ツナ 醤油 パスタ。 キユーピーあえるパスタソース ツナマヨ

「ツナパスタ」我が家で人気の味付けはこれ!和風・クリーム・トマト…バリエーションがこんなにも

ツナ 醤油 パスタ

茹でたパスタにツナをのせ、めんつゆをかけるだけでも美味しいツナパスタになるようです。 きゅうりや大葉を合わせてさっぱりいただくのもいいですが、バターを入れて少しだけこってり味にするもおすすめ。 お好みで鷹の爪や七味唐辛子、柚子胡椒を加えて、辛さをプラスするのもよさそうです。 「マヨネーズと九州醤油で和風に」(41歳/主婦) 「マヨネーズにハーブ塩をプラス」(60歳/その他) 「マヨネーズと粉チーズを入れる」(43歳/主婦) 「マヨネーズ、わさび、白だしで和える」(48歳/営業・販売) 「ツナとレタスをマヨネーズで和えて、サラスパ風に」(56歳/その他) 「ツナにマヨネーズとお茶漬けの素を混ぜて、茹でたパスタと和える」(42歳/主婦) 「ツナと明太子をマヨネーズで和えて、茹でたパスタと混ぜ合わせる」(37歳/主婦) 「ツナをマヨネーズ、カレー粉、塩と混ぜ合わせて、パスタに絡める」(54歳/その他) ツナとマヨネーズを和えたものを、茹でたてのパスタに絡めるだけで美味しいツナマヨパスタが完成。 お好みで醤油やハーブ塩、白だし、わさび、明太子などを加えることにより、味のバリエーションが広がります。 茹でたパスタを水で冷やしてソースと和えれば、冷製パスタとして楽しむこともできますよ。 「ツナパスタは醤油とみりんでしっかり味付け」(36歳/主婦) 「醤油とバターとガーリック、塩コショウで和風パスタに」(37歳/主婦) 「ツナとキノコを炒め、醤油をかけた和風のツナパスタ」(41歳/総務・人事・事務) 「ツナに味付けチャーシューブロックの角切り、玉ねぎのみじん切りを加え、醤油とブラックペッパーで味付けると美味しい」(23歳/主婦) 「ツナにトマトとアボカドを加え、醤油ベースでいただきます」(34歳/主婦) ツナパスタといえば、醤油を使った和風パスタも外せません。 フライパンでツナやほかの具材と茹でたパスタを炒めて、最後に醤油を回し入れれば、焦がし醤油の香ばしさがプラスされて美味しさもアップ。 さらにバターを加えることで、こってりした美味しさを楽しむこともできます。 トマトの酸味とツナの風味がよく合います。 ただのトマトソースもいいですが、筆者のおすすめは牛乳や生クリームを少量加えたトマトクリームソース。 まろやかな口当たりがクセになる美味しさですよ。 