ジュビロ磐田 掲示板。 完敗...|福岡 1

完敗...|福岡 1

ジュビロ磐田 掲示板

いよいよジュビロの2020シーズンが開幕。 今日はヤマハスタジアムにモンテディオ山形を迎えて、勝点3獲得を目指す。 チームは1月の始動から今日まで、ハードなトレーニングを重ねてきた。 「その成果を一番ぶつけたいのは開幕戦。 全てを出し切りたいと思います」とフェルナンド・フベロ監督は意気込みを語る。 指揮官のもと作り上げてきたのは、ボールをしっかりと保持しサイドチェンジを有効に使いながら相手ゴールへと迫るサッカーだ。 攻守の切り替えのスピードにこだわり、ボールを奪われたらすぐさま奪い返しにいくこと、最前線の選手からの連動した守備の徹底を大切にしている。 プレシーズン期間のトレーニングマッチでも安定したゲーム運びを続けてきており、今日も準備してきたサッカーを選手たちはピッチでしっかりと披露してくれるはずだ。 注目のスターティングイレブンは、GKに八田直樹。 最終ラインに小川大貴、大井健太郎、藤田義明、宮崎智彦。 ボランチは上原力也と山本康裕が務める。 中盤2列目は松本昌也と大森晃太郎が、前線にはルキアンと小川航基が入りそうだ。 大森はジュビロでの公式戦デビュー。 積極的な仕掛けや味方を活かす多彩なパスなどを見せて、ジュビロの攻撃を活性化することはもちろん、アグレッシブな守備でもチームに貢献してくれるはずだ。 さらに、今季から背番号9のユニフォームに袖を通して戦う小川航にも期待が集まる。 トレーニングマッチでは4試合に出場し5得点を決めるなど開幕前から好調ぶりをアピールしており、自身も目標として掲げている「リーグ戦20ゴール」に向けて、最高のスタートダッシュを決めたい。 また、リザーブメンバーにも頼もしい選手たちがスタンバイしている。 J1復帰へのキーワードは、「強いワンチームになること」とフベロ監督が言うように、厳しい練習を続けてきた全員が一丸となって今日の一戦に臨み、勝利を手繰り寄せたい。 キックオフはこのあと14:00。 ヤマハスタジアム周辺は晴れ。 試合後には太田吉彰氏の引退セレモニーが行われる予定だ。 開幕戦を勝利で飾り、笑顔で送り出したい。 そして、J1復帰に向けた確かな自信を手にし、長いシーズンを戦い抜く糧としたい。 立ち上がりからチームは非常に強いメンタル、高い集中力で入れたと思います。 前半に2得点出来たということは非常に大きかったです。 後半は山形さんが攻勢に出て、我々は苦しめられました。 相手の攻撃は受けましたが、なんとか耐え切って勝つことが出来ました。 今日は我々が勝利に値するプレーが出来たのではないかと思います。 その実力を後半出してきたということと、我々には2点のアドバンテージがあったので、相手は出てくるしかなかった、そこをしのぎ切って勝ちに結び付けられたと思っています。 ただ彼は本当にハードワークをして、すごく気持ちのこもったプレーをしてくれました。 何より彼はチームのために最初から最後まで戦った、そのことを私は評価したいと思います。 そのスピードがあるということは、我々がスペースを作り出せるということです。 スペースがあれば、しっかりとした攻撃が出来ると。 先ほど言ったスペースを作り出すことが出来たことによって、我々はゴールのチャンスがたくさん生まれて2得点が生まれたと思います。 いつも選手たちに言っているのは、ゴールチャンスを作ることです。 ゴールチャンスがあれば、それに合わせてゴールの数も当然増えてきます。 それが前半はしっかりと出来たと思います。 本当にそれだけです。 ホームでしたし、サポーターもうずうずしたものを持っていたと思います。 自分たちの自信を取り戻して、次に向かいたいなと思います。 これが続かないと意味ないですし、連勝を重ねていくことによって他のチームにプレッシャーを与えられると思っています。 今日は 小川 航基が2点取ってくれましたが、次はルキアンが、というようになっていけばチームとしてすごく良いと思いますし、0で抑えることが出来たのも、前の選手たちが我慢強く守ってくれたからこそです。 今日が最低ラインだと思って次の福岡戦に臨みたいですし、勝点を取って戻ってきたいと思います。 全員が危機感を持ってやれているのが今の良い状態に繋がっていると思うので、しっかりこれを続けられるように頑張ります。 そして、今日は 太田 ヨシ君のためにも勝ちたかったので、それも良かったなと思います。 良い思い出になったかなと。 後半は相手が慣れてきて、良いところでボールを受けられてしまいましたが、ただそういう中でも最後のところでハチ 八田 を中心に守れたことは良かったと思います。 ただ、まだまだですね。 プレスに行くところと行かないところをはっきりさせて、もっともっとチーム戦術として向上させていきたいと思います。 これを続けることが大事ですし、すぐに次の試合に向けて準備していきたいと思います。 背番号についてはそこまで意識していなかったのですが、やはり伝統ある番号なので、それに見合ったプレーを今シーズンを通して見せることが出来ればと思っています。 でも、まずはチームが勝つことが大事です。 チームを最優先して戦っていきたいと思います。 緊張しましたが、その中でも楽しみながらプレー出来たと思います。 次の試合も勝てるように頑張ります。 開幕戦の1点目がこぼれ球というのは今年は運があるかなと思っています。 触るかどうかちょっと迷いましたけど、相手のキーパーも触れそうだったので打ちました。 康裕君に抱きつきに行ったら、「お前かよっ」て言われましたけど、あれはすごく嬉しいんだと思います 笑。 これからもしっかりやっていきたいと思います。 サポーターの皆さんからの期待はすごく感じるので、その期待以上の活躍が出来るようにしっかりとやっていきたいと思います。 後半は苦しい時間が多かったですが、なんとか無失点で終わることが出来て良かったなと思います。 開幕戦はすごく大事な試合ですし、90分間ピッチに立つことが出来て良かったです。 今後はもう少し試合を落ち着かせられるようなプレーを出していきたいと思います。 今日はホームだったので良い試合が出来ましたけど、アウェイが続くので、そこでも良い戦いが出来るように準備していきたいと思います。 結果が何より重要でしたし、そういった意味でも勝つことが出来て良かったです。 そして、 太田 ヨシ君のセレモニーもありましたし、すごく良い雰囲気で終われたのかなと思います。 今日の試合の中でも、しっかりと出すことが出来たのではと感じています。 もちろんまだまだの部分もありますが、サイドチェンジであったり、そういったところはみんな体現出来ていたのではないかなと。 今日も危ないシーンはありましたが、みんなで身体を張って0で終えられたというのは大きな収穫かなと思います。

