サウシードッグ いつか 歌詞。 Saucy Dog (サウシードッグ) のイケメンボーカル、石原慎也のWiki的プロフィール!年齢や身長、出身高校、彼女についても調べてみた!

Saucy Dog「真昼の月」歌詞の意味とは?

サウシードッグ いつか 歌詞

カラオケ配信決定!!🎉 saucy dog 1st mini album カントリーロード より『いつか』 TRACK LIST M1. 煙 M2. ナイトクロージング M3. ジオラマ M5. マザーロード M6. Wake M7. 04 MASH FIGHT vol. 5 グランプリ獲得 2017. 15 カラオケDAM 配信決定🎤 2017. 08 東名阪対バンツアー 大阪編 2017. 10 東名阪対バンツアー 名古屋編 2017. 17 東名阪対バンツアー 東京編 Special thanks 郡山CLUB 9の皆様 HP.

次の

SaucyDog(サウシードッグ)に注目!代表曲『いつか』の歌詞解説と裏話

サウシードッグ いつか 歌詞

去年のツアー2回申し込んでも当たらなかったのよね… Saucy Dogの人気ぶりが分かるわけよ。 歌詞 手を繋いだのは君の方から ちょっと慣れた素振りに なんか悔しくなったな もっと不器用なとこを見てみたかったの 君の過去がチラついてしまうよ 焦ってたんだ柄にもなく 着飾ってみたり 傷ついてみたり ふわふわ飛んで逃げていきそうで その手を離したら終わっちゃいそうでさ もう心配性 気が狂いそう いっそこのままふたりだけの世界を生きてたいよ そしたらきっと 更なる一歩 ずっと見ていたいよ 君の全部を 果てしない今日からの日々を 過ごそう 作ろう 守ろう 声をかけたのは僕の方から 「一緒に帰ろ」ってたった一言すら 裏返ってしまう 『格好悪いところ嫌いじゃないよ』って 悪戯に笑う君とも今では ずっと楽しい事ばかりじゃないけれど それも愛じゃないかな 危ない時もあるけれど 不器用なのはお互い様で 口ベタな所もその分たくさん話せば良いよ それもふたりに必要な時間でしょ? 「ねぇこっちおいでよ」さっきはごめんね それさえ言えたら何度すれ違っても構わないさ 遠回りしようよ 手繋いでさ もっと近くで これからも僕たちの 天気は気まぐれ 時々にわか雨 やっと築けた ふたりだけの世界はここにあって この手紙には結末は無くていい 君との未来にまだ取っておくよ 拙い僕からの思いを 綴ろう 描こう 繋ごう 作詞:石原慎也 歌詞を解釈 1番 手を繋いだのは君の方から ちょっと慣れた素振りに なんか悔しくなったな もっと不器用なとこを見てみたかったの 君の過去がチラついてしまうよ 登場人物は僕と君の二人。 MVでは男性視点で描かれており、作詞も石原さんが行っていることから、 男性目線で解釈していこうと思います。 ここでは僕の感情が揺れ動いている描写がなされています。 悔しさ、 嫉妬心に起因しているのは君の過去。 自分のモノだけにしたいという 独占欲や、 君を男慣れしていないだろうなと少し下に見ていた 男性心理も写し出されています。 手を繋ぐ仕草だけでここまで感情が振り回される 恋は病という表現は本当に正しいよね。 このことから二人はまだ付き合って初期の段階であることが想像できる。 歌詞中の「その手を離したら終わっちゃいそうでさ」には、 ただ先にある【 別れ】だけではなく、 その後誰かに取られてしまうことの【 虚無感】【 嫉妬心】 を恐れているのではないでしょうか。 もう心配性 気が狂いそう いっそこのままふたりだけの世界を生きてたいよ そしたらきっと 更なる一歩 ずっと見ていたいよ 君の全部を ここでついに今まで心で思ってきた焦燥感や不安、嫉妬心を 自分で見つめることになります。 今まではそれらを感じながらも見つめようとはしなかった。 まるで水中から顔を上げ、大きく息を吸い込むように、 自分の内面に飽和している感情と向き合っている。 それでも結局思うことは変わらず、「君の全部を見ていたい」 焦っている自分、嫉妬している自分を客観視することって恥ずかしいし、 どこか負けたような気分に陥りますよね。 このサビは「心配性」「狂いそう」「きっと」 「一歩」で 韻が踏まれていて聴いていて心地いいね。 2番 声をかけたのは僕の方から 「一緒に帰ろ」ってたった一言すら 裏返ってしまう 『格好悪いところ嫌いじゃないよ』って 悪戯に笑う君とも今では ここでは二人の初期、付き合い始める前のきっかけの描写がなされています。 ただの8文字が裏返るほどに、色んな感情を乗り越えて声をかけたわけです。 この一連の描写から、僕の方はあまり 恋愛に慣れていないのではないかと思います。 だからこそ 君の影に垣間見える過去が より鮮明になる。 「ねぇこっちおいでよ」さっきはごめんね それさえ言えたら何度すれ違っても構わないさ 遠回りしようよ 手繋いでさ もっと近くで これからも僕たちの 歌詞にあるように「それさえ言えたら」に込められた 難しさ、躊躇いが暗示されています。 「遠回りしよう」「もっと近くで」という対立関係からは、いつも物理的には近くにいるのに、ふたりだけの世界を作る、二人が分かりあえるのにはまだ時間がかかるという ジレンマが伺えます。 そんな難しさを手を繋いで乗り越えていこうとする。 まさにタイトルにある「 結」ですね。 天気は気まぐれ 時々にわか雨 やっと築けた ふたりだけの世界はここにあって この手紙には結末は無くていい 君との未来にまだ取っておくよ ここでは二人の関係を天気に比喩している。 最後の二行「結末は君との未来に取っておく」という表現がありますが、 ここから 二人の関係性は良好であり、更に先の展開も広がっていくだろうと予想できます。 ここがスタート地点であり、これから僕はさらに成長していくのでしょう。 一つの恋から描かれる 人間性の変化や 感情の揺れ動きが リアルに映し出された一曲。

