ピラニア 映画。 ピラニア(2010)

【映画】「ピラニア3D」の感想。笑っちゃうほどのエロ&グロ&おバカパニックホラー

ピラニア 映画

ネタバレ! クリックして本文を読む 久しぶりに観ましたB級というより 内容の無さから言うと C級映画。 いや楽しい。 余りに使い古されたプロットと既視感満載のシーン。 しかし、湖岸での阿鼻叫喚シーンは「ジョーズ」顔負けのスケールで、この手の映画で感じるショボさ感を払拭してくれます。 水中で喰い殺されていくシーンばかりでなく、水上でも切れたワイヤーに真っ二つにされる美女とか、ボートのスクリューに髪が巻き付いて髪どころか顔を皮まで剥がれてしまう美女とか、首をチョン切られるDJとか、いやもうシッチャカメッチャカ。 楽しいです。 さらに無駄遣い感を増幅するのが、それなりに豪華な出演陣。 最初に古代ピラニアの餌食になるのがリチャード・ドレィファス 一応アカデミー賞取ってます。 「ジョーズ」では鮫に喰われなかったのに 原作では喰われるんですてけどねぇ ピラニアには喰われちゃいました。 主演がエリザベス・シュー。 何故か古代ピラニアに詳しい街の熱帯魚店のオヤジにクリストファー・ロイド。 いやー皆さんジョークが分かる人たちなのか、キャリアはどうでもよろしいのか。 いや楽しいです。 中身は二大欲望以外は何もなし エリザベス・シュー扮する保安官の家族描写はおまけ。 ピラニアの食欲と人間の性欲と。 それと演出が悪いのか編集が下手なのか、エロシーンとグロシーン 殺戮シーン とが交互に描かれるだけで同時進行的なサスペンス感がないのがかったるい。 ラストの一捻りもお約束とは言え悪くない。 まあ、こういう映画をとやかく言うのも野暮ですし、尺も約90分とお手頃。 時間潰しにはちょうど良いです。 R15だけあって、エロとグロが強烈。 リメイクなのだが、ストーリーに軍の秘密兵器というテーマは全くなく、200万年前に滅んだはずの古代ピラニアが地震の影響で飛び出してきたという設定だ。 何かを批判するようなメッセージがあるかといえば、単にバカな若者たちの乱痴気騒ぎだけ。 さらに最近のハリウッド映画に多い、内気な高校生がピンチに際して成長するといったモノ。 したがってストーリーは奥深くない・・・ 主人公であるはずのジェイク。 クレジットでは下の方だが、なんとスティーヴ・マックィーンの孫だ。 そして、イーライ・ロス、クリストファー・ロイド、リチャード・ドレイファスなどの有名俳優がゲスト出演している。 映像が凄いのも特徴だが、パニックに際して自分勝手な行動をする人間なんてのも短い時間であるが現れている。 特に、高校生のトッド(コーディ・ロンゴ)なんてのはジェイクの恋のライバルといった感じのキャラだが、一人ボートで逃げようとするとき次々とボートで人を殺していく姿はおぞましい。 ジョー・ダンテ監督による78年のカルト・ホラー「ピラニア」を、 アレクサンドル・アジャ監督が3Dでリメイクしたバイオレンス・モンスター・パニック。 セクシー美女コンテストが開催されるアメリカ南西部の湖を舞台に、 独自の進化で恐るべき凶暴性を獲得したピラニアの大群が突如若者たちへと襲いかかる惨劇の一部始終を、 エロとグロに徹した過激シーン満載で描き出す。 