海外 反応 アイラブ。 【海外の反応】何か言いたいことがあるらしい犬

アイラブジャパン「すごいぞニッポン!」:「日本の凄さ」→「実際は日本は世界のATMだった!?」 : Kazumoto Iguchi's blog 2

海外 反応 アイラブ

離婚寸前の夫婦を待ち受けるまさかの展開。 「マッドメン」でゴールデングローブ賞を受賞したエリザベス・モスとマーク・デュプラス主演、 その意外な展開に衝撃を受ける風変わりなラブコメディ。 批評と受賞歴 批評 ・Internet Movie Database : 7. これから観ようと思っている人は せひ、 期待しないでください。 期待しちゃうと、台無しになりかねない。 それから、 カップルで観るにはなかなかリスクがでかい。 特に男性諸君、見終わった後に愛を確認する質問がおそらくくるだろう。 覚悟すべし。 覚悟できた? できたらすぐ観ること。 それでは、お楽しみください。 観た? じゃネタバレありで参ります。 再び全体的なこと いかがでしたでしょうか。 ほんとに、ただなんとなくこの作品を選んだということもあって、期待も事前情報も何もないフラットな状態で観たことがおそらく功を奏して、個人的な評価はなかなか高い。 期待するなとか、情報を集めるなって言われた時点で、若干どんでん返し系を思い浮かべてしまうからこの手の作品紹介って難しい。 ちなみに他の人たちのレビューでは、「 世にも奇妙な物語」系って言われてた。 なるほどな。 でも個人的には「世にも奇妙な物語」系という情報すらない状態で観て本当に良かったと思っている。 最初の導入部で「あーラブロマンス系ね」と思い、そのすぐ後で「え、え、ホラー?ホラーなのかな?」と観るのやめようか悩み(僕はホラーが不得意です。 )、ホラーの確証を得られないまま気づくと最後まで観ているという。 そんな超個人的なハラハラドキドキがまさか相乗効果を生み出すとは。 その不協和音が忍び寄る感じもなかなか良し。 世にも奇妙な系の、ちょっと不思議な世界観がありつつ、根底にはラブロマンスのテーマがある。 愛とは、結婚とは、理想の相手とは。 独り身の人も、パートナーがいる人も、大体の人が通るこの問いかけをされる。 取り戻そうとしてもがく ソフィーがもう1人に奪われそうになって、イーサンは取り戻そうともがくけど、最終的な結果はご覧の通り。 ただその結果も、不可抗力的ではなくて、もう1人のイーサンが見えない壁にバイーンってなった時のソフィーの反応からイーサンは連れて帰る方を選択した。 自分で選んでいる ってところがエグい。 結局何にこだわって何を取り戻そうとしてたのか、、個人的に、もう1人のソフィーがなんかかわいそうで仕方なかった。 誰からも求められてないから。 最後に無意識的に連れ去られてまだ救われたけど。 監督まわりの話と、ある意味家族映画な本作 規模としてはあんまり大きくない。 ほとんどずーっと同じ場所が舞台だし、登場人物もかなり少ない。 そんなこともあって、結構同じようなシーンも繰り返されるから飽きる人はすぐ飽きると思う。 場所としてはすごいキレイで心癒されそうなところだけど、その一方であの不思議な世界を描いているのも割と好き。 一旦ここでチャーリーマクダウェル監督について少し。 父がマルコムマクダウェル(Malcolm McDowell)。 時計仕掛けのオレンジでアレックスをやった人。 母はメアリースティーンバージェン。 メルビンとハワードでリンダをやった人。 バックトゥザフューチャー3作目のドクの恋人って言った方が馴染みがあるかも。 そのメアリースティーンバージェンが再婚した相手が、テッドダンソン。 2016年までルーニーマーラと付き合ってた。 なんでわざわざこんなことをダラダラ書いたかと言うと、メインがマークデュプラスとエリザベスモスでほとんどこの2人が映るけど、脇役として、 セラピストがテッドダンソン、 電話の母親の声がメアリースティーンバージェン、 ロケ地がテッドダンソンとメアリースティーンバージェンの家、 コスチュームデザインはルーニーマーラ となっている。 という身内映画である。 予算を抑えるにはすごく良いと思う。 ちなみにルーニーマーラはBree Danielという名前でクレジットされているらしい。 実は示唆している映画ポスター 観終わった後でもう一回見てみよう。 メガネ。 全然気づかなかったけど。 ということで ザワンアイラブでした。 ランダム 存在の確率(coherence)、 ブルー・リベンジ(Blue Ruin)、 スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方(The Skeleton Twins) なんかも他の人は観ているっぽいです。

