バドミントン ラケット おすすめ。 バドミントンラケットおすすめランキングTOP10!【2020最新版】

バドミントンラケット初心者から上級者まで【おすすめ30選】

バドミントン ラケット おすすめ

バドミントンラケットケースの選び方 ラケットケースを選ぶとき、何を基準にすれば良いか悩みますよね。 ラケットケースは、自分の持っているラケットに合うものを選ぶと良いでしょう。 用途で選ぶ 部活動で使いたい場合 毎日の部活動に持っていくには、 軽いラケットケースタイプがおすすめです。 ラケットが1本程度入り、使わないときは折りたためる柔らかい素材のものが良いでしょう。 収納力は劣りますが、とても軽量でかさばらないのが魅力です。 移動手段が自転車の場合 自転車に乗って移動するときは、 リュックタイプが便利です。 自転車のカゴに長いラケットを入れると、不安定になってしまう場合がありますよね。 バドミントンのラケットは比較的軽いので、背負って持ち運ぶと良いでしょう。 ショルダータイプのものは、 ストラップが1本のタイプと2本のタイプがあるので、選ぶ際にしっかり確認するようにしましょう。 遠征や合宿に行く場合 何本か持ち歩きたいときや、ラケット以外のシューズやシャトルなどを一緒に入れたい場合は、 トーナメントバッグと呼ばれる大容量のタイプを選びましょう。 他のタイプと比べて形がしっかりしていて、収納力も良いので遠出するときに最適です。 2本、3本入るケースで選ぶ 収納できる本数を確認しておくことは、とても大切です。 バッグによって1本しか入らないものや、6本も入るものなど様々なタイプがあります。 自分が普段持ち歩く本数によって、ラケットケースを選ぶようにしましょう。 3本入れたいのに小さいものを選んでもいけませんし、反対に1本しか持ち歩かないのに6本入るタイプを選んでしまっても邪魔になってしまいます。 気に入ったデザインのかわいいケースを選ぶ 持ち運ぶケースは、自分の気に入ったものに入れるのが一番です。 タイプも様々ありますが、デザインも色々ありますので、自分の気に入ったケースを選ぶと良いでしょう。 同じ部活やサークルのメンバーで合わせるのも団結力が高まって良いですね。 また、プライベートで使う場合には好きなデザインでも良いですが、学校で使う場合は派手すぎるデザインは避けるようにしましょう。 好きなスポーツブランドで選ぶ バドミントンラケットに合わせてブランドでまとめると、練習へのモチベーションも高まることでしょう。 また、スポーツブランドのものは、 通気性に長けていたり、急な悪天候にも安心な耐水性が備わっていたり、機能面でも優れていたりするものが多いのが特徴です。 機能性を重視したい方は、大手スポーツメーカーのケースを選ぶと良いでしょう。 【関連記事】 バドミントンラケットケースおすすめ12選! 【ヨネックス】ソフトケース バドミントンラケット用 AC541 『ヨネックス』のロゴが入ったバドミントンケースです。 ソフトタイプで軽く、持ち運びも楽でしょう。 ポリエステルの素材を使用しているので通気性も良いだけでなく、厚みもあるので耐久性も良いですよ。 カラーは、レッド、ブルー、オレンジ、ブラック、ペールピンクの5色です。 カラーバリエーションが豊富で、男女問わず人気があります。 【関連記事】 【ヨネックス】バドミントンラケットケース シンプルなデザインでありながら、『ヨネックス』のロゴが特徴的なバドミントンラケットが1本入るケースです。 ポリエステル素材なので、耐久性や通気性も良いでしょう。 また、 クッション性があるので、落としてしまったときもひび割れの心配などもいりません。 シンプルなデザインでありながら小さなポケットも付いており、タオルを入れることも可能です。 カラーは、ブラックの一色です。 年齢や性別を問わず使えるのも良いですね。 【アディダス】バドミントン ラケットバッグ 『アディダス』のロゴとオレンジのデザインが人目を惹くバドミントンラケットケースです。 こちらは、バドミントンラケットが3本入ります。 たくさん入るラケットケースは、大きくて場所を取ってしまいますが、 こちらはコンパクトにまとまっているので、通勤や通学にもおすすめです。 【ヨネックス】ラケットケースB <バドミントン2本用> 折りたたんでコンパクトにすることもできる『ヨネックス』のバドミントンラケットケースは、コンパクトでありながら、ラケットを2本入れることが可能です。 背面に、タオルや小物が入るファスナー付きのポケットがあり、とても便利で重宝するでしょう。 ファスナーは、摩擦に強いYKK社製のRCファスナーで、耐久性に優れています。 カラーは、ブラックとネイビーブルーの2色です。 