肉 うどん 豚肉。 セブン『肉大盛!豚肉うどん』食べてみたよ!((´∀`*))│とりぷるセブン

肉うどんは豚肉の味付けがポイント!だしつゆに染みわたるおいしさ

肉 うどん 豚肉

私は、東京の者です。 コチラで「肉を食べる。 」と言えば、豚肉です。 豚肉と牛肉は、分けて考えます。 うどんなら、 「牛肉うどん」「肉うどん」の2種になります。 関西は 近くに、美味しい牛肉の産地が沢山あり、 それ故、比較して、牛肉の市販価格が安価なので、 肉と言えば牛肉を指し 関東は、 周囲に、食肉用の牧場より、養豚場が多い為 肉といえば豚肉で、牛の場合は牛肉と呼び、 分けて考える。 ・・・・・と、聞いた事があります。 但し、最近は特に、地方出身で東京暮らしの方が多く また、地方の飲食店の東京進出も増えて、 東京風の慣習も薄くなっています。 私など、新しいお店で「肉うどん」とメニューにあった場合、 「牛ですか?豚ですか?」と確認する事も・・・・・ ヤキトリについては、誤解無き様、お願いします。 東京も、「焼き鳥」は、勿論鶏肉です。 第二次大戦後の、食べ物の無い時代、 闇市と云うのがあり、そこで色々なものが売られていたそうです。 現在の「鉄板焼き」も、その闇市からの発祥とか・・・・・ そこで、元々豚肉の内蔵は、捨てる部分だったらしく それを串に刺して売ったところ 多くの呑んべえ達は、昔の物資が在った頃の「焼き鳥」を思い出し 闇の日本酒でそれを摘みにキューっと呑み、懐かしんだそうです。 物資の無い当時は、鶏肉が高騰し、また品物自体無く、 庶民はなかなか食べられなかったとか・・・・・ それで、焼き鳥風の、豚の串焼きは大はやり。 それで当時、食べる方も、作る方も分かっている上で、 シャレの部分で、「ヤキトリね!」「ハイよ」と 豚の串焼きを注文し、食べていたそうです。 その名残で、 現在は、豚肉の串焼き屋さんのプライドで、 「ウチは、鶏肉ではない」として、 看板もメニューも、「ヤキトリ」「やきとり」と、 「鶏」の文字は使わずに表示し、 鶏肉のお店は、「焼き鳥」と、 慣習的に、表示する様になりました。 東京に限らず それぞれの土地には、歴史や謂れ等があります。 表面だけ捉えて、変だとか、騙しだとか、 勝手に自分の考えで結論を出さず、 「何故なのだろう?」と考えてみるのも、大切ですし、 面白い発見も、出来ると思います。 そうそう・・・・・ しゃぶしゃぶや、すき焼きは、勿論牛肉ですよ!.

次の

セブン『肉大盛!豚肉うどん』食べてみたよ!((´∀`*))│とりぷるセブン

肉 うどん 豚肉

豚肉は一口大に切り、にんじん・じゃがいも・大根は皮を剥いていちょう切りにします。 こんにゃくは短冊切りして、下茹でをします。 油揚げは油抜きの後に、薄く切っておきます。 鍋にサラダ油を敷き温め、豚肉を炒めます。 大根、にんじん、こんにゃく、じゃがいもの順に入れてある程度炒めたら、だし汁を加えて煮込みます。 アクを取り、野菜に箸が刺さる程度に火が通ったら油揚げを加えます。 カレールーを溶かし入れ、みりん、しょうゆで味付けをします。 別の鍋に水を張り、うどんを茹でます。 うどんが茹で上がったら、カレーつゆに入れます。 刻んだ長ねぎを、トッピングしたら完成です。 白菜は葉と茎に分けて茎を2~3cmの斜めに切り、葉はざく切りにします。 小松菜も葉と茎に分けて茎を5cm感覚で斜め切りにします。 葉はざく切りにします。 豚肉は、厚めに斜め切りします。 フライパンに油を入れて、豚肉を炒め焼き色がついたら白菜と小松菜の茎・鶏ガラスープを入れ炒めます。 白菜の茎が半透明になってきたら、白菜・小松菜の葉を加えて、塩・こしょうで味付けをして火を止めます。 鍋に水、しょうゆ、シャンタン、鶏がらスープの素大さじ1と2分の杯を混ぜ入れて温めます。 別の鍋でうどんを茹で器に盛り、3の炒め物を乗せつゆをかけます。 好みでごま油、ラー油などをかけたら完成です。

次の

肉うどんのレシピ/作り方:白ごはん.com

肉 うどん 豚肉

私は、東京の者です。 コチラで「肉を食べる。 」と言えば、豚肉です。 豚肉と牛肉は、分けて考えます。 うどんなら、 「牛肉うどん」「肉うどん」の2種になります。 関西は 近くに、美味しい牛肉の産地が沢山あり、 それ故、比較して、牛肉の市販価格が安価なので、 肉と言えば牛肉を指し 関東は、 周囲に、食肉用の牧場より、養豚場が多い為 肉といえば豚肉で、牛の場合は牛肉と呼び、 分けて考える。 ・・・・・と、聞いた事があります。 但し、最近は特に、地方出身で東京暮らしの方が多く また、地方の飲食店の東京進出も増えて、 東京風の慣習も薄くなっています。 私など、新しいお店で「肉うどん」とメニューにあった場合、 「牛ですか?豚ですか?」と確認する事も・・・・・ ヤキトリについては、誤解無き様、お願いします。 東京も、「焼き鳥」は、勿論鶏肉です。 第二次大戦後の、食べ物の無い時代、 闇市と云うのがあり、そこで色々なものが売られていたそうです。 現在の「鉄板焼き」も、その闇市からの発祥とか・・・・・ そこで、元々豚肉の内蔵は、捨てる部分だったらしく それを串に刺して売ったところ 多くの呑んべえ達は、昔の物資が在った頃の「焼き鳥」を思い出し 闇の日本酒でそれを摘みにキューっと呑み、懐かしんだそうです。 物資の無い当時は、鶏肉が高騰し、また品物自体無く、 庶民はなかなか食べられなかったとか・・・・・ それで、焼き鳥風の、豚の串焼きは大はやり。 それで当時、食べる方も、作る方も分かっている上で、 シャレの部分で、「ヤキトリね!」「ハイよ」と 豚の串焼きを注文し、食べていたそうです。 その名残で、 現在は、豚肉の串焼き屋さんのプライドで、 「ウチは、鶏肉ではない」として、 看板もメニューも、「ヤキトリ」「やきとり」と、 「鶏」の文字は使わずに表示し、 鶏肉のお店は、「焼き鳥」と、 慣習的に、表示する様になりました。 東京に限らず それぞれの土地には、歴史や謂れ等があります。 表面だけ捉えて、変だとか、騙しだとか、 勝手に自分の考えで結論を出さず、 「何故なのだろう?」と考えてみるのも、大切ですし、 面白い発見も、出来ると思います。 そうそう・・・・・ しゃぶしゃぶや、すき焼きは、勿論牛肉ですよ!.

次の