易出血 看護。 脳出血‐見て!わかる!病態生理と看護【花子のまとめノート】

感染リスク状態の看護計画と書き方

易出血 看護

はじめまして。 私も血液内科に勤務している看護師です。 急性骨髄性白血病の寛解導入療法後の出血傾向についてご質問ありがとうございます。 患者さんも初めての事で動揺してしまっているのですね。 しっかりと状況を把握し、出血傾向時の看護について一緒に学んでいき、患者さんを支えていけるようになりましょう。 まずは、急性骨髄性白血病の寛解導入療法後になぜ出血傾向が起こるのかについてお話します。 急性骨髄性白血病の寛解導入療法とは 急性骨髄性白血病の寛解導入療法は、白血病細胞でいっぱいになった骨髄を抗がん剤を投与することによって、正常細胞も含めて徹底的に白血病細胞を失くす事を目標にして行われます。 寛解導入療法を開始してから約14日後には、抗がん剤の効果で造血機能が低下し赤血球、白血球、血小板が減少します。 その時期に、出血傾向が起こります。 他にも、感染や貧血などの合併症が発生しやすいために注意が必要です。 寛解導入療法後の血小板数検査値とリスク 次に検査値についてです。 検査値を把握できると看護ケアが見えてきますね。 出血傾向時の看護 次に急性骨髄性白血病の寛解導入療法後の出血傾向時の看護についてお話します。 看護目標としては、出血の兆候を早期に発見し対処する事、新たな出血を起こさない事、患者さんが出血の予防行動の必要性を理解し実行できる事、が大事になってきます。 出血の兆候を早期に発見し対処できるためには、アセスメントが重要になります。 観察点と症状について以下に記します。 看護ケア 1)転倒、打撲、外傷予防 患者さんの行動範囲の整理整頓、ベッド柵の取り付けを行います。 深爪をしないようまた、髭剃り時に傷を作らないように髭剃りはシェーバーを使用してもらう等を説明します。 2)摩擦や機械的刺激の予防 清潔ケア時には強く摩擦しません。 ハブラシは柔らかい物を使用し、静かにゆっくりと磨きましょう。 また、歯肉出血が見られるときにハブラシは使用せず、含漱のみにする等を説明しましょう。 3)うっ血の予防 長時間の起立や同一体位を避けます。 衣服類は締め付けの緩いものを着用するように伝えます。 血圧測定時や採血時の駆血は短時間にしましょう。 4)怒責や咳嗽の防止 便通を整えて、便秘を予防します(食事の工夫、起床時の冷水飲用、緩下剤の使用、腹部の温罨法、メンタ湿布の使用等)。 室内の温度・湿度の調整や鎮咳薬を使用します。 医療処置後(採血等)のケア 注射や採血時にはなるべく細い注射針を使用します。 抜針時には確実に止血をし、止血後の強い圧迫は避けます。 出血が見られている時には、ボスミン綿球で圧迫し止血を図ってください。 1)出血時のケア 出血部位に氷嚢、氷枕をあてます。 四肢に出血症状が見られた場合は、出血部位を高くしましょう。 喀血が見られたときには、病巣部を下にして半側臥位にします。 鼻出血が見られたときには、頭部を高く保ちながら尾翼を圧迫します。 綿球等での圧迫でも止血が難しいときには、ボスミン綿球を使用します。 吐血や喀血が見られたときには、安静臥床とし会話を制限します。 また、どの状況であっても医師への報告を忘れずに行いましょう。 2)患者さんへの精神的ケア 特に目に見える出血は患者さんの不安が大きくなりやすいです。 血液が身体や衣服についた時には、速やかに取り除くようにしましょう。 また、状況をわかり易く説明し、患者さんが落ち着くまで寄り添って支えましょう。 また、出血症状が見られたときには、すぐに看護師へ連絡をするように伝えましょう。 ご家族へも、出血時の対処方法を伝えていきます。 おわりに.

