スカーレット あきこ 役。 NHK朝ドラ「スカーレット」関西弁ネイティブが多い?

【スカーレットキャスト一覧・相関図】追加キャストや子役は?

スカーレット あきこ 役

もくじ• ヒロインの川原喜美子(戸田恵梨香)は、細かいことにこだわらずにお人よしで、失敗や挫折にも負けずに波乱万丈な人生をがむしゃらに強く明るく生きていきます。 喜美子は、1937年(昭和12年)に3姉妹の長女として大阪で生まれます。 なつぞらのなつと1歳違いですね! 喜美子が9才の時に父親・常治(北村一輝)の借金から逃げて、滋賀県に移り住みます。 引っ越したことで、信楽焼に出会い、戦後の女性差別が厳しい中で、陶芸家を志す話です。 男性だらけの信楽焼の陶芸家の世界で、失敗を繰り返しながら、独自の作品を作り出して、陶芸家として成長していきます。 喜美子は陶芸家をしながら、結婚出産、2人の子育ての苦労など、波乱万丈な人生が描かれます。 スポンサーリンク 朝ドラ「スカーレット」の喜美子の結婚相手候補 スカーレットの脚本家の水橋文美江さんは、プロデューサーや監督と好きなものが似ているとインタビューで言っています。 その中で、「イケメンがそんなに好きじゃない」ことを語っていました! しかし、スカーレットに登場する俳優は十分イケメンでした! スカーレットに登場する喜美子の結婚相手候補を紹介します。 大野信作(林遣都) 『スカーレット』新キャストの松下洸平さん。 明るく活発な喜美子とは正反対で、気が弱く引っ込み思案な性格です。 友達がいなかった新作は、喜美子が友達になってくれて、感謝しています。 ところが高校生になって、 彼女を連れて家に帰って来るなど、 思わぬ変化をとげて 喜美子を驚かせます。 いつまでも、喜美子に感謝して、頭が上がらない・・・結婚相手ではないですね! 酒田圭介(溝端淳平) イケメンだったらリツイート! 下働きとして頑張る喜美子に、優しく接して兄のような存在でしたが、ある出来事から思いがけず恋の相手になります。 ある出来事とは、圭介が恋した泉田あき子(佐津川愛美)との仲を取り持つ約束をしたことで、自分の気持ちに気付いた! 喜美子は自分のチクチクした気持ちを抑えて、圭介とあきこの仲を取り持って、2人が仲良くなると落ち込んでいきました。 喜美子の初恋ですが、喜美子の存在が気になるあき子は、圭介に荒木荘を出ることを提案して、圭介は引っ越します。 圭介は「喜美ちゃん好きや。 妹みたいに大事に思ってる。 」と言って、喜美子も告白して別れます。 喜美子の初恋が終わりました。 酒田圭介は結婚相手ではありません。 信楽に新しい風を吹きこむ存在です! 喜美子の人生に影響を与えますが、結婚相手ではありません。 スポンサーリンク 喜美子の結婚相手は十代田八郎(松下洸平) 松下洸平. — 塩顔男子bot shiogaobot しかし、塩顔イケメンの松下洸平さんの役名が「十代田八郎」って似合わなすぎですね! スカーレットのヒロイン喜美子のモデルと言われる神山清子さんの結婚相手は陶芸家です。 結婚相手は、十代田八郎(そよだはちろう)で、松下洸平さんが演じます。 十代田八郎(松下洸平)は、大阪出身で京都の 美術大学 で陶芸を学んでから、学生に陶芸を教えていた経歴があって、信楽にやってきた若き陶工です。 喜美子が21才になって、師匠の深野(イッセー尾形)の元で修行をして3年、念願の絵付け係の一員になりました。 そこに商品開発室の新入社員として出会った十代田八郎、 真面目ですが、 どこか謎めいたところのある青年です。 