ウド 社交 ダンス。 Studio Dance 2 Heart イベントギャラリー

ねおらいふショッピングヤフー店

ウド 社交 ダンス

「社交ダンス」って実は色々な呼び方があります。 また、オリンピック種目にも立候補していますが(しかし道のりは長い)、種目名は「ダンススポーツ」と呼んでいます。 もっと大きな目線でみれば、「ペアダンス」というジャンルですし、呼ばれ方は色々だなと感じます。 スポーツ化が進む中で、ここ最近「社交ダンス」というものが色々な形で進化していて、この先もっと色々な見せ方が発信されていくのではないかと思います。 さて、最近、テレビ番組・舞台・漫画などの各メディアで取り上げられ、社交ダンスを経験したことがない方にも、その楽しみ方を知る機会が増えています。 トッププロダンサーによるダンスショー、アマチュア愛好家のプロアマミックスデモ、競技会の様子など、ダンス愛好家だけでなく、これまで経験されたことのない方でも楽しめるような内容になっています。 2016年3月に放送された「ももいろクローバーZスペシャル」ではももクロメンバーの高城れにさんと佐々木彩夏さんが登場し、社交ダンスに挑戦しました。 2016051502 今回は特別企画、ももいろクローバーZスペシャル!ももクロ佐々木彩夏と高城れにが「ソシアルクローバーZ」のメンバーと一緒に社交ダンスに挑戦する。 複雑なステップに大パニック!? れにちゃんの男装とあーりんのドレス姿に会場は大盛り上がり。 果たして二人は初めての社交ダンスの振付を踊りきることが出来るのか!?日本トップダンサー本池淳先生=モノノフ疑惑!? ステッピーがももクロの楽屋に突撃。 <主な出演者…大西大輔、山根舞、ステッピー 他> 「中居正広の金曜日のスマたちへ」TBS 2016051503 2016051504 TBSアナウンサーの山本匠晃さんがお笑い芸人として活躍中のキンタロー。 さんや、元乃木坂46の市來玲奈さんとペアを組み、国内のダンス競技会へ出場中しています。 各地方競技会で決勝入賞&アマチュアの全国大会「三笠宮杯ダンススポーツ選手権」へも出場するなど精力的に挑戦を続けています。 コーチをするのはアマチュア競技会で数々のタイトルを取得して昨年引退をしたイケメンの石原正幸先生。 2016051506 市來玲奈さんのダンスプロフィールも紹介しますね。 2016051507 小学生の頃から競技ダンスをはじめ、各種競技会にて優勝・全日本ジュニア10ダンス選手権でファイナリストとして活躍。 ジュニア日本代表としてUK選手権にも出場経験有り。 彼女はCYBDの前身のサークルでお世話になっていましたダンススタジオみやおかにも所属していました。 また、乃木坂46の冠番組であるテレビ東京「乃木坂ってどこ?」では数回社交ダンスを披露しています。 「ウチの娘をお願いします!ゴリ押し推薦文コンテスト」という企画では、即興でバナナマン・日村勇紀さんとワルツを披露しています。 ウッチャンナンチャンのウリナリ!! ウリナリ芸能人社交ダンス部は元々『ウリナリ!! 』のレギュラー放送時代に好評だった企画である。 メンバーが本業で忙しい中睡眠時間を削って練習し、疲労・負傷しながらも予選を戦い、敗退してもそれをバネに次回に向けて頑張り、絆を深めるという企画で、『ウリナリ!! 』ファンのみならず、一般の視聴者にも評価された。 中でも香港大会では、様々な苦難の中、内村・伊藤ペア、天野・千秋ペア、ウド・室井ペアが健闘した。 レギュラー放送が終了した後も、特番で何度も放送され、こちらもそれぞれ高視聴率をたたきだしました。 この放送のおかげで「社交ダンス」、「競技ダンス」の知名度は一気にあがったのではないでしょうか。 またいつか、ぜひ特番で放送してほしい企画でした。 <主な出演者…ウッチャンナンチャン、杉本彩、ビビアンスー、ゴルゴ松本、二ツ森亨&由美 他> 「マツコの知らない世界」TBS 2016051509 毎回、ある特定の分野に情熱を燃やす人々をゲストに迎え、マツコ・デラックスさんが知らない世界を紹介しているこの番組。 