機と自己PR。 法人説明会で提出するため、志望動機を考える材料が不足しがち。 ・一次選考を通ると面接が三回ある。 面接はESの内容を中心に、志望動機や自己PR等基本的な質問が多い。 面接が進むと聞き方が深くなる。 全体的に和やかな雰囲気。 二次面接でおおまかな部署の志望が聞かれる。 三次面接は外国人面接官との集団面接の後、個別面接がある。 英語面接は面接官1対受験生5。 ただし面接官はメモをとる様子もなく、英語能力がどの程度選考に影響するか不明。 最後の個別面接は時間も短かくたいしたことは聞かれないとか。 あくまで一例だが、面接官の年齢は、一次40才、二次35才、最終50才くらい。 選考に関するうわさ ・あらたが1番給料が高い 詳細不明 ・受付の人がスザンヌ似。 法人の特徴 ・人によって新日本に似てるとか、あずさに似てるとか聞く。 ・新日本、トーマツ、あらたと並んで四大監査法人と言われる。 しかし四大監査法人の中では少し規模が小さいのであらたをのぞいて三大監査法人と呼ばれる事もある。 ・BIG4の一角プラスウォーターハウスクーパース 以下PwC のメンバーファーム。 PwCは世界最大の会計事務所。 ・英語面接があることからもわかるように四大監査法人の中でも特に海外志向が強い。 自然と海外志向の強い受験生が多く集まる。 以上になります。 最初にも書きましたが、かなり古い情報なので参考程度にして頂けたら幸いです。 人気記事、こちらも是非ご参照下さい!•

次の

面接の質問集:監査法人編

あずさ監査法人 面接

平成30年公認会計士試験の合格発表 平成30年公認会計士 論文式試験の合格発表は、平成30年11月16日(金)に予定されています。 例年、合格発表は以下の三通りの方法で行われます。 【掲示】 公認会計士監査審査会及び各財務局等において、「受験番号」及び「氏名」が掲示されます。 今回の論文式試験は、平成30年11月16日(金) 9:00~17:00に掲示される予定です。 【インターネット】 公認会計士監査審査会Webサイトに「受験番号」が掲載される予定です。 掲載開始は、平成30年11月16日(金)9:00に予定されています。 【官報公告】 官報において「受験番号」及び「氏名」が公告される予定です。 試験結果が公告される官報は平成30年11月21日(水)に発売予定です。 合格された方は、記念にご自身の名前が記載された官報を購入するのも良いと思います。 は左記リンク先で確認してください。 合格発表後に面接予約(本エントリー)が必要 合格発表後、各監査法人のサイト上で本エントリーして、採用面接の申し込みを行うことになります。 夏イベントに参加して、監査法人の絞り込みができているなら、その監査法人にエントリーするようにしましょう。 また絞り込みができていないようなら、各監査法人が開催している秋イベント(法人説明会等)に参加して、エントリーする監査法人を絞り込みましょう。 なお本命の監査法人に内定をもらえるとは限りませんので、本命のみならず予備も含めてエントリーするようにしましょう。 なお夏イベント等に参加してプレエントリーが済んでいる方は大丈夫ですが、プレエントリーが未了のは、本エントリー前にプレエントリーしておくようにしてください。 他の受験生はとっくに就職活動をスタートさせていますので、急いでキャッチアップっするようにしてください。 監査法人の法人説明会は夏に盛大に開催されるのですが、規模は小さいながら合格発表後にも各監査法人で開催されます。 もし試験に合格したけれど夏イベント(法人説明会)に参加していないなら、慌てず各監査法人の定期採用サイトを確認して、秋イベントに参加するようにしてください。 採用面接では、これを意識してしっかり質問等に答えるようにすれば意中の監査法人にはいることはそれほど難しいことではありません。 なので監査法人が求める人材像をしっかり理解して、採用面接に挑むようにしてください。 新しいことにチャレンジする積極性 監査の品質問題や働き方など、さまざまな課題が山積する監査法人ですが、日本経済のインフラとして機能すべく、社会から常に時代にあった変革を求められています。 その監査法人で働く職員にも、変革を起こすべく、単に与えられた仕事をこなすだけでなく、全体の目標を達成すべく何をやるべきかを、自ら考え、新しいことにチャレンジする積極性が求められています。 面接においても採用担当者はあなたの積極性をチェックしています。 仕事に対する積極性をしっかりアピールするようにしましょう。 過去にとらわれない柔軟性 監査は監査基準や各監査法人のマニュアルに従って実施されますが、監査手続は形式的なものではありません。 企業を取り巻く経営環境は毎年激しく変化しています。 このような経営環境にさらされている企業の監査を行うにあたっては、決められた手続きを機械的に実施するだけでは足りず、柔軟な対応が求められます。 今までのやり方に固執せず、状況に応じて柔軟に思考や行動を変化させる力が求められています。 面接において、採用担当者はあなたの柔軟性もチェックしています。 仕事に対する柔軟性もしっかりアピールするようにしましょう。 高いコミュニケーション能力 監査は一人で行うものではなく、監査チームで協働して実施します。 また被監査会社の経理担当者に対して、さまざまな質問を行ったり、資料をお願いして監査手続を進めていきます。 そのため監査法人は、採用する人材に対して高いコミュニケーション力を求めています。 面接では、相手の話に真摯に耳を傾け、相手の立場を理解し、問題解決に向けて双方向の対話を行えることをしっかりアピールしましょう。 面接担当者に一緒に働きたいと思わせることができれば、採用されることは間違いありません。 将来性を感じさせるポテンシャル 企業は常に成長することを求めらており、監査法人も例外ではありません。 従って監査法人でも監査法人自身の成長に貢献できる人材を求めています。 とはいえ定期採用においては即戦力を求めているわけではありません。 業務を通じてさまざまな経験を積む中で、法人の成長に資するような「強み」を発揮し、成長をけん引するようなポテンシャルを感じさせることができれば言うことはありません。 あらかじめ話すことを考えておこう 監査法人の面接を受けたことがある人ならイメージしやすいのですが、初めての人はなかなか勝手が分からないと思います。 でもがんばってイメージして、典型的な質問に対する答えは、予め準備しておくようにしましょう。 以下のような質問は、典型的な質問だと思いますので、監査法人が求める人材像に沿った回答を準備しておくようにしましょう。 公認会計士を目指した理由• 当法人を志望した理由• あなたの強みと弱み• 入所後、どんな仕事をしたいと思っているか このときに注意が必要なのは、答えに一貫性を持たせることです。 個別の回答がどれだけ優れていても、各質問の回答に一貫性がなければ、採用担当者の信頼は得られません。 監査法人の採用担当者の印象を操作するのは難しくない 監査法人の採用活動は、部門ごとの採用担当者が中心になって行います。 入所して1、2年程度のスタッフとマネージャークラスの職員、そして採用担当のパートナーたちが中心になって採用活動を行うのですが、実はこの人たちは採用に関しては素人同然です。 良い人材を採用しようと専門部署で年中採用の準備を行っている一般事業会社の採用担当者に比べると、にわか採用担当であることは否めません。 それだけに面接を受ける側としては、対応は容易です。 上記の監査法人が求める人材像をしっかり理解して、想定される質問に対する答えを自分の言葉で語れるように準備さえしておけば、入りたい監査法人に入ることは、それほど難しいことではありません。

次の