ウォーキング ダイエット 1 ヶ月。 [ダイエット日記1ヶ月目] 体重変化と気がついたことまとめ|こまろくNOTE

ウォーキングダイエットの効果が出るまでの期間は?成功のコツは?

ウォーキング ダイエット 1 ヶ月

ウォーキングダイエットをブログするっ! 毎日仕事から帰ったら5キロのウォーキングをしている私。 2か月経過してみて改めてですが、8キロものダイエットに成功しました! しかも! これと言ったリバウンドもなく。 でも、その感触はウォーキング1か月目であったんです。 一度体重が落ちだすとほんと楽しくなります。 だってあれですよ!• 長年着れなかった革ジャンが着れたり• ウォーキング2か月目で私が行った事 ウォーキング1か月目で結構結果が出始めると欲が出てくるんです。 「もっと頑張ればもっと痩せれるんちゃう?」と。 そこで二か月目も継続した事がこれです。 カロリー消費が多くなる様に早歩き• 長風呂で爽やかな汗をかく• 晩御飯は基本リンゴ• ウォーキング専用シューズの力は大きい それぞれをご紹介しますね。 カロリー消費が多くなる様に早歩き これはウォーキングダイエット一か月目と同じ事ですが 大事です。 ウォーキングは普通に歩くより、早歩きの方がカロリー消費は多くなります。 そして、 早歩きをするとこの様な事が起こるんです。 それが 筋肉が付く事。 それは 寒いから. 今歩いている季節は冬の12月。 時間帯は夕方の6時頃になります。 何故寒いのにその様な格好をしているのかと言いますと、 早歩きをする事で体を温める為なんです。 その早歩きを強制的に行うために薄着でウォーキングしています! 歩き始めは 「アカン!寒いわ. 」 とブツクサ言いながら猛烈な勢いで早歩きするんです。 すると. ウォーキングしていると体感するんですが、どんどんテンションが上がってくるんです! なので寒いのに関わらずウォーキング後は汗をかいている自分がいます。 長風呂で爽やかな汗をかく 私、ウォーキングを始める前からお風呂は熱めで若干長風呂でした。 すると結構な汗をかきます。 なので風呂上りは結構体重が落ちるんですが、水分補給をするのでまた元通りの体重に. それの繰り返しでした。 でも、 ウォーキングしてからは違うんです。 同じお風呂の入り方でも 体重が徐々に落ちていくんです! 水分補給しても一週間単位でみれば、やっぱり体重が落ちているんです。 晩御飯はリンゴ 晩御飯も抑えています。 せっかくダイエットしているのに食べ過ぎたら元もこうもありませんから. で、私がしている事は リンゴが主食。 最初、これが凄く切なかったんです. 「なんで頑張って仕事してきたのに晩御飯がリンゴだけなん. 」 「悲しい. 」 その様な気分でした。 でも、私が目指しているのはダイエット。 悲しんでいる場合じゃないんです! それが目標なんです! なのでダイエットにコミットした結果、リンゴを晩御飯に選んで食べています。 でも、リンゴってかなりお腹が膨れるんですよ! 果物なのにある程度食べるとお腹が一杯になるんです。 ウォーキング専用シューズの力は大きい ウォーキングにおいてシューズはかなり重要です! それは、• 歩き易さ• 足の疲れ• 筋肉痛• 腰痛 これらが全く違うんです。 参考にしてみて下さい 何より歩くと絨毯の上を歩いているような感覚になるので歩くのが 楽しくなるんです。 やっぱり何でも継続するには楽しいって気持ちは大切! なので、ウォーキングシューズは是非お勧めです。 私はウォーキング2か月目でこれらを実践した結果、おかげさまで8キロのダイエットに成功しました。 では、最後になります。 まとめ 今回、ウォークングダイエット2か月目の結果を報告してきました。 継続は力なりですね! よく聞くダイエットによるリバウンドも無く順調に体重が落ちてきてます。 もう一度おさらいしますね。 【アルコール消毒液が入手困難な人へ】 新型コロナウイルスの影響で、 アルコール消毒液が何処を探しても売りきれ状態です。 ・ いつお店に行っても入荷待ち ・ ネット通販で買おうとしても高い ・ どの消毒液が良いのか分からない ・ 肌荒れが心配 この様な事で悩んでる方も多いでしょう。 そこで、 ご自身で市販の塩素系漂白剤を希釈して消毒液を自作する方がいるかも知れませんが、これらの液は 手指に使えないうえに有毒ガス発生のリスクもあります。 これって良くないですよね. そんなときは 市販の次亜塩素酸水を使ってみてはどうでしょうか? その理由は、 ・ 大手企業を含む500社以上で採用 ・ 強力な除菌効果をもつ ・ スプレーで目や口に入っても安全 ・ アルコールに弱い赤ちゃんでも使用可能 ・ 粘膜や皮膚への安全性を確認済み カンファペットは、「人間用の次亜塩素酸水をペットが使用しても問題ないように改良した消臭・除菌用の衛生水」です。 人が使っても大丈夫で、 ペット用カテゴリーの商品なので売り切れておらず、通常価格で入手可能です!.