次の

ジュビロ磐田 Jubilo IWATA

ジュビロ磐田 掲示板

皆さん、ネットにつなぐときの ブラウザって何を使ってます? WindowsだとMicrosoftの Edgeの方が多いですかね? あとはGoogleの Chromeでしょうか? 私はずっと前からChrome派なんです。 まぁ、慣れの部分もあると思いますが。 次世代のブラウザ、Brave! 一か月くらい前から、 Braveっていうブラウザを入れてみました。 いずれも、6月15日現在で「最新のバージョンです」と表示されるものです。 Chrome バージョン: 83. 4103. 97(Official Build) (64 ビット) Brave バージョン: 1. 80 Chromium: 81. 4044. 138(Official Build) 64-bit 不要な広告を表示しないから早くて快適 上記で述べた、イチポツとニポツ...って、この言い方はお役所用語?...最初の二つの項目について。 広告であると判断された画像は表示されないようなアルゴリズムになっています。 だからその分、表示は速くて快適って言えます。 実際問題...  ネットのニュース・ポータルサイトのように、 スポンサー広告の多いサイトですと、如実にその効果が表れているようです。 確かに使っていて、快適なのは事実です。 また YouTubeでも... Chromeでは、 スマホ版Braveで関ジュビ 見事なくらい、 旅行サイトのバナーが無くなりました。 PC版Braveで表示されていた楽天トラベルでしたが、スマホ版ではこれも消えていますね。 バナーの種類にもよるのですが、画像が消えただけで実はリンクは存在している(マウスカーソルを上に乗せると手のマークになる、タップすると表示されているハズのサイトに飛ぶ)ものもありますし、リンクそのものが消えているものもありました。 この詳しい仕組みについては、私はよくわかりませんが、とにかく画像が消えた分、表示は速くなります。 ただ、関ジュビの管理人としては、オフ会の掲示板を見るなどして、そのまま旅行会社のサイトに飛んで、遠征の手配もできる!というページにしたくて旅行サイトへのリンクを貼っているところがあるので、これが消えてしまうのは、ちょっと残念...でもあります。 一つ一つのドメインを指定する必要がありますが。 ポイントが稼げる 広告が表示されない Braveですが、他方で Brave自身が目障りでない程度の優しい広告を配信しています。 PCでブラウザをBraveにしてネットサーフィンしていると... BATポイントを寄付できます|Brave チップの額は、自分で設定することも可能ですし、サイトの閲覧時間やアクション(アテンション)に応じて毎月、自動的に支援するという機能も付いています。 皆様からのご寄付、お待ちしております(って、ちょっと宣伝しちゃった:笑)。 広告を見たり、支援でいただいて貯まったポイントですが、Braveのホームページによりますと... 日本居住者の方へ 日本では資金決済に関する法律を遵守するために、BATではなくBATポイント 略称BAP が使われます。 ・ BATポイントとBATが同じ点 BATポイントはBATと同様にお気に入りのクリエイターやウェブサイトに送ることが可能です。 決済に利用できるパートナーも開拓予定です。 BATポイントの価格はBATと連動しています。 ・ BATポイントがBATと異なる点 BATポイントを購入すること、BATをBATポイントに替えることはできません。 BATポイントをBATに替えることは現時点ではできません。 要は、 価値としては仮想通貨のBATも、日本国内で付与されるBATポイントは同等、と捉えて良いようです。 貯めたBATを使えるサービスは海外では既に誕生していて、3月にはアメリカで、BATをAmazonやUberなどのギフトカードと交換できるサービスが始まっています。 日本でもどこか、BATポイントが使えるところが出てこないかな。 仮想通貨取引のBitflyerのサイトに、 Brave Asiaの代表の方のインタビューが紹介されていました。 今後の発展に期待しちゃいますね。 ダウンロードはこちら いかがでしたでしょうか? そもそもChromeとBraveは、もっというと、EdgeもOperaも、Chromiunという共通のオープンソースのウェブブラウザのプロジェクトから派生しているので、ブラウザによってページのレイアウトが大きくことなることはありません。 鬱陶しい広告が表示されなくなって、表示が素早く快適になるのは良いことですが、他方で有益なバナーが消えてしまうというのは避けたいですね。 あくまでニュース閲覧のような文字情報をメインとするものや、YouTubeのように動画さえ見えれば良いということに限って言えば、Braveはとてもお勧めができるブラウザです。 ポイントが貯まるというのもメリットですね。

