日本 アイ ビー エム サービス 株式 会社。 日本アイ・ビー・エム・サービス株式会社の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (7115)

日本アイ・ビー・エム・サービス 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

日本 アイ ビー エム サービス 株式 会社

今後、IJDSは、既存システムの運用の高度化やさらなる効率化に加え、新しいアプリケーションの構築や柔軟な外部連携を実現し、お客様とともにデジタル変革を推進していきます。 今回合併するのは、日本アイ・ビー・エム・サービス株式会社(以下、ISC-J)、日本アイビーエム・ソリューション・サービス株式会社(以下、ISOL)と日本アイ・ビー・エム・ビズインテック株式会社(以下、IBIT)です。 これまでISC-Jは主に製造業へ、ISOLとIBITは金融業界へと専門化することで業界特有の業務知識やシステム開発・運用に関する知見やスキル、アセットなどを蓄積してきました。 それぞれの特長を持った3社が合併することでIJDSは、専門性と広範なスキル、既存システムの安定稼働と新技術によるデジタル変革の実現を両立し、お客様の戦略策定とその実現にスピード感を持って取り組んでいきます。 また、IJDS社員にとっては、業界を問わず多様な現場を経験する機会が拡がり、スキルの選択肢やキャリアパスが拡大し、ITプロフェッショナルとしての可能性をさらに高めていくことができるようになります。 日本IBMグループでは、IJDSをはじめ、先進技術を駆使したアプリケーション開発から基幹業務の安定した運用まで、品質の高いシステム・サービスをビジネスのスピードに合わせて迅速に提供し、信頼されるパートナーとなってお客様とともに変革を実現していきます。 comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp. の商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。 ibm. shtml US をご覧ください。 関連リンク•

次の

役員紹介

日本 アイ ビー エム サービス 株式 会社

)は、米(IBM Corporation)の日本法人。 戦後から1980年代まではコンピュータのハードウェアやソフトウェアのメーカーであった。 当時のが国産メーカー保護育成政策を取っていたことも背景に、の当事者や、の関係企業ともなった。 1975年からの社長時代には、「Sell IBM in Japan, sell Japan in IBM. 」や「社会とともに」 を標語として、日本市場に合った製品・サービスの提供による日本の産業界への貢献を通じて「日本の企業」として認知されることを目標とした結果、規模の拡大が進み、社員は1万人、売上は1兆円を超え、最盛期には1兆7千億円を超える収益を達成した。 日本市場の特殊性もあり、世界のIBMグループの中でもユーザーのシステム構築に深く参加したケースが多かったことも特徴である。 現在ではIBMは世界レベルでもサービス事業の比率が売上の6割となったが、そのベースとなった。 事業は、日本IBMが先行していた分野とされる。 かつて日本IBMで開発された製品は世界で展開されていた(詳細は を参照)。 外部との交流も多く、 学会で日本IBM社員が多数を占めていた [ ]、日本IBM出身者が他の外資系企業の経営者となるケースが多かった 、などとも言われる。 社長体制で21世紀に入って以降は、経営方針を一転した。 の実践として、日本法人の独立性・独自性を排し、役員・部長レベルの主要幹部職へ米IBMやアジアからの多数の駐在員 IBMでは「アサイニー」 assignee とよぶ や社外からの人材を登用し 、IBM Corporation全体としての組織・製品・サービスの最適化による効率 利益 の最大化を追求している。 具体的には、米IBMの「2015年通期での20ドル以上達成」 への貢献を最優先の経営目標としていたが、2001年以降12期連続の減収決算でピーク時のほぼ半分まで売上が減収し続けたため、利益確保のために、恒常的な事業売却とリストラや昇進・昇給の凍結、減俸 を含む徹底的なコスト削減努力を続けた。 