おばみつ 画像。 鬼滅の刃 おばみつ告白も甘露寺蜜璃、伊黒小芭内の死亡・戦死が確定【画バレ・ネタバレ・画像あり】

おばみつ (おばみつ)とは【ピクシブ百科事典】

おばみつ 画像

READ NOW 蛇柱・伊黒小芭内が甘露寺蜜璃を優しく抱きかかえる 朝日が昇り無惨がチリと化した鬼舞辻 無惨。 隊士・隠たちは喜びもつかの間、直ぐに救護にあたります。 蛇柱・伊黒小芭内は恋柱・甘露寺蜜璃の元へ。 鏑丸に気が付いて意識を取り戻す甘露寺蜜璃。 鏑丸の目には涙が。 甘露寺蜜璃の体には伊黒小芭内の羽織がかけられています。 優しい伊黒が見えないように羽織をかけたのかもしれません。 自分の死を悟る甘露寺蜜璃。 伊黒小芭内も自分の命の灯が間もなく消えることを覚悟しています。 出会った時の話をする二人。 いままでありがとう。 そばに隠・隊士がいないのは、伊黒さんが人はらいをしたからでしょうね。 日本に鬼滅ロスが広がることは間違いありません。 来週は鬼舞辻 無惨戦の後日談、あるいは新章突入かもしれません。 U-NEXTでは初回登録後「31日間無料トライアル」「ボーナス600ポイントプレゼント」のWキャンペーン実施中です。 電子書籍も扱っているので、マンガ「鬼滅の刃」、公式ファンブック、ライトノベル版「鬼滅の刃」も楽しむことができます。 最新巻(電子書籍)も初回登録時ボーナス600ポイントを使って実質無料で購入することができます! 最大1. 8倍速で視聴できるので、週末のアニメ作品一気見などにも最高です。 U-NEXTではその他にも人気のアニメやドラマ(国内、海外、韓流)、洋画、邦画がいくつも見放題で配信中です。 雑誌や漫画、 成人向けコンテンツもあります。

次の

【鬼滅の刃】おばみつが本編でついに夫婦になった!?一途に想う伊黒小芭内!甘露寺蜜璃の返事とは?

おばみつ 画像

概要 『』の登場人物、・と・の。 を嫌い、いつもネチネチと人を口撃している伊黒小芭内。 一方、素敵な殿方との目的で入隊した甘露寺蜜璃。 身長差は5cmで、小芭内の方が二歳年上。 どんな人物にも嫌味で上から目線の言葉が多い伊黒は蜜璃にも小言を言っているのだろう、と大方の読者は思っていたが… しかし実際の二人は… 扉絵で 、何杯もおかわりをしたであろう蜜璃を伊黒が隣で 優しげに見つめていたり、蜜璃の履いている緑と黒のストライプのが(露出度の高い衣装を心配してか)、 伊黒がプレゼントしたものであることが判明したり。 そして、柱稽古編では蜜璃の地獄の柔軟を受けた一般隊員に 柱に縛りつけ(後に現れたはその惨状を 処刑場と表した)、更に炭治郎は一般隊員たちを避けつつも伊黒の蛇の様に曲がる攻撃も避けなければならないという厳しすぎる稽古をつけられている。 因みに 伊黒と蜜璃の二人は文通しており、炭治郎のことは蜜璃からの手紙で把握していたので、稽古では余計に当たりがきつくなっていた。 なお、稽古終了時には「 馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と明確な牽制もしている。 一方、蜜璃も伊黒のことはいい人だと考えているうえ、柱合会議編ではキュンときている。 ただ、その時のキュンときたポイントは 「ネチネチしてて蛇みたい」と蜜璃の人柄を知らなければ誉め言葉か貶し言葉か、判断が難しかったが。 また、おばみつ好きなら公式キャラブックは必見。 蜜璃は同性のしのぶも含め、柱全員にキュンとしているようだが、その中でも特に伊黒と食事をしたり文通をするのが楽しいらしい。 また、伊黒は本気で甘露寺に好意を寄せているようである( 一目惚れだったらしい)。 そしてノベライズ第二弾『鬼滅の刃 片羽の蝶』も必見。 第3話と第5話にて、おばみつを余すことなく堪能できる。

次の

【鬼滅の刃 考察】鬼滅の刃の恋愛事情について【きめつのやいば ネタバレ】炭カナ・狛恋・おばみつ・●●カナ etc

おばみつ 画像

概要 『』の登場人物、・と・の。 を嫌い、いつもネチネチと人を口撃している伊黒小芭内。 一方、素敵な殿方との目的で入隊した甘露寺蜜璃。 身長差は5cmで、小芭内の方が二歳年上。 どんな人物にも嫌味で上から目線の言葉が多い伊黒は蜜璃にも小言を言っているのだろう、と大方の読者は思っていたが… しかし実際の二人は… 扉絵で 、何杯もおかわりをしたであろう蜜璃を伊黒が隣で 優しげに見つめていたり、蜜璃の履いている緑と黒のストライプのが(露出度の高い衣装を心配してか)、 伊黒がプレゼントしたものであることが判明したり。 そして、柱稽古編では蜜璃の地獄の柔軟を受けた一般隊員に 柱に縛りつけ(後に現れたはその惨状を 処刑場と表した)、更に炭治郎は一般隊員たちを避けつつも伊黒の蛇の様に曲がる攻撃も避けなければならないという厳しすぎる稽古をつけられている。 因みに 伊黒と蜜璃の二人は文通しており、炭治郎のことは蜜璃からの手紙で把握していたので、稽古では余計に当たりがきつくなっていた。 なお、稽古終了時には「 馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と明確な牽制もしている。 一方、蜜璃も伊黒のことはいい人だと考えているうえ、柱合会議編ではキュンときている。 ただ、その時のキュンときたポイントは 「ネチネチしてて蛇みたい」と蜜璃の人柄を知らなければ誉め言葉か貶し言葉か、判断が難しかったが。 また、おばみつ好きなら公式キャラブックは必見。 蜜璃は同性のしのぶも含め、柱全員にキュンとしているようだが、その中でも特に伊黒と食事をしたり文通をするのが楽しいらしい。 また、伊黒は本気で甘露寺に好意を寄せているようである( 一目惚れだったらしい)。 そしてノベライズ第二弾『鬼滅の刃 片羽の蝶』も必見。 第3話と第5話にて、おばみつを余すことなく堪能できる。

次の