祖父の形見の大切な絵を売ってしまったことを後悔していて、その絵は喜美子の師匠の深野(イッセー尾形)が書いた風景画でした。 絵が得意な喜美子は、その絵を再現して書いて、八郎にプレゼントした。 そんな縁で、2人の気持ちが通じていって、喜美子が「ほな、付き合ったらええやん」 八郎は好きな人と付き合うなら、結婚を前提にと考えるタイプだったので、喜美子は躊躇しました。 「うち、結婚は考えられません。 」 喜美子は草間(佐藤隆太)と里子のことを考えて、結婚には消極的でした。 しかし、草間に「好きな人が出来ると世界が広がるよ」と背中を押されて、八郎に思いをぶつけました。 父親の常治(北村一輝)に反対されますが、7回も挨拶に行って2人も絆を深めていって、話を聞いてもらえました。 父親としては、安定した職業の人と結婚してほしいとの思いで、九熊陶業にいて欲しいと希望します。 しかし、八郎は人の心を動かす作品をつくる陶芸家になることが夢でした。 そこで、陶芸展で賞を取ることが結婚の条件になりました。 八郎は、陶芸を大学で陶芸を学んで、教えていた人ですが、1回で賞が取れるとは思いません。 脚本家の水橋文美江さんは、 ドラマチックな展開にはしないと言っています。 何回か展覧会に挑戦して、ハラハラ展開になることが予想されます! ドキドキしながら、喜美子と八郎を見守りましょう。 松下洸平さんの今までのドラマや映画の動画を無料で見る方法あります! ラジエーションハウス・レミゼラブル・カラマーゾフの兄弟・映画「Bの戦場」など見れます!.

次の

おっさんずラブ 橘ひな役の佐津川愛美はスカーレットのあきこさん

スカーレット あきこ 役

<スカーレット第5週のあらすじネタバレ> 喜美子は荒木荘の住人に圭介の恋の話をしました。 その結果、荒木荘をあげて、圭介の恋を応援しようと云う話になったのでした。 先ずは、相手の素性調査です。 調べてみると、ゴンの飼い主は、荒木荘の近くにある『さえずり』と云う喫茶店の常連客であることがわかります。 さっそく、喜美子は喫茶店のマスターからゴンの飼い主に関する情報を聞き出しました。 女性の名前は、泉田あき子だとわかります。 あきこの父親の、庄一郎は自分が経営していた会社を息子に譲っていて、今は悠々自適の暮らしをしていたのでした。 喜美子は圭介に仲介役を果たそうかと訊きます。 そうして、『さえずり』で庄一郎を待ち伏せて話をすることを考えたのでした。 喜美子と圭介が『さえずり』で待っていると、庄一郎が店にやってきます。 そこで、喜美子はあき子に会わせて欲しいと庄一郎に直談判するも、相手にしてくれませんか。 店には、雄一郎も一緒にきていました。 その様子を見ていた雄一郎は、喜美子に耳打ちをしたのです。 「ああ云う人は肩書に弱いと思う、、、イ・ガ・ク・セ・イと言ってみたら?」 それを聞いて、既に店を出て行ってしまった庄一郎を追いかけて行って、耳元で囁いてみたのです。 「イ・ガ・ク・セ・イ」 すると、皆が驚く展開となったのです。 その日の夕方、なんと 泉田あき子が荒木荘に圭介を訪ねてきたのです。 予想外の出来事に焦りまくる圭介を見て、喜美子は笑いを抑える事ができませんでした。 しかし、そのうち圭介が落ち着いてきて、あき子との会話が弾み始めます。 すると、何故か喜美子の気持が沈んでいったのでした。 そして、圭介とあき子は食事に出かけていきます。 ふたりが出て行った後、さだと雄太郎とちや子は圭介のことで盛り上がります。 「多少は、色恋沙汰も必要や!