【ミズノ】3WAYトーナメントバッグ ラケットケースの中でも特徴的な四角い形をした『ミズノ』のトーナメントバッグは、見た目もおしゃれです。 人気の秘密はショルダータイプで使えるだけではなく、リュックタイプ、さらには縦にも立てかけられる3way仕様になっている点です。 中には可動式のパーテーション、サイドにはポケットが付いており、小物類も整理しやすくなっています。 また、スタンドリベットがあり、立てかける際も安定しますよ。 男女共に人気のカラーが揃ってます。 【アポララ】ラケットバッグ 丸いデザインが可愛い『アポララ』のラケットケースは、他の人と被らないデザインのラケットケースが欲しい人におすすめです。 自転車でも肩からかけて簡単に運べるデザインで、メインポケットも3つに分かれているので、利便性の高いケースと言えるでしょう。 ラケットを入れるポケット、スポーツウェアを入れるポケット、スニーカーを入れるポケットと分けることができるのは嬉しいですね。 もちろん、水筒やタオルも入れられます。 防水ポリエステルなので通気性が良く、夏でもストレスなく使えるでしょう。 カラーは、ブルー、ブラック、ピンク、イエロー、パープルの5色です。 【ゴーセン】バドミントンワンショルダー Townuse BA17TBO スタイリッシュなデザインが人気の『ゴーセン』のバドミントン専用ラケットケースです。 コンパクトに見えるデザインですが、 ラケットが2本入るメインポケット、スポーツウェアが入るポケット、シューズルームが独立しており、便利な設計になっています。 また、ポリエステルのため、耐久性もばっちりです。 カラーは、グレー、ブラック、ネオンイエローの3色です。 【頑張らないバドミントン部】バドミントン オリジナルラケットバッグ 『頑張らないバドミントン部』は、バドミントン専用商品を販売しているメーカーです。 こちらは リュック型タイプのため、自転車やバイクでの持ち運びが簡単にできます。 メインのポケットにはラケットを3本入れることが可能です。 さらに、シューズ収納やペットボトルホルダー、小物ポケットも完備しており、Tシャツやタオル、携帯、財布も収納できます。 口コミの評判も良いラケットケースで、カラーはブルー、ピンク、オレンジの3色展開です。 【ヨネックス】ラケットバッグ6(リュック付)<テニス6本用> こちらはテニスラケットケースですが、バドミントンのラケットケースとしても活用できます。 再帰反射があるので、暗い中で帰宅する際にも安心です。 バッグを裏返さずに上からシューズを出し入れできるシューズポケットや、収納するものに合わせて内部を分解できる可変部屋仕切り、500mlのペットボトルが入るポケットなど、機能面もばっちりです。 さらに、ケアツールポケットを利用することで、小物が無くなるストレスも少なくなるでしょう。 肩パッドのずり落ちを防ぐチェストベルトは、たくさん荷物を入れて重くなってもしっかり安定してくれます。 また、撥水加工がされているので、突然の雨でも安心です。 【ヨネックス】ラケットバッグ2 こちらの『ヨネックス』のラケットケースは、 スタイリッシュな見た目が人気のリュックタイプです。 サイドポケットがあり使い勝手も良く、長く使うと消耗しやすいファスナーは、YKK社製の耐摩擦に優れた鞄向けの特殊ファスナーで安心です。 【ゴーセン】テニスバッグ こちらは『ゴーセン』のテニスラケットケースですが、バドミントン用としても人気があります。 ラケットケースとは思えないおしゃれなバッグとして注目されています。 バドミントンラケットを3本入れることができ、固定ベルトも完備してます。 内側にはスポーツウェアの入るポケット、下部にはシューズルーム、ペットボトルも入るサイドポケットなど、機能性も抜群です。 【ハンナフラ】ジムトートバッグ 『ハンナフラ』のジムトートバッグは男女問わず使えるデザインで、軽量かつ大容量です。 ファスナーがあり中身が出る心配もなく、スポーツウェアや着替え、タオル、ジュースとたくさん入れることができます。 ラケットは、外側の背面ポケットに収納可能です。 マジックテープで固定できるので、落ちることもありません。 撥水加工も完備してます。 大容量でありながら、ジムのロッカーや自転車のカゴにも入るコンパクトさも人気の秘訣と言えるでしょう。 【関連記事】 ラケットケースを持ってバドミントンを楽しもう! バドミントンをするときは、ラケットケースを持っていると便利です。 バッグタイプや本数などたくさん選ぶポイントがあるので、自分にぴったりのラケットケースを選びましょう。 また、練習へのモチベーションを上げるために、デザインで選ぶのも良いでしょう。 好きなブランドや色、またチームでお揃いのデザインなど、バドミントンをするのが楽しみになるようなラケットケースを選べると良いですね。 【関連記事】.

