タマホーム 評判。 【2019】タマホームの評判・口コミまとめ!満足度が高い秘密を暴露

タマホーム株式会社の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (0785)

タマホーム 評判

タマホームの悪い 評判に関して典型的なものを挙げていこうと思います。 あっ、ちなみにタマホームは他のハウスメーカーに比べて悪い評判が多いと思っている人もいると思いますが、他の記事で触れているように、別にそんなことないですからね。 念のため・・・。 ( 2010年4月追記 : このブログを作っているうちに、人の評判よりも、客観的なデータ=会社の決算書を分析・比較した方が、タマホームの本当の姿・実力が分かることに気が付きました。 タマホームが具体的にどのくらい儲かっているのか、どのくらい借金に依存して経営しているか・・・などが明らかになる無料レポートを作成したので、ぜひで詳細を確認して下さい。 ) さて、まずはタマホームの従業員の質が悪いという評判です。 営業マンに対するクレームや悪い評判というのは、どのハウスメーカーでも多いですね。 建築業界に限らず、かもしれませんが。 実際にタマホームで家を建てた人の感想を見ていると、営業マンのミスが多い、態度が悪い、約束を守らない、と様々なクレームがあります。 人対人ですから、どうしても「相性」というものもあり、なかなか厄介な問題です。 タマホームは急成長に伴い、従業員も急速に増やしています。 求人広告でもタマホームの社員募集をよく見かけます。 ダイワハウスやセキスイハウスのように成熟期を迎えた住宅会社ではないので、営業マンの知識や経験、力量にバラツキが多いのと、中途採用に積極的なことが逆に人材の流動化を招き、担当の営業マンがコロコロと変わるケースが多いみたいです。 それが悪い評判につながりやすいのかもしれません。 そして、営業マン同様、よく言われていることが、「タマホームは坪単価25. 8万円だけでは家は建たない」という評判です。 これは事実で、他に諸費用などがかかってしまうということですが、他のハウスメーカーにおいても同じく諸費用がかかりますし、実際展示場などに行くとまずタマホーム側からそのことについて説明があるそうです。 要するに純粋に建物だけの価格、ということでしょう。 自動車の諸費用などをイメージすると分かりやすいです。 ・・・マイホームを取得する際は、ホント、めちゃくちゃ色んなことにお金取られますよ・・・。 他には、タマホームは点検があまい、修理代が高いといった評判もよく見かけますが、これは判断が難しいです。 点検は人が行うことなので見落としがあって、ある意味、当たり前ですし、修理代もその補修箇所や状況によりますからね。 ただ、該当箇所によっては修理の際はタマホームだけでなく、他の業者にも見積りを取って比較してみると良いでしょう。 その他としては「トラブルが多い」「訴訟が多い」という評判がありますが、これはあまり信憑性がありません。 調べていくと分かることですが、実際どのようなトラブルがあったのか、や、訴訟内容について書かれた情報は少ないです。 もしかしたら他のハウスメーカーの情報操作かもしれません。 私が見た限り、実際にタマホームで家を建てたり、打ち合わせを重ねた人のうち、悪い評判を口にしている人の中には、コミュニケーション不足が原因になっているケースがけっこう多いです。 タマホームという会社がどうこうというより、あなたと営業マンとの信頼関係こそが重要なのだと、色々なハウスメーカーを回っているうちに、私は思い至るようになりました。 なので私はもっと客観的なデータ=決算書に基づいて、タマホームと各ハウスメーカーを比較することにしたのです。 そこで分かったことは・・・かなり衝撃的。 皆さんにもぜひタマホームの真の姿を知ってほしいと思います。 詳しくはをご確認下さい。