冒頭で登場したのがあの「ジョーズ」のリチャード・ドレイファス。 名前もマットというのが笑える。 本作はわざわざ3Dにする必要あるのかというシーンが3Dで描かれたりするわけですが、 それは全裸美女2人が艶かしく絡む水中シーンや、 食いちぎられたち〇こが浮遊するシーンなど、 飛び出してほしくないモノのオンパレードでした。 誰が喰われても惜しくない若者たちが景気良くドンドン喰われていく。 アジャ監督の容赦ない阿鼻叫喚の地獄絵図は凄い。 コンテストのホスト演じるイーライ・ロスはピラニアには食われないものの、 あの死にっぷりは必見。 沢山のおっぱいと大量の死体が見れる大サービスぶりで満足な作品です。 久しぶりに頭を空にして何も考えずに観賞することができる作品を観た。 B級モンスター・パニックはこうでなくては。 飛び抜けて面白い作品ではないが、軽いノリのハイテンションさとグロさ、エロさが妙にマッチしており最後まで飽きることはない。 3Dを終始意識している様に感じたものの、「ファイナル・デッドサーキット3D」で感じたあからさま過ぎる演出は少ないのは好感触であった。 あまりにも見せられると引く傾向にある私にはこれくらいが丁度良い。 後半は水が真っ赤に染まり、足が千切られていたり、バラバラの遺体が浮いていたりなど描写はアレクサンドル・アジャ監督らしいと思う。 彼の過去作と比べるとややストーリーに魅力がないが、これくらいの方が頭を使わなくていいだろう。 確かに、予想以上の興行収入を叩き出した理由も分かる。 それが事実ならば本作の影響力は凄まじいものに違いない。 えらく評判良いって聞いてNetflixで今見たけど、こりゃ評判良いってのもめっちゃ頷けちゃう映画よ! なんつってもバカな若者、とにかくデッカイ胸した女子、童貞臭丸出し男子。 それを一切外してない!しかもとにかく下品下品wピラニアグループ最初の犠牲者、まさかのあのドレイファスで、その後はもう待ったなしの超爽快の阿鼻叫喚。 しかも間に童貞男子がマジで漢に進化するとか、思わず信じられないぐらい俺の涙腺潤んじゃったよ(ここ吹き替えで見たかった)! しかもキャストが狙いすぎ!ドクがマジで現役だし(デロリアンのあの映画ですね)、ゾンビの次はピラニアだし(こっちはヴィング・レイムスね。 ナイスバディの金髪美女たちが、水着でキャッキャしている画が、何回も出でくる。 こんな映像だったら、飽きずに何時間でも観れるって〜(笑) 続いてイイのが、やっぱり残酷映像!これでもかっていうぐらいに、残虐な映像を見せてくれちゃってます。 船のスクリューに髪の毛が絡まって取れない娘とか、サイコーだね!とても残虐なシーンばかりだけど、ココまでやると逆に笑えてくるというか〜。 水辺の大学生達は、保安官のいう事には聞く耳持たずに遊んだ結果のアレだし、映画監督たちに関しては、もう当然ってカンジだし〜(笑)監督のアレが浮いてる映像には、最高に笑いました! 本当、最高に楽しいパニック映画でした。 とにかく、観賞の際は何も考えないこと。 最後に、子供は観ちゃダメです。