次の

【医療従事者の方、至急お願いします】

易出血 看護

ざっくり内容を見る• 好中球数と重症感染症発生率 好中球は白血球の一つであり、生体内に侵入してきた細菌を貪食することで殺菌を行うことで、感染を防ぐ役割を担っています。 よって、好中球が減少すると 感染しやすくなります。 好中球数と重症感染症の発症率は以下の通りです。 好中球は 500未満になると感染症の発症率が急激に上昇するため、500未満を目安に 感染症対策を行なっている施設が多いです。 このような患者さんと関わる機会がある方は、マスク着用や手洗いうがいなどの標準予防策をしっかり行いましょう。 血小板数と出血リスク 血小板は組織が損傷した際に止血する機能を担っています。 低下に伴い 重篤な出血のリスクが上昇していきます。 【15-45万】制限なく普通の活動 【 5-15万】漸増抵抗運動、水泳、自転車 【 3-5万】中等度活動運動、ROM、低負荷での筋力増強(約0. 5-1kg、重たくない抵抗、等速性)、歩行、水中運動、エルゴメータ 【 2-3万】セルフケア、低負荷(自動・他動)、基本動作 【 <2万】主治医の許可の下、歩行とセルフケア(耐久性やバランスの安全を保つために必要であれば介助下)、最小限の注意深い運動・活動、必要最低限のADLのみ 血小板数のボーダーラインは 3万を切ったところです。 特に、リハビリテーション時や日常生活時には転倒による頭部打撲・頭蓋内出血の発生、ベッドサイド周囲の環境での打撲や関節可動域時の内出血、過度の血圧上昇による全身の出血などのリスクが伴います。 このように簡単な動きの際にも出血が起こる機会があるため、十分に注意しましょう。 ヘモグロビン量と貧血症状 ヘモグロビンは肺から取り込んだ酸素を全身に送る役割を果たしています。 低下すると 全身の組織の酸欠症状が起きます。 また、慢性的に貧血になっている患者さんでは、低酸素状態に慣れており自覚症状が乏しい場合がありますので、適宜 心拍数などの身体所見の確認を行いましょう。 骨髄抑制(血球減少)への対応 上記の数値はあくまで 目安です。 同じ血球数でも患者ごとに反応は異なり、他の要因によってリスクも異なってきます。 年齢、その他合併症、心肺機能、治療内容、どれぐらいの期間その値が持続しているのかなども考慮し、患者さんの生活をどのように支援するのかを他職種で考えましょう。 病院で遭遇する整形疾患は勿論、女性特有の腰痛からアスリートまで、様々な腰痛治療に対応できる内容!臨床を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、腰痛治療が苦手なセラピストもそうでない方も必見です! 実践!ゼロから学べる足マガジン 本コンテンツでは、ベテランの足の専門セラピスト(理学療法士)6名が足に特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術を提供してくれる月額マガジンです。 病院で遭遇する足の疾患は勿論、小児からアスリートまで幅広い足の臨床、エコー知見などから足を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、足が苦手なセラピストもそうでない方も必見です! 実践!ゼロから学べる肩肘マガジン 本noteマガジンはCLINICIANSメンバーもみんな認めるベテランの肩肘治療のスペシャリスト(理学療法士)5名が肩肘の治療特化した機能解剖・評価・治療などを実践に生きる知識・技術として提供してくれます。 EBMが重要視される中、それに遅れを取らず臨床家が飛躍的に加速していくためにはEBMの実践が不可欠。 そんな問題を少しでも解決するためにこのチャンネルが作られました。 将来的に 大学や講習会のような講義が受けられるようになります。 なお、一般の方向けのチャンネルも作りました!こちらでは 専門家も勉強になる体のケアやパフォーマンスアップに関する動画を無料で公開していますので合わせてチャンネル登録を! 腰痛治療が苦手なセラピストは非常に多く、以前のTwitterアンケート(回答数約350名)では8割以上の方が困っている、35%はその場しのぎの治療を行っているということでしたが、本コンテンツはそんな問題を解決すべく、CLINICIANSの中でも腰痛治療が得意なセラピスト(理学療法士)4名が腰痛に特化した機能解剖・評価・治療・EBMなどを実践に生きる知識・技術を提供してくれる月額マガジンです。 病院で遭遇する整形疾患は勿論、女性特有の腰痛からアスリートまで、様々な腰痛治療に対応できる内容!臨床を噛み砕いてゼロから教えてくれるちょーおすすめコンテンツであり、腰痛治療が苦手なセラピストもそうでない方も必見です!.

