福士蒼汰 横浜流星。 横浜流星、回転“壁ドン”告白とピンクパーカーに視聴者熱狂「4分間のマリーゴールド」第9話

福士蒼汰&横浜流星&伊藤あさひ“特撮ヒーロー”3ショットに「キター!夢の共演」

福士蒼汰 横浜流星

「クールビューティーなルックスを生かし、悪女役のイメージが強かった菜々緒さんが、余命1年の薄幸ヒロインを演じたことでも話題に。 しかし、原作にはない家族愛などを丁寧に描いたこと。 また菜々緒さんの脱・悪女役の演技も好評で、回が進むことにハマる視聴者が増加。 最終回は前話から2・2ポイントアップの9・2%をマークしました」(テレビ誌記者) マスコミを完全シャットアウトの理由 多くの視聴者が涙を流した最終回が放送された12月13日。 渋谷区内のホテルにあるレストランで打ち上げが行われた。 「会場が入っているホテル1階のバーが通常営業をしていたこともあり、主要キャストは人目につかない裏口から会場入り。 また『Yahoo! キャスト陣が会場を後にする際は、再び物々しい雰囲気に包まれたという。 厳戒態勢の甲斐もあり、撮影に成功したメディアはほとんどなかったようです」(同・打ち上げの参加者) 旬なキャストが揃ったとはいえ、ここまでマスコミをシャットアウトするのも珍しいが……。 「 一部のネットメディアに、菜々緒さんが横浜流星さんを狙っているのでは? と書かれたのを気にしたのかもしれません。 横浜さんは今年、飛ぶ鳥を落とす勢いですし、彼女自身もプロ意識が高い女性。

次の

菜々緒が暴露「福士蒼汰の顔に蟻」「横浜流星はポンコツ」

福士蒼汰 横浜流星

中にピンクベージュのカットソーを合わせて肌になじませることで、セットアップを目立たせた。 一見シンプルだが、ジャケットの胸元にはボタニカルの刺繍が施されていて、華やか。 加えてメッシュベルトでコーデに立体感を出し、さりげなくおしゃれを楽しんだ。 テーパードパンツでスタイルアップも! ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系・毎週金曜22時~)の1話特別試写会&キャスト舞台挨拶に登壇した横浜。 「餃子を作るシーンで、作ることに集中してセリフを忘れてしまった」と天然エピソードで笑わせた。 (10月8日) 桐谷健太 総柄ジャケットが超インパクト! 個性派アイテムでインパクトを与えたのは、桐谷健太。 黒をベースにしたコーデではあるが、ジャケットには古典柄がびっしり。 さらに、着物のような質感と鈍い色味が重厚感を引き出した。 インナーはジャケットで使われているピンクと同系色にして統一感を出し、全体にまとまりをもたせたのもポイント。 ブラウンの革靴で外しつつ、コーデを軽く見せた。 桐谷も、『4分間のマリーゴールド』の1話特別試写会&キャスト舞台挨拶に登壇。 「初めて会ったポスター撮影のときから、いい空気感でした」と今作の座組に手応えを。 (10月8日) 柄本佑 足元まで死角なし 茶系をキーカラーにした柄本佑。 トップスはベージュ、靴はブラウン。 さらに、その中間色を単色ではなく柄物のスラックスで加えたワザありスタイルだ。 ちなみに、靴は上部がボアのような素材になっている珍しいデザインで、目を引いていた。 足元までスキのないコーデとはこのこと。 これに合わせたのは、ネイビーのジャケット。 カジュアル感の強い茶系を、グッと引き締めていた。 ドラマ『令和元年版 怪談牡丹灯籠』(NHK BSプレミアム・毎週日曜22時~)の試写会に登壇した柄本。 主演・尾野真千子との共演について「素敵な女優さん。 セリフを交わす一言一言が楽しかったです」と笑みを浮かべた。 ベルトはブラウン、中に着たシャツもよく見ると淡いベージュで、とことん同系色。 白には出せない風合いで、全体的に柔らかな印象だ。 ジャケットやシャツに施されているジッパーが個性的で面白い。 シロと壇上に上がると、「しっかり歩いてくれてよかった!」と安堵の表情。 『4分間のマリーゴールド』で義姉の沙羅に思いを寄せる青年・みことを演じることについて「(好きという)気持ちの押し引きを大事にしながら演じています」と語った。 (10月8日) 撮影/浅野剛、平野哲郎.

