ぬか漬け オクラ。 エリンギのぬか漬けの漬け方とは?気になる栄養も紹介!

ぬか床の作り方と手入れ:サチばあちゃんのぬか床

ぬか漬け オクラ

ぬか床の作り方と手入れ 仕込み時間:約30分 ぬか床を簡単に、そして美味しく作る方法をご紹介します。 家庭で漬ける分量のぬか床の作り方や管理方法、漬け方や保存方法などをお伝え致します。 「ぬか床は初めて!」と言う方にも簡単にできる方法をまとめてみました。 ぜひお試しください! ぬか床を作る材料 3人から4人分のぬか漬けができる分量です 生ぬか … 1㎏ 水 … 1L(ぬかと同量) つけもの塩 … 130g~150g(あとから足してもよいです) 昆布 … 適量(画像を参考にして下さい) 粗挽き唐辛子 … 30g~50g(お好みに合わせて) 実山椒 … あれば少々 捨て漬け野菜 … 適量 ぬか床の作りの準備 ぬか床を始めるための材料の準備 まず、糠床をはじめるために必ずそろえたい材料は 『ぬか、塩、水、粗挽き唐辛子・山椒の実』です。 糠は、生ぬかを使う方がぬか床には最適です。 塩はつけもの塩を使います。 水はミネラルウォーターがおすすめです。 また、昆布でうま味を出し、粗挽き唐辛子は防腐作用と味を引き締めるために入れます。 お近くのお米屋さんで篩い(ふるい)にかけた米糠があれば鮮度が良いのでお買い求めください。 また、昆布、粗挽き唐辛子、山椒の実はスーパーで買えるもので十分です。 続いて、できれば糠床をはじめる段階から入れておきたい材料が、昆布と山椒の実と柚子皮です。 山椒の実は茹でて冷ませたものをご準備ください。 ゆず皮と山椒の実は季節の材料ですので出回り始めてからお使いいただいても結構です。 他に用意するものは、ぬか床を保存する容器です。 陶器の壺やプラスチックのタッパー(100円均一のもの)などを揃えてください。 陶器などの壺は、毎日、手入れができる方におすすめです。 ご紹介しているレシピであれば3. 6リットルほど入る容器が使いやすいです。 タッパーは、冷蔵庫保管がしやすいため、2日に1回程度なら手入れができるという方におすすめです。 ぬか床は、初期の発酵をうながすために捨て漬けが必ず必要です。 捨て付野菜は、大根・人参・キャベツ・きゅうりなどで良いです。 特に水分を多く含む大根やキャベツは発酵が進みやすいので特にお勧めです。 ぬか床の作り方と捨て漬け 糠に塩と水を混ぜ合わせる 大きめのボールをに生糠を入れ、水を加えてからかき混ぜます。 水は少しずつ加えながら、糠が均一に水分を含むまで水を加えていきます。 ベチャベチャにならないように注意してください。 水の適度な含み具合の目安は、ご家庭で使われているお味噌くらいが目安となります。 ぬか床に塩・粗挽き唐辛子・山椒の実を入れる ぬか床のベースができたら、次に塩・粗挽き唐辛子・山椒の実を加え均一になるように混ぜ合わせます。 次にベースのぬか床を保存容器に移しますが、その前に、保存容器の底面に昆布を入れます。 ぬか床を保存容器に入れたら捨て漬け野菜を入れます。 捨て漬けは、漬物にして美味しい鮮度の良い野菜が適しています。 ぬか床の発酵を促進するために捨て漬けは必要な栄養分となり、また、適度な水分を補充するために必要です。 捨て付の野菜は、大根やキャベツなどの水分を多く含んでいるものがお勧めです。 鮮度の良い野菜を漬け込むことが好ましいのですが、人参や大根の端の部分やキャベツの芯などでもOK。 捨て漬け野菜がすべて入ったら、表面を手のひらで強く押し付け平らにならします。 これはぬか床を扱う上で、最後に行う必要な基本作業となります。 しっかりと空気が抜けた状態にしておくと、植物性乳酸菌の活性を促します。 蓋を閉める前に、保存容器の側面をティッシュペーパーやキッチンペーパーできれいにふき取り、蓋をして完成です。 ここから捨て漬けを繰り返し、ぬか床を育てていきます。 (涼しい場所に常温保管します) ぬか床の捨て漬け期間と手入れ ぬか床の捨て漬けを行う期間は、3週間ほど行うと熟成されてきます。 捨て漬け野菜の漬け替えの目安は、常温で3日~5日です。 触らずにそっとしておきます。 これは、植物性乳酸菌の発酵を促すためです。 3日~5日ほど経つと、底面の糠が表面に出るようにしっかり混ぜます。 野菜を入れ替えるときは漬けておいた捨て漬け野菜の糠をできるだけ落とし、野菜の汁をしぼってぬか床に戻し加えます。 特に、キャベツなどは良く水分が出ますので、発酵が早く進みます。 ぬか床の日々の手入れ 捨て漬け期間が終わると酸味も出てきてさらに美味しくなってきます。 かき混ぜは、常温では1日1回、ぬか床の底面の糠が表面に出るようにしっかり混ぜます。 冷蔵庫保存では、2日に1回程度のかき混ぜで良いです。 ぬか床は使い続けると、野菜からの水分が出てぬか床がゆるくなります。 ぬか床の余分な水分を捨てると塩気が足りなくなりします。 なので、ぬか床を食べて塩分の感覚を覚えておくとよいです。 余分な水分を捨てるのも良いですが、ぬか床がやわらかくなってきたら足しぬかを行ったり、はがきサイズの昆布を入れて、昆布に水分を吸わせる。 そして、その昆布は食卓に昆布のぬか漬けとして頂くことも良いです。 野菜の漬け方やぬか床の保管について 野菜の漬け方 ぬか漬けにする野菜は、水洗いした後に、軽く塩もみします。 (きゅうり、にんじん、ピーマン、エシャロット、ししとう、みょうが、パプリカ、ゆで卵、大根、なす、オクラ、長芋など) 塩分が気になる方は、塩もみはせずにぬか床の塩分でもしっかり漬かります。 漬物の出来上がりは、漬け込んでいる間の保存場所・漬け込み時間によって味や風味が異なりますので、お好みで調整してください。 常温保管の場合は、なるべく涼しい場所におき、1日1回かき混ぜて下さい。 長期間留守にする場合 3日から4日程度の留守であれば、冷蔵庫保管で大丈夫です。 4日以上10日間留守にする場合は、容器からぬか床を取り出し、ビニールに詰め替えて、しっかりと空気を抜いて冷蔵庫保管してください。 10日以上留守の場合は、やはりビニール袋に詰め替えて、しっかりと空気抜きをして冷凍庫保管してください。 いろいろなぬか漬け ただ今準備中.

