コロナ 住宅 ローン 払え ない。 コロナの影響で家賃・住宅ローンが払えない家庭が続出!傾向と対策

【おすすめ】コロナでリストラされた旦那!住宅ローン払えなかったらどうしよう!?主婦はどう支えていく?

コロナ 住宅 ローン 払え ない

こんにちは。 の高橋愛子です。 新型コロナウィルスの影響で「住宅ローンが払えない・・」というご相談が増えてきました。 住宅ローンが払えないのに、オーバーローン状態で売るに売れず、 「もう任意売却するしかないのでしょうか。。 」 「競売になるのでしょうか。。 」 「自己破産でしょうか。。 まずは、なるべく滞納する前に金融機関に相談をしてみることをお勧めします。 金融機関の住宅ローン返済に関する相談のサイトをまとめてみました。 個人の事業性ローン、住宅ローン等にも必要な支援を実施します。 」 とのことです。 このような状況下では支払いができないことは、仕方がないことです。 住宅ローンが払えない、もうダメだ、、と思考停止にならず、 まずは金融機関に相談して、この危機を乗り越えることを考えるべきです。 毎月の返済額が増えてしまい、借り換え、条件変更ができなくなる可能性もあります。 ローン残高全額が一括請求がされてしまい、元に戻れなくなる可能性があります。 まずは、早い段階で金融機関に相談することをお勧めします。 でも、 ・金融機関には相談しにくい、 ・行ったけど門前払いだった、 ・何を相談して良いかわからない、 ・もう既に滞納してしまっている、 ・もう既に多重債務になってしまっている、、など という方は、まずは当NPOにご相談ください。 売却だけでなく、さまざまなアドバイスをさせていただきます。 ご相談はお気軽にお問合せ下さい。

次の

住宅ローンの返済に困ったら?新型コロナウイルス感染症の影響や、自然災害による返済困難の場合は?

コロナ 住宅 ローン 払え ない

1.新型コロナの影響で住宅ローンの返済が難しくなったらどうする? 新型コロナウイルスの影響に伴う「収入減少」や「廃業」により住宅ローンの返済が困難になってしまった人も多いはずです。 このような事態に陥ったら まず最初に「金融機関への相談」をしてみましょう。 返済が難しい状態であることを相談すれば、返済が猶予される可能性があります。 返済が滞る状態を放置してしまうのが最もまずい状況です。 そのまま放置すると、一括請求される、抵当権を実行される等で、最終的にはマイホームを手放さなければなりません。 まずは、金融機関に返済猶予の相談をして、延滞してしまう前に何らかの対策を講じましょう。 2.住宅ローンを提供する金融機関で支援策が行われている 住宅ローンを扱う金融機関側も、収入減によって住宅ローンの支払いが困難になった利用者の増加を見越して、支払いを猶予するなどの緩和策を行っています。 その一部を紹介します。 (1)住宅金融支援機構 住宅金融支援機構と提携する民間金融機関は長期固定金利の住宅ローンプラン「フラット35」について、返済期間を最長15年間延長することを発表しています。 返済期間を延長することで毎月の返済額を減らし、収入減少などに対応します。 対象は「フラット35」と旧住宅金融公庫による融資契約を結ぶ約160万件にも及びます。 主な適用条件については以下のようにまとめられています。 勤務先の業績悪化で収入が減った人、解雇された人、病気で返済が困難になった人• 年収が年間返済額の4倍以下• 特例の適用によって今後の返済を継続できる人• 完済時の年齢は80歳まで 返済期間を延長して毎月の返済額を減らすことができるものの、その分利息によってそう返済額が増えるので注意してください。 また、返済期間の延長の他、一定期間の返済期間を軽減するプランやボーナス返済の見直しなども可能となっています。 詳しくは以下のサイトからご確認ください。 【参照】 (2)滋賀銀行、広島銀行、南日本銀行、沖縄銀行など 滋賀銀行、広島銀行、南日本銀行、沖縄銀行などでは、住宅ローンの返済条件を変更する際に発生する手数料を免除することを決定しています。 (3)北陸銀行、北海道銀行、鹿児島銀行 北陸銀行、北海道銀行、鹿児島銀行では住宅の着工や引き渡しが遅れた利用者に向けて、融資実行日の延期や金利負担を優遇する措置を講じています。 (4)大垣共立銀行 大垣共立銀行では、新型コロナの影響を受けた利用者に向けて「緊急対策ローン」の取り扱いを開始し、10〜50万円の融資を行っています。 (5)ふくおかファイナンシャルグループ ふくおかファイナンシャルグループでは、カードローンの利息分をポイント還元し、実質無料化する対策をはじめました。 (6)北洋銀行 北洋銀行では、カードローンの借り換えによって毎月の返済額の軽減を図ることができます。 (7)三井住友銀行 三井住友銀行では収入状況に応じて毎月の返済額を減らすなど柔軟な対応を行う方針を示しています。 (8)京葉銀行 京葉銀行では収入減少となった利用者の返済期間を延ばしたり、複数の借入を一本化して返済負担を減らしたりする支援策を打ち出しています。 3.住宅ローンの返済に困ったらまずは金融機関に一度相談! 住宅ローンを取り扱う金融機関各社でも、新型コロナウイルスによる収入減少などで返済が困難になった人向けの支援策を講じています。 もし住宅ローンの返済に困っているのであれば、まず一度金融機関に相談して、返済期間の見直しなどを行ってみてください。 返済期間の延長、手数料の免除、金利負担の優遇など、さまざまな措置が受けられる可能性があります。 住宅ローンの返済が滞ってしまうと、最悪の場合マイホームを手放さなければならなくなります。 住宅ローンを組んでいる金融機関のホームページを調べたり、問い合わせを行ったりすることで早めの対策を行いましょう。 金融機関に相談しても厳しい場合には、弁護士を通して債務整理を行うという手段もあります。 債務整理の種類や手法については、下記の関連サイトで解説しています。