5月15日、同社として56年ぶりとなる2人目の外国人社長が就任した頃から、売り上げ減少には歯止めがかかった。 (業績の数字については を参照) 2014年には、全国4カ所に支社を配置した。 主な事業 [ ] 「」を参照• - (現:)()がIBMの日本代理店権を獲得(最初のIBM統計機が日本陶器〈現:〉に設置された)• - の Guy de la Chevalerie を代表取締役、渋沢智雄を社長として「日本ワットソン統計会計機械株式会社」設立• 1942年 - 「敵国資産会社」の指定を受け、全資産を日本政府に凍結される 第二次世界大戦後 [ ]• - アメリカ人の C. Decker が社長に就任し、商号を「日本インターナショナル・ビジネス・マシーンズ株式会社」に変更• - 南糀谷工場(東京都、木造)を開設。 (PCS)の製造。 - が社長就任• - 商号を「 日本アイ・ビー・エム株式会社」に変更• - 千鳥町工場(大田区、鉄筋コンクリート製)を開設。 、、後に、などの製造。 - 営業担当副社長が社長就任• 1964年4月 - 初のとを大々的に採用し、商業・科学計算両用のコンピューター・シリーズを発表• - (工場)(神奈川県)開設• 1969年 - ハードウェア価格から、ソフトウェア価格、教育価格などを分離()• - (工場)(滋賀県)、および、旧本社ビル(東京・)開設 - を発表• - 日本開発研究所を開設。 後の(1975年)、(1985年)• 9月15日 - 沖縄県那覇市にあった支店を廃止• 2月 - が社長就任• - 世界で唯一の、からまでの一貫生産体制を野洲工場にて確立• - IBMとしてアジア地域の最初の基礎研究所である東京基礎研究所(東京・三番町)開設• - 日本語、文書処理、コンピュータ端末機の機能「三役」を備えたを発売• 1984年 - 個人用パソコンを発売開始。 - 上で動く(、、文書処理・保管・検索)を発売開始。 - (研究所)(神奈川県)開設。 世界向けおよび日本/アジア太平洋向けの藤沢開発研究所を移転• 4月24日 - 資本金を1,199億円から1,353億円に増資• 創立50周年• グループ社員への記念品:• を設立• - 椎名武雄が IBM Corporation の Vice President に就任(日本IBM社長と兼務)(1993年に退任)• 事実上のPCの国際標準規格となっていた米IBM 上に日本語機能を追加するを発売• 日本IBMにてアジア・太平洋地域における開発製造戦略を統括していた副社長のが、IBM Corporation の Vice President に就任。 後には IBM Corporation が次世代パーソナルシステムの開発と販売を行うために米国に設立した Power Personal Systems 社の社長に就任(1995年退職)• 5月 - の「」との複合機『』を発売• 7月1日 - コンピューター・システム・リース株式会社を合併• 1月 - が社長就任• 椎名武雄(当時会長)がと、に就任• 国内売上高が初めて1兆円を突破(1兆197億1,200万円。 輸出を含む総売上高は1兆3,087億3,400万円)• 日本市場専用であった向け製品のを、全世界共通ブランドのとして一新• 7月、日本アイ・ビー・エム情報システム株式会社・アイ・ビー・エム流通サービスソリューション株式会社・アイ・ビー・エム金融ソリューション株式会社・アイ・ビー・エム公共ソリューション株式会社を合併• - との共同出資子会社会社であった製造会社のディスプレイ・テクノロジー株式会社(DTI)を米IBM直轄に変更• - におけるTOP4スポンサーとしてITシステムを提供• 12月 - が社長就任。 北城恪太郎は日本IBMの上部組織(当時)である IBM AP(現:IBM Asia Pacific Services Corporation)の President に就任(日本IBM会長と兼務) 21世紀 [ ]• 総売上高1兆7,075億35百万円(うち国内売上高は1兆4,608億88百万円)、経常利益1,728億90百万円を、従業員数 21,671人(年度末)で達成。 