次の

オクラのぬか漬けの作り方

ぬか漬け オクラ

オクラの茎部分の下処理と塩もみ オクラの下ごしらえを順に紹介するのですが、ひとまず【丁寧にやるやり方】から紹介します。 まず、オクラは切る前にさっと洗ってください。 次に、オクラの茎の部分を切り落とします。 オクラは育ちすぎたものでなければ、 ガクから茎につながる部分も美味しく食べることができるので、ひとまず、茎の先端を少し切り落としてください(茎の先端はたいてい乾いてしまっているため)。 続けて、ヘタの近くの筋が入った部分(ガク)をむき取ります。 このガクをくるりとむき取ることで、オクラの頭の部分を口あたりよく美味しく食べることができます。 これで【丁寧にやるオクラの下処理】の出来上がりです。 オクラをゆでて加熱調理する場合は特に、 水っぽくしないために、この下処理をした状態で丸ごとゆで、冷やした後に目的の大きさに切るという手順がおすすめです。 もし時間がある時や、オクラを色よくゆでたい時は、 オクラの表面を塩でこすり、この後に塩がついたそのままでゆでるとよいです。 オクラのゆで時間は1分45秒から2分が目安です。 鍋にオクラを入れたら、落とし蓋をしてゆでるか、落し蓋がなければ箸で上下を返すように混ぜながらゆでて、ゆで終えたらざる上げします。 ざる上げしたら氷水か冷水に取ってください。 最後の最後にようやく、 料理に適した大きさに切るようにしてください。 この手順で行うことで料理が水っぽくならないと思います。 冷蔵庫で保存する場合は、ゆでた翌日くらいまでに食べましょう。

