リンデロンvg軟膏効能。 リンデロンVG軟膏の効果まとめ!同じ効能の市販薬はある?

【リンデロンVG軟膏・クリーム・ローション】って?効果効能・副作用を紹介!

リンデロンvg軟膏効能

効能について リンデロンVG軟膏は、皮膚の炎症を抑えてくれるステロイドと細菌感染を抑えてくれる抗生物質ゲンタマイシンが配合された外用塗布剤です。 主成分のステロイドには出血を防ぎ、抵抗力を高める作用があり、現在では最も強力な 抗炎作用を持った成分となっています。 しかし、真菌感染による炎症や皮膚潰瘍による炎症では、治療が長引いてしまうので使用は控えられています。 加えて、過去に皮膚に発疹や痒みを伴うアレルギーがあった方や、妊娠中・授乳中の方は使用を控えるようにしましょう。 他にも脱毛後や髭剃り後にも使用しないようにしてください。 用法・用量等、難しい部分もありますので、自分で判断せずに医師や薬剤師の指導のもとで使うようにしましょう。 また、家庭で保管する場合は、直射日光や湿気に注意して保管するようにしましょう。 続いて、ゲンタシン軟膏VGには、どのような症状に効果があるのか列挙していきます。 ニキビ 含有されたステロイドには、 ニキビの炎症を抑える効果があります。 また、ゲンタマイシンという抗生物質には、ステロイドによって免疫力が下がるのを防ぐ効果があります。 また、ステロイドの副作用として、皮膚が薄くなったり、シワに見えたり、毛細血管が膨れたり、赤ら顔に見えたりするので使いすぎには注意してください。 特に顔のニキビに対して使う場合は、あまり薬に頼らないようにして、洗顔や食習慣、生活習慣の改善を通して治療する方が無難です。 火傷 やけど 火傷は、火に限らず、熱や油、熱い液体などによって引き起こされる 皮膚の熱傷・炎症状態のことを言います。 火傷した場合、湿潤治療という応急処置が一般的に知られています。 ちなみに湿潤治療とは、患部を流水などで冷やしたり、氷水に漬けたりする治療法です。 火傷した場合、まずはこの湿潤治療で応急処置をした後、水気をしっかりと拭き取り、リンデロンVG軟膏を塗り、サランラップに包んで保護するようにしてましょう。 火傷してすぐに軟膏を塗ってしまう方も多いようですが、湿潤治療の後で塗った方がより効果的です。 皮膚の奥深くにある脂肪細胞に熱が達するとじんじんとした痛みが生じてしまいます。 患部を冷やすことでそれを防ぐ必要があります。

次の

【薬剤師が解説】リンデロンVGの効果や副作用と正しい使い方【ステロイド・抗生物質】

リンデロンvg軟膏効能

ゲンタマイシン硫酸塩は、アミノグリコシド系に分類される抗生物質であり、細菌のタンパク質合成を阻害することで、細菌の増殖を阻害します。 混同される方もいらっしゃるようですが、 ゲンタマイシン硫酸塩は、ステロイドではありません。 したがって、炎症を抑える効果もありません。 あくまで、細菌の増殖を抑えることで、治癒を促進し、感染の拡大を抑える成分というわけです。 ベタメゾン吉草酸エステル…ステロイド薬 リンデロンVG軟膏の有効成分の2つ目は、 ベタメゾン吉草酸エステルです。 これは、 ステロイド剤で、大人ニキビの炎症を抑えてくれます。 なお、 ステロイドについては、 かなり偏った常識が定着していますので、その説明もしていきます。 一度皮膚科にかかったら、最後まで皮膚科を利用した方が予後 治り が良いです。 リンデロンVG軟膏=保険治療。 保険治療について、知っておくべきこと リンデロンVG軟膏を処方されているということは、 保険治療を受けているということになります。 保険といえども効果的なのは、ここまでご説明したとおりです。 しかし、 あなた本来の美肌をとりもどすのにカンペキかと言うと、そうでもありません。 つまり 、 言われるままにしていても、大人ニキビは繰り返しでき、悩まされるということです。 ちょうど、にき美さんもその説明を受けて、ビックリしたようです。 あなたも一緒に、 本当の肌をとり戻すために、必要なことを知っていきましょう。