圭介は堅物やからな、、、」 ひとりだけだんだん寡黙になる喜美子。 その様子をみていたさだたちはさり気なく気遣ってくれたのです。 そして、ちや子が言います。 「喜美ちゃんわからへんの?恋や、、、それが恋や!」 喜美子が図星を指された瞬間でした。 こうして、圭介はあき子と付き合い始めることになったのです。 しかし、あき子は圭介の傍に何時もいる喜美子の存在が気になって仕方ありませんでした。 そして、あき子は圭介に荒木荘をでるように頼んだのです。 あき子からそう言われた圭介は、抵抗のしようもありません。 「荒木荘を出て大学の寮で暮らす!」 突然、圭介から荒木荘から出ていくことを告げられた喜美子は理由を尋ねます。 すると圭介は言いにくそうに、あき子の嫉妬だと打ち明けたのでした。 「喜美ちゃん好きや!妹みたいに大切に思っている、、、」 それを聞いて笑顔をつくって応える喜美子。 スポンサーリンク 「ありがとうございます!うちも圭介さん大好きや!」 これが、喜美子の初恋が終わった瞬間だったのでした。 喜美子には以前から学校で絵の勉強をしたいと云う望みがありました。 そして、ちや子に相談して複数の候補から活気に溢れ意欲的な美術研究所を選びます。 そこは、週3日のコースがあるので、荒木荘との仕事と両立できそうだったのです。 そして、それをさだに相談すると快く認めてくれたのです。 ちや子の勧めもあって、学校の特別講師も務める世界的な芸術家のジョージ富士川のサイン会にいくことにした喜美子。 そこで思いがけない人との再会を果たしたのでした。 「草間さんや!」 草間は、香港の美術商の通訳をしていたのでした。 喜美子は、サイン会が終わった後に、「さえずり」で草間と話をします。 そこで、草間が信楽から東京へ向かってからの積もる話をするふたり。 そうしている内に、草間が奥さんを探していることを思い出した喜美子。 「奥さんは、見つかったのですか?」 草間は、妻の里子の居場所を突き止めていました。 しかし、里子は別の男と商店街の外れにある小さな食堂を営んでしたのでした。 それを知って、草間は里子に声を掛けられずにいたのです。 「お互いに礼ですよ礼!相手ときちんと向き合って、お互いに礼して、、、」 喜美子は、信楽で草間から教わった柔道の言葉を引用して、里子に会うことを勧めたのです。 そして、その足で一緒に店にいくことにしたふたり。 喜美子は一切の口出しをしない事を約束して、別の席から様子を見ていました。 里子は直ぐに草間に気付きますが、草間は黙って食事を終えます。 そして、人目に付かぬように、 草間の印を押してある離婚届と「幸せに」と書いたメモを残して店を出たのでした。 草間は、その足で東京に戻っていきました。 喜美子は、何か吹っ切れたように少し元気になった草間をみて安心したのでした。 草間は別れ際に、自分の名刺を喜美子に渡していました。 「また、いつかきっと会えるよ!元気で頑張っていれば、、、」 喜美子が荒木荘に戻ったところに、常治から電話が掛かってきます。 「喜美子か?お母ちゃんが倒れた!」 <第5週の感想> 圭介とあき子が上手くいくほど、自分の胸が痛むと云う辛い役割を買ってでた喜美子。 本人は気付いていませんでしたが、荒木荘の住人たち喜美子の恋心が分かっていましたね。 それにしても、草間と偶然の再会はほんの短い間でしたね。 でも、草間はひとつ区切りをつけて東京に戻る事ができてよかった様に思えます。

次の

朝ドラ『スカーレット』あきこ(佐津川愛美)が嫌い!酒田圭介と結婚するの?