次の

高校生におすすめのバドミントンラケットを徹底解説!絶対に押さえておきたいトップ5をランキング形式で紹介!

バドミントン ラケット おすすめ

2015年12月15日発売の、ミズノのバドミントンラケット キャリバー VFツアーを を試打してみました! このラケットで一番気になっていたのが、 ガットの最大張力が24〜30lbsまで 張れるという所。 30ポンドはおそらく今のバドミントンラケット ではないはず。 わたくし、シロナガスは今までは、ヨネックスの 最高24ポンドのラケットで30ポンド張ってい ました汗 「フレームが折れるよ」って言われていましたが、 折れることはなく、2年以上もっています。 しかし、少しだけ変形はしているみたいです。 ですので無理をして張力を大きくすると ラケットの寿命は短いということになります。 さて、 キャリバー VFツアーの試打のお話しです。 試打の経緯ですが、 バドミントンラケットのガット交換でスポーツ店の ミツハシにいって、キャリバー VFツアーのことを 聞きてみると、 なんと発売前だったのですが、お店に見本が おいてありました! それを素振りとかしながら、いろいろと質問していると 「貸し出しできますよ。 」 と軽く言ってくれました。 ^^ 「お願いします!」と即答。 早速、3日後のバドミントンの練習で使って みました。 ちなみにガットの張力は「30」です。 まず、結論から言うと、 さすがにシャフトが 「硬い!」です。 「ヨネックスはフレームが柔らかくて、今度の ミズノは硬いですよ」とミツハシの店員さんから は聞いていましたが、 かなり硬いなー。。 ですので、スマッシュが全部浮いてしまって 抑えが効きません。 球速自体は早いですね。 しかし、スウィートスポット が小さいそうで、「先端寄り」にあります。 ここを外すと、球速が落ちやすいです。 ツイッターで弱音をつぶやいた・・ 使っているバドミントンラケットはヨネックス。 主流はヘビータイプでスマッシュ力重視です!人気ランキングで売れているバドミントンラケットにも注目! 最新ミズノは難しかった。 — ランキング知っておきたい生活情報 applaudir2016 他には使いにくい といったところは見当たりませんでした。 ミズノのキャリバー VFツアーはキャリバーシリーズの 中でも、マトリックス図で一番トップヘビー「威力のある スマッシュ」タイプのものです。 中級より上とは思うけど、そんなバリバリの上級じゃない と思っている方は、VFよりややコントロール重視、やや 楽な操作性の キャリバーシリーズのVAツアーの方が 無難かもしれませんね。 VAツアーは推奨張力が23〜27lbsで若干最大の数字が 小さくなっているので、おそらくフレームも少し柔らかいと 思います。 参考までに私は、アラフォーです。 VFは長年の経験者の方なら使いこなせるでしょう。 しかし私はアラフォーから始めたので、初心者では ありませんが、力の入れ方とか、打ち方とかがまだ 少しぎこちないところがあるかもしれません。 (昔やっていたテニスの癖もあるみたいです。。 ) 大会とかにはでたことはあります。 そういったレベルです。 ミツハシにいった時、ガットの張替えをしたのですが、 それが今使っているヨネックスの です。 2年以上使っていて、もう廃盤品ですが、こちらの張力を 今回は28で張りましたところ、 私の場合、こちらの方がしっくりときてました。 でもこれを使ってればいつか慣れてくるか。。 とも思ったのですが、 今一度他のラケットを探すことにしました。 