「ツナと玉ねぎをいっしょに炒めて、クリームパスタに」(54歳/主婦) 「豆乳と生クリーム、柚子胡椒を加えたクリームパスタ」(34歳/金融関係) 「たっぷりの牛乳にめんつゆを少しプラスしてクリームパスタに」(43歳/主婦) 「牛乳と卵を加えてカルボナーラ風に」(44歳/主婦) 「生クリームと粉チーズでツナのカルボナーラパスタ」(42歳/主婦) 「市販のクリームシチューの素を使ってクリームパスタに」(39歳/主婦) こってりした味わいが魅力のクリームソースも忘れてはいけません。 生クリームだけでなく、牛乳や粉チーズ、ホワイトシチューの素を使えば、いろいろな味のツナクリームパスタを楽しむことができるようです。 ぜひ、皆さんも試してみてくださいね。 「にんにくとオリーブオイルでツナ入りペペロンチーノに」(26歳/公務員) 「ツナにほうれん草を加えて、オリーブオイル、粉末コンソメ、黒コショウで洋風に」(34歳/主婦) 「ツナとキャベツのオイルパスタ」(37歳/主婦) 「ルッコラとオリーブオイルでさわやかに冷製ツナパスタ」(31歳/コンピュータ関連以外の技術職) 「ツナ、オリーブ、生パセリにオリーブオイルとレモン汁を混ぜ合わせ、パスタに絡める」(49歳/主婦) 「レタスやトマト、玉ねぎのみじん切りを入れ、オリーブオイル、酢、黒コショウ、レモン汁、塩で味付けて冷製パスタに。 暑い季節におすすめです」(32歳/営業・販売) オリーブオイルをメインに塩コショウで味付けした、オイルパスタもおすすめ。 オイルパスタはシンプルなので、素材の美味しさをしっかりと味わうことができます。 にんにくと塩コショウをしっかりきかせるのが、美味しさのポイント。 生野菜と合わせて冷製パスタにするのもいいですね。 「ツナパスタはバターとお茶漬けの素で味付け」(40歳/主婦) 「シイタケとお吸い物の素を使って和風パスタに」(33歳/主婦) 「ツナを水菜と合わせてから、和風ポン酢を絡める」(58歳/主婦) 「コンソメを使ってスープパスタに」(42歳/主婦) 「大葉と梅干しでさっぱり味のツナパスタに」(56歳/営業・販売) 「納豆を加えて、ツナと納豆のパスタ」(50歳/その他) 「ツナとなめ茸を和えたものを、パスタに絡める」(69歳/主婦) 「キムチとニラをいっしょに炒めて、ツナの韓国風パスタに」(37歳/その他) 「ごま油とオイスターソースで中華風に」(65歳/総務・人事・事務) 市販のお茶漬けの素やお吸い物の素で味を付ける、納豆やなめ茸と和えるなど、皆さんいろいろと工夫をしながらツナパスタを作っているようです。 キムチと合わせて韓国風、オイスターソースで中華風など、どのパスタも美味しそうですね。