次の

ウォーキングを1ヶ月続けると効果はでる?1日30分でOK?|シリモノ

ウォーキング ダイエット 1 ヶ月

ウォーキングダイエットで痩せない理由 ウォーキングダイエットで痩せない理由は何だと思いますか? まず「ウォーキングダイエット」と聞いて、あなたは何を連想するでしょう。 ワタシなら「あまりキツくなさそう」とか「私でも続けられそう」というイメージです。 そうです。 かつてのワタシも、そのような感覚でウォーキングダイエットを始め、そして痩せないから挫折しました。 そして最近またウォーキングダイエットを始めて感じたことは、「あの頃のやり方じゃ、痩せるわけないな」という感想です。 では何がいけなかったのでしょうか。 遊歩道など楽な道ばかり歩いていた ワタシはもともと散歩が好きなので、本当の散歩感覚で遊歩道などの気持ちの良い道をウォーキングしていました。 もちろん気持ちの良い道を歩くのは良いのですが、それだけではウォーキングダイエットの効果が出ることはありません。 もちろん少し早歩きくらいは意識していましたが、それでも期待していた効果を得ることはできませんでした。 その理由は 「いつもと同じ歩き方」だったからです。 ウォーキングの時間が短かった ワタシがウォーキングダイエットに失敗したのは、もう15年くらいも前ですが、当時から「運動後15分から脂肪が燃焼し始める」と言われていました。 だから最低でも15分以上はウォーキングをしようと、 30分程度の時間をかけてウォーキングしていたのです。 それでもウォーキングダイエットの効果が出ることはありませんでした。 今ダイエットをしている人も、30分くらいを目安にウォーキングしている人が多いのではないでしょうか。 でも残念ながら、それでは時間が短すぎるのです。 ウォーキング以外のことを何もしていなかった ワタシがウォーキングダイエットをしていた頃は、ウォーキング以外のことを何もしていませんでした。 食事量を多少は減らしていましたが、友人と飲みに行くことも多かったですし、食事も2食は確実に食べていました。 ウォーキング以外の運動もしていなかったですし、歩いていたのは夕方から夜にかけてです。 休日は朝から歩いていましたが、いつもの夕方には歩きません。 このウォーキングダイエットで痩せない理由は、いくつか思い当たります。 でも一番の理由は、 「他の運動と併用しなかったこと」です。 ウォーキングダイエットの効果が出るまでの期間 ウォーキングダイエットの効果が出るまでの期間は、割と長いというのは認識している人も多いでしょう。 でも正しいウォーキングダイエットのやり方を実行していれば、思っているよりも効果が出るのは早いです。 長い間、運動をしていなかった人でも、3週間くらいから何かが変わり始めたという実感があり、一ヶ月くらいから代謝がアップしたことが確実にわかってくることでしょう。 つまり ウォーキングダイエットの効果が出るまでの期間は「一ヶ月」です。 でも正しくは 「効果が出はじめる時期」であって、一ヶ月すれば痩せるというのではありません。 ウォーキングダイエットの正しいやり方 では、正しいウォーキングダイエットのやり方をご紹介しましょう。 痩せないウォーキングの失敗を活かして、効果の出る方法を見つけました。 脂肪燃焼は15分から始まると言われていますが、それはやり方や体質によって大きく変わります。 だからあまり参考にはなりません。 本当にウォーキングダイエットを成功させたいのなら、正しいやり方を知ることから始めましょう。 そして「ウォーキングダイエットはそれ程楽ではない」と認識することです。 でもツラいばかりでは、ダイエットは成功しません。 ツラいけど、楽しみながらウォーキングをすることです。 