次の

ピラニア3D

ピラニア 映画

数の恐怖!最強のエログロ問題作! 今回観てきた作品は、 B級パニックホラー作品「ピラニア3D」。 強めのゴア表現とエロ要素が多い作品なので観る人を選ぶ作品だと感じたのが正直な気持ち。 最近ホラー作品に慣れてきてしまっていたのですが、 改めて恐怖の感じ方を思い出させてくれる作品です。 ピラニアという魚がどんな魚かご存じでしょうか?知らない人の方が少ないですよね・・・。 人を襲う事もある肉食魚なんですが、 この作品に登場するピラニアは皆さんが今想像したピラニアよりも凶暴で恐ろしいです。 かなりのエロス要素とグロ要素が含まれていますので、観ようと思っている方は覚悟しておいてください。 それではパニックホラー「ピラニア3D」の怖さをレビューと共に書いていきますのでお付き合いください。 この作品の見どころ紹介! 数で襲い来る古代のピラニア 今回脅威となるのが有名な肉食魚「ピラニア」。 かなり有名な魚だと思いますが、その種類が10種類以上いる事をご存じの方は少ないのではないでしょうか? 今作で登場するピラニアは、 200万年以上前の氷河期に 絶滅したはずのピラニアの祖先が生き残り、凶暴に独自進化した危険種です。 食欲旺盛で非常に獰猛な性格をしており、一匹ではなく群れで襲ってくるので水中で襲われたら為す術なし! その数、数千匹! 近くのビーチで楽しんでいる大勢の人数をひたすら襲い続けるので祭り会場は大パニック。 一面に広がる湖全てが危険地帯と化し、生き延びるためにできる事ははボートやDJのステージの上に上がるか陸まで泳いで逃げること。 圧倒的な存在感のサメより、圧倒的な数で攻めてくるピラニアの方がある意味恐ろしい魚だと感じさせてくれる作品です。 水中では人間がどれほど無力で弱い存在なのかこの作品で理解してください。 小型の肉食魚が群れとなり、ついばむように肉をこそぎ取る捕食方法で襲い掛かってくるため、けが人を含めた犠牲者はかなりの数になります。 襲われたとたんに水面は赤く染まり、生きてる状態で湖から引き揚げられたとしても骨とわずかな肉が付いている状態。 他にも 切れたワイヤーで上半身が切断されたり、船のスクリューに髪を巻き込まれて皮膚がはげるシーンなどまさに地獄絵図です。 弱肉強食の世界では当たり前の景色なのかもしれませんが、捕食対象が人間となると不快感を覚える人もいるでしょう。 被害者の眼球が水中に漂い、それを捕食するシーンや残骸となってしまった人間が漂う衝撃シーンもありますのでご注意ください。 ただ、B級パニック映画としてはかなり面白い作品なので、楽しめる方には観る事をオススメしたい作品です。 登場する多くの女性とエロ要素 多くの若者が開放的になるビーチでイベントが行われているので、かなりきわどい水着を着ている女性が多く登場していました。 湖で泳ぐ姿を下からのアングルから撮った映像や、白いTシャツのみを着た女性に水をかけて透けさせるシーンはエロ要素が強く、ホラー映画であることを一瞬忘れさせられてしまいます。 中でもオススメなのが、女性二人が全裸で水中を泳ぎ回るシーン。 エロ要素よりも人魚を想像させる美しさを感じ取れるシーンなのでぜひ見ていただきたい。 登場する女性もかなり美人でスタイルのいい方が多いので期待していいでしょう。 エロにもグロにもより過ぎない絶妙なバランスで物語はすすんでいきますので、最後まで楽しめること間違いなしです。 作りこまれたCGと3D この作品の凄い所は、 脅威となるピラニアや犠牲者に使われているCGが非常にリアルに作られていました。 独自の進化を遂げたピラニアの姿は、観ただけでわかるほど凶悪で凶暴な姿をしています。 動 きも本物の魚と同じ様な動きをし、襲い掛かってくる表情まで読み取れるほど素晴らしいです。 食いちぎられた身体もリアルに感じ取れるほど痛々しく、細かいところまでCGで表現されていました。 (少しは見破れる場面もありますが。 ) そして 3Dで観ることによって2Dでは感じ取ることの出来ない素晴らしい映像表現が楽しめるので、観れる方は3Dをオススメします。 ピラニアが水面から飛び出すシーンなど3D映像で迫力が出る場面が多いので、2Dでは本当の迫力はしっかり楽しめないかも・・・。 どれほど素晴らしいかは、実際に観て体感してください! ピラニア3Dの残念な所・・・。 この作品はピラニアに襲われるシーンとエロシーンがほとんどなので、ストーリーはあってないようなものだと思っていいと思います。 湖で開放的になった人々が凶暴に進化したピラニアに襲われ、危険な湖から逃げ出すという作品・・・。 突如現れたピラニアも、閉鎖された空間で共食いをすることで今まで生き延び、進化してきたというツッコミたくなる強引な設定も所々に見られました。 で・す・が!サクサクとテンポのいい展開は、飽きさせる事無く最後まで楽しませてくれるので重要な部分ではありません。 そんなことを感じさせないほど画面にくぎ付けにされ、「また観たい!」と思わせてくれる作品なので何も考えずに観ていただきたい。 まとめ・感想 はっきり言って「ピラニア3D」はB級パニックホラーとしては完成度が高く、非常に面白い作品でした。 かなり強めのエロ・グロ要素で観る人を選ぶ作品ですが、ホラー好きでこの作品を観ていないのは非常にもったいない。 3Dで観ることを前提に撮られたアングルも多いので、 この作品の本当の面白さを知るためには3Dで観ることを強くお勧めします。 印象に残らないストーリーを補って有り余る魅力は、実際に観ることで伝わると思います。 この場で多くを語ることを控えますが、ゴア表現に耐えられるなら後悔しないでしょう。 1978年に公開された「ピラニア」のリメイク作品ですが、監督の強いこだわりが見える作品です。

