ハウス ダスト アレルギー。 アレルギーが増えているわけ [アレルギー] All About

ハウスダスト対策「子どもをアレルギーから守るにはどうすればいいの?」【スキンケアカウンセラー/薬剤師が解説】

ハウス ダスト アレルギー

ハウスダストとは ハウスダストとは、家の中のチリやホコリの中でも、1mm以下の目に見えにくいものを指します。 そこには、ダニの死骸やフンのほか、カビ、細菌、花粉、繊維のクズなど、人間の体から落ちた皮膚片やフケ、ペットの毛など、実にさまざまなものが含まれます。 ハウスダストは非常に小さいため空気中に舞い上がりやすく、吸い込むとアレルギー性鼻炎や喘息などを引き起こすことがあります。 ハウスダストによる症状 私たちの体には、害を及ぼす異物が入ってくると、その異物を攻撃して体の外に追い出そうとする力が備わっています。 体内に侵入したハウスダストを異物と判断すると症状が起こります。 ハウスダストによるアレルギー症状は、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目のかゆみや痛み、皮膚の炎症・かゆみ、肌の乾燥、喘息やせきなどです。 ハウスダストが引き起こす疾患 ハウスダストはどこの家にも常に存在します。 したがって、季節を問わず、アレルギーを引き起こし、さまざまな病気の原因になることがあります。 アレルギー性鼻炎 アレルギー性鼻炎の3大症状はくしゃみ、鼻みず、鼻づまり。 風邪と間違うこともあり、注意が必要です。 アレルギー性結膜炎 目のかゆみや充血、違和感、涙目、痛みなどがみられますが、症状の程度は個人差があります。 アトピー性皮膚炎 もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多くみられるアトピー性皮膚炎。 ハウスダストによって皮膚が刺激されるとアレルギー症状を引き起こし、湿疹やかゆみが出現します。 アトピー性皮膚炎の湿疹は、赤みがあって湿っぽいのが特徴で、ひっかくと悪化します。 化学物質(石鹸、化粧品、金属など)や汗、汚れ、紫外線などの刺激も悪化の要因になります。 気管支喘息 気管支喘息は、空気の通り道である気管支に慢性の炎症が起こる病気です。 気管支喘息の原因はさまざまありますが、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を吸い込むと、気管支の内側が腫れたり、大量の痰がたまったりして呼吸困難が起こるのです。 ハウスダストはアレルゲンの1つです。 大人の喘息の場合は、重症化しやすい傾向があります。 アレルゲンであるハウスダストを避けるとともに、気管支の炎症を抑える治療を日頃から行うことが大切です。 ハウスダストの1日の動き ハウスダストはとても軽く、人が動くと舞い上がります。 出勤や登校の準備をする朝の時間帯や、帰宅後の時間帯は人が活動するため、たくさんのハウスダストが空気中を舞います。 反対に、人が寝静まっている夜間はハウスダストが床に落ち、そこにたまります。 朝起きたときにくしゃみや鼻みずが出ることを「モーニングアタック」といいますが、これは床にたまった花粉が再び舞い上がるために起こる現象です。 ハウスダストの原因・アレルギー物質 ハウスダストに含まれるアレルギー物質には、次のようなものがあります。 布団やじゅうたんなどに潜むダニ 家の中には10~20種類のダニがいるといわれていますが、数が多いのはチリダニ類、コナダニ類、ツメダニ類で、いずれも体長約0. 3~0. 8mmと非常に小さいのが特徴です。 ダニは、食品や食べこぼし、人間の皮膚片やフケなどをエサにしています。 ダニが好む環境は温度20~30度、湿度60~80%です。 ダニが好む条件を揃えている布団やじゅうたんにはダニのフンや死骸が多く潜んでいます。 人やペットの毛、フケ、虫の死骸やフン 人もペットも、生きている限りアカやフケ、抜け毛はあるものです。 また、ガやゴキブリなど虫の死骸やフンも、アレルギー物質になります。 室内の空気中のカビや細菌 カビは高温多湿な環境を好みます。 一般的な家には約360種類のカビが生息しているといわれます。 カビは空気中に胞子を飛ばして勢力を広げていきますが、この胞子がアレルギー物質になり、アレルギー性鼻炎や喘息を引き起こします。 とくに黒カビは、アレルギー症状を引き起こしやすいため注意が必要です。 エアコンが黒カビの生息地になっている場合があります。 こまめな清掃をお勧めします。 室内へ侵入した花粉 季節によっては花粉が家の中に入り込み、ハウスダストの1つになります。 花粉症のある人は、家の中に花粉を持ち込まないようにすることも大切です。 室内で発生するハウスダスト ハウスダストの約3割は、家の外から持ち込まれる土や砂ぼこり、昆虫の死骸やフン、花粉、排気ガスの粒子などですが、残りの約7割は家の中で発生します。 多いのは、衣類や布団から出る繊維のクズ、食べこぼし、毛髪などです。 人間の皮膚片やフケ、ダニ、カビなどの割合は比較的少ないのですが、これらに対するアレルギーがあると、少し吸い込んだだけでも症状が出ます。 家の中でハウスダストが多くある場所 目に見えるハウスダスト(ホコリ)は、家具の上や床のすみなど気づきにくいところにたまっているものです。 とくに家具の隙間は掃除がしにくい場所なだけに、いつのまにかハウスダストだらけになっていることも。 洗面所など衣服を脱ぎ着する場所や、人が行き来する廊下などにも、案外たくさんのハウスダストがあります。 細かいところでは、照明器具のカバーや観葉植物の葉、さらには天井も、ときどきチェックしましょう。 日常生活でできるハウスダスト対策 人間が生活している限り、どうしても発生してしまうハウスダストですが、しっかり対策することで症状を最小限に食い止めることができます。 