思う よう に いか ない。 『思い通りにいかない時』成功者はこう考える!

仕事ができない部下へどう接すれば?相手の心に響く破壊マネジメント

思う よう に いか ない

人生は思うようにいかないことばかりです。 思うように勉強が進まず、成績が伸びません。 思うように仕事がうまくいかず、行ったり来たりを繰り返します。 思うように好きな人との関係が進展せず、もんもんとした日々が繰り返されます。 特に初めてチャレンジすることは、未体験ゾーンなので、思うようにいかない確率のほうが高くなるでしょう。 思うようにいかないと、がっかりして、自然と大きなため息が出ます。 自分が情けなくて、心がつらくて、悔しい気持ちに包まれます。 気分を害して嫌になって、ふてくされそうになるかもしれません。 思うようにいかないことが連続すると「悪い霊にとりつかれているのではないか」と錯覚を起こしそうになります。 打たれ強くなり、落ち込みにくくなります。 出だしからつまずいても、前向きになれます。 「思いどおりにいかなかったね。 予定通り。 さあ、ここからが本番!」 あらかじめ心の準備ができていれば、ショックはありません。 むしろいらいらすることがなくなり、わくわくすることが増えます。 失敗しても、楽しい気持ちでいられるため、精神面で安定します。 たったこれだけで精神的に強くなり、挫折しにくくなります。 もし新しくチャレンジすることがあれば「思うようにいかないだろう」と思いながら取り組んでみてください。 新鮮な体験ができるに違いありません。 心の折り合いがつき、成功・失敗の結果にかかわらず、常に前向きになれるでしょう。 もし一発でうまくいけば「ラッキー」と考えればいいだけです。 「人生は思うようにいかない」という前提で生きれば、人生を素晴らしくできるのです。