2015年11月4日の放送では「社交ダンス」がテーマとなり、織田慶治&渡辺理子組・浅村慎太郎&遠山恵美組が出演しました。 2組のデモンストレーションに加え、マツコさんも社交ダンスに初挑戦。 更には衣装・賞金・レッスン代等のお金事情も話題となりました。 <主な出演者…マツコ・デラックス、織田慶治&渡辺理子、浅村慎太郎&遠山恵美> 「ヒルナンデス!」日本テレビ 番組内のコーナー「社交ダンス踊るンデス!」にて、オリエンタルラジオの中田敦彦さんといとうあさこさんが社交ダンスの競技会に挑戦。 コーチャーはウリナリの芸能人社交ダンス部の指導にあたっていた二ッ森亨・由美をはじめとする二ツ森亨ダンスアカデミーのプロダンサーが担当しました。 <主な出演者…中田敦彦、いとうあさこ、南原清隆、二ツ森亨&由美 他> Dance with the stars(アメリカ ABS) 2016051702 最後に海外のテレビ番組からひとつ。 内容はゲストの芸能人やスポーツ選手が社交ダンスの特訓を受け、ステージで勝ち抜きのダンス勝負を行うもので、長寿番組のひとつとなっています。 2016年3月~シーズン22が放送されています。 役所広司演じる主人公である杉山は、何一つ家庭や仕事に不満のない生活を送っていましたが、満ち足りたものを求め社交ダンスにのめり込んでいくというストーリーでした。 トイレでシャドー練習をしているシーンは社交ダンスをされている方はかなり親近感を持ちましたよね。 興業的にも大成功を収め、配給収入は16億円、1996年の邦画第2位を記録と席巻しました。 また、海外においても19ヵ国で公開され高い評価を得ていて、米国においては200万人を動員。 これは、アニメ(ゴジラを含む)を除く日本映画の興行収入記録となっています(興行収入は約950万ドル)。 2004年には、ピーター・チェルソム監督、リチャード・ギア主演によるリメイク「Shall We Dance? 」が制作されました。 2016051705 当時、リチャード・ギアこの映画に向けて練習しすぎたために、素人感がなくなってしまったために、あえてホールドの肩を上げるという演出をしていました。 アメリカ版の「Shall We Dance? 」には、当時ラテンファイナリストであったスラヴィック・クリクリビーのモダンシーンも収録されていて話題となりました。 同じクリクリビーで言えば2010年の「Ballroom Dancer」でアンナ・メルニコヴァで競技ダンサーとしての苦悩をテーマとしたノンフィクション映画の主演を務めています。 2016031401 ぜひこちらも参考にしてみてください。 「Mad HOT Ballroom(ステップ!ステップ!ステップ!)」 アメリカ 2016051701 ニューヨークの公立小学校で5年生を対象に実施されている社交ダンス・コンクールで、参加60校の中から3校を選び、練習風景、子どもたちや家庭の様子、そしてコンクール決勝戦を追っていったドキュメンタリー映画です。 お世辞にもよいとは言えない環境で育った子どもたちが、社交ダンスを通じて成長していく姿が描かれています。 低予算な制作費で作成されたにもかかわらず、アメリカでロングランで公演された傑作です。 「Strictly Ballroom(ダンシング・ヒーロー)」 オーストラリア 2016051706 1992年に公開されたオーストラリア映画。 社交ダンス(競技ダンス)をテーマとした青春コメディになっています。 ~あらすじ~ ダンサーの両親をもつ主人公のスコットは次期チャンピォンとして周囲に期待されていたが、ある競技会で敗戦したのをきっかけにパートナーのリズに去られ、新しいパートナーを見つけられないでいた。 