スカーレット あきこ 役

朝ドラ『スカーレット』キャスト一覧!追加出演者や子役は? 朝ドラ「スカーレット」の登場人物のご紹介です。 追加キャストの情報が公開され次第、追記していきたいと思います。 ヒロイン 川原喜美子:戸田恵梨香 【信楽焼きの女性陶芸家】 昭和12年大阪生まれの三人姉妹の 長女。 9歳の頃に大阪から滋賀県・信楽に移住し、貧しい川原家を支えるしっかり者。 幼少の頃から信楽焼きに触れ、成長と共に 男性ばかりの陶芸界で、女流陶芸家の第一人者として歩みはじめる。 そして同じ陶芸家の男性と結婚し、独自の信楽焼きを確立しようと奮闘する。 また 二人の子供をそだてるも、最愛の息子とは別離に・・・。 多くの弟子にも愛情をかけ陶芸への道をまい進していく。 細かいことにはこだわらず、お人好しな性格で、絵と柔道が得意。 喜美子の家族 喜美子の父 川原常治:北村一樹 【明るく楽天的な喜美子の父】 大阪出身で、戦争などで家族は亡くなり小学校を卒業後は、丁稚奉公にでる。 亭主関白で、しつけも厳しいが、三人の娘を可愛がっている。 様々な商売に手を出すが、見栄っ張りで酒をおごったり、困った人をほっとけないためお金が溜まらない。 借金から逃げるため、信楽に引っ越し火鉢の運搬の仕事を始める。 性格は明るく、楽天家。 【北村一輝さんプロフィール】 1969年大阪府生まれ。 映画『皆月』『日本黒社会 LEY LINES』、大河ドラマ『北条時宗』『天地人』などに出演。 悪役からコミカルな役までこなす実力派俳優。 喜美子の母 川原マツ:富田靖子 【おっとりした喜美子の母】 大阪の 大地主のお嬢様だったが、商売で出入りしていた常治と知り合い、駆け落ちをして結婚。 おっとりし、粘り強い性格で、夫のやることに文句ひとつ言わずについてきた。 体が弱く、しっかりものの喜美子を頼りにしている。 裁縫の腕が良く、学問もできる。 【富田靖子さんプロフィール】 1969年に神奈川県に生まれる。 大河ドラマ『毛利元就』、朝ドラ『あさが来た』、近年では『逃げるは恥だが役に立つ』、『白衣の戦士! 』に出演。 映画、ドラマを支える名脇役女優として地位を確立しつつある。 喜美子の妹(次女) 川原直子:桜庭ななみ 【自由奔放な喜美子の上の妹】 3歳の時に空襲で一人になったことがトラウマになっている。 わがままで自由奔放な性格で、家の手伝いを嫌い、信楽を飛び出してしまうが、ことあるごとに戻り喜美子にトラブルを持ち込んでくる。 喜美子に比べ、自分は損をしていると思いこんでいる。 【桜庭ななみさんプロフィール】 1992年、鹿児島出身。 ミスマガジン2008グランプリ受賞。 NHK大河ドラマ『西郷どん』、映画『進撃の巨人』に出演し、劇場アニメ『サマーウォーズ』で声優として準主演をつとめている。 川原家の居候 草間宗一郎:佐藤隆太 【謎の旅人】 常治が信楽に連れてきて川原家に居候していた男。 東京出身で大阪の大学を出て、満州に渡り引き上げてきた。 心に傷を負い、空襲で別れた妻・聡子をいまも探し続けている。 喜美子に優しく、温かく接してくれ、子供たちに柔道を教えてくれる。 信楽を去ったあとも、喜美子の人生にかかわっていくキーマン。 【佐藤隆太さんプロフィール】 1980年東京都生まれ。 ドラマ『ROOKIES』、『コンフィデンスマンJP 』、『ミストレス〜女たちの秘密〜』、など人気作に次々に出演。 近年では映画『今日も嫌がらせ弁当』、『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』などにも参加。 信楽の人々 喜美子の幼なじみ 熊谷照子:大島優子 【勝気な喜美子の幼なじみ】 信楽で一番大きな窯元「丸熊陶業」のお嬢様であり、喜美子の同級生。 プライドが高く、ちやほやされるが友達は少ない。 