次の

【コロナ対策】住宅ローンが払えない場合

コロナ 住宅 ローン 払え ない

コロナショックの影響で住宅ローンが払えない 新型コロナウイルス感染症の影響によって、収入が減ってしまった方は、住宅ローンの返済が滞ってしまう可能性が出てきます。 まず、最初にお伝えしたいことは、返済期日のギリギリまで耐えるのではなく、すぐに借入している金融機関に相談することです。 その「店頭金利」から「優遇金利」を控除した金利が「実行金利」となります。 具体的に数字を入れて例を挙げてみましょう。 例えば、三井住友銀行の2020年4月の変動金利の店頭金利は「2. 475%」です。 そこから優遇金利「2. 0%」を控除した「0. 475%」が実行金利となるわけです。 店頭金利「2. 475」-優遇金利「2. 0%」=実行金利「0. 475%」 延滞してしまうと「優遇金利」がなくなってしまい、店頭金利である「2. 475%」で返済しなければならない可能性があるのです。 4000万円借入・借入期間35年の場合• 金利0. 475%の場合、毎月返済額「103,392円」• 金利2. 475%の場合、毎月返済額「142,462円」 約40,000円も返済額が上昇してしまいます。 そうなったら、借り換えすれば良いと思っても、延滞履歴がついてしまうと借り換えのハードルは高くなりますので注意が必要です。 こうなってしまうと、せっかく金利プランの中で最も安い変動金利を選んだ意味がありません。 住宅ローン延滞の最悪のシナリオは? 住宅ローンを延滞したからといって、すぐに金融機関から連絡が来るわけではありません。 但し、気付かずにいたり… 気付いているのに放置していると… 最悪の場合、競売になってしまいます。 競売になる前に任意売却という選択肢もありますが、いずれにしても一般的な相場よりも何割も低い価格で、自宅が売却されてしまうのです。 競売の場合は強制的なので、絶対に避けなくてはなりません。 詳細は下記リンク先をご参照ください。 コロナショックで住宅ローンの返済が難しい時の対処法 借入先へすぐに相談 先ほどもお伝えしましたが、住宅ローンの返済が厳しいと思ったら、すぐに借入先の金融機関に相談することです。 行政機関へ相談 行政でも相談窓口を設けています。 【厚生労働省】 【金融庁】 公共料金・税金等の猶予措置を確認する 上下水道・NHK、電気、ガス・電話料金や国税・地方税も支払の猶予が認められていますので、各支払先に連絡をしてみましょう。 【総務省】 【国税庁】 社会保険・国民健康保険・国民年金にも猶予制度 労使折半で保険料を負担する厚生年金保険・健康保険料も猶予制度があります。 経営者の方は、確認してみましょう。 【日本年金機構】 個人事業主の方も猶予制度があります。 【日本年金機構】 損害保険・生命保険にも猶予制度 損害保険料や生命保険料にも支払い猶予制度がありますので、加入している保険会社に連絡してみましょう。 生活支援制度の活用 行政による生活支援制度「生活支援臨時給付金」も設置されました。 結果的にどういった制度になるかわかりませんが、情報の把握に努めましょう。 【総務省】 まとめ• コロナショックの影響で住宅ローンの返済に困窮している方は、まずは金融機関に相談すること。 公共料金・電話料金・税金・社会保険・国民年金・損害保険・生命保険にも支払い猶予制度があるので活用しよう。 生活支援制度を活用しよう。 これから住宅ローンを組み方は、くれぐれも無理のない資金計画をたてましょう。 変動金利・固定金利選択型・全期間固定型・フラット35等の金利タイプのメリットデメリットをしっかりと把握して、家賃並みという視点だけではなく、将来の金利上昇リスクや有事の時に備えましょう。 ネガティブ情報を含めて提案してくれる不動産エージェントに相談してみよう。 お気軽にお問い合わせください。 【特集】 コロナウイルスによる不動産市場への影響について ・不動産市場は暴落するのか? ・不動産価格の本質 ・買い時はいつか!? 【売り込み一切なし!情報満載で売り込む暇がありません】 江戸川不動産情報館のセミナーは、不動産購入を「目的」ではなく「手段」にするセミナーです。 セミナーでは、売り込みは一切ありません。 お客様の貴重なお時間を頂きますので、徹底的に不動産の賢い購入術 買ってはいけない物件・不動産価格の決まり方等 、不動産業界の仕組み 不動産屋に騙されない方法等 を時間いっぱいにお伝えします。 その為、物件を売り込む暇はありません。 セミナー受講後、弊社をご利用するかしないかご判断下さい。 不満足の場合は、一切の連絡をしない事をお約束致します。 【セミナーでお話しする内容】 「貯蓄になる家?負債になる家?」「不動産の資産価値とは?」 「生き残る街?捨てられる街?」「買ってはいけない物件」 「バイヤーズエージェントって何者?」「不動産の買い時はいつ?」 「家余り 人口減少時代の家探し」 「不動産業界の仕組み」 「不動産営業マンの思考」 「不動産事業者の大好きな儲かる物件とは?」 「コロナウイルスの住宅購入への影響」 and more.

次の