そんな時、スコットが一人で踊っている姿を、物陰から見ていたダンス教室の生徒の一人フランが、自分をパートナーにとスコットに申し出る。 しかし、スコットは冴えない容姿に加えて素人同然のフランを断ろうとするが、フランの秘められた才能に気づき、大会に向けて猛特訓をはじめる。 「dance with me」アメリカ 2016051707 1999年に公開されたアメリカの映画です。 チャンピオンに返り咲きを狙うトップ・ダンサーと、キューバからやって来た若者との恋模様をテーマとして描いています。 ~あらすじ~ 父を知らない青年ラファエルは、父とおぼしきダンス・スタジオの主宰者ジョンを追って、母国キューバからアメリカへと渡った。 スタジオの雑用係として日々明るく働くラファエル。 そんなある日、彼はダンス教師のルビーと出会う。 洗練されたステップを持つルビーと、ダンスが体に染み込んでいるラテン育ちの彼は反目し合うが・・・。 「マンガ大賞2013」第2位、「このマンガがすごい!2013」オトコ部門にて第9位を獲得するなど。 様々な賞を獲得しました。 作者の竹内友先生は学生時代に競技ダンス部へ所属しており、その経験を生かした細かい描写も高い評価を得ています。 単行本は2015年10月で8巻まで出ています。 「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」週刊少年ジャンプ 2016051708 横田卓馬先生が描く競技ダンス漫画。 2016年現在も週刊少年ジャンプで好評連載中です。 「partner」プチコミック 2016051710 1980年から1987年までの間に掲載された名香智子による少女漫画です。 ~あらすじ~ お嬢様学校であるアリス学院の生徒である宝珠茉莉花は、ディスコで踊るのが大好きな少女。 親友である鳥丸小夜子とディスコに出かけたある日、金髪の青年フランツ・フォン・ハイドリヒと出会う。 フランツとソシアルダンスを踊った茉莉花はダンサーたちとの出会いを通して、華やかな社交ダンスの魅力にのめり込んでいくが…!? 以上、各メディアの社交ダンス事情でした。 社交ダンスの第1次ブームは1960~70年代、第2次ブームが「shall we dance? 」や「ウリナリ芸能人社交ダンス部」の1990年前半で、今第3次ブームが波が来始めているところです。 特に、ジュニア層の活躍の場が広がっていますので、今後テレビなどのメディアで取り上げられることも多くなるのではないのかと思います。 紹介した作品を社交ダンスを初めてから観ると、また面白いと思うポイントも変わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

Studio Dance 2 Heart イベントギャラリー

ウド 社交 ダンス

「社交ダンス」って実は色々な呼び方があります。 また、オリンピック種目にも立候補していますが(しかし道のりは長い)、種目名は「ダンススポーツ」と呼んでいます。 もっと大きな目線でみれば、「ペアダンス」というジャンルですし、呼ばれ方は色々だなと感じます。 スポーツ化が進む中で、ここ最近「社交ダンス」というものが色々な形で進化していて、この先もっと色々な見せ方が発信されていくのではないかと思います。 さて、最近、テレビ番組・舞台・漫画などの各メディアで取り上げられ、社交ダンスを経験したことがない方にも、その楽しみ方を知る機会が増えています。 トッププロダンサーによるダンスショー、アマチュア愛好家のプロアマミックスデモ、競技会の様子など、ダンス愛好家だけでなく、これまで経験されたことのない方でも楽しめるような内容になっています。 2016年3月に放送された「ももいろクローバーZスペシャル」ではももクロメンバーの高城れにさんと佐々木彩夏さんが登場し、社交ダンスに挑戦しました。 2016051502 今回は特別企画、ももいろクローバーZスペシャル!