初盆 お返し。 初盆のお返し時期、いつまでにする?品物やお礼状、のしの色や表書き

新盆初盆お返しに使うのしの表書きはどう書く?内のし外のしどちらがいいの?

初盆 お返し

スポンサードリンク 新盆・初盆のお返しで使うのしの選び方 新盆・初盆とは忌明けしたあとの最初のお盆のこと。 故人の四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆なので、一般的には普通のお盆よりも特に念入りに行うのがならわしです。 お盆の行事のしきたりは、その地域の慣習や家によっても違いがあります。 なので、これが正解というのはないのですが、いただいた香典のお返しに使う「のし(掛け紙)」のマナーは知っておきたいところです。 新盆・初盆のお返しにはどんなのしを使うの? 基本的にのし紙の水引は弔事用の黒白の結び切り、または黄白の結び切りを使います。 「水引」というのは贈答品の包み紙を結ぶ紙製の紐のことです。 水引はお祝い・お見舞い・弔事など贈答品全般に用いられ、のし紙の場合はあらかじめ印刷されているものが多く使われています。 「結び切り」は、水引の結び方のひとつです。 二度とあってはならない結婚祝い、弔事、病気見舞い、災害見舞いなどに使います。 弔事に使用されるのし紙(掛け紙)の水引は、 『繰り返さないこと(弔事は繰り返して欲しくない、葬儀が続いてほしくない)』 ということで、結び切りの水引のし紙を使用します。 水引の黒白と黄白の違い 弔事に使用されるのし紙(掛け紙)には、「黒と白の水引のし」と「黄と白の水引のし」があります。 基本的に、仏教では黒白の水引のしを使用し、仏教以外(神道やキリスト教など含む)について弔事用に使われるのし紙は全て黄白の水引ののしを使います。 一方、宗教に関係なく、関西など西日本の地域によっては黄白の水引を使うところもあります。 水引の色については住んでいる地域やその土地の伝承などによっても異なりますので、その地域に住んでいる方や、年長の親戚の方などに聞いてから用意するのが無難です。 「黒白」「黄白」、どちらを使ったらよいのか迷ったとしても、どちらを使っても失礼にはあたりません。 関西の法事でも黒白を使っています。 イメージ的には黒白は仏教、黄白はその他なんにでも使えるのし紙という感じの捉え方で良いと思います。 新盆・初盆のお返しにのしの表書きはどう書く? 新盆・初盆のお返しに使われるのし紙(掛け紙)の表書きの基本となるものをご紹介しますね。 新盆・初盆のお返しで使うのしの表書き• 「志」• 「新盆志」・「初盆志」• 「御新盆志」・「御初盆志」• 「新盆供養」・「初盆供養」• 「粗供養」 一般的なのは「志」です。 「志」というのは感謝の意を表すのし書きです。 神式、キリスト教などでは 「忍び草」 などが使われますが、 「志」は、宗教問わず全般のお返しに使われます。 ただ、「志」だけだと、何回目の法要なのかがわかりにくくなるため、「新盆志」や「初盆供養」といった言葉を使うという考え方もあります。 上記の表書きの基本となる言葉であれば、どれを使っても大丈夫です。 新盆・初盆に併せて、法要を二つ以上まとめて行った場合は、表書きのすぐ下や右横などに小さく書き添えることもできます。 たとえば、表書きに「志」としても、 「亡父 三回忌」 「亡母 初盆供養」 「粗供養」 を併せて書くことができます。 スポンサードリンク 新盆・初盆のお返し用のし名前の書き方 のしの表書き、下の名前部分には施主の名字を書きます。 山田という名字であれば、 「山田」もしくは「山田家」 となります。 最近では施主のフルネームを書くことが多いようです。 同性の名字が多くあるような地域の場合はフルネームがおすすめです。 故人と名字が違う場合はどうするの? 亡くなった方と施主の名字が異なる場合もありますよね。 施主が嫁いでいて、故人の名字から変わった場合などです。 故人と名字が違う場合はフルネームを書きます。 嫁ぎ先の名字だけですと、嫁ぎ先からのお返しの意味になってしまいますよね。 たとえば、山田家の初盆で、施主が嫁いだ長女の鈴木裕子さんなら、名前は「鈴木裕子」とします。 もしくは、「鈴木裕子」の左に「旧姓 山田」と書き添えます。 鈴木の下に括弧書きで「鈴木(山田)」とする書き方もあります。 お返しは内のしと外のしのどちらがいいの? 「内のし」は贈答品に直接のしをかけて上から包装紙で包むこと。 「外のし」は包装紙の上からのしをかけること。 内のし・外のしの使い分けには厳密な決まりごとはありませんが、お渡しする状況によって、どちらかが、より適切という傾向はあります。 たとえば、法要時に持参するお供えは、外のしにすることが多いです。 これは贈り物が一目でわかるので、いただく方も扱いやすいという理由があります。 一方、内のしは包装紙にのし書きが隠れてしまうので、お渡しする時には表書き(贈答品の目的)が見えません。 イメージとしては、控えめな表現に感じられるのが内のしです。 新盆・初盆のお返しを贈る気持ちを控えめに表したいのであれば、内のしがおすすめです。 また、宅配便でお返しを贈る場合、外のしにすると配送途中でのし紙が傷ついてしまうため、外側にもう一枚包装が必要になります。 なので、配送の場合には、内のしが適切です。 「関東は外のし、関西は内のし」とも言われますが、実際は様々です。 決めかねるようなら、このあたりもやはり、年長者の方の意見を参考にできるといいですね。 相談する相手が居ない場合は、お近くの百貨店のギフトコーナーで相談すると教えてもらえます。 大手の百貨店であれば、専門の方が電話でも対応してくれますので気軽に聞いてみるといいですね。 新盆初盆お返しに使うのしの表書きはどう書く?内のし外のしどちらがいいの? まとめ 新盆・初盆のお返しの表書きは、 「志」 と記せば、全国的に間違いにはなりません。 真夏の暑い時期、故人を偲んで法要に足を運んでくださった方や郵送でお供えをくださった方に、スマートに感謝の気持ちを伝えられると良いですね。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

