簡単なドット絵。 Excelでも作れる!絵がヘタでもドット絵を作る方法

どうぶつの森で好きな画像を簡単にドット絵にする方法【あつまれどうぶつの森】

簡単なドット絵

画像を右クリックして、サイズ変更 カメラ機能を使おう ここまで出来たら、そのまま絵を作り始めても良いのですが、絵がヘタな人(注:ワタクシ)向けに、カメラ機能というのを使ってみましょう。 エクセルの機能の中では、かなりマイナーな機能ですが、たまには使えます^^ (多用されている方は多用されているようですけど) カメラ機能とは何かというと・・・ 通常エクセルの画面のスクリーンショットを撮ると単なる画像になってしまいますが、カメラ機能を使うと元の範囲とリンクした画像が表示されます。 リンクした、というと分かりにくいと思いますが、元の値を変更したら、その画像の中の値も変わっていきます。 後で動画を作っていますので、見てみて下さいね。 カメラ機能のボタンを作る カメラ機能はマイナーなので、普通の状態だとボタンが表示されていません^^ 以下のようにして、ボタンを表示させてみて下さいね。 ペイントに貼り付け これで完了です。 最後に 今回は、エクセルを使ってドット絵を作る方法を紹介しました。 「お絵かきロジック」のようなものだったら、すぐに作れそうです。 あと、私は娘がいますが、女の子がやるビーズ遊びの下絵を作るのには良いですね。 会社の地図を作ったりするのにも使えると思います。 (Googleマップを画像にして、参考にしながら作る) 作ってみると、やっぱり分かりやすいドット絵にするのは大変ですね。 やっぱりプロの仕事です。 私は、初代ファミコン世代(MSX派・・・と言っても分からないかもしれません)ですが、ゲームを作られていた方は本当、尊敬です。 今回作ったフォーマットは、こちらからダウンロードできます。

次の

簡単!ドット絵のGIFアニメーション作り!【Piskel編】

簡単なドット絵

EDGEのはじめかた EDGEは、配布元の「」さんからダウンロードすることができます。 配布元の「」さんにアクセスします。 「ダウンロード」をクリックするとダウンロードができます。 ダウンロードしたファイルを解凍し 「edge」をダブルクリックします。 EDGEが起動します。 これでEDGEを使うことができます。 最初の設定 EDGEが起動したら、使いやすいように設定していきます。 ドット絵を描くキャンバスをつくる 1. まずはドット絵を描くキャンバスの設定をしていきます。 「ファイル」から「新規作成」をクリックします。 キャンバスのサイズを設定する画面になります。 つくりたいサイズが決まっている場合は「横幅」「縦幅」に任意の数字を入れます。 ですので、最初のうちは「小さいキャンバスでつくって徐々に慣れていく」という形で練習していくのおすすめです。 キャンバスのサイズを決めると、このようなウインドウが表示されます。 これが、ドット絵を描くキャンバスになります。 ・・・が、このままでは真っ黒でよくわからないので、見やすいようにキャンバスに色をつけます。 キャンバスの背景色をきめる キャンバスの背景色は、 カラーパレットのいちばん左上から設定できます。 カラーパレットが表示されていない時は、メニューバーの下の パレットのアイコンをクリックします。 このいちばん左上の色が、キャンバスの背景色になります。 色の変更は、カラーパレットの下のところから行います。 スライダーを動かすと このようにキャンバスの色が変わっていきます。 また、数字を直接入力することもできます。 このようにして、見やすい背景色に変更していきます。 色は何色でもOKですが、よく分からないときは、グレー系にしておくと作成しやすいかと思います。 ここでは、赤171、緑171、青171のグレーにしてみました。 キャンバスの背景色の考え方 ここで設定するキャンバスの背景色は、あくまで見やすくするためのもので、実際は 「透明色」として処理されます。 たとえばキャンバスの背景色を「緑」にしても、 実際のドット絵の背景は透明になります。 ですので、ここでは 自分が見やすいと思う背景色にすればOKです。 キャンバスの倍率を設定する さて、こうしてつくったキャンバスですが、ここにドット絵を描こうと思うと 画面が小さくて大変です。 そこで、表示される倍率を変えて、見やすいサイズにしていきます。 虫めがねツールを選択します。 下のタブから表示倍率を変更することができます。 また、虫めがねツールを選択した状態で、キャンバスをクリックしても表示サイズを変えられます。 EDGEでドット絵を描いてみよう ドット絵の描き方 EDGEでドット絵を描くときは、描画用のツールを使います。 ここでは「 自由曲線の描画ツール」を使ってみます。 ペンや鉛筆のように、線を自由に描けるツールです。 カラーパレットから使いたい色を選択します。 これでドット絵を描くことができます。 ドットを間違えて打ってしまったときは、 Ctrl+ Zで戻ることができます。 間違えた部分を修正する(消す) ドットを打ち間違えた時は、カラーパレットの「透明色」を使うと、簡単に修正することができます。 カラーパレットのいちばん左上をクリックします。 自由描画ツールを選択します。 修正したいところをクリックまたはドラッグすると、その部分を消すことができます。 塗りつぶす 囲まれた範囲を塗りつぶすときは、「 同色範囲の塗りつぶし」を使うと便利です。 ここでは、このドット絵を塗りつぶしてみます。 「同色範囲の塗りつぶし」ツールを選択します。 カラーパレットから、塗りつぶしに使う色を選択します。 ここでは赤色を選択してみます。 「線で囲まれているところ」をどこでもいいのでクリックします。 すると、このように線で囲まれたところを一気に塗りつぶすことができます。 また、線をクリックすると「同じ色でつながっているところ」の色を変えることができます。 このように、一発で色を変えることができす。 「同色範囲の塗りつぶし」ツールの応用 「同色範囲の塗りつぶし」ツールは、修正にも使えます。 ここでは、このドット絵の輪郭線を消してみます。 「同色範囲の塗りつぶし」ツールをクリックします。 カラーパレットのいちばん左上をクリックします。 輪郭線のどこでもいいのでクリックします。 すると、このように 同じ色でつながった部分を一気に修正することができます。 カラーパレットの使い方 EDGEの「カラーパレット」は操作が独特でややこしい部分があります。 こちらの記事で、カラーパレットの使い方をくわしく解説しています。 背景を透明にして保存する方法 ドット絵は、 背景を透明にして保存する方法がよく使われます。 背景を透明にしないと、このようにドット絵のまわりに背景がついてしまいます。 それを防ぐのが、ドット絵の背景を透明にする「透過」という処理です。 こちらの記事で、背景を透過する方法をくわしく解説しています。 おしまいに 今回は、高機能ドット絵エディタ「EDGE」のはじめかたを紹介しました。 無料とは思えないぐらいに機能が充実していて便利なソフトです。 よかったら参考にしてみてくださいね。