ももクロ佐々木彩夏と高城れにが「ソシアルクローバーZ」のメンバーと一緒に社交ダンスに挑戦する。 複雑なステップに大パニック!? れにちゃんの男装とあーりんのドレス姿に会場は大盛り上がり。 果たして二人は初めての社交ダンスの振付を踊りきることが出来るのか!?日本トップダンサー本池淳先生=モノノフ疑惑!? ステッピーがももクロの楽屋に突撃。 <主な出演者…大西大輔、山根舞、ステッピー 他> 「中居正広の金曜日のスマたちへ」TBS 2016051503 2016051504 TBSアナウンサーの山本匠晃さんがお笑い芸人として活躍中のキンタロー。 さんや、元乃木坂46の市來玲奈さんとペアを組み、国内のダンス競技会へ出場中しています。 各地方競技会で決勝入賞&アマチュアの全国大会「三笠宮杯ダンススポーツ選手権」へも出場するなど精力的に挑戦を続けています。 コーチをするのはアマチュア競技会で数々のタイトルを取得して昨年引退をしたイケメンの石原正幸先生。 2016051506 市來玲奈さんのダンスプロフィールも紹介しますね。 2016051507 小学生の頃から競技ダンスをはじめ、各種競技会にて優勝・全日本ジュニア10ダンス選手権でファイナリストとして活躍。 ジュニア日本代表としてUK選手権にも出場経験有り。 彼女はCYBDの前身のサークルでお世話になっていましたダンススタジオみやおかにも所属していました。 また、乃木坂46の冠番組であるテレビ東京「乃木坂ってどこ?」では数回社交ダンスを披露しています。 「ウチの娘をお願いします!ゴリ押し推薦文コンテスト」という企画では、即興でバナナマン・日村勇紀さんとワルツを披露しています。 ウッチャンナンチャンのウリナリ!! ウリナリ芸能人社交ダンス部は元々『ウリナリ!! 』のレギュラー放送時代に好評だった企画である。 メンバーが本業で忙しい中睡眠時間を削って練習し、疲労・負傷しながらも予選を戦い、敗退してもそれをバネに次回に向けて頑張り、絆を深めるという企画で、『ウリナリ!! 』ファンのみならず、一般の視聴者にも評価された。 中でも香港大会では、様々な苦難の中、内村・伊藤ペア、天野・千秋ペア、ウド・室井ペアが健闘した。 レギュラー放送が終了した後も、特番で何度も放送され、こちらもそれぞれ高視聴率をたたきだしました。 この放送のおかげで「社交ダンス」、「競技ダンス」の知名度は一気にあがったのではないでしょうか。 またいつか、ぜひ特番で放送してほしい企画でした。 <主な出演者…ウッチャンナンチャン、杉本彩、ビビアンスー、ゴルゴ松本、二ツ森亨&由美 他> 「マツコの知らない世界」TBS 2016051509 毎回、ある特定の分野に情熱を燃やす人々をゲストに迎え、マツコ・デラックスさんが知らない世界を紹介しているこの番組。 2015年11月4日の放送では「社交ダンス」がテーマとなり、織田慶治&渡辺理子組・浅村慎太郎&遠山恵美組が出演しました。 2組のデモンストレーションに加え、マツコさんも社交ダンスに初挑戦。 更には衣装・賞金・レッスン代等のお金事情も話題となりました。 <主な出演者…マツコ・デラックス、織田慶治&渡辺理子、浅村慎太郎&遠山恵美> 「ヒルナンデス!」日本テレビ 番組内のコーナー「社交ダンス踊るンデス!」にて、オリエンタルラジオの中田敦彦さんといとうあさこさんが社交ダンスの競技会に挑戦。 コーチャーはウリナリの芸能人社交ダンス部の指導にあたっていた二ッ森亨・由美をはじめとする二ツ森亨ダンスアカデミーのプロダンサーが担当しました。 <主な出演者…中田敦彦、いとうあさこ、南原清隆、二ツ森亨&由美 他> Dance with the stars(アメリカ ABS) 2016051702 最後に海外のテレビ番組からひとつ。 内容はゲストの芸能人やスポーツ選手が社交ダンスの特訓を受け、ステージで勝ち抜きのダンス勝負を行うもので、長寿番組のひとつとなっています。 2016年3月~シーズン22が放送されています。 