次の

コントロール欲求が強い人の13個の特徴

思う よう に いか ない

ストレスを簡単に定義しようとすると、「自分の思い通りになっていない状態」・・・ということになるのかも知れません。 自分の思い通りになっている状態が「理想」だとすると、その理想と今という「現実」の差が自分にストレスというものを与えるようです。 そうやって考えてゆくと、ストレスを少なくするには、この「理想」と「現実」の差をできる範囲で、少なくしてゆくことが効果的だと言えます。 方法は2つあると思うんです。 1つは、現実を変えようとすること・・・です。 そのためには、一生懸命頑張ったり、努力したりして、自分や自分がやっていることをできるだけ理想に近づけようとする必要があります。 この方法を選択することで、自分を高めることもできるかも知れません。 でも、逆に頑張り続けていって、もう頑張れなくなる方もいらっしゃって・・・。 もし、頑張ってもストレスが改善されないようなら、次の方法を試してみてもいいのかも知れません。 2つ目の方法は、「理想」を下げてしまうという方法です。 今の自分を頑張って変える必要もなくて、ただ、理想を下げるだけで、それだけでストレスは改善されます。 それは言い換えてみれば、自分に甘くなるということなのかも知れません。 でも、頑張ってこられた方にはそれがどうしてもできないかも・・・知れません。 ただ、少しだけでも自分に甘くなってみると、それがどれだけ自分を楽にしてくれるか・・・ということに気づかれるかも知れません・・・ 不満と感謝の分かれ道 人生は自分の思い通りにいかないことの連続なのかも知れません・・。 考えてみたら、自分の思い通りにいったことなんて、殆どなかったりして・・。 自分の思い通りにいかないこと、それが人生なんだと、お釈迦様は遠い昔におっしゃいました。 でも、なかなかそれを受け入れられなかったりするし、どうしても思い通りにならないことに思い悩んでしまうことだってあるのかも知れません。 自分の思い通りになっている状態を100%と表現すると、それでも人生は0%なんてことはなくて、50%とか30%とか、全く思い通りになっていないわけではないように思うんです。 お釈迦様は100%はないと教えられたのかも知れません。 それは、0%でもない・・・ということでもあると思うんです。 今が50%だったとすると、大事なのは、ある方の50%に目を向けようとするのか、ない方の50%に目を向けようとするか・・・ということなのかも知れません。 ないほうの50%に目を向けると、途端に不満をもらしたくなります。 気分は全然よくならないし、ストレスもたまってイライラしてしまいます。 でも、あるほうの50%に目を向けると、ありがたいなあ・・・と感謝したくなったりします。 そっちの方が楽しそうだなと僕は思うんです。 状況は何も変わってはいないのに、「あるほう」と「ないほう」のどちらかに目を向けるかの差でこんなにも気分って変わるんだ・・・と。 でご紹介したのですが、40歳になった時に「もう40歳」と考えた人と「まだ40歳」と考えた人では「まだ40歳」と考えた人の方が10年も長生きでした。 「あるほう」と「ないほう」のどちらに目を向けるか・・・は、気分だけじゃなくて、体にも大きな変化をもたらすのかも知れません。 1つの不満と100の感謝 僕は、幸せな人は不満がないから幸せ・・・ではないと思うんです。 どんなに幸せな顔をして笑っている人でも、必ず悩みがあります。 その人は悩みがないから幸せなのではなくて、自分が恵まれているほうを見ているから笑っていられるのかも・・知れません。 人の心はもともと、「ないものを探す癖」があります。 だから、不満は簡単に見つかります。 1つ不満が見つかります。 それは、自分を悩ませるものです。 そこには嫌な気分がつきまといます。 そして、それはどんどん大きくなってゆくことがあります。 そんな時に僕がよく思うのが「1つの不満と100の感謝」という言葉です。 ある方は1000の感謝とおっしゃっていましたが、横着な僕は100にしてます。 (笑) 「1つの不満と100の感謝」 ・・・どういうことかと言うと、1つの不満を100の感謝で消してしまいましょうよ・・・ということ・・なんです。 1つの悩みに押しつぶされそうになった時、自分がもっているもの、つまり「あるほう」を100探してゆきます。 そういえば、健康でいれたことを感謝してなかった・・・とか。 ずっと寝たきりで好きなこともできないでいる方もいます。 そういえば、仕事もある・・・リストラされて苦しんでいる方だっているはずだ・・とか。 そうやって、持っているのに感謝してこなかった100のことを思い浮かべていくと・・・その大きくて押し潰されそうだった悩みは何だか小さなものに見えてきて、100個目の感謝を見つけた後は、ろうそくの最後の火がふっと消えるように・・・消えてしまうものなのかも・・知れません。 100個も1000個も浮かんできません・・・という方がいらしたら・・・「ありがたいなぁ」を1000回口にしても、もしかしたら似たような効果があるかも、知れません。 人の脳は矛盾したことが大嫌い・・・ですから、突然何もなく「ありがたいなぁ」なんて言ったら大変・・・勝手に「ありがたい理由」を探してきてくれます。 何かが当たり前に思えてきてしまった時、僕は1回1回かみしめるように「ありがたいなぁ」と口にします。 何の理由もなく。 面白いことに今まで、苦しい時でさえ、そう口にした後に「ありがたい理由」が見つからなかったことは一度もありません。 ツイッターでも発信しています では心が楽になる考え方や悩みの解消方法、新着記事のお知らせなどを毎日発信しています。 前向きになれない時は、まだ後ろ向きのままでいい時なのかも知れません。 人は、後ろ向きになりながら、後悔しながら、悲しみながら・・何かを学んでいたり、自分自身を癒していたりします。 だから、落ち込んだり、後悔したり、後ろ向きになったりすることも決して無駄ではありません。