そのためには 「歩く道を選ぶ」ことや 「体重重視のダイエットをやめる」ことです。 ウォーキングダイエットは、これからのあなたの人生を変えるほど楽しいものだと実感して続けてください。 ウォーキングは有酸素運動ということは、多くの人が知っているでしょう。 でも 有酸素運動だけでは痩せないのです。 これはウォーキングに限らず、他の有酸素運動も同じです。 水泳、軽いジョギング、自転車なども、それだけでは痩せられません。 では無酸素運動とは何か。 わかりやすい例で言うと、短距離走や筋トレなどです。 でも今回は、あくまでもウォーキングのみで、無酸素運動を取り入れていきますのでご安心を。 ではウォーキングでの無酸素運動とは何か。 それは、 「急な坂道」と「階段」です。 ウォーキングダイエットを1時間やる間に、坂道や階段のコースを取り入れるのです。 これで自然に無酸素運動を行うことができるでしょう。 そうしないと、ウォーキングダイエットで痩せることはできません。 だから初心者は一日置きに行いましょう。 一日のインターバルを置くことで、 体の修復ができます。 筋肉痛や疲労を取り除くことができるのです。 筋肉痛や疲労が残ったままでは、ウォーキングダイエットの効果が半減してしまいます。 とは言っても、一日以上インターバルを置いてしまうと、今度はせっかく動き始めた代謝がストップして、元に戻ってしまいます。 ですからウォーキング後には、 筋肉をほぐすマッサージとストレッチを行いましょう。 そしてお風呂で体を温めて、疲労をとり、体調を崩さないようにすることです。 でも厳しい食事制限ではありません。 むしろ厳しい 食事制限はしないでください。 もちろん今まで食べ過ぎていた人は、多少食事量を減らすことは必要です。 適切な量にするようにしましょう。 そしてジャンクフードをやめます。 お菓子や即席ラーメンなどですね。 ファーストフードもそうですが、2週間に1回くらいならギリギリ許容範囲です。 脂っこい食事もなるべく控えるべきですが、禁止ではありません。 肉は絶対に食べるようにしましょう。 主食は 白米から玄米に切り替えます。 これは絶対に行ってください。 もし玄米が嫌いなら、雑穀米にしましょう。 玄米よりも食べやすいです。 玄米は硬いので、良く噛むことを忘れずに。 胃腸を壊します。 野菜は積極的に食べるのは、言うまでもありませんね。 玄米にも便秘解消効果もありますが、おかずには 発酵食品を1品は摂り入れてください。 これで ダイエット特有の便秘になることはないはずです。 でも体重重視のダイエットは、そろそろやめましょう。 はっきり言ってウォーキングダイエットは、体重はそれほど落ちません。 でも長期的に見ると、体重も確実に落ちますよ。 それよりも嬉しい効果は、 体型が劇的に変わることです。 筋肉量が増え、脂肪の量は減り、代謝がアップして、血行が促進され、冷え性も改善し、生活習慣病の予防にもなります。 つまり 健康と美容の両方が手に入るのです。 だから リバウンド確実な短期ダイエットをやめて、長期的なダイエットに切り替えましょう。 きっと人生が変わりますよ。 ウォーキングダイエットはライフスタイルにする ウォーキングダイエットの効果が出るまでの期間は、約一ヶ月です。 でもそこで終わりにすると、また太り始めます。 だからウォーキングダイエットをライフスタイルにすることをおすすめします。 ダイエットは健康管理の一環です。 年齢を重ねるごとに増える病気の予防にもなります。 それに仕事の前にウォーキングすることで、一日を活き活きと過ごすことができます。 程よい疲れで多少は眠くなることがありますが、体は元気に満ちあふれます。 これからの人生を健やかに過ごすためにも、ウォーキングダイエットをライフスタイルにすることをおすすめします。