次の

タマホームの口コミ・評判 2ページ目 | みん評

タマホーム 評判

無料!3分でかんたん資料請求。 タマホームといえば、ローコスト住宅を扱うハウスメーカーとして、全国的な知名度も抜群ですよね。 タマホームの坪単価ですが、40万〜50万円程度とかなり価格が抑えられていますが、選択肢を限定することで、大量に発注することができ、コストの削減に繋がっているようです。 タマホームでは、商品のラインナップも豊富に用意されており、「大安心の家」をはじめ、「大安心の家 PREMIUM」や「木麗な家」、「木望の家」などが自由設計に対応されていますが、注文住宅の評判も気になるところです。 コスト削減のために、ある程度人気のあるパターンに絞り大量生産されているようですから、選択肢が限られてしまい、あまり融通が利かないようなイメージもあります。 そこで、ここではタマホームの注文住宅の評判を徹底調査しました。 「大安心の家で建てました。 他のハウスメーカーは分かりませんが、タマホームは打ち合わせの時間が少なく、時間がない中で仕様の決断を迫られます。 そして、標準以外の仕様を選択すると、驚くほど高くなります。 また、タマホームでは工期が短く設定されているのか、我が家の場合は棟上げから引き渡しまで2ヶ月弱ぐらいでした。 」 いかがでしょうか。 タマホームの「大安心の家」などは、要望をかなえる自由設計であることがアピールされており、間取りや仕様なども自由で完全な注文住宅と思いがちですが、何かと決まりがあり、注文住宅であっても制限を受けてしまうことはあります。 特に、タマホームのようにローコスト住宅を扱うハウスメーカーでは、価格の安さを優先しているため、融通が利かないのは仕方ない部分でもありますので、このあたりも理解しておく必要があります。 タマホームの20代の家の評判 土地代は含まずに、予算が1500万〜2000万円以内の場合だと、タマホームも候補の一つとしてあがるハウスメーカーではないかと思います。 または、夫婦共に20代で、マイホームの購入を決意したものの、年収の面で不安があり、ローコスト住宅に定評のあるタマホームを検討される方もおられるでしょう。 タマホームはローコスト住宅を扱うハウスメーカーとして全国的に知られており、20代の家づくりにも力を入れています。 この記事をご覧の方は、タマホームの20代の家の評判を気にされている方だと思いますが、どうやらこの20代の家という商品はラインナップされていないようですね。 現在、タマホームで新築をお考えの場合、評判や口コミも気にされるのではと思います。 以前、20代で新築を考えており、興味のあったタマホームの展示場に行ったものの、アンケートに20代と記入した途端、営業マンから『親御さんからの援助はありますか?』など言われ、あまり相手にされなかったといった声もありました。 そこで、実際にタマホームで建築された20代の方々の評判に注目してみました。 「住み始めてから間取りなどは簡単に変更することができないため、後悔することのないように時間をかけて決めました。 タマホームでは独自のルールが設けられていますが、要望を入れ込みながら、結果的には満足のいく家が出来たと思います。 夫婦共に20代ということもあり、収入に見合ったローンを組むことを優先させたため、価格が必要以上に高くならないように気をつけました。 」 いかがでしょうか。 家を建てると、月々に住宅ローンを返済していくだけではなく、固定資産税という税金を1年に1度支払わなければなりませんし、何十年か後には高額なメンテナンスが必要になってきます。 そのため、無謀なローンを組むのではなく、年齢や収入に見合った住宅ローンを組むことが大切で、結果的に無理なく返済していけるタマホームを選ぶというのは賢い選択だと思います。 「築1年ほどの大安心の家に住んでいます。 標準以外のものを入れたにも関わらず、坪単価が40万円台とコストパフォーマンスは非常に高く、満足しています。 調整ミスなのか若干トラブルはあったものの、今のところ大きなトラブルはなく快適に過ごしています。 」 いかがでしょうか。 