次の

ルリクールVG軟膏の効果や強さ、リンデロンとの違い|あせも、やけど、ヘルペスなどへの効果や市販の販売状況も|薬インフォ

リンデロンvg軟膏効能

リンデロンVGは、幅広い皮膚トラブルに使用される処方薬です。 特に化膿している状態の皮膚に処方されることが多く、使用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。 リンデロンVGには、軟膏・クリーム・ローションの3タイプがあり、患部の位置や症状によって使いわけられます。 12%/リンデロン-VGクリーム0. 12%の添付文書 リンデロンはさまざまな皮膚疾患に処方されますが、以下のような症状によく処方されます。 ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)+ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質) 【ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)】 ベタメタゾン吉草酸エステルは、ステロイドの消炎鎮痛剤で、炎症を鎮める効果があります。 【ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質)】 ゲンタマイシン硫酸塩は抗生物質です。 免疫機能が下がった患部が感染症になるのを防ぎます。 また、細菌の増殖を防ぎ、感染が広がり症状の悪化をおさえます。 ただし、抗生物質は長期使用すると細菌に耐性ができ効果が出づらくなることがあります。 ステロイド外用剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより、以下の5段階にわけられています。 ・Strongest(ストロンゲスト):もっとも強い ・VeryStrong(ベリーストロング):非常に強い ・Strong(ストロング):強い ・Medium(ミディアム):おだやか ・Weak(ウィーク):弱い リンデロンVGの体内吸収度の強さは、5段階の真ん中3番目の「Strong(ストロング)」です。 ステロイドと聞くと副作用を心配する人もいるかもしれませんが、適切に使用すれば高い効果を得ることができる優れた薬です。 ステロイド剤を使用するときは必ず医師の指示通りに使用してください。 指定された患部以外に使用したり、全体に塗り広げたりしないように注意しましょう。 リンデロンVGを購入する場合は医師の処方箋が必要であり、処方箋なしに薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。 また、リンデロンVGと全く同じ薬は現在市販されていません。 しかし、リンデロンVGと似たような成分配合であり、同じような効果が期待できる薬は市販されています。 なお、リンデロンVGと同じステロイド成分である「ベタメタゾン吉草酸エステル」を配合している市販薬は現在2つのみ販売されています。 市販薬の中で最もリンデロンVGと似ている薬は「ベトネベートN軟膏AS」です。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンと同じステロイド+抗生物質の薬です。 【ベトネベートN軟膏ASの成分】 ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)+フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質) ベタメタゾン吉草酸エステルはリンデロンVGのステロイドと同じ成分であり濃度も同じです。 リンデロンVGと異なる点は、配合された抗生物質の成分です。 ベトネベートN軟膏ASに含まれている抗生物質のフラジオマイシン硫酸塩は、リンデロンVGに含まれているゲンタマイシン硫酸塩と同じように細菌のタンパク質合成を阻害することによって、細菌の増殖を阻害する作用があります。 そのため、ベトネベートN軟膏ASは、リンデロンVGとほとんど同じ効果を期待できるといえます。 ベトネベートN軟膏ASとベトネベートクリームSは、配合されている成分が異なるため、効能・効果が若干異なります。 自分の症状に合わせて薬を選択しましょう。 判断がつかない場合は、薬局などで薬剤師や登録販売者に相談することをおすすめします。 今回は処方薬リンデロンVGの類似薬として、薬局やインターネットで購入できる市販薬ベトネベートN軟膏ASを紹介しました。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンVG同様ステロイド剤なので、大量に長期間使用すると副作用が起こることがあります。 必ず使用上の注意を読んで用法用量を守って使い、使用中に異変や違和感が起きた時は皮膚科などに相談しましょう。

次の