次の

タイピングで指が動かない時の原因と対策

思う よう に いか ない

この記事に書いてある内容は... タイピングで指が動かない原因と対処法を公開 タイピングで指が動かない 今、あなたはタイピングを練習中ではないですか? 「どうしても、キーボードを見ないで打てるようになりたい」という方にとって切実な悩みだと思います。 指が動かないと、上手く入力が出来ないですよね。 それって、実は、大きな勘違いをされている事が多いです。 指を動かすコツを知ると良いです 指を動かすにはコツがあるんです。 なぜ指が動かないのか? ガチガチになっていませんか? そもそも緊張してガチガチになっていませんか? 指が動かない多くの方は• ・間違いを恐れて先に進めない• ・完璧に正しい方法を行なおうとして指が動かせない• ・どの指がどれかという事に気を取られて指が動かせない• ・小指や薬指など動かしにくいところに意識が集中して動かせない 多くの方はこの辺が理由になります。 間違っても良いので、まずはリラックスして動かす事 まずは動かす事を考える事です。 結構、肩に力が入っていたりする方が多いです。 最初から完璧はまず無理なので、ゆっくりと行う事です。 あと、後述しますが、 「手全体を動かす」というのが一つ大きなポイントです。 「手の硬さ」や「指の硬さ」は関係ないです 「手の硬さ」や「指の硬さ」は関係ない よく伺うのが、• 体が硬い• 小指が動かしにくい• 薬指が動かしにくい• 長時間できない• 手がつりそう• Zキーが打ちにくい• Pキーを薬指で打ってしまう この辺でしょうか。 これら、全部間違った手順で行なおうとしているので、出来ないのです。 元々キーボードは配置が不規則なので入力しにくいもの キーボードのキー配列はタイプライターの形態をそっくりそのまま使っています。 不規則な配列なので、ホームポジションを真面目にキープしようとすると、指が引き攣ってしまいます。 これは誰でもそうです。 特に、小指や薬指は顕著にその現象が起こります。 その、なんというか、最初から真面目に行いすぎです。 小指や、薬指はそう簡単に動いてくれません。 なので、 動かしやすい場所から練習すれば良いのです。 また、指だけではなく、「手全体」を動かす事を行えば良いのです。 「B」は「左手」で入力?それとも「右手」で入力? Bってどの指で入力するのか悩まれている方が多いです。 「B」は左で入力します。 詳しく知りたい方は別記事にまとめました。 下記をご覧ください。 そもそもタッチタイピングが出来ない理由は? タイピングが出来ない人が多い 単純に、やり方を知らないだけです。 ブラインドタッチでどこで学べると思いますか? おそらく、どこでも学べないんです。 うちはパソコン教室なので行なっております。 ですが、パソコン教室なら「タッチタイピングが学べるか?」というとそうではありません。 パソコン教室のコンサルタントも行なっているのでわかりますが、まず、きちんとした「タッチタイピング」を行なっている教室はいません。 多くの方が正しいタッチタイピングの方法を知らない というのも「誰も正しいタッチタイピングの方法」を知らないので「教える事が出来ない」というのが事実です。 現在タッチタイピングが出来ている人は「なんとなく」とか「自己流」って感じの方が殆どです。 単純に「入力の機会が多かった」ということで考えると良いでしょう。 多ければ自然と慣れてきます。 後は、パソコンの初期の頃から使っていたとか、ワープロ世代から使っていたとかでしょうか。 昔なんとなくやっていたという感じです。 入力する機会が無い方にとって厳しい現状 これでは、入力する機会が無い方にとっては非常につらい状況だと思います。 学ぶところがないので。 でも、ご安心下さい。 正しい方法はあるのです。 これを行なえば、正しいタッチタイピングをする事が出来るという方法があるので、それを後ほど紹介したいと思います。 肩の力を思いっきり抜いて超リラックスさせる 指に力を入れると肩に力が入る 次に肩はリラックスさせますどうしても初めてと言うのは肩に力が入ります。 その結果疲れると言う原因になるのです。 よく初めて入力をする人やあまり慣れてない方を見るとものすごく 力んでいることが多いです。 タイピングを始めた方に肩こりが多い理由 よく整体に通われている方が「最近何か始めましたか?肩が凝っていますよ」って言われる人が多いです。 これは、力が入りすぎている証拠です。 そうするとまずは長時間打てないので必ず リラックスした状態にしましょう。 リラックス状態にするのが1番大切なことです。 指だけでなく「手全体」を動かす 指だけ動かすのではなく手全部を動かす 上述しましたがこれが最も重要です。 多くの方は、「指だけを動かす」と考えている方が多いです。 その結果 「指が動かない」 「手がつる」 「私は手が硬い」 というような状況になります。 