喜美子とは仲が良いような悪いような不思議な関係。 兄が戦死しているため、 婿をとり家業を継ぐことがきまっている。 【大島優子さんプロフィール】 1988年栃木県に生まれる。 アイドルグループAKB48で絶大な人気を誇り、卒業後は映画『紙の月』、ドラマ『東京タラレバ娘』など人気作に出演。 アメリカにも語学留学を果たし、今後さらに活躍が期待されている女優の一人。 丸熊陶業社長 熊谷秀男:阪田マサノブ 【照子の父】 信楽の町でいちばん大きな窯元「丸熊陶業」の社長。 照子には婿養子をとり、次期社長になってもらいたいと願っている。 【阪田マサノブプロフィール】 1965年3月13日大阪府生まれ。 元タイタン所属のお笑い芸人(Z-BEAM)。 『あなたの番です(2019)』早苗の夫役、大河ドラマ『おんな城主 直虎』菅沼忠久役で知られる。 朝ドラ出演は、本作で3度目となります。 照子の母 熊谷和歌子:未知やすえ 【照子の母】 丸熊陶業の社長を夫を持つ、照子の母親。 【未知やすえさんプロフィール】 吉本新喜劇の座員で、吉本興行所属のお笑いタレント。 『都の風』、『ウェルかめ』など朝ドラ出演は、今回で3回目。 番頭 加山:田中章 【丸熊陶業の番頭】 熊谷秀男社長の右腕として丸熊陶業で働く。 秀男に従順で、頭の薄い男。 【田中章プロフィール】 お笑いコンビのプリンプリンの一人。 かつてボキャブラ天国で一世を風靡した。 丸熊陶業の食堂勤務 八重子:宮川サキ 【丸熊陶業の食堂のおばちゃん】 丸熊陶業の食堂に勤務する女性。 噂好きだが、明るく喜美子のことをなにかと気にかけてくれる。 【宮川サキプロフィール】 1969年11月1日生まれの兵庫県尼崎市出身の女優。 朝ドラには、これまで「わろてんか」「ごちそうさん」「カーネーション」「ウェルかめ」など数多くに出演。 短編オムニバスの一人芝居『宮川サキのキャラクター大図鑑』にはファンも多い。 喜美子の幼なじみ 大野信作:林遣都 【大野雑貨店の息子で喜美子の同級生】 川原家の住まいを信作の両親が世話をしたことで知り合った大野雑貨店の息子。 喜美子の同級生であり、性格は 引っ込み思案で気が弱い。 信楽町の役場で働いている。 喜美子が大阪から信楽に戻ってくると、思わぬ変貌をとげていた・・・。 【林遣都さんプロフィール】 1990年滋賀県出身。 映画『バッテリー』で主演として俳優デビュー。 朝ドラは『べっぴんさん』いらい二度目の出演。 喜美子の幼なじみ(幼少期) 大野信作:中村謙心 【中村謙心プロフィール】 2007年10月21日生まれ、兵庫県出身。 アミューズ所属。 信作の母 大野陽子:財前直美 【大らかな性格の信作の母】 信楽の商店街にある大野雑貨店をきりもりしている、信作の母親。 祖母の住まいを川原家に貸してあげたり、世話好きな一面も。 マツの良き相談相手で、喜美子たち姉妹も何かと気にかけてくれる存在。 息子の信作の器量が良いのが自慢で、将来を期待している。 【財前直美プロフィール】 1966年大分県生まれ。 ドラマ『お金がない! 』、『お水の花道』などのヒット作品やNHK大河ドラマに多く出演し、近年ではWOWWOWドラマ『対岸の彼女』、映画『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』に出演。 常治に戦時中に助けられた恩から、信楽の生活を世話する。 常治の良き友人であり、飲み仲間。 【マギーさんプロフィール】 1972年兵庫県出身。 映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』、『探偵はBARにいる』ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜 』、『家康、江戸を建てる』など出演多数。 