ギロチン 炒飯。 大正に激辛料理店「ギロチン」 辛さ7段階のチャーハンや真っ赤な唐揚げも

【全店実食調査】大阪の激辛料理12選!激辛度まで徹底紹介!

ギロチン 炒飯

辛いもの好きな人って、 とことん好きですよね。 が好き!という人には会った記憶がなく、 私は、「辛み」をドラッグの一種だと思っています。 何を隠そう、 私も激辛好き。 立派なジャンキーです。 ついつい辛くしすぎて、滝のような汗をかくこともしばしば。 そこで今回の記事は、激辛好きであれば 1度はその名を聞いたことがあるかもしれない 「辛いもんやギロチン」に行った時のお話です。 辛さが常軌を逸しており、 ちょっと三途の川を渡りかけました。 目次: 書いてるだけで、思い出してよだれが出てきました。。 「辛いもんや ギロチン」は大阪で展開されている飲食店です。 複数店舗があり、毎晩激辛フリーク達がを削っております。 私のように、わざわざ遠方から来る人もいるようです。 私は、激辛目当てだったのでそうしたメニューはスルーしたのですが、 天下の台所の大阪だけあって、どれも美味しそうでした。 (大阪のご飯て、どれも安いのにレベルが高いですよね。 ) 私は以前、 焼きそばでその名を知りました。 コンビニに大量に売っており、アホみたいに辛くてうまかったので、 1箱食べた後に 速攻で6箱買いました。 以来「ギロチン」という名を記憶していたのです。 そんな矢先、昨年9月に出張で大阪方面に行く機会があり、 前々から気になっていたこのギロチンにトライしたくなりました。 日帰りという、せかせかしたスケジュールの中、 空港に向かうまでのわずかな間に、 ファイトを決行したのです。 普通においしいお店。 量が多くて安い! 近くにあったら行きたい。 大阪はやっぱり美味しい店が多く、大阪に住んだら間違いなくデブる。 そして、恐る恐るメニューを見返し、目的の激辛ゾーンへ。 意を決して上から二番目の 「呪(8倍)」をオーダー。 正直1倍のレベルが不明であり、辛さが全く想像つきませんでした。 しかし、わずかに残った理性がのオーダーを止めました。 自分の賢さにびっくり。 美しいグラデーションは、まるでの音色のように激辛ワールドへと誘う 注文は、済みました。 ぶっちゃけ、着丼までの間は メチャクチャ緊張してました。 多分、これはエセ激辛ではなく、 マジのマジであると、胸騒ぎがするのです。 店員さんの ゴーグルをして調理している姿と、 表への扉を全開にしたのを確認すると、 その強烈さが生半可なモノではないとわかります。 そうして、ヤツは怪しい色を放ちながら、私の前に姿を現しました。。。 上の唐辛子は飾りです。 辛いですけど、炒飯本体が段違いに辛い。 まずは一口パクリ。 怖いことを言いますが、 本当に辛い唐辛子って甘さがあるんですよ。 脳がバグっている可能性もあるのですが、 甘いような、少し青臭い香りがするんです。 それがまた美味しいんだよなぁなどと考えていると・・・・・ ア、カライ カラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラ 脳内に警報が鳴り響きますが、 ここで怯むと完食が極端に難しくなります。 勢いでかっ込みます。 辛いだけでなく、ガーリックが効いていて美味しいです(最初だけ)。 半分程度食べた段階で、で既に酔っていたのか、 カルピスサワーを頼むという 超愚行をしてしまいました。 激辛ジャンキーは知っているのです、 ドリンクを飲むと辛み成分が口全体に広がり、爆発的に辛さが増します。 それゆえ、 水を飲まないのは鉄則なのです。 激辛ジャンキーともあろうものが、あるまじき失態! 自らハードモードを選択。 ギロチンチャーハン 呪改、上等でしょう。 アアアアアアアアアアアアアアアア!!!!! ・・・・あとは記憶がありません。 ので、脳にダメージを負ったかもしれません。 液状であるぶん、難易度は跳ね上がるとか。。。。 最後は ガクガクと震えながらスプーンを口まで運び、 一緒に頼んだ 唐揚げ(無辛)の味がマジでわからないのを確認し、 無言で虚空(店の天井)を仰ぎつつ、勝利の余韻に浸っていました。 心の中でガッツポーズをしているその31歳の男は、 滝のような汗をしきりにぬぐいながら、 体のステータス異常を戻すことに必死になっていました。 公衆衛生的に、不快感を禁じ得ないそのいで立ちにも関わらず、 お会計時の店員さんは優しく対応してくれました。 クールガイ。 会計後、「おめでとうございます」と言われ、 呪ステッカーを授与されました。 ヤサシイ これが勲章。 事前のWebリサーチに、これが貰えることは知っていたのですが、 改めて手渡されるとうれしいものです。 ちなみに「呪」のさらに上の を食べるとTシャツ貰えるみたいです。 店員さんから賜ったステッカーをまじまじと見つめながら、 このステッカー、使う場面がマジで無いことを悟りました。 飛行機までの時間にあまり余裕がなかったので、 またいつか来ることを誓いながら、そそくさと店を後にしたのでした。。。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー さて、これが私の初ギロチン体験記でした。 激辛ジャンキーの方、大阪方面に行く機会にぜひトライしてみて下さい。 書いていたら、また行きたくなってしまいました。 次は ゴッド・・・・Tシャツ貰っても着るかわからんけど。。。 以上 Oppekepe1900.