次の

福士蒼汰・横浜流星のドラマ打ち上げ、“超厳戒態勢”のウラに菜々緒との「噂」

福士蒼汰 横浜流星

学生時代は意外にもモテなかった?! 福士さんの身長は183センチ。 高校の部活ではダブルダッチに励んでおり、跳びながらダンスやアクロバットもやっていたそうです。 当時からモテていそうですが、実際はそうでもなかったとか。 福士:告白はされたことがなかったから、モテてる感じではなかったです。 有馬:モテるけど、告白を寄せ付けないオーラをもったタイプですかね。 福士:どうなんですかね。 そうだったらいいですけどね(笑)。 女の子は友達になることが多くて、恋人になることはほどんどはなかったですね。 桐谷健太さん、横浜流星、菜々緒が福士に訊きたいこと 福士さんは、『4分間のマリーゴールド』の共演者・菜々緒さん、桐谷さん、横浜さんから届いた質問に答えていきました。 まずは、桐谷さんからの「几帳面で綺麗好きですが、きっちりしないと気がすまない事はありますか?」という質問から。 福士さんは整理整頓が好きで、冷蔵庫に入れた飲み物のラベルは全て同じ方角を向いていないと気がすまないそう。 リモコンも大きな順に並べているそうです。 横浜さんからの質問は「どうやって身長を伸ばしましたか?」というもの。 福士:母親からは「牛乳を飲みなさい」と言われて飲んでました。 あと、寝起きに母が足を伸ばすおまじないをやっていたそうです。 「長くな〜れ」と言いながら足をさすってくれていたことが記憶に残っていますね(笑)。 菜々緒さんからの質問は「ネガティブをポジティブに変える方法」と「福士さんはなんでも調べて教えてくれますが、最近知ったことは?」というものでした。 「ネガティブをポジティブに変えるには体を動かすといい」とアドバイス。 最近調べたのはアミノ酸の魅力ことだとか。 「体の6~7割は水分で、アミノ酸は2割も入ってるんですよ!」という話に始まり、調べたことを力説しました。 福士蒼汰が教える、牡蠣のとっておきの食べ方 食べ物の話では、福士さんが大好きな生牡蠣の食べ方の話になりました。 山瀬:生牡蠣は何をかけて食べる? 私はレモンだけをかけるのが好き! 福士:レモンとか、塩とか、ポン酢をかけることもあるし、カボスもいいですね。 岩牡蠣も好きだし、海外に行っても毎日のように牡蠣を食べます。 海産物が大好きな福士さん。 一番好きな貝はハマグリで、食べ方にもこだわりがあるそう。 それが美味しくて! プライベートな話も盛りだくさん! ドラマ『4分間のマリーゴールド』では菜々緒さん、桐谷さん、横浜さんは兄弟で、福士さんは父の再婚によって兄弟に加わったという役柄。 手を重ねた人の「死の運命」が見えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことを演じています。 ドラマの魅力を訊かれ、「温かい空気が伝わってくる映像にも注目」とコメントしていました。 福士さんの意外な一面も飛び出した今回の放送は、ぜひタイムフリーでお聴きください。 J-WAVE(81. 3FM)で毎週日曜23:00~23:54放送『INNOVATION WORLD ERA』では、女優/創作あーちすと・のん がナビゲートする7月19日(日)の放送に、女優/映画監督の桃井かおりが出演することが決まった。 来年、女優デビュー50周年を迎える、のん憧れの女優/映画監督である桃井かおりとの対談が実現。 女優はもちろん、共に映画監督でもある二人。 今回の対談では、桃井かおりがのんの監督力について語るほか、撮影現場で必要な事など、映画監督としての話も繰り広げられる。 また、桃井かおりがコロナ禍で自身に課した過酷なルール、女優として「絶対NG」を出す意外な役など幅広くお届けする。 当番組は、デジタル音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」にてノーカット版を同時配信中。 Apple Podcasts、Google Podcasts、Spotifyなどの主要なリスニングサービスでも配信となる。 放送および配信をお楽しみに。 【番組概要】 放送局:J-WAVE(81.

次の