次の

発表します!ウォーキングダイエットを1ヶ月続けた効果とは?│GLP

ウォーキング ダイエット 1 ヶ月

普段は軽い筋トレくらいしかしていない私。 健康とダイエットのために、1日1万歩を目安に歩くといいと聞き、試してみることにしました。 「1万歩のウォーキング」がどれくらいかというと、身長150cmの私で、距離は5kmくらい。 消費カロリーは300kcalほどです。 筋トレを有酸素運動であるウォーキングに変えることで、どんな効果があるのか、1ヶ月間チャレンジしてみました! 私が実践した1万歩ウォーキングのやり方とポイント 私は、毎朝6時くらいに起きて、朝食の前にウォーキングをしました。 お腹が空っぽの状態で歩くと、体が軽くて歩きやすいです。 食事をしてからウォーキングをしてもいいのですが、お腹を少し休ませてから始めるようにしましょう。 夜にウォーキングをする場合は、寝る2時間前までに済ませてください。 寝る直前にウォーキングをすると、体が興奮して寝つきが悪くなってしまいます。 雨の日は、雨靴を履いて傘を差して歩いたり、お家の中で家事などをして動き回るようにしました。 ウォーキングコースの選び方 私の場合、1万歩ウォーキングに1時間近くかかっていました。 いつも同じルートを歩くのではなく、新しいところを探検しながら歩くと楽しめます。 できるだけ高低差がある道を選びましょう。 そうすることで違う筋肉を鍛えることもでき、効果を早く実感できます。 ずっと平らな道を歩くよりも、カロリーの消費も増えます。 また、信号が多い道は避けましょう。 信号待ちがない方が、自分のペースで快適にウォーキングができます。 夜のウォーキングを行われる方は、安全のために人通りが多いところを選びましょう。 正しいウォーキングのフォーム 劇的なダイエット効果はなかったものの、体重は1kg減りました。 一番効果があったのは、脚の引き締めです。 太ももとふくらはぎが引き締まり、筋肉がついたことで、ウォーキングも楽になりました。 健康効果 ウォーキングを続けたことで代謝が上がり、冷え性も改善。 体がポカポカするようになりました。 自然と、健康にも気を使うように。 移動の際も、車よりも徒歩を選ぶことが増えました。 効果の反面、デメリットも 効果があった反面、デメリットもありました。 最初は楽しんでやっていたのですが、1週間目からすでに飽きてきてしまいました。 ウォーキングは時間がかかるため、忙しい日は1万歩を達成するのは難しかったです。 忙しくても毎朝時間を作らないといけないことにストレスを感じました。 室内での手軽な運動を好む私にとっては、外に出て運動するのも億劫でした。 天候にも左右されるため、雨の日はモチベーションを維持するのが大変でした。 長時間の運動は私には向いていないと感じ、これ以上は続けることはできませんでした。 以下の記事では、家の中でできる有酸素運動を紹介しています。 私のように外に出て運動するのが続かなかった人におすすめです!.

次の