昭恵夫人 マスク。 安倍総理がやつれて痩せた?かわいそうの声多数!コロナや昭恵夫人が原因か

昭恵夫人 再開初日に居酒屋急行!軽率な外出控えての声届かず

昭恵夫人 マスク

大手紙の政治部記者はこう語る。 「安倍首相が国民へ不要不急の外出の自粛を呼びかけていたにもかかわらず、昭恵夫人はタレントらとレストランで私的な『桜を見る会』を開催したり、3月中旬には大分県の神社を団体で参拝したりしていたことも発覚しました。 そのたびに首相は苦しい弁明をせざるをえませんでした。 官邸からは『安倍首相のために、緊急事態宣言が解除された後も、夫人には、軽率な外出は控えてほしい』という声が上がっていたのです」 だが自ら経営する「UZU」が約2カ月ぶりに営業を再開することが決まると、昭恵夫人も自粛を継続することはできなかったのだ。 本誌が店にミニバンでやってきた夫人を目撃したのは、再開初日である6月1日夜。 運転手は、野菜が入っていると思われるいくつかの段ボールを運び入れていた。 1つは学生時代から通っているワインバー、そしてもう1つがUZUです。 『首相夫人なのに』と批判されつつも、彼女が経営を続けていたことからも並々ならぬ愛着を感じます」(政治評論家・有馬晴海さん) 居酒屋おかみとしては店再開に胸をときめかせてもいただろう。 だが彼女の表情は鼻まで覆い隠す大きなマスクのため、見ることができない。 「昨年10月、即位礼正殿の儀にひざ丈のドレスで参列して批判を受けたことも記憶に新しいですが、夫人はファッションに強いこだわりがあります。 夫人の美意識にはアベノマスクはそぐわなかったということなのでしょう」(前出・政治部記者) 昭恵夫人は、毎年参加していた山形県のスキーイベント出席を「今回ばかりはやめてほしい」と、首相に止められたという。 またかつて実行委員会の名誉会長を務めていた『ミャンマー祭り』も5月末に開催予定だったが、秋へ延期となっている。 「毎年楽しみにしている行事が次々と延期や中止を余儀なくされていることで、コロナ対策を指揮している首相へも不満を募らせているのかもしれません」(前出・政治部記者) かつて首相と夫人を引き合わせた元・山口新聞東京支局長の濱岡博司氏は、こう語る。 「昭恵さんと姑・洋子さんの仲もうまくいっていないと聞きますし、確かに悪条件はあります。 しかし私は『離婚はない』とみています。 もともとは晋ちゃんが昭恵さんにベタ惚れで結婚していますし、国会でも晋ちゃんは、昭恵さんのことを突っ込まれてかなり本気で怒っていますからね。 (昭恵さんを)見放すことはできないと、本人は考えていると思います」 この日、夫人がUZUを後にしたのは閉店時間の22時少し前。 店の前で数分、スタッフに指示を与えると、待たせていたミニバンに乗り込む。 マスクを外していたその顔からは、おかみの務めを果たした満足感が伝わってきた。 「女性自身」2020年6月23・30日合併号 掲載.

次の

アベノマスク4社目特定!ミャンマーと昭恵夫人が関係?