大安心の家ですが、価格のわりに標準仕様が充実しており、非常にコストパフォーマンスに優れているようで、満足されている方が多いような印象を受けます。 ちなみに、大安心の家のワンランク上の位置付けにある「大安心の家PREMIUM」といった商品もラインナップされており、プレミアムというだけあり、こちらはデザインや品質にも徹底的にこだわっている商品のようですね。 タマホームの評判は悪いのか? タマホームといえば、坪単価が安く、ローコストで建てられるハウスメーカーとして知られています。 全国展開されていたり、テレビCMやチラシを使って宣伝されていることもあり、全国的な知名度も抜群なハウスメーカーです。 しかし、低価格帯での家造りを実現されているため、安さゆえ品質が悪いのではないかや、欠陥住宅なのではないかなどのイメージが先行している方も少なくないようです。 タマホームだけではなく、ローコスト住宅を扱うメーカーはどうしても悪いイメージが先行しがちですが、実際にタマホームで建築された方の口コミなどをチェックしていると、価格のわりに設備なども悪くなく、コストパフォーマンスが高いと評価されている方も多いです。 ただし、中にはタマホームで建築されたことを後悔されている施主の方もおられ、酷評されることもあります。 そこで、ここではあえてタマホームの悪い評判ばかりに注目してみました。 「築15年ぐらい経ちます。 今はどうか分かりませんが、私が建てた当時は建築材が安っぽい感じで、床材が色あせたり、ドアノブに関しては早々に色が落ちてしまいました。 我が家はルーフバルコニーにしたのですが、タマホームでは予想以上にメンテナンス費用がかかってしまうため、もっとメンテナンス費についても考えておくべきだったと後悔しています。 」 いかがでしょうか。 タマホームはローコストのわりに標準仕様も充実しており、頑張っている印象もあるのですが、長い目でみるとメンテナンス費用にお金がかかってしまうようですね。 ただし、これはタマホームに限らず、ローコスト住宅を扱うメーカー全般に言えることなので、メンテナンス費用なども考慮するのであれば、保証が充実しているメーカーを選ばれることをお勧めします。 ちなみに、上記で紹介した評判に「タマホームでは夜遅くまで作業されている、、、。 」と紹介しましたが、これは事実です。 実際に、我が家の隣の方がタマホームで建築されたのですが、夜8時頃までライトを照らしながら作業されている職人さんの姿が印象的でした。 おそらく工期などの関係だと思いますが、正直近隣住民からすると、迷惑ですしあまり良い印象は受けませんので、このあたりも少なからず評判に影響を与えてしまうのかもしれません。 無料!3分でかんたん資料請求。 確かにハウスメーカーは簡単に倒産するようなことはまずなく、アフターサービスのことを考えても安心なイメージがあります。 タマホームでは、標準で長期保証がついており、引き渡し後から3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年目に定期点検を受けることができます。 そして、定期的な点検と有償のメンテナンス工事を続けていくことで、延長保証が継続でき、最長で30年間の保証を受けることができます。 (長期優良住宅の場合は、最長で60年間の保証が可能。 ) 現在、タマホームで検討されている方は、アフターサービスの評判も気になるところだと思います。 タマホームのアフターサービスの評判を徹底調査しました。 「低価格のわりにしっかりとした構造ということが決め手となり、タマホームで購入しました。 正直、安さゆえアフターサービスはそこまで期待していなかったのですが、トイレの調子が悪くなった時には、その日のうちに修理に来てくれ、アフターの対応も凄く良かったです。 」 いかがでしょうか。 価格の安さゆえ、アフターサービスを心配される方も多いかもしれませんが、実際はそんなことはなく、しっかりと定期点検も行われているようですし、不具合時の対応も比較的スムーズだと評価されています。 しかし、その反面、定期点検すらまともに行われていなかったり、対応がいい加減すぎて不信感を抱かれておられる方もいますので、担当者次第なところもあるようですね。