新盆初盆のお返しに挨拶状お礼状を添える時の書き方の注意点と例文

初盆 お返し

初盆はいつ? 故人が亡くなって 49日の忌明け後に迎えるはじめてのお盆のことを「初盆(はつぼん)」といいます。 故人の命日を基準にするのではなく、49日の忌明けが済んでいるかどうかが基準になります。 初盆のお返し 初盆の法要を営まない場合でも、初盆の時期に合わせてお供え物を持ってこられたり、送ってこれる方がいらっしゃいます。 その場合は、あらかじめお返しの品を用意してある場合にはその場でお渡しし、準備していない場合や送ってこられた場合は後日遅くとも2週間以内にはお返しの品を送りましょう。 のしの表書き 志 最も多く見られる表書きで、仏事のお返しでは志はどんな用途にでも用いられるく 粗供養 主に関西地方で一般的なお返しの表書き 初盆(新盆)志 志に加え初盆のお返しですということを明記した表書き 上記にあげた表書きが初盆のお返しでよく用いられる表書きです。 他にも地域によっては「盆供養」「新盆供養」「初盆会」などとするところもありますが、「志」にしていればまず間違いないでしょう。 薄墨じゃないとだめ? 初盆の場合は法要の日程があらかじめ決まっているため薄墨でなくても良いとされています。 特に忌明けを済ませている場合は薄墨でなくても良いとされる方もいらっしゃいます。 仏事で薄墨を用いる理由の1つに「急な訃報で墨をすっている時間もありませんでした」という意味があり、昔は墨を硯ですって筆を用いて文字を書いていたためで「悲しくて墨をすっていられません」ということなんですね。 そういうことを考えると現代では墨をすって文字を書くこと自体が珍しく、筆ペンで簡単に筆書き風にできることなどからも、前もって予定が分かっている法要に関しては薄墨にする必要がないとも言えますね。 しかし、仏事=薄墨という認識の方も多く初盆など年数に関係なく薄墨で書くほうが無難だと思います。 薄墨にしておけば「仏事といえば薄墨でしょ!」という認識の方がいらっしゃった場合でも安心ですし、失礼にもあたりません。 水引 のし紙の種類については「黒白」か「黄白」を使用します。 関東では「黒白」が多く見受けられますが、関西地方では「黄白」が一般的。 金額の相場 初盆のお返しも他の仏事のお返しと同様に、 頂いた額の3分の1~半額程度が目安となります。 お供えをされる方の一般的な相場が3000円~一万円ほどですので、あらかじめ1500円~3000円程度の品を用意しておいて当日お渡しするか、実際に頂いた額を見てから後日お返しの品を送ってもいいでしょう。 当日、法要後に会食の席を設ける場合はその会食がお返しともなりますが、別途1500円~3000円程度の引き物(手土産)をお渡しするのが一般的です。 また、法要には出席しないけど、初盆ということでお焼香(線香)だけあげに訪れる方もいらっしゃいますので、その際には500円~1000円程度の品を持ち帰り頂くこともあります。 お返しの定番品 初盆のお返しでも食べ物や洗剤などの「消え物」といわれる消耗品が定番です。 その中でも、できるだけ日持ちするものや、当日持ち帰ってもらう場合は特に遠方の方に配慮して、かさばらず重くないものを選ぶ傾向にあります。 そうめん 季節にも合った日持ちする食品の代表。 また麺類を贈ることで「末永く変わらぬお付き合いを」という意味も込められています。 水ようかん・ゼリー 比較的日持ちがしてお盆の季節によく合った品物ということで水菓子は定番 海苔 重くなく、消費しやすいことから弔事のお返しでは人気。 また精進料理の名残ということで弔事の際にはよく利用される定番。 日本茶 「お茶を飲んで故人を偲ぶ」などといわれ、弔事の贈りものとして定番中の定番。 洗剤 「悲しみを洗い流す」という意味がこめられたこちらも弔事の贈りものの定番。 ただし重くなるので当日持ち帰るには不向きとの意見も。 カタログギフト お返し=カタログギフトというほど最近よく利用されています。 持ち帰りやすく金額の幅も広いので利用しやすいとの声も。 初盆の事前準備 初盆の行事を営むに当たり、事前に準備が必要なことがあります。 中でも出席者への連絡は遅くとも一ヶ月前までにはしましょう。 お盆はそれぞれ帰省や旅行など何かしらの予定を立てていることが考えられますので、親族以外の故人と親交のあった方をお招きしたいと考えている場合は早めに日程を決めて案内状を出す必要があります。 ・ 僧侶への予定確認 お盆時期はお寺も忙しいときなので、早めにお寺に日程の確認を入れ僧侶の予定を押さえる ・ 親族や故人と親しかった方への連絡 僧侶の予定が決まったら招待する方へ連絡・案内状を送り出欠の確認をする ・ 料理の手配 おおよその出席人数がわかれば法要後の会食のため、お店や仕出しなど料理の手配をする ・ お供え物の手配 あらかじめ持ち帰り用の品を用意する場合はショップの夏期休などに重なると間に合わないこともあるので早めの依頼がおすすめ ・ 精霊棚や盆提灯など盆飾りの準備 一つ一つ揃えるよりは仏具店などでセットで販売しているものを利用すると簡単 関連記事: 関連記事: お返しの品に添える礼状の一例 初盆の法要に際し、お供えや香典を頂いた方への返礼品には礼状を添えるとより感謝の気持ちが伝わり丁寧なお返しとなりますので文例をご紹介します。 ・故人の名前は必ず入れる ・文中に「、」「。 パソコンが得意という方はご自身で印刷されてもいいでしょうが、初盆の礼状を出す場合のほとんどはお香典やお供えを頂いている方へ宛ててだと思いますので、お返しの品を買うお店に依頼するのが一番手っ取り早い方法です。 商品を注文すればその品物に無料で礼状を添えて発送してくれるお店もありますのでそういうところを選ぶのもおすすめ。 参考までに以下のインターネットショップをご紹介させて頂きます。 注文金額に関わらず、商品一点からでも礼状を無料で作成してもらえるので、追加で必要になった場合でも気軽に依頼できますし、校正もきちんとしてくれるので漢字や文面を事前に確認できるので安心です。 gifcon2 日本には様々な行事があり、そのすべてに"マナー"が存在していることはお気づきでしょうか? 誰が決めたとも分からない、この暗黙のルールのようなマナーについて、2005年から約10年間ギフト業界で企画・販売などを経験し、現在はその知識を元に主に冠婚葬祭の贈答マナーについてアドバイザーとして活動しております。 当ブログでは、特に振る舞いなどに配慮が必要な「弔事」における今さら聞けない一般常識をケース別にご紹介しています。 決してマナーに囚われすぎるのではなく、突然の出来事にも臨機応変に「大人の対応」ができる常識人を一緒に目指していきましょう。 com.