これは売上、利益とも日本IBMとしての過去最高の業績である(2012年現在)• コンシュマー向けパーソナルコンピュータ市場から事実上撤退• のと合弁会社・(IDTech)を設立し、開発部門を野洲事業所(工場)から移籍• と合弁会社野洲セミコンダクター株式会社(YSC)を設立し、生産部門を野洲事業所(工場)から移籍• DTIを東芝に売却。 株式会社が発足• - を導入し、制度を改訂• 北城恪太郎が代表幹事に就任したため、IBM AP President を退任• 野洲事業所(工場)の生産部門をに売却、が発足• 事業(藤沢事業所〈工場〉)をによりに売却、が発足• 購買部門をIBM中国上海に移管• の報酬体型に切替え、を全廃。 また、一部の職場を除きを導入して実質的に残業手当の支給を停止• IDTechをに売却• 野洲事業所(工場)をに売却• パーソナルコンピュータ事業を会社分割法により中国のに売却、日本法人レノボ・ジャパン株式会社が発足• IBM Corporation がのを廃止• - YSCをへ売却• プリンター事業を会社分割法によりに売却、インフォプリント・ソリューションズ・ジャパン株式会社が発足。 後2011年に、リコープロダクションプリントソリューションズ・ジャパン株式会社へ統合• 7月 - 野洲事業所を閉鎖• 10月 - 日本IBMがIBM APの指揮命令下から離脱し、IBM Corporation(米本社)の直轄管理となる• 創立70周年• グループ社員への記念品:ノリタケボーンチャイナ• IBM翻訳の王様の営業活動を終了• 1月 - が社長就任• 10月1日 - 3丁目2-12の本社ビルを売却し、営業拠点であった東京都19-21のを本社とする• 本社物流部門を会社分割法によりフランスの GEODIS S. に売却、日本法人 GEODIS GLOBAL SOLUTIONS JAPAN 株式会社が発足• 23年ぶりに総売上げが1兆円を割り込む• の著作権・商標権をに売却• を日本アイ・ビー・エム株式会社へ統合• 事業の事業部を、会社分割法によりへ売却• 年齢別最低保障給を廃止• 4月 - 人事担当取締役専務執行役員の坪田國矢が、IBM Corporation の Vice President に就任• 日本IBM科学賞を廃止• の営業活動を終了• のへの売却が発表• 5月 - が社長就任。 日本IBM56年ぶりの外国人社長となる• を閉鎖• 借り上げ社宅制度の廃止と住宅手当の本給への組み込み• 前年9月の米IBMによる米シネックスへのコールセンター部門の売却に伴い、2,000名強の社員がコンセントリクスビジネスサービス株式会社 に移籍• System x(x86サーバー)事業を会社分割法により中国のに売却、日本法人レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社が発足• 直営保養所を売却(利用は2015年1月で終了)• 1月 - の息子でのポール与那嶺が社長就任• 4月 - が社長就任• 5月 - が社長就任 歴史的プロジェクト [ ] 日本IBMが参加したコンピュータ史上に残るプロジェクトには以下がある• 1964年 - で、中央に・の二重システム、各会場に端末システムを置いた、オリンピック史上初の競技結果集計• 1965年 - (現:)による、世界初の銀行オンラインシステム• 1968年 - 八幡製鐵君津製鐵所(現:)による、世界初の鉄鋼業の生産管理オンラインシステムであるAOL• 1971年 - およびによる、世界初の日本語対応の新聞製作システム• 1960年にはが日本企業(、など)にコンピュータ関係使用を開示する代わりに日本IBMの国内コンピュータ製造を認められて、の寄与もあり急激に業績を伸ばし、1974年には売上高は2千億円(従業員1万人)で、日本企業の申告所得ランキングで上位20社に入る大企業になった。 1987年には初めて売上高1兆円に達した。 こうして1980年代までは毎年2桁成長をしてきた日本IBMはの追い上げとの影響もあり、1991年には売上成長もマイナスに転じ、1993年には費用も含めて初めての赤字、翌年からは業績の回復を経験している。 最近の業績は次の通り。 