役所広司演じる主人公である杉山は、何一つ家庭や仕事に不満のない生活を送っていましたが、満ち足りたものを求め社交ダンスにのめり込んでいくというストーリーでした。 トイレでシャドー練習をしているシーンは社交ダンスをされている方はかなり親近感を持ちましたよね。 興業的にも大成功を収め、配給収入は16億円、1996年の邦画第2位を記録と席巻しました。 また、海外においても19ヵ国で公開され高い評価を得ていて、米国においては200万人を動員。 これは、アニメ(ゴジラを含む)を除く日本映画の興行収入記録となっています(興行収入は約950万ドル)。 2004年には、ピーター・チェルソム監督、リチャード・ギア主演によるリメイク「Shall We Dance? 」が制作されました。 2016051705 当時、リチャード・ギアこの映画に向けて練習しすぎたために、素人感がなくなってしまったために、あえてホールドの肩を上げるという演出をしていました。 アメリカ版の「Shall We Dance? 」には、当時ラテンファイナリストであったスラヴィック・クリクリビーのモダンシーンも収録されていて話題となりました。 同じクリクリビーで言えば2010年の「Ballroom Dancer」でアンナ・メルニコヴァで競技ダンサーとしての苦悩をテーマとしたノンフィクション映画の主演を務めています。 2016031401 ぜひこちらも参考にしてみてください。 「Mad HOT Ballroom(ステップ!ステップ!ステップ!)」 アメリカ 2016051701 ニューヨークの公立小学校で5年生を対象に実施されている社交ダンス・コンクールで、参加60校の中から3校を選び、練習風景、子どもたちや家庭の様子、そしてコンクール決勝戦を追っていったドキュメンタリー映画です。 お世辞にもよいとは言えない環境で育った子どもたちが、社交ダンスを通じて成長していく姿が描かれています。 低予算な制作費で作成されたにもかかわらず、アメリカでロングランで公演された傑作です。 「Strictly Ballroom(ダンシング・ヒーロー)」 オーストラリア 2016051706 1992年に公開されたオーストラリア映画。 社交ダンス(競技ダンス)をテーマとした青春コメディになっています。 ~あらすじ~ ダンサーの両親をもつ主人公のスコットは次期チャンピォンとして周囲に期待されていたが、ある競技会で敗戦したのをきっかけにパートナーのリズに去られ、新しいパートナーを見つけられないでいた。 そんな時、スコットが一人で踊っている姿を、物陰から見ていたダンス教室の生徒の一人フランが、自分をパートナーにとスコットに申し出る。 しかし、スコットは冴えない容姿に加えて素人同然のフランを断ろうとするが、フランの秘められた才能に気づき、大会に向けて猛特訓をはじめる。 「dance with me」アメリカ 2016051707 1999年に公開されたアメリカの映画です。 チャンピオンに返り咲きを狙うトップ・ダンサーと、キューバからやって来た若者との恋模様をテーマとして描いています。 ~あらすじ~ 父を知らない青年ラファエルは、父とおぼしきダンス・スタジオの主宰者ジョンを追って、母国キューバからアメリカへと渡った。 スタジオの雑用係として日々明るく働くラファエル。 そんなある日、彼はダンス教師のルビーと出会う。 洗練されたステップを持つルビーと、ダンスが体に染み込んでいるラテン育ちの彼は反目し合うが・・・。 「マンガ大賞2013」第2位、「このマンガがすごい!2013」オトコ部門にて第9位を獲得するなど。 様々な賞を獲得しました。 作者の竹内友先生は学生時代に競技ダンス部へ所属しており、その経験を生かした細かい描写も高い評価を得ています。 単行本は2015年10月で8巻まで出ています。 