次の

レンジで簡単、7分で完成「ツナと水菜のしょうがパスタ」@ズボラ飯|ズボラ飯動画レシピサイト「ずぼらめしじぇーぴー」

ツナ 醤油 パスタ

茹でたパスタにツナをのせ、めんつゆをかけるだけでも美味しいツナパスタになるようです。 きゅうりや大葉を合わせてさっぱりいただくのもいいですが、バターを入れて少しだけこってり味にするもおすすめ。 お好みで鷹の爪や七味唐辛子、柚子胡椒を加えて、辛さをプラスするのもよさそうです。 「マヨネーズと九州醤油で和風に」(41歳/主婦) 「マヨネーズにハーブ塩をプラス」(60歳/その他) 「マヨネーズと粉チーズを入れる」(43歳/主婦) 「マヨネーズ、わさび、白だしで和える」(48歳/営業・販売) 「ツナとレタスをマヨネーズで和えて、サラスパ風に」(56歳/その他) 「ツナにマヨネーズとお茶漬けの素を混ぜて、茹でたパスタと和える」(42歳/主婦) 「ツナと明太子をマヨネーズで和えて、茹でたパスタと混ぜ合わせる」(37歳/主婦) 「ツナをマヨネーズ、カレー粉、塩と混ぜ合わせて、パスタに絡める」(54歳/その他) ツナとマヨネーズを和えたものを、茹でたてのパスタに絡めるだけで美味しいツナマヨパスタが完成。 お好みで醤油やハーブ塩、白だし、わさび、明太子などを加えることにより、味のバリエーションが広がります。 茹でたパスタを水で冷やしてソースと和えれば、冷製パスタとして楽しむこともできますよ。 「ツナパスタは醤油とみりんでしっかり味付け」(36歳/主婦) 「醤油とバターとガーリック、塩コショウで和風パスタに」(37歳/主婦) 「ツナとキノコを炒め、醤油をかけた和風のツナパスタ」(41歳/総務・人事・事務) 「ツナに味付けチャーシューブロックの角切り、玉ねぎのみじん切りを加え、醤油とブラックペッパーで味付けると美味しい」(23歳/主婦) 「ツナにトマトとアボカドを加え、醤油ベースでいただきます」(34歳/主婦) ツナパスタといえば、醤油を使った和風パスタも外せません。 フライパンでツナやほかの具材と茹でたパスタを炒めて、最後に醤油を回し入れれば、焦がし醤油の香ばしさがプラスされて美味しさもアップ。 さらにバターを加えることで、こってりした美味しさを楽しむこともできます。 トマトの酸味とツナの風味がよく合います。 ただのトマトソースもいいですが、筆者のおすすめは牛乳や生クリームを少量加えたトマトクリームソース。 まろやかな口当たりがクセになる美味しさですよ。 「ツナと玉ねぎをいっしょに炒めて、クリームパスタに」(54歳/主婦) 「豆乳と生クリーム、柚子胡椒を加えたクリームパスタ」(34歳/金融関係) 「たっぷりの牛乳にめんつゆを少しプラスしてクリームパスタに」(43歳/主婦) 「牛乳と卵を加えてカルボナーラ風に」(44歳/主婦) 「生クリームと粉チーズでツナのカルボナーラパスタ」(42歳/主婦) 「市販のクリームシチューの素を使ってクリームパスタに」(39歳/主婦) こってりした味わいが魅力のクリームソースも忘れてはいけません。 生クリームだけでなく、牛乳や粉チーズ、ホワイトシチューの素を使えば、いろいろな味のツナクリームパスタを楽しむことができるようです。 ぜひ、皆さんも試してみてくださいね。 「にんにくとオリーブオイルでツナ入りペペロンチーノに」(26歳/公務員) 「ツナにほうれん草を加えて、オリーブオイル、粉末コンソメ、黒コショウで洋風に」(34歳/主婦) 「ツナとキャベツのオイルパスタ」(37歳/主婦) 「ルッコラとオリーブオイルでさわやかに冷製ツナパスタ」(31歳/コンピュータ関連以外の技術職) 「ツナ、オリーブ、生パセリにオリーブオイルとレモン汁を混ぜ合わせ、パスタに絡める」(49歳/主婦) 「レタスやトマト、玉ねぎのみじん切りを入れ、オリーブオイル、酢、黒コショウ、レモン汁、塩で味付けて冷製パスタに。 暑い季節におすすめです」(32歳/営業・販売) オリーブオイルをメインに塩コショウで味付けした、オイルパスタもおすすめ。 オイルパスタはシンプルなので、素材の美味しさをしっかりと味わうことができます。 にんにくと塩コショウをしっかりきかせるのが、美味しさのポイント。 生野菜と合わせて冷製パスタにするのもいいですね。 「ツナパスタはバターとお茶漬けの素で味付け」(40歳/主婦) 「シイタケとお吸い物の素を使って和風パスタに」(33歳/主婦) 「ツナを水菜と合わせてから、和風ポン酢を絡める」(58歳/主婦) 「コンソメを使ってスープパスタに」(42歳/主婦) 「大葉と梅干しでさっぱり味のツナパスタに」(56歳/営業・販売) 「納豆を加えて、ツナと納豆のパスタ」(50歳/その他) 「ツナとなめ茸を和えたものを、パスタに絡める」(69歳/主婦) 「キムチとニラをいっしょに炒めて、ツナの韓国風パスタに」(37歳/その他) 「ごま油とオイスターソースで中華風に」(65歳/総務・人事・事務) 市販のお茶漬けの素やお吸い物の素で味を付ける、納豆やなめ茸と和えるなど、皆さんいろいろと工夫をしながらツナパスタを作っているようです。 キムチと合わせて韓国風、オイスターソースで中華風など、どのパスタも美味しそうですね。