朝ドラは初出演。 信作に好意をよせる女性 田畑よし子:辻本みず希 【信作にアタックする女性】 「お見合い大作戦」で信作のことを気に入り、つきまとっている。 【辻本みず希プロフィール】 2002年放送のドラマ「ピュア・ラブ」に13歳で出演するなど子役時代から活動。 朝ドラは、「カーネーション」ドアガール役、NHK連続テレビ小説「純と愛」、新婦役大河ドラマでは「おんな城主 直虎」ヒサ役などに出演。 主に舞台で活躍している。 慶乃川善:村上ショージ 【丸熊陶業の陶工】 照子の家が営む丸熊陶業で、働く陶工。 喜美子に信楽焼について、初めて教えた人物。 【村上ショージさんプロフィール】 愛媛県今治市出身。 吉本興業のお笑い芸人。 黒岩富子:飯島順子 【喜美子の近所の住人】 喜美子の家の近くに住む住人。 【飯島順子さんプロフィール】 朝ドラ「あすか」、「カーネーション」、「純と愛」、「マッサン」など多数に出演する名脇役。 黒岩次郎:溝上空良 【近所のガキ大将】 喜美子の同級生。 喜美子が信楽に来て早々に喧嘩をし、ボコボコにやられてしまう。 【溝上空良プロフィール】 ジョビィキッズ所属の12歳。 「火曜ドラマ きみが心に棲みついた」(TBS)星名漣幼少役、映画「ちょっと今から仕事やめてくる」などに出演。 若い陶工 十代田八郎:松下洸平 【謎めいた若い陶工】 喜美子と同じ丸熊陶芸に勤める新入社員。 大阪出身の美術大学を出て、丸熊陶業の商品開発室に採用された。 真面目でミステリアスな雰囲気を持つ青年で、喜美子に大きな影響力を持つ。 釉薬の先生 掛井武蔵丸:尾上寛之 【信楽窯業研究所の武志の先生】 武志の大学の釉薬の先生だったが、信楽窯業研究所に講師としてうつってきた。 武志は、師と仰いでいる。 【尾上寛之プロフィール】 1985年生まれ、大阪府茨木市出身。 『ぴあの(1994)』で子役デビューし、その後「カーネーション」「ひよっこ」など朝ドラ7作に出演。 事務員 石井真奈:松田るか 【信楽窯業研究所の事務員】 信楽窯業研究所の事務員で明るく、ひょうきんな一面を持つ女性。 武志と互いに惹かれあっていく・・・。 【松田るかプロフィール】 1995年生まれ(現在24歳)、沖縄県出身。 「仮面ライダーエグゼイド」のポッピーピポパポ役、「賭(か)ケグルイ」シリーズの皇伊月役で知られる女優。 芸能界に入っての目標は朝ドラに出演することだったが、「スカーレット」の真奈役で叶った。 照子の息子 熊谷竜也:福崎那由他 【照子の息子】 武志と同じ信楽窯業研究所に通う照子の息子。 金髪姿で両親らに反抗している。 【福崎那由他プロフィール】 2001年生まれ、茨城県出身。 幼い頃からキッズモデル・子役として活動し、ドラマ「遺留捜査」で俳優デビュー。 ドラマ「チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください(2019)」、映画「もういちど(2014)」などに出演。 喜美子の弟子 松永三津:黒島結菜 【喜美子の弟子】 喜美子が結婚した後にかまえた「かわはら工房」に弟子入りした若い陶工。 別れた、陶芸家の元カレのことが忘れられない・・・。 芸術家一家で生まれ育ち、東京の美大を卒業し、全国の焼き物を見てきた。 性格は物おじせずハッキリした性格で、川原家に波乱を巻き起こす。 【黒島結菜プロフィール】 1997年3月15日生まれ沖縄県出身。 『マッサン』で朝ドラに初出演、NHKドラマ『アシガール』速川唯役で主演を好演。 喜美子の担任 寺岡先生:湯浅崇 【喜美子の担任】 中3時の喜美子の担任で、百合子も受け持っている。 喜美子や百合子の進学を進めるために、川原家を訪れるが父・常治に反対されてしまう。 