コロナ ピン ポイント マップ。 【旅行計画に!】グーグルマップに複数ピンを立てる方法

新型コロナウイルス感染症関連情報:金融庁

コロナ ピン ポイント マップ

「Google Map」はとても便利なのですが、あまり知られていない場所はピンが置かれていないことがよくあります。 せっかくお気に入りの場所を紹介しようと思ったのに、これでは全く意図した場所を伝えることができません。 そこで今回はGoogle Map上に自分の好きな場所にピンを置く方法をご紹介。 自分のお気に入りの場所を共有設定して、あまり知られていない場所をどんどんシェアしていきましょう。 「Google Map」で好きな場所にピンを置くには? 大きく分けて二つの方法があります。 一つ目は、「地図にのっていない場所を追加」させる方法です。 もう一つは、「地図を作成」する方法です。 前者ではピンの色を変更することはできませんが、後者の方法ではピンの色を変更することができます。 やり方 その1 「Google Map」を開き、 住所、もしくはキーワードなどを入力して目的の場所を表示させます。 画面左のメニューをクリック メニューから「マイプレイス」を選択 タブを「マイマップ」に変更する 画面上の地図中でピンを置きたい場所をクリック 続けて右クリックし、「地図にのっていない場所を追加」を選択する 画面左に入力画面が表示されるので、 名前 住所 カテゴリ 電話番号 ウェブサイト 時間 などを入力します。 最後に送信をクリックし、いったん終了。 再びマイマップを開き、先ほど登録した場所をクリックすると、画面下に場所の名前が表示されます。 クリックするとピンが表示されます。 ピンをクリックし、住所をコピーしておきます。 このままスクリーンショットをとり、地図を画像化させることができます。 メニュー内にある「共有」ボタンで地図のリンク先を取得することができます。 しかし、ピンの色は変更できません。 ピンの色を変えるには次に示す「やり方 その2」を参考に作業を進める必要があります。 やり方 その2 画面左のメニューから「マイプレイス」を選択 画面下にある「地図を作成」を選択。 先ほどコピーした住所を貼り付けます。 地図を拡大表示させ、画面中央の「ピン」マークをクリック 場所の名前などを入力し、保存します。 画面左のメニューから「共有」ボタンをクリック。 「アクセスできるユーザー」を「ウェブ上で一般公開 - インターネット上の誰でも検索、閲覧できます」に変更します。 ピンの色を変更 メニュー下の方にある「無題のレイヤ」、「個別のスタイル」のさらに下にあるピンマークにマウスを合わせると、右側の方にマークが表示されます。 そのマークをクリックすることで。 好きな色に変更できます。 地図を印刷する 画面左側にあるメニューをクリック。 次に「地図を印刷する」を選択します。 地図の画像データがほしい場合は、いったんPDFで印刷。 その後、WebサービスをつかってPDFを画像に変換します。 PDFから画像に変換するウェブサービス 印刷すると、このような感じになります。 用紙サイズや出力タイプで大きさや向きを変更することができます。 自分の好みに合わせて印刷してみてください。 地図を画像化することでnoteにも貼ることができます。

次の

【旅行計画に!】グーグルマップに複数ピンを立てる方法

コロナ ピン ポイント マップ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 今年も雨のシーズンを迎えた。 昨年の台風19号や一昨年の西日本豪雨など、日本列島では近年、豪雨による大きな被害が続いている。 命を守るため、住む場所の危なさを普段から知っておき、いざというときに早めに行動することが大切だ。 避難とは「難」を「避」けること 「避難とは難を避けること」「安全な場所にいる人まで避難場所に行く必要はありません」 内閣府は今年、こんな呼びかけをしている。 市町村が決めた場所だけが避難先ではないことや、マンションなどなら自宅にとどまる選択もあることを伝える狙いがある。 国は昨年、大雨の警戒レベルを導入。 わかりにくかった情報をレベル1~5に整理し、移動に時間がかかる高齢者らは「3」、それ以外は「4」を避難開始のタイミングとした。 市町村が避難勧告を出すと「4」になる。 さらに避難指示(緊急)が出ることもあるが、勧告の段階で避難を始めるのが基本だ。 「避難とは難を避けること」と書かれた内閣府の資料。 高齢者らはレベル3で、そのほかの人もレベル4で避難を始めるよう呼びかけている とはいえ、同じ市町村内でも危険度には違いがある。 崖から遠く、浸水しにくいような場所の人まで避難することはない。 そこで今年、内閣府は「危険な場所から」の避難を強調している。 さらに、避難行動を考えるための「避難行動判定フロー」を市町村を通じて配ることにした。 自宅がどんな場所に建っているのか、避難に時間がかかる高齢者らがいるかどうかで変わる行動が流れ図で示されている。 「洪水や土砂災害からの避難では、場所や状況によって適切な行動が多様。 平時から考えておくことが重要になる」と静岡大の牛山素行教授(災害情報学)はいう。 第一歩は、ハザードマップなどで自宅が危ない場所かどうかを確認することだ。 がけ崩れや土石流が心配な「土砂災害警戒区域」や、激しい水流で家が流される恐れがある「家屋倒壊等氾濫想定区域」なら、安全な別の場所へ避難する必要がある。