次の

新盆初盆お返しに使うのしの表書きはどう書く?内のし外のしどちらがいいの?

初盆 お返し

お盆には亡くなった故人が年に一度帰ってくると言われており、 毎年あるものですが 故人が亡くなってから初めてのお盆は特に重要とされており、 親族以外にも故人に縁のある人をお招きし、を営む地域もあります。 また、 初盆の法要を営まない地域でも、初盆の時期に合わせてお供えを持って来られる方がいらっしゃいます。 その場合、 あらかじめお返しの品物を準備してある場合にはその場でお渡しをして、 準備してない場合には、後日にすみやかにお返しの品物を送るとよいでしょう。 (お供え等を送って来た場合にも、すみやかにお返しを送るようにします。 ) なお、 49日の前にお盆を向かえた場合は、初盆(新盆)は翌年になります。 <初盆(新盆)のお返しの「のし紙」(掛け紙)について> の「のし紙」(掛け紙)は、一般的に「志」(関西は「」)が多いですが、地域によっては「新盆粗供養」「新盆供養」「盆供養」 「初盆志」「初盆供養志」「初盆会」とすることもあります。 のし紙の種類については、黒白または黄白の結び切りの水引のものを使います。 <初盆(新盆)のお返しの「挨拶状」について> 初盆や新盆のお返しについては、「挨拶状」は必ずしも入れる必要はないと思いますが、 ちょっとしたお礼のお気持ちを伝えたい場合には、挨拶状を入れてもよろしいかと思います。 <初盆(新盆)のお返しの時期(タイミング)について> 初盆や新盆のお返しの時期については、御供・ご香典を頂いたら、すみやかにお返しをするようにしましょう。 (できれば、「7月のお盆にいただいたものは7月末」、「8月のお盆にいただいたものは8月末」くらいまでにお返しすることをお勧めします。 ) <初盆(新盆)のお返しおすすめ商品のご案内> 初盆(新盆)のお返しも、他の仏事のお返しと同様に、いただいた「御供(おそなえ)」「香典」の「半額から3分の1程度」が目安となります。 よく利用される品物としては、時期的にが多いですが、・・なども昔から人気があります。 また、最近増えているをお返しにされても問題ないと思いますが、年配の方にはやはり品物をお返しされるのが無難だと思います。

次の