「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」週刊少年ジャンプ 2016051708 横田卓馬先生が描く競技ダンス漫画。 2016年現在も週刊少年ジャンプで好評連載中です。 「partner」プチコミック 2016051710 1980年から1987年までの間に掲載された名香智子による少女漫画です。 ~あらすじ~ お嬢様学校であるアリス学院の生徒である宝珠茉莉花は、ディスコで踊るのが大好きな少女。 親友である鳥丸小夜子とディスコに出かけたある日、金髪の青年フランツ・フォン・ハイドリヒと出会う。 フランツとソシアルダンスを踊った茉莉花はダンサーたちとの出会いを通して、華やかな社交ダンスの魅力にのめり込んでいくが…!? 以上、各メディアの社交ダンス事情でした。 社交ダンスの第1次ブームは1960~70年代、第2次ブームが「shall we dance? 」や「ウリナリ芸能人社交ダンス部」の1990年前半で、今第3次ブームが波が来始めているところです。 特に、ジュニア層の活躍の場が広がっていますので、今後テレビなどのメディアで取り上げられることも多くなるのではないのかと思います。 紹介した作品を社交ダンスを初めてから観ると、また面白いと思うポイントも変わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

ダンスコスチュームハセベさんのプロフィールページ

ウド 社交 ダンス

「社交ダンス」って実は色々な呼び方があります。 また、オリンピック種目にも立候補していますが(しかし道のりは長い)、種目名は「ダンススポーツ」と呼んでいます。 もっと大きな目線でみれば、「ペアダンス」というジャンルですし、呼ばれ方は色々だなと感じます。 スポーツ化が進む中で、ここ最近「社交ダンス」というものが色々な形で進化していて、この先もっと色々な見せ方が発信されていくのではないかと思います。 さて、最近、テレビ番組・舞台・漫画などの各メディアで取り上げられ、社交ダンスを経験したことがない方にも、その楽しみ方を知る機会が増えています。 トッププロダンサーによるダンスショー、アマチュア愛好家のプロアマミックスデモ、競技会の様子など、ダンス愛好家だけでなく、これまで経験されたことのない方でも楽しめるような内容になっています。 2016年3月に放送された「ももいろクローバーZスペシャル」ではももクロメンバーの高城れにさんと佐々木彩夏さんが登場し、社交ダンスに挑戦しました。 2016051502 今回は特別企画、ももいろクローバーZスペシャル!ももクロ佐々木彩夏と高城れにが「ソシアルクローバーZ」のメンバーと一緒に社交ダンスに挑戦する。 複雑なステップに大パニック!? れにちゃんの男装とあーりんのドレス姿に会場は大盛り上がり。 果たして二人は初めての社交ダンスの振付を踊りきることが出来るのか!?日本トップダンサー本池淳先生=モノノフ疑惑!? ステッピーがももクロの楽屋に突撃。 <主な出演者…大西大輔、山根舞、ステッピー 他> 「中居正広の金曜日のスマたちへ」TBS 2016051503 2016051504 TBSアナウンサーの山本匠晃さんがお笑い芸人として活躍中のキンタロー。 さんや、元乃木坂46の市來玲奈さんとペアを組み、国内のダンス競技会へ出場中しています。 各地方競技会で決勝入賞&アマチュアの全国大会「三笠宮杯ダンススポーツ選手権」へも出場するなど精力的に挑戦を続けています。 コーチをするのはアマチュア競技会で数々のタイトルを取得して昨年引退をしたイケメンの石原正幸先生。 2016051506 市來玲奈さんのダンスプロフィールも紹介しますね。 2016051507 小学生の頃から競技ダンスをはじめ、各種競技会にて優勝・全日本ジュニア10ダンス選手権でファイナリストとして活躍。 ジュニア日本代表としてUK選手権にも出場経験有り。 彼女はCYBDの前身のサークルでお世話になっていましたダンススタジオみやおかにも所属していました。 