次の

白血病患者の看護計画

易出血 看護

血栓性静脈炎の症状• 刺入部の発赤• 刺入部の腫脹• むくみ• 血管の痛み 血栓性静脈炎は 点滴の刺入部位に見られることが多いので、 術後は点滴刺入部位の観察も行います。 刺入部の発赤、腫脹だけでなく、点滴の滴下不良、点滴漏れなどがないかも確認します。 膀胱留置カテーテルによる尿路感染症 尿路感染症は、尿道や膀胱内に起こった感染症のことであり、 術後3日以降に見られることが多いです。 尿路感染症のメカニズム 全身麻酔で手術時間が長くなると予測される場合、 膀胱留置カテーテルを挿入します。 膀胱留置カテーテルは異物であり、 蓄尿バッグを介して外と繋がった状態になります。 膀胱留置カテーテルを挿入するときは 無菌操作で行いますが、 陰部からの分泌物や細菌がカテーテルを介して尿道、膀胱内に入り込み感染を起こしてしまいます。 尿路感染症の症状• 下腹部の疼痛• 灼熱感• 尿の混濁• 尿中の白血球(+)• 尿中の細菌(+) 尿路感染症では、 微熱や尿の混濁によって気づくことも多いので、バイタルサインと尿の観察がポイントになります。 手術部位感染は手術操作による感染 手術部位感染は、手術中の操作により起こる感染のことをさし、 術後1週間前後に発症が見られます。 手術部位感染のメカニズム 手術部位感染は、 手術部位に起こる感染のことであり、様々な要因が考えられます。 手術による要因としては、 手術時の手洗いや術前除毛、器具の滅菌や異物挿入、手術手技などが挙げられます。 また、 消化管の手術では不潔部位の操作が行われるため、 手術部位感染も起こりやすいと言われています。 手術部位感染の症状 手術部位感染の症状は以下の通りです。 手術部位感染の症状• 切開部からの排膿• ドレーンからの排膿• 局所性の腫脹• 白血球数の増加• CRP値の上昇 術後はドレーンを留置することが多く、 ドレーンからの情報が早期発見のポイントになります。 感染を起こしている場合は、 排液が混濁し、濁ったような変化が見られます。 また、検査データも合わせてチェックしておくことが大切です。 術後感染が起こってしまったら? 術後感染は早期発見し、 適切な対処を行うことが必要になります。 患者さんの観察で、 感染が疑われるポイントが発見されたら、 すぐに主治医に報告を行います。 発熱などの症状の場合は、感染の原因を特定するために採血を行い、検査データから特定します。 治療方針としては、患者さんの免疫機能を高めるとともに、抗菌薬による治療の管理と 感染した創傷部へのケアを行います。 術後感染は予防することがポイント 術後感染は、 感染を起こさないように 予防することが大切になります。 手術部位へのケアでは、スタンダードプリコーションに従って、 無菌操作で実施します。 また、ドレーンが挿入されている場合は、 排液バッグの高さや屈曲や圧迫による閉塞に注意することが大切です。 カテーテル類は、刺入部位の観察、交換時の消毒などを確実に行い、 尿路感染を予防するために 清潔ケアの実施も必要になります。

次の