次の

【映画】「ピラニア3D」の感想。笑っちゃうほどのエロ&グロ&おバカパニックホラー

ピラニア 映画

のアメリカ映画『』のであり、が監督した。 本作はポストプロダクション時に3D変換され、として公開された。 ストーリー [ ] 春の観光シーズン。 アメリカ・のヴィクトリア湖 畔でボートを浮かべ釣りをしていたマシュー・ボイドは、突如発生した地震による湖底の地割れから大量に現れたの群れに襲われる。 女性保安官ジュリー・フォレスターの息子ジェイクは、自称映画監督のデリック・ジョーンズから、ビーチで開催される祭を収録するため周辺の案内を依頼された。 一方、浜辺にマシューの無残な遺体が上がったことから、ジュリーは海洋学者の調査団を派遣させる。 ジェイクはジュリーから言いつかった妹のローラとゼインの子守りを逃れ、たまたま居合わせた幼馴染のケリー・ドリスコルと共にデリックの撮影に参加。 監視の目を離れたローラ達はボートで孤島へ向かい、ボートをなくして遭難する。 ジュリーら調査団一行はピラニアを発見、魚類に詳しいカール・グッドマンに見せたところ、これがかつてに生息していたが200万年以上前に氷河期の到来で絶滅したピラニアの祖先「 」がより凶暴化した危険種だと判明、ビーチを閉鎖しないと大惨事になることが示唆された。 しかし、ビーチでは既に祭が始まっており、保安官の警告では湖で遊ぶ観光客たちを抑えられなくなっていた。 一方ジェイクは撮影に参加している途中、ローラたちを発見し船で救助に向かう。 しかし二人を乗せた後、船が藻にひっかかり動きがとれなくなる。 そのときビーチでは大量のピラニアが集まった人々に襲いかかり、惨状を呈していた。 ジェイクたちの乗った船もいったんは動き始めたが、今度は岩に座礁し船底に穴があき沈み始める。 ビーチでは地獄のような惨劇が繰り広げられていたが、ジェイクとローラたちの危機を知ったジュリーが救出に向かう。 ジュリーは難破した船にロープをかけ、ローラとゼインを救い出すが、ジェイクは船室に閉じ込められているケリーを救うため、危険を冒して海中に潜り、船を爆発させてその隙に二人は脱出をはかる。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ジュリー・フォレスター保安官 ノヴァク・ラドジンスキー デリック・ジョーンズ ファロン保安官代理 ケリー・ドリスコル ジェイク・フォレスター ダニー ローラ・フォレスター ゼイン・フォレスター コンテスト司会者 カール・グッドマン マシュー・ボイド クリスタル トッド ブレット グッドマン夫人 ポーラ 製作 [ ] 当初はが監督する予定であり、また、ラッセルはピーター・ゴールドフィンガーとジョシュ・ストールバーグの脚本を書き直し、オリジナル版のの脚本を組み込もうとした。 最終的にアレクサンドル・アジャが監督に選ばれた。 製作開始は2008年末を予定していたが、2009年3月まで延期された。 撮影は2009年6月にアリゾナ州ののハバス湖で行われた。 また、水は撮影のために赤く染められた。 アジャは2Dで撮影された本作をポストプロダクション時に3Dに変換した。 2010年公開された他の3Dコンバート映画とは異なり、急な思いつきで変換されたわけではなく、そして本作は初めて評論家に好意的に評された後付け3D映画のひとつとなった。 サウンドトラック [ ] 『 Piranha 3D: Original Motion Picture Soundtrack』 複数のアーティスト の リリース 2010年8月31日 2010-08-31 時間 42:47 ()、 (EP) レイクショア・レコーズよりサウンドトラックアルバムが発売された。 トラックリスト [ ] タイトル 作詞・作曲 アーティスト 時間 1. 3:25 3. Benny Benassi 3:39 6. Lawrence 3:12 7. 3:24 サウンドトラック未収得曲 [ ]• "" by• "I'm Not A Whore" by• "Fetish" by• "Girls on the Dance Floor" by 公開 [ ] 劇場公開日は2010年4月16日を予定していたが、延期された。 さらにその後、2010年8月27日公開が計画されたが 、同年6月に1週間早まった8月20日に変更された。 予告編第一弾は『』に付属された。 第二弾は『』や『』に付属された。 2010年7月24日にでプロモーションが行われる予定であったが、公開予定だった映像の一部が不適切であるとされ、取りやめになった。 興行収入 [ ] 北米では公開週末3日間で1010万6872ドルの興行収入を挙げ、初登場6位となった。 2点となった。 での偏差は20のレビューで100点満点中53点となった。 続編 [ ]• 2011年7月20日閲覧。 架空の湖であり、アフリカに実在するとは異なる。 パイゴセントラス・ナッテリー(Pygocentrus nattereri)とは、実在する最もポピュラーなピラニアのである。 観賞用に養殖されペットショップ等でも売られている魚であり、この映画に登場するような古代のなどではない。 シネマトゥデイ 2011年7月21日. 2011年7月21日閲覧。 Fleming, Michael 2005年6月6日. 2008年10月26日閲覧。 Bloody Disgusting 2010年1月14日. 2010年7月24日閲覧。 ShockTillYouDrop. com 2008年9月10日. 2008年10月26日閲覧。 Dread Central. 2010年7月24日閲覧。 Bloody Disgusting. 2010年7月24日閲覧。 Inner-D 2010年8月20日. 2010年8月21日閲覧。 Critics Notebook 2010年8月20日. 2010年8月21日閲覧。 Cinematical 2010年8月20日. 2012年7月22日時点のよりアーカイブ。 2010年8月21日閲覧。 Film School Rejects 2010年8月20日. 2010年8月21日閲覧。 MusicfromFilm. com. 2011年1月3日閲覧。 Dread Central 2010年1月15日. 2010年7月24日閲覧。 LA Times 2010年1月14日. 2010年1月14日閲覧。 Bloody Disgusting. 2010年7月24日閲覧。 Dread Central. 2010年7月24日閲覧。 Dread Central. 2010年7月24日閲覧。 2010年9月16日閲覧。 2011年5月11日閲覧。 2011年5月11日閲覧。 ComingSoon. net 2010年8月22日. 2010年8月22日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• - (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の