次の

【タマホームの平屋住宅】価格&評判まとめ*間取りの実例も!

タマホーム 評判

人気タレントさんを起用した印象的なCMが評判のタマホーム。 ローコスト住宅の先駆けとなったハウスメーカーです。 「より良いものをより安く提供することにより社会に奉仕する」という企業理念のもとに、高品質な住宅の安定した供給と低価格化、木の家づくりにこだわり、国産材の活用を積極的に行ってきました。 1998年に創業され、その後急成長を遂げて全国に営業所を設けています。 そんなタマホームの特徴を詳しく解説していきます。 結論から先にお伝えすると、タマホームの注文住宅を検討しているのであれば、まず資料集めからはじめてください。 家を建てる際は、土地探しや住宅ローン、住宅展示場へ行くよりもまず1番はじめに複数ハウスメーカーや工務店から資料集めをするのが鉄則です。 『興味がなかったハウスメーカーが、実は予算もデザインも優れていた。 』 『憧れていたハウスメーカーだったけど実際には、理想とかけ離れていた。 』 家は一生に一度の大きな買い物。 慎重すぎるくらいで構いません。 実際にハウスメーカー選びを正しく行わずに1,2社だけで決めてしまった方の多くが、後から取り返しのつかない後悔をしています。 無料で使えますし、入力も簡単でパソコンやスマホから簡単に利用できるので面倒な手間が省けます。 後悔のない家を建てる第一歩として『カタログ集め』は必ずしておいてください。 それでは解説をしていきます!参考にしてください。 もくじ• 家の低価格化の実現!ローコスト住宅の先駆けタマホーム4つの特徴 タマホームの住宅の魅力は何といってもその低価格です。 どうやってその低価格を実現しているのか。 通常、住宅を建築する場合、メーカーと工事施工業者の間に現場管理会社が入って、管理を行っていました。 しかしタマホームは、中間業者を挟まず施工業者を直接管理することで、コストの削減に成功しました。 またこれにより、住宅の建築にかかる工期を大幅に短縮することも可能となりました。 その他にも、国産木材を安定供給するための独自のシステム「タマストラクチャー」を構築。 タマホームが直接、森林組合や林業者、製造・プレカット工場と繋がることでコストを削減しています。 また、キッチンやバスといった住宅設備も、直接住宅設備メーカーから大量購入することで、コストの圧縮を行っています。 タマホームの坪単価 タマホームの坪単価の相場は30万円から50万円になっています。 やはり、ローコスト住宅の先駆けですね。 一般的な住宅と比較しても安くなっていますね。 ローコスト住宅については下記の記事で詳しく解説をしています。 木の家にこだわりを持つハウスメーカーだけに、日本の伝統的な工法を使って住宅の建築を行っています。 軸組工法は柱と梁で骨組みを組み上げていく工法で、ツーバーフォー工法に比べて設計の自由度が高いのが特徴です。 また一般的な軸組工法とは違い、壁に構造用耐力面材を採用。 面の力で地震や台風の際の横揺れを受け止めることができます。 基礎には鉄筋コンクリートベタ基礎を採用しており、建物を底面全体で支えています。 タマホームでは、しっかりとした軸組と面による作用で建物を災害から守っています。 タマホームの地盤調査 タマホームでは、着工前に地盤調査を行い、地盤の強度が不足している場合は基礎補強工事や地盤改良工事を行います。 引き渡し後10年間の地盤保証があります。 地盤調査については国土交通省の下記HPでも無料で調べることが可能です。 合わせて自身で調べてみるのも良いかもしれませんね。 国土交通省では、地盤情報をインターネット上で検索・閲覧することができる、「国土地盤情報検索サイト」(KuniJiban)を3月28日から開設します。 本サイトでは、国土交通省の道路・河川事業等の地質・土質調査成果であるボーリング柱状図や土質試験結果を検索や閲覧することができます。 スポンサードリンク これらの地盤情報を広く一般に提供することにより、国や自治体間における社会資本整備の効率化のほか、環境保全や災害対策等に役立つことが期待されます。 出典: では次にタマホームの商品ラインナップを見ていきましょう。 