次の

Saucy Dogの歌詞一覧リスト

サウシードッグ いつか 歌詞

SaucyDog サウシードッグ とは SaucyDogはボーカル&ギターの石原慎也さん、ベースの秋澤和貴さん、ドラム&コーラスのせとゆいかさんのスリーピースバンドです。 バンド結成が2013年11月となっていますが、2年後の2015年のクリスマス翌日にボーカルを残しメンバーが全員辞めてしまうという過去を持ちます。 その時は本当に苦労したそうですが、「当時の音楽学校の先生のおかげで前を向けた」と石原慎也さんは対談で語っています。 2016年にベースとドラムが加わり、今のスリーピースバンドの形になりました。 当時はお金が無く、車中泊はあたりまえ。 月に10本くらいライブをこなしていたとのことですが、自炊の為に炊飯器持参でツアーを回っていたようです 笑 そんな苦労人であるSaucyDogのメンバー。 1stミニアルバム『 カントリーロード』に収録されている「 いつか」のMVはすでに1600万回以上再生されており、大きな注目を集めています。 『いつか』の舞台、故郷への思い 仰向けになって見た湖 宙に浮いてるみたいってさ はしゃいでる君とその横でさ もっとはしゃぐ僕なら 本当に飛べるような気がしていた ふわふわと夢心地 君の隣 引用:Saucy Dog『いつか』歌詞 この画像の中央左下あたりにある岩の上で仰向けになって、 この景色を逆さまに見ていたのだと思います 画像は歌詞の場所から結構離れています。 画像の宍道湖はあまり光を反射していませんが、風のあまり無い時の宍道湖は水面がなめらかで、車のライトや建物の明かりをキラキラと反射します。 キレイに見えるのは夕方から19時頃。 ちょうど高校生の下校の時間になります。 石原慎也さんは松江農林高校出身なので、自転車でも簡単に行ける距離にあります。 『いつか』の歌詞は高校生時代の思い出を歌ったもののように思います。 「仰向けになって見た湖 宙に浮いてるみたいってさ」っていう歌詞があるんですけど、ここがまさしく宍道湖なんですね。 宍道湖の畔に、岩のオブジェみたいなのがふたつぐらいあって。 そのオブジェ、けっこう大きくて、がんばって大人ひとりよじ登れるぐらいなんです。 夜、それに登って、岩の上に仰向けになって、首を放り出して、逆さに湖を見ていたんですね。 「宙に浮いてるみたいってさ」というのは……向こう岸を走ってるクルマのライトとかが水面に映ってて、どこが水と空の境目かわかんないみたいな。 それを見ていて「宙に浮いてるみたいだね」っていう話をしていたのを、歌詞に書いたんです。 引用: また、歌詞に出てくる『田和山の無人公園』。 石原慎也さんの母校である松江農林高校、その学校の比較的近い場所に田和山遺跡という遺跡があります。 周囲には病院やショッピングエリアが広がっており、学校も複数あるのでよく学生の姿を見かける場所です。 この『田和山の無人公園』は田和山の丘の上にあるのですが、高校生時代の学校の帰り道に立ち寄っていたのかもしれませんね。 『いつか』の歌詞について石原慎也さんは「この曲は奇跡的に歌詞がバーっとかけた」と語っています。 当時の思い出を振り返るようにして歌詞が書けたのかもしれません。 『いつか』の裏話 あるライブのMCで「大切な人が亡くなったときにも音楽活動で通夜、葬儀に出られなかった。 でもここで辞めたら浮かばれないから、遠くの雲の向こうまで歌うことが自分に出来る事だ」と石原さんは語った後、『いつか』を演奏したそうです。 また、あるインタビューでは、「『いつか』はもう2度と会えない人に向けて書いた曲」だとも語っています。 歌詞の最後にある『またどっか 遠くで』。 『またどっかで』なら自然に思えるのですが。 『 遠くで』という不自然な箇所を深読みしてしまいます。 ここではないあちら側、簡単には会いにいけないところ。 もしかすると、もう会えない大切な存在、亡くなった人に向けて歌われた曲なのかもしれません。 まとめ SaucyDog サウシードッグ の魅力は何といっても『 歌詞、メロディー、声』の3要素+ エモさ。 特にメロディーへの歌詞の乗せ方が独特です。 2020年のライブも SOLDOUTの会場が目立ってきています。 彼らを小さな会場で見れるのはあと少しかもしれません。 幅広い年齢層を巻き込んで是非ともブレイクしてほしいバンドです!.

次の