ということで、今度はヨネックスで新しいラケット を探してみました。 すると私に丁度いい感じのタイプが見つかりました。 ^^ 全体的にはミズノよりシャフトは柔らかそう なところも、私の力の足りなさをカバー してくれそうです。 そして、スマッシュのスピードが速くなった ようで、 相手選手のレシーブミスが 多くなりました。 ミズノだからヨネックスに劣るというよな 感覚はありませんでしたよ。 ^^ 価格等は楽天市場やヤフーショッピングを参考に すると賢く買えるかと思います。 ・ バドミントンのラケットのメーカーとしては、• ヨネックス• ミズノ• ウィルソン• プリンス• バボラ• ゴーセン などがありますが、 ラケットに関しては、圧倒的に 「ヨネックス」の人気が抜けています。 私、持ってますし、 どのプレーヤーもまずはヨネックスで よいと思います。 2015年11月現在、バドミントンラケット の売れ筋ランキングを調べたところ、 こちらのラケットが最も人気をしています。 「DUORA10 デュオラ10 」 メーカーはヨネックスです。 バドミントンラケットで、中・上級者 クラスで、価格はおおよそ、 税込みで2万2,000円 となっています。 現時点ではヨネックスのラケットの中で、 特に上級者クラスのバドミントンラケット としては、最新モデルとなります。 さらにしてみました! ヨネックスのラケット「DUORA10 デュオラ10 」の凄さとは? 2015年の11月現在、ヨネックスのバドミントン ラケットで最新型の人気ラケットと言えば、 「DUORA10 デュオラ10 」 です。 このラケット、今までにない革新的な ラケット構造を持っています。 その一つとしては「表裏異形状」という 特徴です。 上の画像をご覧ください。 なんと!ラケットのそれぞれの片面の フレームが素材と形状とで違うという、 今までにないラケットの常識を飛び越えた テクノロジーが採用されています。 オレンジカラーのフェース面は、 「ナノメトリックDR」という新素材で、 球持ちパワーは3%アップ、 グリーンカラーのフェース面は、 「Niチタンファイバー」素材で弾きスピードが 9%UPという驚きのラケットです。 フォアハンド(スマッシュ)に関してはボックス形状の 画像のオレンジ側の面を、 バックハンドに関してはエアロ形状のグリーン側の 面を使うことで、表裏異形状の特徴を最大限に 生かすことができるとされています。 私、シロナガスは最初「なんてすごいラケットだ! 」 と思いました。 しかしながら、少し冷静に考えてみると、 私のような中級者(中級者と思っていること 自体が少し厚かましいかもしれないが笑) が、シャトルを打つ際に「正しい面でグリップ しているか? 」を瞬時に確認したり、 常にフォアとバックを打つために正しいグリップを 維持することができるかどうか? ということを考えると、「現実的に無理だな」 という結論になってしまいました汗 それでなくても、試合中はラケットをくるくる 回すような動きをしてしまうのに、 フォアとバックを打つために毎回正しい フェース面をキープするのは至難の業と 感じます。 笑 ということで、このラケットのおすすめの対象は 上級者ということでかなり限定的になるのでは? と思っています。 バドミントンラケットの人気ランキングで人気のあるラケットやシューズを見つけることができますよ! ヨネックスのバドミントンラケットは、それぞれ 初級・ 中級 ・上級者向けに作られています。 それらが型番別で一目でわかる マトリックスと言う表がヨネックスにはあります。 ・ この表を見れば、それぞれのプレイヤーにあった ヨネックスのバドミントンラケットがすぐにわかります。 最新版はでご確認下さい。 比較軸とすれば4つの基準をもとに、 選ぶことができます。 ヘッドヘビー(威力のあるショット)• ヘッドライト(楽な操作性)• スピード性重視(すばやく弾く)• コントロール性重視(コースを狙う) それぞれ求めたい状況に応じた級別レベルでの ラケットの選択が容易にできます。 ヨネックスのラケット製品の代表的なシリーズ として、• ボルトリック(VOLTRIC)シリーズ• ナノレイ(NANORAY)シリーズ があります。 先ほど紹介した4つの比較軸に当てはまる 特徴と、製品シリーズとのマッチングを解説すると、 ボルトリック(VOLTRIC)シリーズは1番の特徴を 持っています。 威力のあるショットを打つためには、 ある程度のペットの重量が必要で、 このシリーズにおいてはパワーのある上級者 レベルに近いラケットといえます。 また、ナノレイ(NANORAY)シリーズは3番の 特徴を持っています。 この2つのシリーズが、中級上級者向けの シリーズとなり、 ナノレイ(NANORAY)シリーズは2番の特徴も かけ合わせて持たせている型番があり、 それらに関しては初級者用として使える 範囲の広いシリーズのラケットとなります。 バドミントンラケットの人気ランキングで人気のあるラケットやシューズを見つけることができますよ! 上手な買い物豆知識 ランキングでの情報は、楽天市場と ヤフーショッピングの情報が比較できるように なっていますので、 ぜひ見比べてみる参考としてチェックして おきましょう。 その時、同じ参加者の方から、 万が一の捻挫にあると良い, 瞬間冷却(アイシング)スプレー を貸していただきました。 その効果があってか、次の日は 前日の夜に湿布を貼っただけの状態で 痛みはかなり軽減していました。 私は怪我をすることの想定をしておらず、 瞬間冷却(アイシング)スプレーを持っていま せんでしたが、 今回の件で、すぐに瞬間冷却(アイシング)スプレー を購入して、スポーツバックの中にいれました。 バドミントンは意外とハードなスポーツなので、 皆さんも怪我には気をつけてください。 そして万が一の時のように、 捻挫や関節の痛みにそれらを軽減 してくれる瞬間冷却(アイシング)スプレー を用意しておくことをおすすめします! 私の場合は、急なことですぐにリアル店舗で 買いました。 その時に店員さんに聞いた話で、 特にメーカーによって大きな違いは無いようです。 私が買ったのは「バンテリンのアイシングスプレー」 です。 実際に試してみましたが、 しっかりと患部が冷却されていました。 ・調査の目的 あらゆる商品の売れ筋・人気ランキング情報や、ジャンルの関連情報、サービス情報のランキングなどをユーザー様にご紹介して、賢く、上手、簡単にお買い物やサービス・施設利用ができるためにサイト運営をしています。 ・調査の方法について 通販商品は楽天市場・ヤフーショッピング・Amazonのランキング情報のご案内。 関連商品・ジャンルもこれらのランキング情報を利用しています。 従いまして母集団数・有効数は「3箇所」、調査時期については、リアルタイムランキングのため当サイトにアクセスされた時点の最新ランキングとなります。 ・当サイトの掲載商品の並び方について 当サイトではランキング情報を参考にして、おすすめ商品や情報などを複数紹介しています。 掲載された商品や情報の並び順については、ランキング(順位付)とは違います。