タマホームの主力商品「大安心の家」 タマホームの主力商品といえば「」です。 断熱地域区分により「愛」「暖」「大地」をラインナップしています。 大安心の家では標準でオール電化仕様になっています。 コンロはIHクッキングヒーター、給湯器はエコキュートになっていますが、ガスコンロやガス給湯器に変更することも可能です。 キッチン 住まいに合わせてキッチンのレイアウトを選ぶことができます。 壁付けキッチン、対面式キッチン、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチンから選ぶことができます。 キッチンのメーカーや形状、カラーなども豊富に取り揃えています。 断熱 壁と天井にグラスウール、床にポリスチレンフォームの断熱材を施工しています。 グラスウールには高い吸音性能があり、不燃材料のため燃えにくい性質もあります。 断熱等性能等級の最高等級4を獲得しています。 断熱材については下記の記事で詳しく解説をしています。 第1種換気で給気と排気の両方を機械で行い、2時間に1回の割合で室内の空気を排出し、外部から新鮮な空気を取り入れます。 外気に含まれる花粉やPM2. 5などは、フィルターでカットします。 全熱交換型のため室内の温度調節ができ、冷暖房のランニングコストを減らすことができます。 特に近年ではPM2. 5問題が深刻化しています。 家づくりにおいて重要な問題ですのでタマホームので必ず確認をしておいてください。 窓ガラス アルミ樹脂複合サッシとLow-Eペアガラスを採用して、室内の断熱性能と遮熱性能を高めています。 アルミ樹脂複合サッシは外側がアルミ、室内側が樹脂になっているため、強度を保ちながら断熱効果を高めています。 Low-Eペアガラスには太陽の日射熱をカットする効果があり、冬場は室内の暖房熱を逃がさない効果もあります。 外観 外観のデザインは4つから選ぶことができます。 (1)外壁や玄関ドアのアクセントに木調色を使用したナチュラルスタイルの外観。 片流れ屋根でシャープな印象をあたえます。 屋根材にはコロニアルグラッサを採用。 色褪せしにくいのが特徴です。 (2)外壁材は白と黒を合わせたモノトーン仕様のシンプルスタイル 直線をテーマにした外観で、緩勾配屋根をパラペットと呼ばれる手すり壁で囲い、スタイリッシュな印象をあたえています。 屋根材にはガルバリウム鋼板を使用。 耐久性が高く錆にも強いのが特徴です。 (3)日本家屋に多く見られる切妻屋根を現代風にアレンジしたスタンダードスタイル 屋根材に陶器瓦を使用。 白を基調としてグレーのアクセントが全体をシャープに見せています。 (4)ゆったりとした寄棟屋根と落ち着いた外観のベーシックスタイル 外壁材はホワイトとブラウンを組み合わせ、シックな装いが印象的です。 屋根材は陶器瓦を使用しています。 また、外壁の形状はレンガ風、石造り風、塗り壁風、木調などバリエーションが豊富で、セルフクリーニング効果により、壁についた汚れを雨で洗い流してくれます。 メーターモジュールの採用 通常の住宅の場合、尺モジュール(91㎝)で設計をされていますが、タマホームではメーターモジュール(100㎝)を採用しています。 この為、通常の間取りよりも1. 2倍広くなるので、ゆとりのある住空間を演出することができます。 天井高も2. 5mあり、十分な高さを確保しています。 大安心の家の坪単価は45万円前後が相場になっています。 木麗な家 も、基本的な部分は大安心の家と同じですが、細かい仕様の違いがあります。 ・屋根瓦はコロニアル ・大安心の家はタンクレストイレ、木麗な家はタンク付き ・洗面化粧台のサイズが750mm(大安心の家は900mm) ・和室にする場合はオプション ・シャッター雨戸はオプション ・換気は第3種換気システム ・浴室のサイズは1616(大安心の家は1620・1818の2種類) ・浴室換気のみ(大安心の家は換気暖房乾燥機付き) ・延長保証は30年まで ・長期優良住宅対応なし などが挙げられます。 木麗な家は大安心の家からグレードを落とし、坪単価を安くした商品です。 