【湯浅崇プロフィール】 1998年より関西小劇場で役者を始める。 朝ドラでは、カーネーション』、 『ごちそうさん』、『あさが来た』、『わろてんか』など多数出演。 信楽の絵付師 深野心仙:イッセー尾形 【喜美子の師匠】 喜美子の師匠で、丸熊陶業の社長・秀男に招かれ信楽焼きの絵付師になった元・日本画家。 ユーモアあふれる人物で、弟子の名前もろくに覚えない適当な性格で喜美子をとまどわせる。 しかし心の内に、強い創作意欲を秘めている人物。 【イッセー尾形プロフィール】 1952年福岡県出身。 日本での一人芝居の第一人者であり絶大な支持を得ている名優。 朝ドラ『つばさ』、『まんぷく』などに出演し本作が4回目の出演。 大河ドラマ『いだてん』、NHKスペシャル『 詐欺の子』などNHKとの作品にも多数出演している。 美術学校首席で卒業後、深川のもとで住み込み&無給で働き、1年ほどで一人前の絵付け職人となる。 修行中はよく泣いていたらしい。 【夙川アトムプロフィール】 兵庫県出身の俳優で、R-1グランプリに出場し2009年大会で2位になるなど元芸人でもあった。 『べっぴんさん(2017) 』小山小太郎役、『4分間のマリーゴールド(2019)』岡部医師などに出演。 歌唱力があり、「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」では決勝まで勝ち進んだ。 磯貝忠彦(2番さん):三谷昌登 【深野心仙の2番弟子】 陶工として働きながら深野のもとで寝る間も惜しんで3年修行し、絵付師になった。 体型はぽっちゃりしており、優しい性格 【三谷昌登プロフィール】 京都府出身の俳優・脚本家。 NHK大河『篤姫(2008)』、『西郷どん(2018)』勅使・柳原前光役、NHK時代劇『ちかえもん(2016)』銀介役、朝ドラ『ごちそうさん(2013)』ガス屋・吉村役、『とと姉ちゃん(2016)』出版社社員・扇田役など多数出演。 気が強い直子には頭が上がらないが、お調子者で明るく憎めない青年。 【正門良規(まさかどよしのり)プロフィール】 Aぇ!group(関西ジャニーズ)メンバー。 大阪府出身で舞台『少年たち』などの出演をきっかけに高校卒業後、ジャニーズに入所。 ドラマ出演は『恋の病と野郎組(2019)』以降2作目で、朝ドラは初出演(12月下旬より出演)。 大阪での出会い 新聞記者 庵堂ちゃ子:水野美紀 【大阪での喜美子の新聞記者の友人】 大阪の下宿先で知り合った女性新聞記者。 大ざっぱで、身なりに執着しないが、仕事には一生懸命に取り組む。 喜美子の友人で、女性が社会進出することについて喜美子に影響を与えていく。 自身もあらたな道へと進んでいく・・・。 【水野美紀プロフィール】 1974年に香川県高松市に生まれる。 『踊る大捜査線』シリーズに柏木雪乃役で知名度が上がり、近年では、映画『恋の罪』、ドラマ『奪い愛、冬』、『ミストレス』など幅広い役をこなしている。 医学生 酒田圭介:溝端淳平 【まじめな医学生】 喜美子が働く下宿屋に住む医学生。 育ちが良く、真面目で、一生懸命働く喜美子にも優しく接する。 おかしな下宿屋に住む人の中では、唯一まともな人物 笑。 「第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリ受賞。 映画『赤い糸』、『君が踊る、夏』、ドラマ『仮面同窓会』など出演作多数。 また蜷川幸雄演出の舞台『ヴェローナの二紳士』に主演したときには、初めて女性役を務める。 圭介が恋をする 泉田あき子:佐津川愛美 【大手企業の令嬢】 泉田工業の会長・泉田庄一郎の娘。 父の代わりに犬のゴンを散歩させているところ、喜美子からフンの処理について注意するように頼まれた酒田圭介が一目ぼれしてしまう。 