アレルギー性鼻炎の原因を掃除で取り除く ハウスダスト対策の基本は掃除です。 アレルギー物質をできるだけ取り除き、吸い込む量を減らすことで、アレルギー性鼻炎の症状を軽減させることができます。 アトピー性皮膚炎では、皮膚の保湿を行う アトピー性皮膚炎は、皮膚が乾燥すると悪化します。 なぜなら、乾燥は皮膚のバリア機能を低下させてしまうからです。 きちんと保湿すると症状が出にくくなるので、アトピー性皮膚炎の治療に保湿は欠かせません。 とくにお風呂上がりの保湿ケアは必須。 保湿効果の高い保湿剤を十分な量、塗りましょう。 喘息発作の程度をきちんと把握する 喘息の発作の頻度や強さ、そして呼吸の検査から自分の喘息の状態を把握しましょう。 喘息は継続的な治療が必要な病気で、発作が出たときだけ薬で症状を抑えても徐々に悪化し、発作を起こす回数(頻度)が増えていきます。 喘息のある人は、日常生活のハウスダスト対策をするとともに、きちんと治療することが大切です。 市販の薬を使う ハウスダストによるアレルギー性鼻炎の場合は、市販の薬で症状を改善することができます。 薬局薬剤師に相談しながら、内服薬と点鼻薬を上手に使いこなしましょう。 病院で診察を受ける 適切な治療のためには、まず原因を明らかにすることが必要です。 そのためには、病院を受診して、不快な症状を引き起こす原因は何かを血液検査や皮膚テストなどで突き止めましょう。 症状が、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなら耳鼻咽喉科、目のかゆみや涙目なら眼科、皮膚のかゆみや湿疹なら皮膚科、喘息のような症状なら呼吸器科ですが、最近はアレルギー科を開設している病院やクリニックもあります。 適切な診断のもと、重症度や生活スタイルに合った治療を主治医とともに模索しましょう。 掃除法を見直そう ハウスダストは人が動くだけで舞い上がります。 したがって、いきなり掃除機をかけるのはNG。 掃除機からの排気でハウスダストはほとんど空中に舞い上がり、床掃除の効果が激減します。 ハウスダストを効率よく取り除くには、朝、ハウスダストが床に落ちているうちに床クリーナーやモップで床を拭き、それから掃除機で静かに吸い取るのがベスト。 その際、窓を開けたりエアコンをつけたりすると、やはりハウスダストが舞い上がってしまうのでご注意を。 空気清浄機を使おう 空気清浄機を使うことで、空気中のハウスダストを除去することができます。 HEPAフィルター付きのものを寝室の枕元に置き、24時間使用するのが最も効果的です。 症状セルフチェック 次の項目に「YES」が多ければ多いほど、その人の家には、アレルギー性鼻炎の原因となるハウスダストが多く潜んでいると想像されます。 アレルギー性鼻炎と風邪を見分けるポイントは、症状とその症状が出るタイミングや期間です。 アレルギー性鼻炎 風邪 3大症状 くしゃみが急に出て連発する、透明でさらさらしている鼻水、鼻づまり。 せきが出る、くしゃみ、黄色っぽく粘りがある鼻水、のどの痛みなど。 悪寒や発熱、だるさなどが出ることもある。 症状が出る タイミング 家の中にいるとき。 とくに、朝起きたときに症状が強い。 1日中。 症状が 続く期間 2週間以上。 1年を通してしばしば起こる。 数日間。 ハウスダストの予防法 ハウスダスト対策は、家の中でハウスダストを極力発生させないことに尽きます。 ハウスダストを減らせば、それらが原因の症状を予防できます。 こまめに掃除、洗濯をする ハウスダストが床にたまっている朝のうちに、床クリーナーやモップをかけた後で、掃除機という順序で掃除をする習慣をつけましょう。 そうすれば、ハウスダストは減るはずです。 ペットを飼っている場合はとくにこまめな掃除を心がけて。 ダニの死骸やフンは水溶性なので寝具も洗えるものを使用するのがおすすめです。 シーツやタオルケットは1週間に1回、布団は1年に1回を目安に水洗いを。 室温、湿度に注意する 室温は20~25度に、湿度を50%に保つようにしましょう。 ダニは高温多湿の環境を好み、とくに室温25度を超えると爆発的に増えます。 カビも高温多湿を好み、湿度60%を超えると一気に増殖。 そこにカビの養分となる皮脂や食物のカスなどがあると、さらに勢いづきます。 除湿機やエアコンの除湿機能を利用して湿度を下げ、浴室などは換気をよくしましょう。 ダニやカビの栄養となるものを除去するためにも掃除をこまめに。 防ダニの工夫をする 掃除機は吸引部をゆっくりと動かし、1畳あたり30秒以上の時間をかけ、週に2回以上行いましょう。 フローリングなどのホコリの立ちやすい場所は、拭き掃除のあとに掃除機をかけます。 カーペット、布張りのソファーなどもダニの温床になることがあります。 ベッドのマット、布団、枕にはダニを通さないカバーをかけるようにします。 布団は週2回以上干して風を通しましょう。 それが困難な場合は、室内干しや布団乾燥機でも可。 さらに週に1回以上布団に掃除機をかけます。 シーツ、布団カバーは週に1回以上洗濯しましょう。 (「鼻アレルギー診療ガイドライン2016」より) ペットの飼育環境を整える アレルギーのある人はできればペットを飼わないほうがいいのですが、屋内で飼う場合ブラッシングやシャンプーでペットを清潔に保ち、寝床もしっかりと掃除するようにします。 床にじゅうたんなどを敷かないほうが、ペットの毛を掃除するにはよいです。 室内に花粉を持ち込まない 花粉の飛散量が多いときは、できるだけ外出を控えることが室内に花粉を持ち込まないことにもなります。 外出する際は花粉のつきやすいウールなどの素材の服は避け、帰宅時は衣服や髪をよく払ってから家に入るようにします。 また、花粉の飛散量の多いときは窓や戸を閉めておきましょう。