次の

【あつ森】ドット絵に好きな画像を変換!簡単なマイデザインの作り方【ドット絵ナニカ】

簡単なドット絵

この記事は 9日目の記事です。 まずドット絵の話をする前に、自分がドット絵を打つ事になった経緯から お話をしたいと思います。 この時はPCもインターネットもまともに自宅に無かったような時代でした。 自分がアニメや漫画やゲームの楽しさから抜け出せなくなり「オタク」という人間になったのも、ちょうどこの年がきっかけだったと思います 自分は数年前までは、趣味で普通にペンタブで絵を描いてました。 絵を描く事が普通の人(そこらへんにいる一般人)よりも好きだったのと、ちょうどペンタブで絵を描く事が自分の周りで流行りだったという事もありますね 自分の描いている絵は当時ピクシブやツイッターなどで評価されているような絵と比べて、お世辞にも上手いと言えるレベルではなく、絵を描くスピードも別段早くもなく、上手い絵を描くための技法書なども読まず、ひとりでに試行錯誤しつつ自由に描いていました(そもそもプロの仕事とアマチュアの趣味を比較するべきではなかった) このまま絵を描いていて良い事はあるのかと、そもそも自分の書く絵に需要なんていうものはあったのかと、しまいには自暴自棄になり、なんの拒否感を感じる事も無く、ペンタブとペンを持つ事を完全に止めたのでした …まあ、こんなんでも一応は絵を描く仕事がしてみたいと思いながら絵を描いていましたよ。 この年は日本で東日本大震災が起こり、アニメ「魔法少女まどかマギカ」がネット上で大きな反響を呼び、そしてマインクラフトの流行がニコニコ動画内でも広がり、印象的な出来事が数多くありましたね インターネットが社会への貢献にどれほど重要か、思い知った年だと思います 貪るようにパソコンでゲームばかりしていた自分ですが、ある時「やはり絵を描いていた方が良かったのではないか?」という思いが頭の中によぎります。 いやだって…もう諦めたことだし今更どうでもいいんじゃ …と自問自答をするワケです。 じゃあ絵を描く事がそんなにイヤなら、以前少しだけ打っていた 「ドット絵」を始めてもいいのではないか、と思いました …なんか見た目簡単そうですし、「簡単」そうですし… と、いう事からいざ始めていったドット絵ですが… (…むっず…なにこれ難しいじゃん何これ…) そういう事なんですよね。 本質は「絵を描く事とほぼ変わらない」んですよ つまり、綺麗なドット絵を打てる人は同時に綺麗な絵を描ける人である可能性がとても高いんです。 では途中で絵を描くことを諦めてしまった自分は…? ドット絵すら難しいと思ってしまっても仕方がない、という事ですよね マウスカチカチ…であんな綺麗なドット絵、こんな綺麗なドット絵 と、そういう風には行きません ドット絵に対する知識がゼロに近い状態から自分のドット絵は始まりました、そもそも「ドット絵」とは・・・??? まずは小さなアイコンサイズのドット絵を打つことから始めました 元の絵を見よう見まねでカチカチ打つだけ ・・・と、思いながら打っていったドット絵の例がこちら パパパっと出しましたが、どれもかなり苦戦しつつ時間を掛けて打ちました 普通に絵を描く事と違って、ドット絵には優劣の垣根が無いように思えますね どんなに小さなドット絵でもドット絵、どんなに壮大なドット絵でもドット絵 と、ドット絵は常にドット絵でいられる事にドット絵の魅力を感じます 自分はあれこれと説明をされてもあまりピンとこないタイプの人のようで こうすればそういう風に見えるだろうし、これでいいかな。 という感覚だけで適当にドット絵を打ちます しかし「あまりにもそう見えなければ」ドット絵を打ち直します、ちょっと顔の形が納得いかなかったり、かわいく、かっこよく見えなかったりすると すぐに打ち直します その繰り返しで自分のドット絵は出来上がっているのでしょう もしかすると、ただ単に自分が小難しい事が嫌いなだけなのかもしれませんね ドット絵は少しでもドットの位置がずれたりしてしまうと全く別の印象を与えてしまう事があると思います。 なのでどうせドット絵・・・などと思わずに、なるべく目を凝らしながら「見せたいものが良くに見えるように打つこと」を心がけると、いいドット絵が打てるかも・・・? 長くなってしまいましたが とにかく!ドット絵を打っている人もそうでない人も! 今から!気軽に!楽しく!ドット絵を打ちましょう! おわり! 以上、 2017の12月9日の記事でした.

次の