次の

大正に激辛料理店「ギロチン」 辛さ7段階のチャーハンや真っ赤な唐揚げも(みんなの経済新聞ネットワーク)

ギロチン 炒飯

辛いもの好きな人って、 とことん好きですよね。 が好き!という人には会った記憶がなく、 私は、「辛み」をドラッグの一種だと思っています。 何を隠そう、 私も激辛好き。 立派なジャンキーです。 ついつい辛くしすぎて、滝のような汗をかくこともしばしば。 そこで今回の記事は、激辛好きであれば 1度はその名を聞いたことがあるかもしれない 「辛いもんやギロチン」に行った時のお話です。 辛さが常軌を逸しており、 ちょっと三途の川を渡りかけました。 目次: 書いてるだけで、思い出してよだれが出てきました。。 「辛いもんや ギロチン」は大阪で展開されている飲食店です。 複数店舗があり、毎晩激辛フリーク達がを削っております。 私のように、わざわざ遠方から来る人もいるようです。 私は、激辛目当てだったのでそうしたメニューはスルーしたのですが、 天下の台所の大阪だけあって、どれも美味しそうでした。 (大阪のご飯て、どれも安いのにレベルが高いですよね。 ) 私は以前、 焼きそばでその名を知りました。 コンビニに大量に売っており、アホみたいに辛くてうまかったので、 1箱食べた後に 速攻で6箱買いました。 以来「ギロチン」という名を記憶していたのです。 そんな矢先、昨年9月に出張で大阪方面に行く機会があり、 前々から気になっていたこのギロチンにトライしたくなりました。 日帰りという、せかせかしたスケジュールの中、 空港に向かうまでのわずかな間に、 ファイトを決行したのです。 普通においしいお店。 量が多くて安い! 近くにあったら行きたい。 大阪はやっぱり美味しい店が多く、大阪に住んだら間違いなくデブる。 そして、恐る恐るメニューを見返し、目的の激辛ゾーンへ。 意を決して上から二番目の 「呪(8倍)」をオーダー。 正直1倍のレベルが不明であり、辛さが全く想像つきませんでした。 しかし、わずかに残った理性がのオーダーを止めました。 自分の賢さにびっくり。 美しいグラデーションは、まるでの音色のように激辛ワールドへと誘う 注文は、済みました。 ぶっちゃけ、着丼までの間は メチャクチャ緊張してました。 多分、これはエセ激辛ではなく、 マジのマジであると、胸騒ぎがするのです。 店員さんの ゴーグルをして調理している姿と、 表への扉を全開にしたのを確認すると、 その強烈さが生半可なモノではないとわかります。 そうして、ヤツは怪しい色を放ちながら、私の前に姿を現しました。。。 上の唐辛子は飾りです。 辛いですけど、炒飯本体が段違いに辛い。 まずは一口パクリ。 怖いことを言いますが、 本当に辛い唐辛子って甘さがあるんですよ。 脳がバグっている可能性もあるのですが、 甘いような、少し青臭い香りがするんです。 それがまた美味しいんだよなぁなどと考えていると・・・・・ ア、カライ カラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラカラ 脳内に警報が鳴り響きますが、 ここで怯むと完食が極端に難しくなります。 勢いでかっ込みます。 辛いだけでなく、ガーリックが効いていて美味しいです(最初だけ)。 半分程度食べた段階で、で既に酔っていたのか、 カルピスサワーを頼むという 超愚行をしてしまいました。 激辛ジャンキーは知っているのです、 ドリンクを飲むと辛み成分が口全体に広がり、爆発的に辛さが増します。 それゆえ、 水を飲まないのは鉄則なのです。 激辛ジャンキーともあろうものが、あるまじき失態! 自らハードモードを選択。 ギロチンチャーハン 呪改、上等でしょう。 アアアアアアアアアアアアアアアア!!!!! ・・・・あとは記憶がありません。 ので、脳にダメージを負ったかもしれません。 液状であるぶん、難易度は跳ね上がるとか。。。。 最後は ガクガクと震えながらスプーンを口まで運び、 一緒に頼んだ 唐揚げ(無辛)の味がマジでわからないのを確認し、 無言で虚空(店の天井)を仰ぎつつ、勝利の余韻に浸っていました。 心の中でガッツポーズをしているその31歳の男は、 滝のような汗をしきりにぬぐいながら、 体のステータス異常を戻すことに必死になっていました。 公衆衛生的に、不快感を禁じ得ないそのいで立ちにも関わらず、 お会計時の店員さんは優しく対応してくれました。 クールガイ。 会計後、「おめでとうございます」と言われ、 呪ステッカーを授与されました。 ヤサシイ これが勲章。 事前のWebリサーチに、これが貰えることは知っていたのですが、 改めて手渡されるとうれしいものです。 ちなみに「呪」のさらに上の を食べるとTシャツ貰えるみたいです。 店員さんから賜ったステッカーをまじまじと見つめながら、 このステッカー、使う場面がマジで無いことを悟りました。 飛行機までの時間にあまり余裕がなかったので、 またいつか来ることを誓いながら、そそくさと店を後にしたのでした。。。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー さて、これが私の初ギロチン体験記でした。 激辛ジャンキーの方、大阪方面に行く機会にぜひトライしてみて下さい。 書いていたら、また行きたくなってしまいました。 次は ゴッド・・・・Tシャツ貰っても着るかわからんけど。。。 以上 Oppekepe1900.