そもそも指だけ動かすのは無理です どうしても最初から完璧を求めて、「指だけを動かす」って思うんですね。 そうすると、非常に辛くなります。 考えただけで、小指とか痙攣が起きそうです。 そうではなくて、最初は「 手全体を動かして、また、ホームポジションに全体を戻す」これがベストです。 ホームポジションに戻すことが上手く出来ない方は別記事にまとめました。 下記をご覧ください。 指が思うように動かせない時は 指が上手く動かせない時は対処法があります。 そもそも指に意識が行き過ぎているのでそれを忘れる事から始めると良いです。 詳しくは別記事に書きました。 下記をご覧ください。 指が長くてタイピングが上手く出来ない 指が長くてタイピングが上手く出来ない方は対処法があります。 実は指が長い方がタイピングはやりやすいのです。 あなたはラッキーかもしれません。 小指が短くて動かしにくい方は 小指が短くて動かしにくい方は、対処法があります。 それって、まだ小指が慣れていないだけです。 エンターを小指で押すようにしていくと、徐々に慣れてきます。 また、小指に意識が行き過ぎて、ホームポジションが出来ていない証拠でもあります。 詳しくは別記事に書きました。 下記をご覧ください。 実際の練習方法「練習時の秘密の入力順番」 タッチタイピングで重要なポイント 非常に重要なポイントをお話します。 「あ・い・う・え・お」ではなくて「い・う・お・あ・え」の順番で練習をしてください。 指というのは「動かしやすい指」と「動かしにくい指」があります。 実は「動かしやすい指」からならしていきましょう。 何も「あいうえお」の順番にする必要は無いです。 難しいところまでやる必要はございません。 詳しくは別記事で書きました。 ご参考になさってください。 ゲーム感覚で楽しく行なう 単に練習するだけではつまらないので「ゲーム」も一部に取り入れると良いでしょう。 人気のゲームソフトは別記事にまとめました。 疲れたら休みましょう タイピングは修行ではありません。 疲れたら休みましょう! プロ野球の選手でも、疲れて練習したらフォームが崩れるので適度な練習にされます。 同じ事です。 無理やり行なっても、形は作れません。 フォーム作りが重要です。 コツは1日に10分ずつくらい行なうのが良いでしょう。 一度に全部行なわず、成長度合いを見ながら練習していきましょう 多くの方が「すぐに見ずに、スピードを上げて、変換をスラスラと」みたいなのを一度に目指そうとするからおかしなことになるのです。 順番で言うと 【1】タッチタイピング 【2】ひらかなの文字入力 【3】漢字変換のコツ 【4】スピード このように手順を追っていきましょう。 多くの方は「でたらめにスピードだけ」みたいな練習をされるので、手がつるようになるのです。 ぜひ行なってみてください。 やってみて、どうしてもうまく行かない時は、1日でマスターできる講座も行なっておりますのでおっしゃって下さい。 長文を入力する時のコツ 長文を入力する時はコツがあります。 「文節」ごとに区切りながら入力していくと非常に楽です。 詳しくは別記事に書きました。 どれくらいで習得できる? 正しいやり方で、正しい方法を身に着ければ誰でも出来るようになります。 自分には無理!とあきらめないでください。 では、どれくらいの期間頑張れば習得できるでしょうか。 正しい練習方法や、練習のコツ、正しい進め方、タッチタイピングを習得するメリットを別の記事でまとめています。 ここであきらめずに、ぜひこちらの記事をご覧ください。 正しい指の位置に矯正するには 自己流のタイピンは矯正したほうがいいのでしょうか。 一応、打てているからそのままでも特に問題はない? すでに体に染みついている指の動きを矯正するには努力が必要です。 しかし、正しいタイピングを身に着けた場合のメリットも考えてみてください。 詳しくは別の記事にまとめました。 矯正する方法を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 手全部を動かしても戻ってこれます! 手全部を動かすとホームポジションに戻る時に手元を確認してしまう。 なるべくホームポジションを崩さないために、少しの移動で済むように指だけを動かす。 一見効果的に思えるかもしれませんが、実は間違いです。 手元を見なくても、手全部を動かしても、ホームポジションに戻るための「しるし」突起があります。 取れてしまった場合、元々ない場合も含め、わかりにくいと感じる時にも利用してみるのはいかがですか。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 マスターしようと思えば1日でのマスターも可能です タッチタイピングをマスターしようと思えば、1日でマスターする事も可能です。 勘違いしていただきたくないのは、「タッチタイピング=スピードアップ」ではないということ。 見ずに入力できるようなると言う事であれば1日も可能です。 詳しくは別記事で書きました。

次の