次の

ぬか漬け(ためしてガッテン流)

ぬか漬け オクラ

よくある質問 ぬか漬けの作り方のよくある質問の答えです どうして米ぬかを炒るの? 米ぬかには雑菌や虫が卵を産卵している可能性があります。 炒って 殺菌するためです。 また、炒ると糠が 香ばしくなります。 野菜を早く漬けたい場合は?• 野菜を小さく切ったり、 切り目を入れたりすると早く漬かります。 きゅうりは両端を切り落とします。 塩を多めにすりこんでから漬ける。 野菜によく粗塩をまぶし、水分が出てきたらそのまま約15〜30分間おいてなじませると早く漬かります。 冷蔵庫で漬ける場合は 野菜室がおすすめ。 ぬか床がゆるくなった場合は? 野菜から出る水分で、ぬかはしだいにゆるくなってきます。 余分な水は味を悪くするだけでなく、カビの原因にもなります。 4通りの対策を記してみます。 ぬか床の表面に紙タオルをぴっちりとかぶせておくと、水分を吸収します。 厚手の紙タオルなら、吸い取った水を絞って、繰り返しつかうこともできます。 ぬか床に清潔なコップなどでくぼみをつけて水がたまるのを待ち、紙タオルで水を吸い取る方法もあります。 穴の開いた水取器も市販されています。 おもしで水分を調節する方法。 清潔なふきんでぬか床を覆い、1〜2kgのおもしをのせる。 常にぬか床の水分が一定になるので、発酵しすぎて酸味が強くなりすぎることもなく、野菜の芯までよく漬かる。 ふきんが吸った水分は、ぬか床を混ぜる時に絞って捨てる。 ぬかが酸っぱくなってきた? 夏の暑い時期などは発酵が進みやすく、ぬか床は酸っぱくなってきます。 3通りの対処方法を記しておきます。 ぬか1kgにつき、粉がらし大さじ1〜2杯を加え、全体をよくかき混ぜます。 粉がらしは殺菌効果もあり酸っぱくなったぬか床の再生に役立ちます。 ゆで卵の殻の薄皮をはいで砕いたものを入れる。 殻に含まれるカルシウムが酸を中和します。 生卵の殻を使う場合は、 煮沸殺菌してから入れましょう。 酒を適量を加えて混ぜると、酒の甘みと風味で酸味がまろやかになります。 4〜5日間不在の場合は? 夏休みの旅行などで4〜5日間留守をする場合は、密封できるポリ袋に入れて冷蔵保存しましょう。 漬けていた野菜を全部取り出し、密封できるポリ袋や容器にぬか床を移して表面をならす。 (ポリ袋の場合は余分な空気を抜く。 冷蔵庫で保存する。 帰ってきたら、清潔な容器にぬか床を戻し入れてよくかき混ぜる。 1か月の不在の場合は? 冷凍保存しましょう。 冷凍しても、ぬか床は復活します。 長期間ぬか漬けを休みたい場合は? 長期の旅行や冬の間など数か月休む場合は、塩でたっぷり覆えば常温保存できます。 ぬか床の中身を全部取り出してきれいにし、余分な水分は紙タオルで吸い取る。 へたと種を取り除いた赤唐辛子を3〜4本加える。 容器の内側の汚れをふき取り、表面を強く押して中の空気を抜き、平らにならす。 粗塩を厚め(1cm)厚さに敷き詰め、ふたをして冷暗所に保存。 糠漬けを再開する時は、塩を 厚めに取り除き、最初にしたように少し 捨て漬けをして下さい。 ナスの色を青く漬ける方法は? 塩やミョウバンをよくすり込むと、ナスの色をきれいに出すことができます。 なすの青紺色はアントシアン系のナスニン。 ナスニンは不安定なので、そのまま漬けると、乳酸発酵の酸性によって褐色に変色します。 しかしミョウバン のアルミニウムと結合すると、色素が安定します。 4〜5分置いてから、ぬか床に漬ける。 詳しくは その他のうまみ付けの材料は? うまみ付けの材料は味に深みを与えてくれます。 