また、乃木坂46の冠番組であるテレビ東京「乃木坂ってどこ?」では数回社交ダンスを披露しています。 「ウチの娘をお願いします!ゴリ押し推薦文コンテスト」という企画では、即興でバナナマン・日村勇紀さんとワルツを披露しています。 ウッチャンナンチャンのウリナリ!! ウリナリ芸能人社交ダンス部は元々『ウリナリ!! 』のレギュラー放送時代に好評だった企画である。 メンバーが本業で忙しい中睡眠時間を削って練習し、疲労・負傷しながらも予選を戦い、敗退してもそれをバネに次回に向けて頑張り、絆を深めるという企画で、『ウリナリ!! 』ファンのみならず、一般の視聴者にも評価された。 中でも香港大会では、様々な苦難の中、内村・伊藤ペア、天野・千秋ペア、ウド・室井ペアが健闘した。 レギュラー放送が終了した後も、特番で何度も放送され、こちらもそれぞれ高視聴率をたたきだしました。 この放送のおかげで「社交ダンス」、「競技ダンス」の知名度は一気にあがったのではないでしょうか。 またいつか、ぜひ特番で放送してほしい企画でした。 <主な出演者…ウッチャンナンチャン、杉本彩、ビビアンスー、ゴルゴ松本、二ツ森亨&由美 他> 「マツコの知らない世界」TBS 2016051509 毎回、ある特定の分野に情熱を燃やす人々をゲストに迎え、マツコ・デラックスさんが知らない世界を紹介しているこの番組。 2015年11月4日の放送では「社交ダンス」がテーマとなり、織田慶治&渡辺理子組・浅村慎太郎&遠山恵美組が出演しました。 2組のデモンストレーションに加え、マツコさんも社交ダンスに初挑戦。 更には衣装・賞金・レッスン代等のお金事情も話題となりました。 <主な出演者…マツコ・デラックス、織田慶治&渡辺理子、浅村慎太郎&遠山恵美> 「ヒルナンデス!」日本テレビ 番組内のコーナー「社交ダンス踊るンデス!」にて、オリエンタルラジオの中田敦彦さんといとうあさこさんが社交ダンスの競技会に挑戦。 コーチャーはウリナリの芸能人社交ダンス部の指導にあたっていた二ッ森亨・由美をはじめとする二ツ森亨ダンスアカデミーのプロダンサーが担当しました。 <主な出演者…中田敦彦、いとうあさこ、南原清隆、二ツ森亨&由美 他> Dance with the stars(アメリカ ABS) 2016051702 最後に海外のテレビ番組からひとつ。 内容はゲストの芸能人やスポーツ選手が社交ダンスの特訓を受け、ステージで勝ち抜きのダンス勝負を行うもので、長寿番組のひとつとなっています。 2016年3月~シーズン22が放送されています。 役所広司演じる主人公である杉山は、何一つ家庭や仕事に不満のない生活を送っていましたが、満ち足りたものを求め社交ダンスにのめり込んでいくというストーリーでした。 トイレでシャドー練習をしているシーンは社交ダンスをされている方はかなり親近感を持ちましたよね。 興業的にも大成功を収め、配給収入は16億円、1996年の邦画第2位を記録と席巻しました。 また、海外においても19ヵ国で公開され高い評価を得ていて、米国においては200万人を動員。 これは、アニメ(ゴジラを含む)を除く日本映画の興行収入記録となっています(興行収入は約950万ドル)。 2004年には、ピーター・チェルソム監督、リチャード・ギア主演によるリメイク「Shall We Dance? 」が制作されました。 2016051705 当時、リチャード・ギアこの映画に向けて練習しすぎたために、素人感がなくなってしまったために、あえてホールドの肩を上げるという演出をしていました。 アメリカ版の「Shall We Dance? 」には、当時ラテンファイナリストであったスラヴィック・クリクリビーのモダンシーンも収録されていて話題となりました。 同じクリクリビーで言えば2010年の「Ballroom Dancer」でアンナ・メルニコヴァで競技ダンサーとしての苦悩をテーマとしたノンフィクション映画の主演を務めています。 