年度 総売上高 経常利益 税引後純利益 会社発表 1998 1兆4740億9500万円 901億100万円 1999 1兆4770億8200万円 1190億4300万円 2000 1兆6438億2800万円 1820億300万円 2001 1兆7075億3500万円 1728億9000万円 2002 1兆5834億3400万円 1665億9400万円 2003 1兆4979億8200万円 1498億9500万円 2004 1兆4609億2100万円 1511億9400万円 2005 1兆2453億4300万円 1155億4700万円 2006 1兆1932億8700万円 1390億4300万円 2007 1兆1926億1100万円 1540億4800万円 2008 1兆1329億3200万円 1543億3100万円 967億9700万円 2009 9545億6800万円 1128億1300万円 730億5900万円 2010 9377億7300万円 1242億7200万円 773億1600万円 2011 8681億3400万円 940億2600万円 272億7400万円 2012 8499億3400万円 942億6000万円 422億0900万円 〃 2013 8804億6400万円 973億1700万円 565億7900万円 〃 2014 8810億3400万円 947億3300万円 625億2400万円 〃 2015 9018億6300万円 494億4600万円 〃 2016 8875億円 868億円 1717億円 〃 子会社・関連会社 [ ] 主な子会社・関連会社・合弁会社には以下がある。 なお、これらを中心とした同社の現時点での出資先企業については を参照。 子会社 [ ] 日本国内の主な子会社には以下がある。 ISE• ISC-J• CSOL• IGSCH• 日本アイビーエム・ビジネスサービス株式会社 IJBS• 日本アイビーエム・ソリューション・サービス ISOL• 日本アイ・ビー・エム プロキュアメント・センター IPC• 日本アイ・ビー・エム テクニカル・ソリューション TSOL 関連会社 [ ] 日本国内の主な関連会社には以下がある。 米IBMを当事者とする事案は除く) 1999年• 、名古屋事業所から幕張事業所への転配を打診された社員が、配転命令の効力を停止する仮処分を申請した。 2000年に和解が成立し、幕張へ転配となる 2001年• 、社長の大歳卓麻が雑誌のインタビューに答えて、人事制度における一連のコスト削減施策に関して「人事制度改革で日本の毒味役になる」「我々が毒味してみて、大丈夫そうだとなれば、日本の会社のみなさんもやりやすいんじゃないか」と発言 2004年• 1月11日、やなど約20行で、日本IBM製対外接続用のバグにより取引がキャンセルされる障害が発生• 2004年1月26日、において、日本IBMが担当した「接続ソフト」の不具合により取引遅延などの障害が発生 2005年• 、ハードウエア取引の会計処理における日本IBMによるIBM社内規定の違反により、米IBMが2004年の連結決算内容を下方修正し、売上げと利益を通年で2億6000万ドル減額 2006年• 、によるに対する検査で、日本IBMが同機構からの委託研究2件に関し実際には従事していない研究員の労働時間を含め人件費を請求していたと指摘された。 日本IBMは受け取った研究費の全額に利息を加えて返還した上、3年間同機構の案件への応募を自粛した 2007年• 2月、 のによるに関して、の強制捜査を受ける• 2月、ソフト開発会社のデジタルデザイン社が、日本IBMおよび社に対し、12億円の損害賠償請求訴訟を起こしたが、2008年7月には和解が成立した• 2007年3月、が、販売代金153億4100万円の債務履行と遅延利息の支払いを求め、日本IBMなど4社をに提訴• 2007年4月、社が、日本IBMに対し、のライセンス供与に関して契約違反として提訴した。 2007年には日本IBMが、ソースネクストに対し、損害賠償請求反訴を起こした。 