次の

バドミントンラケットのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも使いやすいのはどれ?】

バドミントン ラケット おすすめ

バドミントンラケットの選び方 力の強さで重量を選ぶ バドミントンラケットを選ぶ上で、本体重量は重要なポイントです。 重量は商品によって異なりますが、「数字+U」という形で表記されています。 数字が小さくなるほど重量は大きくなります。 一般的には「U」「2U」「3U」「4U」「5U」と大きく分けて5種類の重量があります。 最も重いのが「U(95~100g)」、最も軽いのが「5U(75~80g)」、「3U(85g~90g)」が標準的な重量です。 また、初心者も軽めのラケットを選ぶことで、腕や身体にかかる負担を軽減し、ショットを楽に打つことができます。 力の強い方が重めのラケットを使うことで、よりパワーのあるショットを打つことが可能になります。 プレー経験でシャフトの硬さを選ぶ シャフトとは 「シャフト」とは、ラケットのグリップ部分とヘッド部分を繋ぐ棒状の部分のことです。 シャフトの硬さは商品によって異なりますが、「柔らかめ」「若干硬め」「硬め」の大きく分けて3種類があります。 基本的には、プレー経験などに応じてシャフトの硬さを選ぶことをおすすめします。 シャフトの硬さは、シャトルの飛び方が左右される重要なポイントです。 初級者は柔らかめがおすすめ バドミントン初級者や力の弱い方には柔らかめのシャフトがおすすめです。 柔らかめのシャフトは、スイング時にムチのようによくしなるのが特徴です。 弱い力でもスイングスピードが速くなることで、パワーがシャトルに伝わりやすくなります。 その結果、初級者でもスピードのあるショットを打ちやすくなります。 逆に、上級者などにはこのタイプは不向きです。 パワーのある方が柔らかめのシャフトのラケットスイングすると、しなりすぎてパワーがシャトルに伝わりにくくなるので注意が必要です。 中級者は若干硬めがおすすめ ショットを遠くまで飛ばすことができる中級者の方で、ショットのスピードをもう少し速くしたいという方には、若干硬めのシャフトがおすすめです。 中級者の方が柔らかめのシャフトを使用すると、ラケットがしなって戻るまでの時間がかかるので、速いショットが打ちにくくなります。 遠くに飛ばす力がある方は、シャフトが若干硬めで少ししなる程度のものを選べば、より速いショットを打つことが可能です。 上級者は硬めがおすすめ ショットを遠くまで飛ばすことができ、スイングスピードも速い上級者の方には、硬めのシャフトがおすすめです。 硬めのシャフトのものはスイングしてもしなりが少ない分、ダイレクトにパワーが伝わりやすくなります。 パワーのあるプレーができる上級者の方が使えば、より速いショットを遠くに飛ばすことが可能です。 手の大きさでグリップの太さを選ぶ バドミントンラケットのグリップの太さは商品によって異なり、「G4」「G5」「G6」という形で表記されます。 数字が大きいほどグリップは細くなります。 商品によっては、「3U6」「3U5」「4U6」のように「G」を省略して、本体重量と共に表記される場合もあります。 この場合は後ろの数字がグリップの太さです。 グリップが細いものはグリップテープを巻いて太くすることができますが、太いものは細くできないため注意してください。 手の小さい方は細めのグリップを 手の小さい方や初心者の方には、「G6」などのしっかりと握れる細めのグリップがおすすめです。 また、細めのグリップは太めのグリップよりも操作性が高いという特徴もあります。 繊細にコントロールしながら細かい技を使いたい方におすすめです。 ただし、パワーを出しにくいのがデメリットです。 手の大きい方は太めのグリップを 手の大きい方には、太めのグリップがおすすめです。 また、太めのグリップには、パワーがラケットに伝わりやすいという特徴もあります。 パワフルなショットで力強く攻撃したい方にもおすすめです。 プレースタイルでラケットのバランスを選ぶ バドミントンラケットは、ヘッド部分とグリップ部分の重量バランスが商品によって異なります。 「トップライト」「イーブン」「トップヘビー」の大きく分けて3種類のラケットバランスがあります。 どれを選ぶかによって操作性や使い心地が左右されます。 コントロール重視のプレーに「トップライト」.

次の