坪単価は40万円前後が相場になっています。 元気の家 はタマホームの商品ラインナップの中で一番の低価格を実現しています。 大安心の家と比べると、オール電化仕様になっていないなどシンプルな内容になっています。 構造は大安心と同じ軸組工法ですが、耐力面材は使用されていません。 長期優良住宅の対応はなく、屋根瓦や外壁のバリエーション、設備の選択の幅も限られています。 しかし坪単価が相場で35万円前後になっており、低価格で住宅が手に入る魅力があります。 大安心の家プレミアム まず、大安心の家との違いはサッシの大きさ。 ハイ&ワイドサッシの採用で部屋全体が広く感じられるメリットがあります。 冬の時期でも太陽の光を取り入れることができるため、室内の暖かさを持続させることができます。 外観は軒と玄関下がり壁、サッシの上部のラインを揃えて凹凸の少ない形状になっています。 これにより垂れ壁をなくすことができるので、暖気がたまることなく通風の効率をあげることができます。 また、軒の出が大きいので夏の直射日光を抑えられる効果もあります。 外壁では通常つなぎ目にシーリング目地をしていますが、大安心の家では継ぎ目にシーリング目地がないシーリングレスサイデイングを採用しています。 これによりシーリング切れや汚れの心配がなくなります。 また、外壁の塗膜に親水機能があり、セルフクリーニング効果によりメンテンナンス費用が従来の3分の2に削減できるメリットがあります。 塗膜15年保証もついています。 サイデイングの他にぬり壁を選ぶこともでき、オプションで外壁タイル仕様も選ぶことができます。 屋根瓦は三州陶器瓦、スレート瓦から選ぶことができます。 その他に地震対策として制震ダンパーが標準装備されており、これにより建物の揺れ幅を最大80%低減することができます。 タマホームの商品ラインナップの中で、一番ハイグレードな仕様になっています。 大安心の家プレミアムの坪単価は50万円前後が相場になっています。 その他にも都市部の狭小地に対応した3階建ての木望の家、平屋建て住宅ビルトインガレージ付きのGALLERIART(ガレリアート) 屋上スペースに庭園や家庭菜園を作ることができるグリーンエコの家、国産木材を使用した和美彩があります。 i TamaHome スマートフォンやタブレット端末から住宅設備や電化製品をコントロールできるシステムです。 インターネットの接続環境があれば、外出先から遠隔操作も可能になっています。 専用アプリを使うことで音声認識やタッチパネルで操作ができます。 タマホームの注文住宅の保証・アフターサービス 10年の地盤保証制度、住宅瑕疵担保責任保険、シロアリ補償の他に、最長60年の長期保証・点検もあります。 無償点検は3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年目に実施。 10年目に必要に応じた有償補修工事を行うことにより5年後に無償点検が実施されます。 以後は同様の延長になります。 また延長保証に関しては、構造躯体、防水、シロアリの部分に限り、定期点検・有償メンテナンス工事を実施することにより、10年毎の保証延長が可能になります。 なお、長期保証住宅に認定されている住宅は最長60年、認定外の場合は30年となっています。 ハウスメーカーのアフターサービスについては下記の記事で詳しく解説をしています。 スマートハウスを希望する場合は検討してみてください。 またホームページでは、家づくりのシミュレーションができる住宅netを運営しています。 その他に、ハッピーライフクラブに入会すると24時間365日対応のホームアシスタントサービスやライフサポートサービスを受けることができます。 タマホームの注文住宅まとめ タマホームの住宅は、ローコスト住宅とは思えない充実した仕様になっています。 バリエーションも豊富で、それぞれの商品の特徴が良く出ています。 ローコスト住宅の場合は規格住宅がベースですが、自由設計に対応しているところが好印象ですね。 ぜひ一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

次の