これらは2008年7月に一部和解が成立した• 2007年5月、元社員らが2002年発表の株式会社設立時の会社分割による強制移籍に関して地位確認などを求めた訴訟で、が元社員らの請求を棄却した 2008年• 、から受託していた授業料徴収システム開発関連の個人情報が、社員のにより漏洩• 2008年6月、日本IBMが主契約社であったのシステム開発案件の開発費用超過により、下請けであった株式会社ジェー・シー・イーが債務超過に陥り、で手続を開始、日本IBMに対して損害賠償請求を検討中と報道される• 2008年の大規模リストラ - 10月から12月にかけて、全社員を5段階に分類し、下から2番目までの下位15%の従業員、数にして1,500人を3カ月で退職させるという大規模な退職勧奨(事実上のリストラ)が行われた。 日本IBMではそれまでにもリストラを必要に応じて行っていたが、2008年の場合は世界的金融危機が迫り雇用不安が拡大する中でも前年と同様の高利益を確保している会社の、正社員への大規模リストラであったため世間の注目を集めた。 その中では、上司による威嚇行為や人格否定、誹謗中傷などの人権侵害を伴う「退職強要」があったとし、社員らが人権侵害を伴う退職強要の差し止めと損害賠償を求めて提訴したり 、日本IBMの労働組合(日本アイビーエム支部)は、会社側が「48時間以内に退職を表明しないと解雇する」と宣告したケース、社員の家族に「ご主人を辞めさせてください」と電話してきたケースなどの存在を主張して抗議し、マスコミでも報じられた• 3月6日、が、日本IBMに対し、「日本IBMの債務不履行によりシステムが完成せず開発を中止せざるを得なくなった」として111億700万円の訴訟を起こした。 スルガ銀行側は裁判の訴状で「日本IBM側がプロジェクトにおいて、要件定義を3回繰り返す事態に陥っていた」と主張している。 これに対して日本IBM側は、4月7日の答弁書で「失敗の責任はスルガ銀にある」とし、スルガ銀行側が主張しているの締結自体も否認している。 また「要件定義の繰り返しの原因は、銀行側からの現行システム情報や要件の提示内容がプロジェクト前後で比較して大きく膨れ上がり、かつ期間中に二転三転を繰り返したため」と主張していた。 2012年3月29日、はスルガ銀行の訴えを認め、日本IBMに約74億1千万円の支払いを命じると伴にも認めた。 日本IBMは上告し、2013年9月、は、日本IBMの義務違反は最終合意書を交わした段階のものとして、賠償額を約42億円に減額する判決を下した。 これを受けて両社は最高裁に上告したが 、は2015年(平成27年)7月8日、両社の上告を棄却する決定を下し、東京高裁の判決がとなり、日本IBMが敗訴した。 2009年• 9月、で前年2008年に発生した、ソフトウェアシステムのバージョンアップ後のIMS(データベース管理システム)の不具合が原因によるシステム障害 に続いて、今度は日本IBM保守要員の作業ミスが原因で勘定系システムの障害が発生し、福岡銀行が日本IBMに対して損害賠償を検討中と報道される• 5月、が日本IBMに発注した給与計算システム開発のプロジェクト中止は、日本IBMの債務不履行であるとして係争中と報道される• 2009年5月29日、社員3名 10月に1名追加 が日本IBMに対し、「退職を強要された」として、差し止めと損害賠償を求めて訴訟を起こした 2010年• 3月、の事件に関して、の強制調査を受ける 同月末には、同社の社員がに関与していたことが判明したとの報道がなされた• 2010年7月12日から13日にかけてグループのにおいて発生した民営化後最大のシステム障害は、IBM製の制御プログラムのバグによる(正確にはの欠陥と呼ぶのは不適切)ものとして、ゆうちょ銀がIBMへのを検討中と報道される• 2010年10月、のシステム開発に関する2003年の議事録が、インターネットに流出していることが発覚した。 県警は、システム開発を委託した日本IBMの社員がで漏洩させたとして、日本IBMに削除の対応を要請したと報道される• 2010年、大阪府吹田市において、基幹システムに関する日本IBMの契約不履行により7億3558万円の契約が解除され、減額の予算補正が実施された• 2010年12月、ハードウェア販売の総責任者である専務執行役員が、「日本企業には、3~4世代前のテクノロジが数多く生き残っている。 欧米企業であれば、せいぜい2世代前のテクノロジが残っている程度だ」「他国では、まず新製品を使ってみる」と日本企業の購買態度について発言• 2010年3月18日、のにより、国税史上最高規模の4000億円を超えるが発覚し、三百数十億円の追徴税を課された、との報道がなされた。 