次の

【海外の反応】何か言いたいことがあるらしい犬

海外 反応 アイラブ

「 這いよれ!ニャル子さん」は同名ライトノベルを原作とするTVアニメです。 1期は2012年4月から6月まで放送されました。 2期が2013年に放送されます。 この歌は近年OPに使用された歌の中でも強烈なインパクトがあります。 うー!にゃー!、は2012年アニソンを代表する歌詞の一つになりました。 EDの感想は。 ・耳がぁ!! 出血してる!! ・こんなの 萌え豚アニメだよ。 でも、私はなんていうかこのアニメ、 す、好きだよ。 だ、だってユリがあるんだもん、別にほかの理由なんてないんだからね。 ば、ばかぁ ・Awwwwwwwww ツン・レスポンスきたああ ・最高のOPだ ・ ケイオス ケイオス! アイワナ ケイオス ・ 0:44がお気に入り。 ・このアニメは笑い死ぬ ・さて、このコスプレするか ・今期、一番面白い ・あの 金髪は男だと? ますますほかのアニメよりおかしくなっていくな ・アニメが「 カワイイNESS」で教会を破壊していくのを、クトゥルフは絶望とともに待っている。 ・専門的にいうと、メガネの 緑髪の子だけがクトゥルフだ。 残りはもっと悪夢的な存在に近い。 OPではワンカットだけ映ります ・ 後ろの家が爆発するのを期待していた。 ・なんとかレンジャー的な? ・ なんで家が吹き飛ばないんだ。 ・パロディが大好きだよ。 このOP動画は2012の這よれ!ニャル子さんだよ。 正直言うと、私はこれをスピンオフだと思ってる。 コメントにあるように TV放送前に2つ短編アニメがあり、その一つのことです。 ちなみに、うる星やつら劇場版「リメンバーマイラブ」のパロディタイトルでもあります ・いや、私はそのどれも見たことない。 ニャルラトホテプについて調べててwikipediaに行ってただけだ。 これって面白いアニメ? ・このTVアニメは面白いよ。 でも、どういう意味でラブクラフトのことを言っているかわかったと思う。 H・Pラブクラフトについて言っているんだね。 誰にとってもこのTVアニメは面白いよ。 残りの2つの短編は途中で見るのをやめたし、記憶があいまいだからちゃんと教えてあげられないや、ごめんね ・これって何についてのアニメ? ・ラブクラフトのモンスター ・ ごめんなさい、ミスター・ラブクラフト ・このアニメに興味があってOPを見たんだけど、とってもいい感じそうだね。 ・私たちはラブクラフトの遺体を発電機に吊り上げて、北半球全体へ電力を送ってしまったのだ。 ・2期がくるぞ! ・2期だ!! 以上です。 やはり中毒者続出で、うー!にゃー!コメントも多々見られました。 ラブクラフト先生、ありがとう。