【佐津川愛美さんプロフィール】 14歳の頃にスカウトされホリプロに所属の現在31歳。 「あさが来る」、「家売るオンナの逆襲」、「コンフィデンスマンJP」、など人気ドラマに出演。 NHK「赤ひげ2」、「おっさんずラブ~in the sky~」にも出演を控えている、今注目の女優。 あき子の母 泉田庄一郎:芦屋雁三郎 【あき子の父】 泉田工業の会長。 一人娘のあき子を可愛がっている。 【芦屋雁三郎プロフィール】 ドラマ「裸の大将」であなじみの芦屋 雁之助の三男。 松竹新喜劇に13年間所属し、その後個人事務所を設立。 松竹新喜劇時代の師匠、渋谷天外の勧めで、塩の屋きくおから、芦屋雁三郎に改名。 現在は一人芝居などで活躍中。 謎の下宿人 田中雄太郎:木本武宏(TKO) 【喜美子の癒しの下宿人】 喜美子が働く下宿に住む引きこもりがちな男性。 家賃を滞納している。 もともとは市役所につとめていた。 つかみどころのない性格だが、じつは映画俳優に憧れており端役から挑戦している。 【木本武宏さん(TKO)プロフィール】 1971年大阪府生まれのお笑い芸人。 朝ドラは『ごちそうさん』以来、二度目の出演となる。 女性下着デザイナー 荒木さだ:羽野晶紀 【進歩的な下着デザイナー】 喜美子が働く下宿「荒木荘」の女主人であり、親戚。 戦後の女性ファッションに目をつけ、女性下着のデザインを始める。 進歩的でお嬢様育ちの一面もある女性。 【羽野晶紀さんプロフィール】 1968年京都府出身。 夫は、狂言師和泉元彌さん。 ドラマ『元禄繚乱』、『科捜研の女』、などに出演。 朝ドラは『京、ふたり』以来、二度目の抜擢。 元「荒木荘」の女将 大久保のぶ子:三林京子 【女中業のスペシャリスト】 元「荒木荘」の女中で、喜美子の母さ・だの実家の女中として働いてきた。 今は近所に住んで、たまに手伝いにくる。 喜美子の若さに最初は反対するが、その頑張りを認め女中としてのノウハウを教えていく。 おちゃめな一面ももつ。 【三林京子さんプロフィール】 1951年大阪府出身で、文楽の人間国宝の家に生まれる。 NHKの大河ドラマ『元禄太平記』でテレビデビューし、その後はNHK朝ドラに昭和、平成、令和にまたぎ7作も出演している。 時に厳しく、時に優しくヒロインを見守る役を演じてきました。 その他に、一門初の女性落語家となり、三代目桂 すずめを名乗る。 世界的な芸術家 ジョージ富士川:西川貴教 【世界的な芸術家】 フランスの美術学校に留学経験もある芸術家。 こてこての大阪弁を話し、「自由は不自由やで!」が口ぐせ。 信楽で喜美子と再会し、新しい風を吹き込む。 【西川貴教さんプロフィール】 1970年滋賀県生まれのミュージシャンでT. Revolutionとして知られる。 俳優経験は少ないものの『NHK紅白歌合戦』に7回出場、『おかあさんといっしょ』のスキッパーの声や、『天才てれびくんYOU』などNHKへの出演は多い。 ちや子の上司 平田昭三:辻本茂雄 【デイリー大阪編集長】 荒木荘の住人ちや子のが勤務する夕刊専門「デイリー」大阪の編集長。 ちや子の信頼する上司で、喜美子の働きぶりが気に入り引き抜こうとする。 【辻本茂雄さんプロフィール】 吉本興業大阪本社所属のお笑い芸人。 NHK朝ドラ「あさが来た」山崎平十郎役に出演。 さえずりマスター:オール阪神 【歌える喫茶さえずりのマスター】 荒木荘の下宿の近くにある喫茶店「さえずり」のマスター。 歌声喫茶とは違い、店内のステージで誰でも歌える楽しいお店を営む。 寡黙に働きながら、お客様をよく観察している。 【オール阪神さんのプロフィール】 吉本興業大阪本社所属の大阪府出身62歳のお笑い芸人。 NHK「ごちそうさん」、「マッサン」、「ちかえもん」などに出演。 ドラマの語りは、今回、初挑戦。

次の