これは、非上場である日本IBM株を、米IBM、日本IBMの親会社であるアイ・ビー・エム・エイ・ピー・ホールディングス APH 、日本IBMの間ですることにより、見かけ上APHに多額の赤字を発生させて連結対象の日本IBMの巨額の利益と相殺することでを回避したとされたものだが、日本IBMは、あくまでも法規は遵守していると主張し、にをした。 2013年5月9日、はIBM側の主張を認め、処分を取り消した。 これを受けて国は上級審に控訴した。 なお当事件後の税制改正において、100%子会社に子会社株を安価で売却して赤字を計上することが禁じられたため、現在では違法行為にあたる 2011年• 2月、社長の橋本孝之が、日本IBMとして初めて役員を含む部長以上の職位のスタッフを50名以上中途で大量採用したと発表 2012年• 10月、2011年に発生したに関して、日本IBMのコンサルタントの関与があったと報道される• 2012年11月13日、で日本IBMの「ロックアウト解雇」に関するの見解を質問されたが、「もしそういうことがあるならば、それはあってはならない」と答弁• 2012年8月、の大歳卓麻が、による退職直前に、違反容疑により警視庁により取り調べを受け、退職後により30万円のを受けたと報道される• 2012年10月15日、型の即時解雇をされたとして、元社員3人がの無効との支払いを求めて訴訟を起こした 2013年• 2013年5月27日、2008年4月から2009年4月にかけて約1億3000万円を横領したとして、の元社員が、でされた• 2013年6月20日、元社員と2名の社員が、元社員の解雇はをねらった不当な解雇にあたるとしてに提訴• 2013年9月26日、相対評価による低評価の為に減給された労働組合員9人が、減給は不当であるとして東京地裁に提訴• 2013年11月、およびが、委託したラップ口座システムの開発が頓挫した責任が日本IBMにあるとして、損害約33億円の賠償を求めて東京地裁に提訴 2014年• 5月9日、グループ内の株取引を巡り、約3995億円の申告漏れを指摘された「日本IBM」(東京都中央区)グループが、国を相手に1197億円の課税処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は9日、グループ側の主張を全面的に認め、処分を取り消した。 判決が確定すれば、1197億円に還付加算金などを加えた額がIBM側に返還される 2015年• 2015年3月25日、東京国税局から約3995億円の申告漏れを指摘された日本IBMの持ち株会社が、課税処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(山田俊雄裁判長)は25日、「不当に納税額を減らしたとは言えない」として国側の控訴を棄却した。 約1197億円の課税を取り消し、IBM側の勝訴とした一審・東京地裁の判断を維持し、二審も全面勝訴とした 2017年• 2017年6月14日、3人の女性のYahoo! のアカウントに不正にアクセスしたとして、50歳の社員が、不正アクセス禁止法違反容疑不正アクセス禁止法違反容疑で、神奈川県警サイバー犯罪対策課に逮捕された• 2017年6月28日、業績が低いとして賃金を10~15%減額したのは違法であるとして日本IBMを提訴していた社員17人が、賃金水準を元に戻し減額されていた未払い分を会社が支払うという内容で和解した その他 [ ]• マニュアル等で独特の用語(本社の用語に準じるため)や訳語を使うことがある• 「ディスケット」 - の事。 ディスケットはIBMの商標であるため。 「」 - Direct Access Storage Deviceの略で「ダスド」と発音される。 ()の事。 DASDは本来は直接アクセス方式の補助記憶装置全般を指す用語だが、現在では磁気ディスク装置と事実上の同義語となった。 主にで使われる。 「Fixed disk」(固定ディスク) - これもの事。 本来はディスクが取り外し・交換できるディスクドライブ装置に対し、できないものを指す語。 