次の

【旅行計画に!】グーグルマップに複数ピンを立てる方法

コロナ ピン ポイント マップ

新型コロナウイルスがどこまで広がっているかをリアルタイムで確認できるサイトが、米システム科学技術センターによって世界保健機構(WHO)と米国、欧州、中国の疾患管理センターのデータを元に作成されました。 このサイトでは コロナウイルスによる感染者と死者数がリアルタイムで表示され、他にもコロナウイルスについての役立つ情報が載っています。 マスクを安く入手する方法はこちら 現在かなりマスクが枯渇していますので、店頭や大手のAmazonなどでの購入はまず無理です。 ですがAliExPressを使えばまだ安くマスクを購入することが出来ます。 さらに 現在はコードを入力で2100円分のクーポンが発行されますので、 実質無料でマスクを手に入れることが出来ます。 なるべく早めに購入しましょう。 コロナウイルスの対策 現段階でのコロナウイルスに対しての対策は、うがい手洗いマスクなどのインフルエンザと同じような予防で十分とされています。 を確認すると現在では中国全土に広がっている状況が目立っていますが、この 新型コロナウイルスは潜伏期間中にも感染するという事が指摘されているため、日本でも爆発的な感染者の増加が予想されます。 (日本では人から人への感染は確認されていません) 実際に確認済み感染者の増加率を見ると、 日に日にその増加率は上昇傾向にあります。 今は確認されている感染者が少ないですが、 潜伏期間を終えて実際に発症する人が多く出る事も考えられなくないので、細心の注意が必要です。 コロナウイルスオンラインマップの見方 の見方を紹介します。 スマートフォンだと小さく格納されているため、それぞれの右上にあるボタンを押して大きくしてください。 合計感染確認人数 右上の Total Confirmedでは合計感染者数が表示されています。 合計死亡者数、合計回復者数 右上の Total Deathsが合計志望者数、Total Recoveredが合計回復者数です。 赤丸の規模の説明 死亡者数と回復者数の左に3つの四角があります。 その真ん中をクリックすると、 現在の赤丸の大きさに対する合計感染確認者数の確認が出来ます。 更に 赤丸の真ん中にバツ印がある場合は、 そこで死亡者が発生したことを示しています。 地図の種類変更 先ほど紹介したボタンの右では、地図の種類変更が出来ます。 デフォルトではグレー基調の地図が表示されていますが、他にも 航空写真や川などが確認しやすい地図の種類が用意されています。 都市ごとの感染確認人数と死亡者数 合計死亡者数と合計回復者数の下の欄では、 各都市ごとの感染確認人数と死亡者数を確認できます。 感染者の出身地 左上の合計感染確認人数の下では、 感染が確認された人の出身地が表示されています。 感染確認人数のグラフ 右下のグラフでは 感染確認人数がグラフで分かりやすく表示されています。 ここでは 中国本土とそれ以外の土地で集計が分けられています。 地図の見方 メインの地図では赤い丸が都市ごとに表示されています。 この赤丸が大きければ大きいほど感染者が多いという事です。 更に 真ん中にバツ印がある都市では死亡者が発生したという事です。 マスクを安く入手する方法はこちら 現在かなりマスクが枯渇していますので、店頭や大手のAmazonなどでの購入はまず無理です。 ですがAliExPressを使えばまだ安くマスクを購入することが出来ます。 さらに 現在はコードを入力で2100円分のクーポンが発行されますので、 実質無料でマスクを手に入れることが出来ます。 なるべく早めに購入しましょう。 嘘の情報に注意を このような危機的状況の際、 インターネット上で嘘の情報を拡散する人が一定数いますので、そのようなウソの情報に振り回されずに落ち着いて行動してください。 僕の住んでいる北海道で起きた胆振東部地震の際にも多くの人が嘘の情報に振り回されていました。 自分の身の危険を感じる状況で焦るのはわかりますが、 その様なネットに転がっている情報を鵜呑みにしないように気を付けてください。 以下に信用できる情報を提供している所を載せておきます。 他にも信頼できる情報ソースを知っている方はTwitterのリプにお知らせ下さい。

次の