旨味が足りなくなってきたら入れましょう。 昆布茶、干ししいたけの軸、大豆など。 干し椎茸や大豆は旨みも出るし、余分な水分も吸い取ってくれます。 干し椎茸には グアニル酸という旨み成分が含まれています。 鰹節や煮干しなど。 煮干しは頭と腹ワタを取っておきます。 かつお節や煮干しに含まれる旨み成分の イノシン酸と昆布の グルタミン酸の組み合わせは、 相乗効果で旨みがアップします。 本漬の前に取り出しやすいように、だしパックに入れておきましょう。 その他の風味付けの材料は? 風味付けの材料は糠床の隠し味です。 味が薄くなってきたら入れましょう。 にんにくの風味は食欲をそそります。 2〜3かけ固まりで入れましょう。 殺菌効果もあり、ずっと入れておいてもかまいません。 生姜を入れるとさっぱりした味わいになります。 殺菌効果もあります。 皮をむいてひとかけ丸ごと入れます。 ずっと入れておいてもかまいませんし、数日漬けて食べてもいいです。 実山椒(みざんしょう)は爽やかな香りがして、サンショールには防腐効果もあります。 5〜6月に出回るので、下ゆでして冷凍して適宜使いましょう。 太い枝やいばらを取り除き、熱湯で30秒ゆでます。 水に10分さらしてアクを抜きジップロックに入れて冷凍保存すれば1年中使えます。 レモンの皮(ワックスがかかっていないもの)や柚子の皮、スダチの絞りかす、青梅もいいです。 レモン等の柑橘の皮は3〜4日間、青梅は1か月程度で取り出します。 乾燥させた柿の皮(特に渋柿)をぬか床に入れると、ほんのり甘味が出ます。 干したみかんの皮やりんごの皮も風味を良くします。 ぬか床に入れた昆布や唐辛子、うまみ付けはいつ取りだしたらいいの? 殺菌・防腐グループ(赤唐辛子、にんにく、生姜の皮など)は、入れっぱなしでも大丈夫。 うまみ付けグループ(昆布、煮干し、干ししいたけの軸、山椒の実、にんにくなど)は、時々入れ替えると良いようです。 にんにくは両方のグループに入っているので、どちらでもよい。 昆布 昆布は2〜3日漬けたら取り出して食べることもできますが、入れっぱなしにしておいても問題ありません。 細かく切った昆布を入れた場合は、取り出すことができないので、そのままでもかまいません。 微生物の働きで溶けてなくなります。 もし、後から取り出したい場合は、取り出しやすいように、お茶パックに入れておきましょう。 味がうすくなったら入れます。 唐辛子 細かく刻んだ唐辛子は、取り出せないのでそのままでも大丈夫です。 後から取り出したい場合は、お茶パックに入れておくと便利です。 ぬか漬に辛味が欲しい時や、ぬか床の臭いが悪くなってきた時に追加しましょう。 漬けた昆布は食べられるの? 昆布は風味付けだけに利用するのではなく、漬物として食べることもできます。 2〜3日漬けたら取り出して食べましょう。 角切り昆布を使えば新しい昆布と交換しながら食せますし、風味もアップします。 ぬかが減ってきた場合は? 粗塩を混ぜた炒りぬかを、少しずつ足します。 目安は糠1kgに対してカップ1杯の炒りぬかと、その糠の重量のを加えます。 ぬか床の塩分が少なすぎると雑菌の繁殖が活発になるので注意しましょう。 かびが生えてきた場合は?• かびが生えてきた部分を、厚めに取り除いて捨てる。 漬け野菜をすべて取り除き、ぬかを容器から取り出す。 容器とふたは消毒して乾かす。 ぬかを容器に戻し入れ、よくかき混ぜる。 ぬか床を作るのに2週間かかるので、手軽にできる方法はないか?ヨーグルトは乳酸菌のかたまりなので、ヨーグルト床を作ろうというものでした。 