までは、キーボードを「鍵盤」、ディスプレイを「表示装置」、プリンターを「印刷装置」と訳していた。 これらは当時の現地化・日本語化の推進による• (バージョン2までの日本語版)では、電源オフ(シャットダウン)を「遮断」と訳していた• かつて存在した大和工場・野洲工場には硬式野球部を有していた。 は、ととともに、1989年に強化スポーツ部に指定されたが、野洲硬式野球部は2003年に廃部、ラグビー部は2009年に指定解除されている。 IBMが「巨人」と呼ばれていた頃には、より「日経ウオッチャーIBM版」というIBMの動向だけに焦点を当てた定期刊行物が発行されていた 1996年休刊• 20世紀にはコンシュマー向けのビジネスをしていたこともあって、、、、、、、、、、、、、、などを起用した日本独自の宣伝活動をしていたが、近年は全世界共通の宣伝キャンペーンを展開している。 かつては「いい縁とりもつコンピューター」、「社会とともにIBM」のキャッチコピーもあった。 2000年代初頭までは、大学生が就職を希望するに関する各種調査において上位にランクされていた スポンサー番組 [ ] 現在• (、水曜日)• (フジテレビ、)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (テレビ東京)• (テレビ東京) 参照 [ ] []• 日本IBM• 日本IBM• ITpro• ITpro• 日本IBM 2007年夏• ロイター. 2011年1月19日. 2011年1月20日閲覧。 JMIU日本アイビーエム支部 2009年6月2日. 2011年1月20日閲覧。 日刊工業新聞. 2010年3月22日. 2011年1月20日閲覧。 (ZDNet Japan)• (日本IBM)• 城西国際大学• 日本IBM• PC Watch 1999年11月2日. 2012年9月3日閲覧。 日本IBM• ITmesia News• 厚生労働省• J-CAST• 日本経済新聞• ソニー• IT Pro• セイコーEPSON• IT pro• 安田倉庫• 日本IBM• 日本経済新聞• 日本IBM• 日本IBM• IT MONOist• (日本IBM)• 日本IBM• 日本IBM• JMIU日本アイビーエム支部• JMIU日本アイビーエム支部• (Concentrix Corporation Press Release)• (J-Net21)• 「メイド・イン・米沢を検討」、日本IBMのx86サーバー事業を継ぐレノボ新会社が営業開始(ITpro)• 日本IBM 2004年冬• タリアセンコンサルティング 疋田英幸 2006年3月13日• 明治大学ビジネス情報倫理研究所 伊藤正雄 2008年6月8日• nikkei4946. com• asahi. com• 『私の履歴書、経済人36』(日本経済新聞社、2001年)の内、著「外資と生きる」(2001年日経に掲載)• 同業他社(・・の各3社との相乗り合弁)• 2011年内に解散。 IBM側の資本介入後、現在は三菱商事の完全子会社に戻る。 (名古屋第一法律事務所)• (IT Pro)• IT pro• 情報通信研究機構• NIKKEI NET• ITpro 日経コンピュータ 2008年7月29日• (Reuters President)• nikkei BPnet 2007年12月25日• 日本IBM 2008年8月1日• 雇用管理サポートセンター NEWS• 日本IBM• (2009年7月30日 読売新聞)• INTERNET Watich• IT pro• しんぶん赤旗• J-CASTニュース 2008年12月2日• ITpro 日経コンピュータ 2008年4月25日• nikkei net IT PLUS 2008年3月• 日経コンピュータ 2008年5月15日号• J-CASTニュース• (ITPro)• (ITPro)• (日本経済新聞)• 西岡祐介 2015年8月31日. ITPro. 2016年10月6日閲覧。 