次の

アレルギー性結膜炎(ハウスダスト)についてのQ&A

ハウス ダスト アレルギー

僕がハウスダスト・ダニアレルギーだと知ったきっかけ 私はハウスダスト・ダニアレルギー持ちです。 しかし、症状は咳のみ。 アレルギーといえば、思い浮かぶ鼻水やくしゃみが出なかったのです。 なので、今まで自分がアレルギーであることに気づいてすらいませんでした。 そのため、原因が分からない咳に苦しめられていて、いくつもの病院を巡り、たくさんの効果のない薬を飲むはめになっていました。 ところが、最近たまたまアレルギーの抗体検査(アレルゲン特異的 IgE検査)をしたことがきっかけでハウスダスト・ダニアレルギーであることが判明したのです。 1カ月以上続く止まらない咳の原因はアレルギーかも? 今回僕がこの記事を書こうと思ったのは、僕と同じように1カ月以上止まらない痰のない咳で苦しめられている人の中に僕と同じようにアレルギーが原因ということに気づかずに間違った治療を受け続けている人がいるかもしれないということを感じたからです。 ずっと原因不明の咳に悩まされて、病院に行って薬をきちんと飲んでも改善がみられなかったときの絶望感は半端ないものでした。 人と話すと咳が出るので極力人と接するのも避けるようになっていましたし、本当につらかったです。 なので、僕の症状などを参考にして同じような方がいたらぜひアレルギー検査を受けてみてはいかがでしょうか? ・咳が原因でさらに炎症ができて炎症が終わらない ・後鼻漏が原因(鼻水が喉に垂れるのが原因) ・鎮咳薬はきかない ・11月くらいだったので乾燥が原因 ・X線検査異常なし ・発熱がないので、感染症ではない どうやら咳の原因はとても多くて実際に咳を起こしている原因にたどりつくのは容易なことではないようでした。 医師は1つの咳の可能性を考え薬を処方した結果を見て、薬が効かなければ他の原因の可能性を考えるというようにして原因を考えていきます。 なので、いくつもの病院を巡ったのは失敗だったと思います。 もし、1カ月以上続く止まらない咳で悩んでいる方は、お医者さんを信じて1つの病院に原因がわかるまで通った方がいいと思います。 結果的に、たくさんの薬を飲み、自分でも加湿器を買ったりしましたが、効果がないのは当たり前でした。 原因はハウスダスト・ダニアレルギーだったので、それらを除去しなければ治るはずがありませんから。 検査結果でハウスダスト・ダニアレルギーだと判明した後は、徹底的に自宅からハウスダスト・ダニを排除する方法を実行しました。 すると、治らなかった1カ月以上続く咳がピタッと収まったのです!!!!! 咳が治ったときは感動しましたよ。 同じように長引く咳で悩んでいる方のお役に立てればと思い、これより僕がしたハウスダスト・ダニアレルギー対策について紹介させていただきます。 ハウスダスト・ダニアレルギー対策!1カ月以上続く咳がピタッと止まった8つの方法 これより1カ月以上続く咳がピタッと止まった8つの方法を紹介していきます。 寝具にダニ防止シーツをつける まずは、寝具のダニ対策です。 これは、布団のシーツをダニ防止シーツに変えるのが1番効果的だったと思います。 ダニ防止シーツとは、シーツの目がとても細かく作られていて、ダニを布団の中に封じ込めてくれるというシーツなんです。 検査によると、ダニが100%遮断されるということなので、これを使うと布団に存在するダニを完全にシャットアウトすることができるんです。 僕はこれを使ってピタッと咳が収まったので、1番効果があると思います。 by この布団クリーナーは吸引力が強力であるのもいいのですが、ハウスダストの量をランプの色で知らせてくれるんです。 なので、ハウスダストが多いと赤ランプが光って掃除のやる気がおきるし、きれいになった実感を感じるので楽しく掃除できました。 ハウスダスト対策としてめっちゃおすすめです。 排気のきれいな掃除機で部屋をそうじ 市販の多くの掃除機は掃除をすることで排気から汚い空気が排出されます。 なので、そんな掃除機を使うくらいならハウスダストアレルギーがある方はむしろ掃除機をかけない方がいいんです 笑 でも、掃除機をかけないわけにはいかないので、徹底的にハウスダスト対策を行うために排気のきれいな掃除機を買いました。 