昭恵夫人 マスク

大手紙の政治部記者はこう語る。 「安倍首相が国民へ不要不急の外出の自粛を呼びかけていたにもかかわらず、昭恵夫人はタレントらとレストランで私的な『桜を見る会』を開催したり、3月中旬には大分県の神社を団体で参拝したりしていたことも発覚しました。 そのたびに首相は苦しい弁明をせざるをえませんでした。 官邸からは『安倍首相のために、緊急事態宣言が解除された後も、夫人には、軽率な外出は控えてほしい』という声が上がっていたのです」 だが自ら経営する「UZU」が約2カ月ぶりに営業を再開することが決まると、昭恵夫人も自粛を継続することはできなかったのだ。 本誌が店にミニバンでやってきた夫人を目撃したのは、再開初日である6月1日夜。 運転手は、野菜が入っていると思われるいくつかの段ボールを運び入れていた。 1つは学生時代から通っているワインバー、そしてもう1つがUZUです。 『首相夫人なのに』と批判されつつも、彼女が経営を続けていたことからも並々ならぬ愛着を感じます」(政治評論家・有馬晴海さん) 居酒屋おかみとしては店再開に胸をときめかせてもいただろう。 だが彼女の表情は鼻まで覆い隠す大きなマスクのため、見ることができない。 「昨年10月、即位礼正殿の儀にひざ丈のドレスで参列して批判を受けたことも記憶に新しいですが、夫人はファッションに強いこだわりがあります。 夫人の美意識にはアベノマスクはそぐわなかったということなのでしょう」(前出・政治部記者) 昭恵夫人は、毎年参加していた山形県のスキーイベント出席を「今回ばかりはやめてほしい」と、首相に止められたという。 またかつて実行委員会の名誉会長を務めていた『ミャンマー祭り』も5月末に開催予定だったが、秋へ延期となっている。 「毎年楽しみにしている行事が次々と延期や中止を余儀なくされていることで、コロナ対策を指揮している首相へも不満を募らせているのかもしれません」(前出・政治部記者) かつて首相と夫人を引き合わせた元・山口新聞東京支局長の濱岡博司氏は、こう語る。 「昭恵さんと姑・洋子さんの仲もうまくいっていないと聞きますし、確かに悪条件はあります。 しかし私は『離婚はない』とみています。 もともとは晋ちゃんが昭恵さんにベタ惚れで結婚していますし、国会でも晋ちゃんは、昭恵さんのことを突っ込まれてかなり本気で怒っていますからね。 (昭恵さんを)見放すことはできないと、本人は考えていると思います」 この日、夫人がUZUを後にしたのは閉店時間の22時少し前。 店の前で数分、スタッフに指示を与えると、待たせていたミニバンに乗り込む。 マスクを外していたその顔からは、おかみの務めを果たした満足感が伝わってきた。 「女性自身」2020年6月23・30日合併号 掲載.

次の

安倍昭恵「大分旅行」マスクなし のん気に神社参拝の全貌写真

昭恵夫人 マスク

鳥居の下で宮司の説明を聞く昭恵夫人(写真右)。 写真左の小太りの男性がツアー主催者の松久氏だ 境内を散歩していた近隣住民が語る。 「鳥居に約50人の大集団がたむろしていたので見ていたら、ビックリしましたよ。 他人の空似かとも思いましたが、どう見てもご本人……。 マスクをしていなかったので、はっきり顔が見えました」 安倍晋三首相 65 が新型コロナウイルスに関する会見を開いた翌日の3月15日に「大分旅行」を敢行し、日本中から猛批判を受けている安倍昭恵夫人 57。 本誌は、夫人が県内の観光名所「宇佐神宮」を訪れた様子を捉えた写真を独占入手した。 首相は「3密」には当たらないと妻の行動について説明したが、マスクなしでツアー客らと密集している写真を見れば、それが苦しすぎる言い訳であることは一目瞭然だ。 前出の目撃者が旅行の「全貌」を明かす。 「午前10時過ぎ、参道下の鳥居の前に集まった50人近くの団体は『まだ来ないね』などと話し、誰かを待っている様子でした。 しばらくすると、近くの駐車場にタクシーが止まり、昭恵さんと女性、そして小太りの男性が降りてきた。 3人はゆっくり歩いて合流。 10時半頃に宮司さんが一行を案内し始めました」 タクシーから昭恵夫人と共に現れた男性は、「ドクタードルフィン」を自称する医師の松久正氏 53 で、このツアーの主催者だ。 「人類救済」を謳った講演活動に励んでおり、昭恵夫人が参加したこのツアー『神ドクター降臨 in Oita』では、「卑弥呼のマグマエネルギーと共鳴する講演会」が予定されていた。 本殿で一行を見た別の目撃者はこう続ける。 「11時頃、境内に現れた昭恵さん一行は、宮司に案内されて本殿の奥へと消えていきました。 一般の人は入れないエリアだったので、その後のことはわかりません」 大分旅行の前には、花見に参加したことが発覚して批判を受けるなど、コロナへの警戒を呼びかける夫とは正反対の行動を繰り返す昭恵夫人。 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。 「安倍夫妻は会話もほとんどないようで、首相の母親の洋子さんも『あの人には何を言っても無駄なのよ』とさじを投げていると聞きます。 自民党幹部からでさえ、昭恵夫人の問題から国民の目を逸らすために、全国一斉の緊急事態宣言を出したんじゃないかと皮肉すら出ている。 宇佐神宮は全国に4万社以上ある「八幡様」の総本宮として知られ、パワースポットとしても人気を集める 松久氏の公式サイトに掲載されたツアーのパンフレット。 スピリチュアルな内容が昭恵夫人の興味をひいたのだろうか 『FRIDAY』2020年5月8・15日号より.

次の