福岡銀行• Sponichi Annex• (日経コンピュータ 5月27日号)• ITpro 日経コンピュータ 2009年5月29日• (労働組合機関誌『かいな』 2011年2月7日第2176号)• (労働組合機関誌『かいな』 2011年2月7日第2176号)• 日本経済新聞 2010年3月4日• 産経新聞• 時事通信• 産経新聞• 読売新聞• (CNET Japan)• 朝日新聞• 毎日新聞• 日経ビジネス• (朝日新聞)• (毎日新聞)• (マイコミジャーナル)• FACTA• しんぶん赤旗• (スポーツニッポン)• (読売新聞)• (週刊ポスト)• (読売新聞)• (朝日新聞)• JMIU日本アイビーエム支部• 日本経済新聞• (毎日新聞)• (日本経済新聞)• (時事通信)• (朝日新聞)• 日経テレコン21 関連項目 [ ]• 日本のIBM研究・開発・製造拠点• IBMの主な他国:、など• - 日本IBMの・野球チーム• - 日本IBMのチーム• - 日本IBMのチーム• (、元社員)• (、元社員)• - IBMのPC部門と統合。 - 協賛していた。 レノボが引き継いでいる。 - 稼働開始当初は日本IBMとの提携により運用していた。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - IBMマーケットビジネスに携わるIT関連企業の集団• - IBMのテクノロジーをベースとしたソリューションを持つ企業群• - 日本IBMの労働組合• - 日本アイ・ビー・エムの定年退職者を中心とするOB会• - IBMを中途退社した仲間を中心とするOB会• IBMのゼネラルビジネス、GBと呼ばれた組織のOB会.

次の

日本IBMとみずほ、システム運用業務で新合弁会社、7月1日に事業を開始

日本 アイ ビー エム サービス 株式 会社

回答者 3. 3 GTSの場合、中途入社かつ各アサイン先に常駐しているメンバーが多いため、会社としての一体感を作り出すのがそもそも難しい環境にあると思います。 その中で、IBM本体から様々な(現場の業務に直接関連しないような)タスクや数値目標(ヘッドカウント削減・オンライントレーニング時間)が落ちてくるため、現場の意向に関係ない「やらないといけない事」が多い印象です。 IBM本体の社員と仕事をするケースも多く、一緒に働く上ではあまり壁は感じませんが、待遇は異なります(社員単価が大きく異なる)。 本体に転籍する事は原則無いので、格差に不満を持つ社員も少なくないようです。 研修費の支給制度はあるのですが、前Qの頭までに申請しないといけない、承認がなかなか下りない(頻繁に凍結される)ため、有効に社員が活用できているとは言い難い環境です。 私も承認が下りなかったため、自費で資格取得したケースがありました。 回答者 3. 9 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 550万円 30万円 5万円 100万円 30万円 給与制度: Bandという制度。 部長、課長などの肩書がなく、Bandで管理されている。 給料を上げたい場合、少しの年次昇給を除けば、Bandを上げて行くしかない。 給与は同業他者と比較すると、少ない。 給料は非常に上がりづらい。 成長出来る環境を求めて入社する人が多い印象。 評価制度: 年初に、Check Pointという1年の個人目標を立て、その達成度と上長の評価等で決まる。 自身の功績を積極的にアピールする姿勢が必要である。 普通に業務をこなしているだけでは何も評価されない為、自身の功績をアピールする必要がある。 回答者 3. 1 入社を決めた理由: グループで持っている次世代の技術。 Cloud、AIを活用したプロジェクトに参画できると思いました。 緻密に設計された評価制度。 あまり人に自分を良く見せることが上手ではないため、評価制度で順当な評価を得た上でもらえる給料に納得したいと思いました。 「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」: 新技術を活用したプロジェクトは多くないです。 最近、90年代に開発された古いシステムの導入案件が多いです。 それほど日本の企業におけるIT導入が遅れているということでもあります。 実力に応じてそれほど差がついた給料がもらえるわけではないです。 評価制度が機能しておらず、属人的になっている所が一部組織で見られます。 景気の状況によっては、後から入る新入社員の方が多くもらえる場合もあります。

次の