次の

レンジで簡単、7分で完成「ツナと水菜のしょうがパスタ」@ズボラ飯|ズボラ飯動画レシピサイト「ずぼらめしじぇーぴー」

ツナ 醤油 パスタ

茹でたパスタにツナをのせ、めんつゆをかけるだけでも美味しいツナパスタになるようです。 きゅうりや大葉を合わせてさっぱりいただくのもいいですが、バターを入れて少しだけこってり味にするもおすすめ。 お好みで鷹の爪や七味唐辛子、柚子胡椒を加えて、辛さをプラスするのもよさそうです。 「マヨネーズと九州醤油で和風に」(41歳/主婦) 「マヨネーズにハーブ塩をプラス」(60歳/その他) 「マヨネーズと粉チーズを入れる」(43歳/主婦) 「マヨネーズ、わさび、白だしで和える」(48歳/営業・販売) 「ツナとレタスをマヨネーズで和えて、サラスパ風に」(56歳/その他) 「ツナにマヨネーズとお茶漬けの素を混ぜて、茹でたパスタと和える」(42歳/主婦) 「ツナと明太子をマヨネーズで和えて、茹でたパスタと混ぜ合わせる」(37歳/主婦) 「ツナをマヨネーズ、カレー粉、塩と混ぜ合わせて、パスタに絡める」(54歳/その他) ツナとマヨネーズを和えたものを、茹でたてのパスタに絡めるだけで美味しいツナマヨパスタが完成。 お好みで醤油やハーブ塩、白だし、わさび、明太子などを加えることにより、味のバリエーションが広がります。 茹でたパスタを水で冷やしてソースと和えれば、冷製パスタとして楽しむこともできますよ。 「ツナパスタは醤油とみりんでしっかり味付け」(36歳/主婦) 「醤油とバターとガーリック、塩コショウで和風パスタに」(37歳/主婦) 「ツナとキノコを炒め、醤油をかけた和風のツナパスタ」(41歳/総務・人事・事務) 「ツナに味付けチャーシューブロックの角切り、玉ねぎのみじん切りを加え、醤油とブラックペッパーで味付けると美味しい」(23歳/主婦) 「ツナにトマトとアボカドを加え、醤油ベースでいただきます」(34歳/主婦) ツナパスタといえば、醤油を使った和風パスタも外せません。 フライパンでツナやほかの具材と茹でたパスタを炒めて、最後に醤油を回し入れれば、焦がし醤油の香ばしさがプラスされて美味しさもアップ。 さらにバターを加えることで、こってりした美味しさを楽しむこともできます。 トマトの酸味とツナの風味がよく合います。 ただのトマトソースもいいですが、筆者のおすすめは牛乳や生クリームを少量加えたトマトクリームソース。 まろやかな口当たりがクセになる美味しさですよ。 「ツナと玉ねぎをいっしょに炒めて、クリームパスタに」(54歳/主婦) 「豆乳と生クリーム、柚子胡椒を加えたクリームパスタ」(34歳/金融関係) 「たっぷりの牛乳にめんつゆを少しプラスしてクリームパスタに」(43歳/主婦) 「牛乳と卵を加えてカルボナーラ風に」(44歳/主婦) 「生クリームと粉チーズでツナのカルボナーラパスタ」(42歳/主婦) 「市販のクリームシチューの素を使ってクリームパスタに」(39歳/主婦) こってりした味わいが魅力のクリームソースも忘れてはいけません。 生クリームだけでなく、牛乳や粉チーズ、ホワイトシチューの素を使えば、いろいろな味のツナクリームパスタを楽しむことができるようです。 ぜひ、皆さんも試してみてくださいね。 「にんにくとオリーブオイルでツナ入りペペロンチーノに」(26歳/公務員) 「ツナにほうれん草を加えて、オリーブオイル、粉末コンソメ、黒コショウで洋風に」(34歳/主婦) 「ツナとキャベツのオイルパスタ」(37歳/主婦) 「ルッコラとオリーブオイルでさわやかに冷製ツナパスタ」(31歳/コンピュータ関連以外の技術職) 「ツナ、オリーブ、生パセリにオリーブオイルとレモン汁を混ぜ合わせ、パスタに絡める」(49歳/主婦) 「レタスやトマト、玉ねぎのみじん切りを入れ、オリーブオイル、酢、黒コショウ、レモン汁、塩で味付けて冷製パスタに。 暑い季節におすすめです」(32歳/営業・販売) オリーブオイルをメインに塩コショウで味付けした、オイルパスタもおすすめ。 オイルパスタはシンプルなので、素材の美味しさをしっかりと味わうことができます。 にんにくと塩コショウをしっかりきかせるのが、美味しさのポイント。 生野菜と合わせて冷製パスタにするのもいいですね。 「ツナパスタはバターとお茶漬けの素で味付け」(40歳/主婦) 「シイタケとお吸い物の素を使って和風パスタに」(33歳/主婦) 「ツナを水菜と合わせてから、和風ポン酢を絡める」(58歳/主婦) 「コンソメを使ってスープパスタに」(42歳/主婦) 「大葉と梅干しでさっぱり味のツナパスタに」(56歳/営業・販売) 「納豆を加えて、ツナと納豆のパスタ」(50歳/その他) 「ツナとなめ茸を和えたものを、パスタに絡める」(69歳/主婦) 「キムチとニラをいっしょに炒めて、ツナの韓国風パスタに」(37歳/その他) 「ごま油とオイスターソースで中華風に」(65歳/総務・人事・事務) 市販のお茶漬けの素やお吸い物の素で味を付ける、納豆やなめ茸と和えるなど、皆さんいろいろと工夫をしながらツナパスタを作っているようです。 キムチと合わせて韓国風、オイスターソースで中華風など、どのパスタも美味しそうですね。

次の