ゲストは、「ヨーグルトの味がしないぬか漬けの味」と言ってました。 ヨーグルト床の作り方は?• プレーンヨーグルトに3%の塩を加える。 その中にきゅうりなどの食材を入れる。 冷蔵庫で1日、常温で半日漬ける。 ぬかを使わないでもできる時短ぬか漬け風レシピは? 「味噌ヨーグルト漬け」は、ぬかを使わないでも4時間で本物の糠漬けのような味がすると評判の漬物です。 味噌もヨーグルトも発酵食品なので時短で漬かります。 ヨーグルトの味はせず、糠漬け風の味が楽しめます。 生のきゅうりを食前に1本、1口20回噛んでたべればダイエット食材になるそうで、このきゅうり味噌ヨーグルト漬けなら美味しく食べてダイエットできそうですね。 材料(きゅうり2本分) きゅうり…2本 味噌…100g 無糖ヨーグルト…30g 塩…適量 作り方• きゅうりを適量の塩でもみ、水で洗ってペーパータオルで水気をふき取る。 ボウルに味噌とヨーグルトを入れて混ぜる。 きゅうりと味噌ヨーグルトをジップロックに入れ、袋の上からきゅうりをもんで馴染ませる。 袋の空気を抜いて味噌ヨーグルトをきゅうりに密着させる。 冷蔵庫に入れて4時間置く。 軽く洗って水けをふき、食べやすい大きさに切る。 2018年5月3日放送の日本テレビ系「得する人損する人」より。 ためしてガッテンのぬか漬け情報 ためしてガッテンのぬか漬け情報を、わかりやすくまとめてみました。 もう少し短くポイントをまとめた情報は、にのせていますので、そちらもご覧下さい。 乳酸菌はうまみのもと 野菜表面には植物性乳酸菌が付着しています。 ぬか床の塩分が野菜の養分を引き出し、乳酸菌はそれをエサにして大繁殖します。 乳酸菌は酸味を作って、ぬか床やぬか漬け特有の味を生み出します。 乳酸菌は酸素が嫌い? 乳酸菌は 酸素が嫌いです。 乳酸菌は、酸素に触れると生育が抑えられ、逆に空気に触れない状態だと活発に増殖します。 生育が抑えられるだけで、死んでしまうわけではありません。 酸素に触れない環境に変わると再び活発に増殖を繰り返し、酸味のもと「乳酸」を生み出して、ぬか床やぬか漬けをおいしくしてくれるのです。 ぬか床をかき混ぜて空気に触れさせるのは、乳酸菌にとっては生育の妨げになるのになぜ「かき混ぜる」の? 乳酸菌以外の微生物も繁殖するからです。 以下の菌の増殖を抑えるために、かき混ぜる作業が必要となります。 産膜酵母 産膜酵母(さんまくこうぼ)は 酸素が好きで、ぬか床の表面に増える微生物。 シンナーやカビのようなニオイがする。 酪酸菌 酪酸菌(らくさんきん)は 酸素が嫌いで、ぬか床の底部に増える微生物。 蒸れた靴下のようなニオイがする。 糠床のかき混ぜ方は? 酸素の好きな産膜酵母を、酸素の乏しいぬか床の底部へ動かす。 酸素の嫌いな酪酸菌を、酸素の多いぬか床の表面へ動かす。 むやみにかき混ぜるのではなく、 「ぬか床の上下を入れ替える」ことが大事。 さらに、入れ替えが終わったら、酸素が嫌いな乳酸菌のために、ぬか床内の 空気をしっかり抜いてかき混ぜ完了。 酪酸菌は人間の腸内に生息する善玉菌の一つで、最近ではその健康効果も研究されています。 どちらの菌も、増えすぎるとぬか床を臭くするというだけです。 臭くなってしまったぬか床はどうすればいいの? まずはよく上下を入れ替えて、それぞれの菌の繁殖を抑えます。 しかし、すでに作られてしまったニオイ物質は、すぐには消えません。 そこで、新鮮な米ぬかと塩をたっぷりと足してニオイ物質の濃度を薄め、再び乳酸菌が増えて、ぬか床表面にうっすら産膜酵母の白い膜が張るまで寝かせましょう。 