2016031401 ぜひこちらも参考にしてみてください。 「Mad HOT Ballroom(ステップ!ステップ!ステップ!)」 アメリカ 2016051701 ニューヨークの公立小学校で5年生を対象に実施されている社交ダンス・コンクールで、参加60校の中から3校を選び、練習風景、子どもたちや家庭の様子、そしてコンクール決勝戦を追っていったドキュメンタリー映画です。 お世辞にもよいとは言えない環境で育った子どもたちが、社交ダンスを通じて成長していく姿が描かれています。 低予算な制作費で作成されたにもかかわらず、アメリカでロングランで公演された傑作です。 「Strictly Ballroom(ダンシング・ヒーロー)」 オーストラリア 2016051706 1992年に公開されたオーストラリア映画。 社交ダンス(競技ダンス)をテーマとした青春コメディになっています。 ~あらすじ~ ダンサーの両親をもつ主人公のスコットは次期チャンピォンとして周囲に期待されていたが、ある競技会で敗戦したのをきっかけにパートナーのリズに去られ、新しいパートナーを見つけられないでいた。 そんな時、スコットが一人で踊っている姿を、物陰から見ていたダンス教室の生徒の一人フランが、自分をパートナーにとスコットに申し出る。 しかし、スコットは冴えない容姿に加えて素人同然のフランを断ろうとするが、フランの秘められた才能に気づき、大会に向けて猛特訓をはじめる。 「dance with me」アメリカ 2016051707 1999年に公開されたアメリカの映画です。 チャンピオンに返り咲きを狙うトップ・ダンサーと、キューバからやって来た若者との恋模様をテーマとして描いています。 ~あらすじ~ 父を知らない青年ラファエルは、父とおぼしきダンス・スタジオの主宰者ジョンを追って、母国キューバからアメリカへと渡った。 スタジオの雑用係として日々明るく働くラファエル。 そんなある日、彼はダンス教師のルビーと出会う。 洗練されたステップを持つルビーと、ダンスが体に染み込んでいるラテン育ちの彼は反目し合うが・・・。 「マンガ大賞2013」第2位、「このマンガがすごい!2013」オトコ部門にて第9位を獲得するなど。 様々な賞を獲得しました。 作者の竹内友先生は学生時代に競技ダンス部へ所属しており、その経験を生かした細かい描写も高い評価を得ています。 単行本は2015年10月で8巻まで出ています。 「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」週刊少年ジャンプ 2016051708 横田卓馬先生が描く競技ダンス漫画。 2016年現在も週刊少年ジャンプで好評連載中です。 「partner」プチコミック 2016051710 1980年から1987年までの間に掲載された名香智子による少女漫画です。 ~あらすじ~ お嬢様学校であるアリス学院の生徒である宝珠茉莉花は、ディスコで踊るのが大好きな少女。 親友である鳥丸小夜子とディスコに出かけたある日、金髪の青年フランツ・フォン・ハイドリヒと出会う。 フランツとソシアルダンスを踊った茉莉花はダンサーたちとの出会いを通して、華やかな社交ダンスの魅力にのめり込んでいくが…!? 以上、各メディアの社交ダンス事情でした。 社交ダンスの第1次ブームは1960~70年代、第2次ブームが「shall we dance? 」や「ウリナリ芸能人社交ダンス部」の1990年前半で、今第3次ブームが波が来始めているところです。 特に、ジュニア層の活躍の場が広がっていますので、今後テレビなどのメディアで取り上げられることも多くなるのではないのかと思います。 紹介した作品を社交ダンスを初めてから観ると、また面白いと思うポイントも変わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の