それがこちら。 by 7. そうじはふき掃除をしてから掃除機をかける ほこりまみれのところにいきなり掃除機をかけると、ハウスダストが舞い上がってしまいます。 なので、まずは濡らしたぞうきんでふき掃除してから掃除機をかけるといいですよ。 こうすると、舞い上がるハウスダストを最小限に抑えることができるんです。 絨毯を捨ててフローリングにする 部屋の絨毯や風呂、トイレ、台所のマットをすべて捨てました。 こういった布製品はほぼ洗わないですから、ハウスダストやダニの温床になっているんです。 なので、すべて捨ててフローリング状態にするとハウスダスト・ダニアレルギー対策がはかどりますよ。 加湿器を常につけておく(2019年1月31日追記) 実は2019年に入ってからも同じ症状が出てきてしまいました。 ここに書いている方法を試したのですが、なんと3週間ほど乾性咳嗽が続いてしまったのです。 しかし、よく思い出してみると、去年咳を治した時には加湿器もつけていたんですね。 なので、試しに乾燥対策もしてみることにしました。 具体的には、加湿器を常につけたり、寝るときはマスクをして寝たり、のど飴を食べるといったことです。 すると、なんと咳がかなりよくなりました! 明日には治ってると思います! また自分が同じ症状で苦しんだ時の対処法としてメモしておきます。 病院で薬を処方してもらう(2019年1月31日追記) 咳を治すにあたり、今まで述べたような乾燥対策、ダニ・ハウスダスト対策などをすることに加えて、病院で薬を処方してもらうことも大事です。 長引く乾性咳嗽の原因はかなり多いので、考えられる原因の全てに対策をしていくしかないと考えています。 乾燥、ダニ・ハウスダストアレルギーに関しては自分で対処することに加えて、薬を飲むことも必要です。 また、乾性咳嗽の原因として逆流性食道炎、結核、咳喘息などの疾患も考えられるので、一度病院に行きましょう。 どうしても仕事で声をださないといけないくて、短期間に治したいという人はこのページで書いている対策を全て実行するのがおすすめです。 ちなみに、私の場合は、ザイザル(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)、モンテルカスト(ロイコトリエン阻害薬)、小青竜湯、アラミスト(点鼻ステロイド薬)を処方されました。 のどスプレーを買う(2019年3月1日追記) 病院で喉が腫れているといわれたので、自分で確認するとたしかに上気道が腫れていました。 これが咳の原因の可能性もあると疑い、のどスプレーを追加。 病院の薬、乾燥対策、のどスプレーを同時に使ったところようやく空咳がおさまりました。 例年、私は同じような症状で悩まされていたので、来年の自分に向けて備忘録として残しておきます。 ちなみに、病院での処方はザイザルをルパフィン1日2錠へと変更し、小青竜湯をなしにされていました。 やっと空咳から開放されて一安心です。 まとめ ハウスダストやダニって目に見えないから掃除しててもきれいになっている実感がありません。 でも、ここで紹介した8つの方法を実践すれば、ほぼ問題のないレベルまでハウスダストやダニの量を減らすことができるはずです。 アレルギーが原因なら原因を除去しないと咳は絶対に治りません。 もし、原因がわかったら僕みたいに徹底的に原因を除去すると症状がよくなるはずです。 大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。 でも、先生に勧められて 大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。 大学の資料請求は 無料です。 一度、 早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください! 入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。 早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、 志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!.