次の

海外の反応 「好きな漫画TOP5を教えてくれ」

海外 反応 アイラブ

離婚寸前の夫婦を待ち受けるまさかの展開。 「マッドメン」でゴールデングローブ賞を受賞したエリザベス・モスとマーク・デュプラス主演、 その意外な展開に衝撃を受ける風変わりなラブコメディ。 批評と受賞歴 批評 ・Internet Movie Database : 7. これから観ようと思っている人は せひ、 期待しないでください。 期待しちゃうと、台無しになりかねない。 それから、 カップルで観るにはなかなかリスクがでかい。 特に男性諸君、見終わった後に愛を確認する質問がおそらくくるだろう。 覚悟すべし。 覚悟できた? できたらすぐ観ること。 それでは、お楽しみください。 観た? じゃネタバレありで参ります。 再び全体的なこと いかがでしたでしょうか。 ほんとに、ただなんとなくこの作品を選んだということもあって、期待も事前情報も何もないフラットな状態で観たことがおそらく功を奏して、個人的な評価はなかなか高い。 期待するなとか、情報を集めるなって言われた時点で、若干どんでん返し系を思い浮かべてしまうからこの手の作品紹介って難しい。 ちなみに他の人たちのレビューでは、「 世にも奇妙な物語」系って言われてた。 なるほどな。 でも個人的には「世にも奇妙な物語」系という情報すらない状態で観て本当に良かったと思っている。 最初の導入部で「あーラブロマンス系ね」と思い、そのすぐ後で「え、え、ホラー?ホラーなのかな?」と観るのやめようか悩み(僕はホラーが不得意です。 )、ホラーの確証を得られないまま気づくと最後まで観ているという。 そんな超個人的なハラハラドキドキがまさか相乗効果を生み出すとは。 その不協和音が忍び寄る感じもなかなか良し。 世にも奇妙な系の、ちょっと不思議な世界観がありつつ、根底にはラブロマンスのテーマがある。 愛とは、結婚とは、理想の相手とは。 独り身の人も、パートナーがいる人も、大体の人が通るこの問いかけをされる。 取り戻そうとしてもがく ソフィーがもう1人に奪われそうになって、イーサンは取り戻そうともがくけど、最終的な結果はご覧の通り。 ただその結果も、不可抗力的ではなくて、もう1人のイーサンが見えない壁にバイーンってなった時のソフィーの反応からイーサンは連れて帰る方を選択した。 自分で選んでいる ってところがエグい。 結局何にこだわって何を取り戻そうとしてたのか、、個人的に、もう1人のソフィーがなんかかわいそうで仕方なかった。 誰からも求められてないから。 最後に無意識的に連れ去られてまだ救われたけど。 監督まわりの話と、ある意味家族映画な本作 規模としてはあんまり大きくない。 ほとんどずーっと同じ場所が舞台だし、登場人物もかなり少ない。 そんなこともあって、結構同じようなシーンも繰り返されるから飽きる人はすぐ飽きると思う。 場所としてはすごいキレイで心癒されそうなところだけど、その一方であの不思議な世界を描いているのも割と好き。 一旦ここでチャーリーマクダウェル監督について少し。 父がマルコムマクダウェル(Malcolm McDowell)。 時計仕掛けのオレンジでアレックスをやった人。 母はメアリースティーンバージェン。 メルビンとハワードでリンダをやった人。 バックトゥザフューチャー3作目のドクの恋人って言った方が馴染みがあるかも。 そのメアリースティーンバージェンが再婚した相手が、テッドダンソン。 2016年までルーニーマーラと付き合ってた。 なんでわざわざこんなことをダラダラ書いたかと言うと、メインがマークデュプラスとエリザベスモスでほとんどこの2人が映るけど、脇役として、 セラピストがテッドダンソン、 電話の母親の声がメアリースティーンバージェン、 ロケ地がテッドダンソンとメアリースティーンバージェンの家、 コスチュームデザインはルーニーマーラ となっている。 という身内映画である。 予算を抑えるにはすごく良いと思う。 ちなみにルーニーマーラはBree Danielという名前でクレジットされているらしい。 実は示唆している映画ポスター 観終わった後でもう一回見てみよう。 メガネ。 全然気づかなかったけど。 ということで ザワンアイラブでした。 ランダム 存在の確率(coherence)、 ブルー・リベンジ(Blue Ruin)、 スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方(The Skeleton Twins) なんかも他の人は観ているっぽいです。

次の