次の

大阪の激辛人気店『辛いもんや ギロチン』!激辛チャーハンに挑戦する謎の美女とは!?「ウワサのお客さま」1月24日

ギロチン 炒飯

ギロチン~外観~ こちらが地獄の門。 ちょうちんに何やら怪しい文字。 近づいてみると 赤文字で 「ゴッド!!」 これが噂のゴッドのようだ…っでその横に 「呪」 「鬼」と続いとります。 これは炒飯の辛さのレベルのようですね。 ギロチン~内観~ 内観はそれほど大きくなくカウンターとテーブルが少々ある感じです。 ダークなイメージでしたが、どこにでもあるような居酒屋という雰囲気で、特に変わった様子はありません。 ギロチン~料理~ 実はゴッド炒飯以外にも辛い食べ物がチラホラあるようです。 とりあえず準備運動ということで激辛唐揚げを注文してみることに。 七味や一味みたいな辛みスパイスがどっさりふりかかった唐揚げ。 しかも普通の料理が意外に美味しいという 笑 さぁウォーミングアップも終わったところでさっそく本日のメインへ こちらが激辛炒飯メニュー表。 左から右へ辛さのレベルがあり、一番左がヘタレ、一番右がゴッドという順ですね。 そして呪から、ゴッドの差で値段が倍に! 辛さは10倍! ゴッドを注文すると店員さがマスクとゴーグルを着用。 どうやら作る段階で店内が激辛臭に包まれる模様。 手なれた手付きで調理し始める店員さん。 すでに店内はその異臭にせき込む人も…道連れごめん。 数分後… どん! どどーん! どどどーーーーーん! 青唐辛子100本にジョロキアがふんだんに入ったゴッド炒飯降臨 ジョロキアとは? 強力な催涙スプレーと同じぐらいの辛さであるハバネロ、そのハバネロの約10倍の辛さがこのジョロキアという恐ろしい唐辛子。 ジョロキアそのものを食べると苦痛で病院に運ばれるほど… 色おかしい 笑 唐辛子ささっとるし。 しかし見た目は炒飯。 思いのほかいけるのではないか? っと思ったのが大間違い… 口に入れた瞬間でなく、その1秒後にやってくる痛さの大津波 辛いのでなく 「痛い」 口の中に溶岩を放り込まれたような感覚と衝動。 っで、炒飯の味はなく辛さだけを求めた一品。 結果 完食は不可能ということで断念!ちなみ完食者は年に数十人いる模様。 いやぁ…すごい。 世界一辛いものって? タバスコやハバネロ、今回登場した青唐辛子やジョロキアなど、世界にはいろんな辛いものがありますよね。 ただ辛いものはとことん辛い!ちょうどいいぐらいがない!というのがギロチンの恐ろしいところ。 フルボッコにゴッドの洗礼を受け、翌日はお尻が熱くなるという。

次の