次の

アレルギーが増えているわけ [アレルギー] All About

ハウス ダスト アレルギー

ハウスダストとは? ハウスダストとは、家の中のほこりやダニ、カビなどの総称で、アレルギー疾患の原因として最も多くを占めるものです。 この中で、ダニが最も大きなアレルゲンと言われ、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を引き起こします。 とくにダニの死骸やフンは、空気中に舞ってしまうほど細かくて小さいものなのです。 それらを吸入することによってアレルギー症状を発症してしまうと言われています。 ダニと人間は共存しているといっても過言ではないくらい、人間の住居に繁殖しています。 とくに絨毯や畳、寝具に多く生息しています。 他にも布製ソファやぬいぐるみにも多数生息していると言われており、もはやダニを完全に避けることは不可能に近いと言われています。 近年、ハウスダストアレルギーの患者数は増え続けています。 日本の気候風土もさることながら、生活様式の変化も大きな原因となっているようです。 昔と違って高気密高断熱の住宅が増え、洋風インテリアが好まれ、床には絨毯、ソファなど、ダニが好む環境をさらに増やしています。 ハウスダストアレルギーが増えていることもあり、ハウスダスト対応の掃除機、空気清浄機、布団乾燥機などさまざまな家電製品が発売されています。 このようなものを活用しながら効率よく室内からダニを少しでも減少させることが大切です。 当サイトでは、正しい掃除方法、ハウスダストアレルギーの症状や予防法など、幅広くご紹介していますので是非ご活用下さい。 ハウスダスト 原因・症状・対策方法 メニュー.

次の