「膜が張ったら上下入れ替え」を何度か繰り返していれば、ニオイは薄まってくると期待されます。 小倉にはぬか漬けドクターがいる? 小倉には、先祖から200年以上も受け継がれてきたぬか床を大切に増やし育て、熟成させたぬか床を販売している名人、ぬか床ドクターがいます。 ちゃんと手入れをしているのに、ぬか漬けがおいしくならないのはどうして? 「ちゃんと手入れをしているのに、ぬか漬けがおいしくならない」という悩みが多い。 熟成したぬか床に、毎日野菜を漬け、米ぬかや昆布、唐辛子などを足しては、毎日ぬか床の上下も入れ替えてきたのに、 「乳酸菌が未熟で育っていない」というのです。 一体なぜ、たくさんいたはずの乳酸菌が減ってしまったのでしょうか? 乳酸菌を増やすぬか床ドクターの処方箋とは? 減ってしまった乳酸菌を増やすために名人が示した処方箋は、 「ぬか床に米ぬかと塩をたっぷり加える」、さらに 「3日間ほど触らずに放置する」というもの。 実際にそうしたところ、3日後にはぬか床の表面が真っ白になった。 ところが名人は、「その白いものは、乳酸菌が増えた証拠」だと言って、かまわずぬか床に混ぜ込んでしまいました。 すると、ぬか床からは芳醇な香りが立ち、漬けていたニンジンもうまみたっぷりのぬか漬けに大変身したのです。 白いものの正体はシンナー臭い「産膜酵母」 白いものの正体は、なんとあのシンナー臭い「産膜酵母」だったのですが……!? 白い膜ができる仕組みと正体 乳酸菌が減ったぬか床は、雑菌が繁殖しやすくなります。 しかし、米ぬかと塩を足し、かき混ぜずに放置すると、米ぬかの栄養分をエサにして、酸素を嫌う乳酸菌が急速に増殖します。 すると、乳酸菌が出す乳酸で、酸に弱い雑菌が抑えられます。 それを待って、ぬか床表面に現れるのが、酸に強い「産膜酵母」です。 その名の通り、ぬか床表面に「白い膜」を張るように繁殖します。 つまり、産膜酵母の 白い膜は、ぬか床内部に 「乳酸菌が増えた証拠」なのです。 シンナー臭から芳醇なアルコール臭へ ところが、この産膜酵母を、酸素の乏しいぬか床の底部へ動かすと、産膜酵母の活動が一変。 増殖してシンナー臭いニオイを出す代わりに、ぬか床らしい芳醇な香りの元になる「アルコール」や「脂肪酸」を作り出すようになるのです。 産膜酵母が増えすぎると? 産膜酵母が増えすぎると、シンナーやカビのようなニオイが強くなることがあります。 ぬか床表面にうっすらと白い膜が張る程度に留めて、膜が張ったら上下入れ替えをしてください。 産膜酵母は酵母菌? なお、産膜酵母は、いわゆる 「酵母菌」の一種です。 ビールや日本酒の発酵、天然発酵パンの製造などに使われる酵母菌と同じ仲間に分類される微生物です。 数日待っても産膜酵母の白い膜が現れない場合は? 温度が低いと、微生物の繁殖速度が遅いため、乳酸菌も産膜酵母も増えるのに時間がかかります。 ぬか床そのものに大きな問題がある場合は? それでも産膜酵母が現れない場合は、ぬか床そのものに何か大きな問題がある可能性もあります。 思い切って半分程度ぬか床を捨てて、新しい米ぬかと塩などをたっぷりと足し、新たに乳酸菌が増えて産膜酵母の白い膜が張るのを待ってみてください。 加える米ぬかと塩の分量は? 名人によると、加える米ぬかと塩の分量の目安は 「塩は米ぬかの7%」だといいます。 つまり「米ぬか100グラムに対し、塩7グラム」です。 ぬか床を食べてみて、おいしいと感じるより少し塩辛い程度の塩分量を保つようにしてください。

次の