次の

完敗...|福岡 1

ジュビロ磐田 掲示板

ジュビロ磐田先発メンバー|2020年J2リーグ ギラヴァンツ北九州戦@ヤマハスタジアム ジュビロ磐田スタメン GK 1 八田直樹 DF 5 櫻内渚 DF 13 宮崎智彦 DF 15 伊藤洋輝 DF 33 藤田義明 MF 7 上原力也 MF 8 大森晃太郎 MF 10 山田大記 MF 34 針谷岳晃 FW 19 三木直土 FW 20 ルリーニャ 思い切って変えてきましたね! ツートップが三木とルリーニャとは、ビックリ! 前節のスタメンと比べると、小川大、松本、山本、藤川、ルキアン、小川航が外れて、宮崎、大森、針谷、山田、三木、ルリーニャが入った、ってことは半分以上代わってる!! ま、このくらいの思い切りが今、必要なのかもしれません。 対する、アウェイ、ギラヴァンツ北九州は... ギラヴァンツ北九州先発メンバー|2020年J2リーグ ジュビロ磐田戦@ヤマハスタジアム ギラヴァンツ北九州スタメン GK 31 永井堅梧 DF 3 福森健太 DF 6 岡村和哉 DF 16 村松航太 DF 32 永田拓也 MF 10 髙橋大悟 MF 17 加藤弘堅 MF 25 國分伸太郎 MF 39 椿直起 FW 11 池元友樹 FW 28 鈴木国友 こちらは前節と同じスタメン。 何せ北九州は3試合連続で無失点、良い流れを変えたくないですものね。 前半は五分五分...うーんっと、どちらかというと北九州ペースかな。 ジュビロはなんかボールと人の動きが噛み合ってない感じ。 大森と針谷が駆け回って前に出そうとするんだけど、どこに出したらよいのやら?ツートップも、どこで受けたら良いのやら?で、決定機らしい決定機はなかったのではないかと。 北九州は、高橋大悟がなんとも頼もしいですね、10番の貫禄。 福森もタイミングを見て上がっていたし、攻守にわたる活躍。 ただどちらのチームも決めきれませんでしたね、なんか良い試合ではあるものの、モヤモヤする展開。 結局、前半は両チーム無得点で終了。 後半、どちらも選手交代なく開始、ちょっと意外でした。 何かしら、しかけてくると思ったので。 動きにくかったのかなー。 先に動いたのはホームのジュビロ。 後半8分に三木に代えて中野誠也、櫻内に代えて小川大貴を投入。 直後の後半10分、小川大のクロスがペナルティエリア内の永田の手に当たり、ジュビロのPK。 キッカーは誰??と思ったらルリーニャ。 で、ボールの手前で小刻みにステップして、右足でゴール左隅にシュート...これをギラヴァンツの永井が横っ飛びセーブ! お見事でしたよ堅梧、完全に読んでいました。 ちょっと嫌な流れになりかけたジュビロでしたけど、後半16分、大森が敵陣中央からスルーパスを供給。 受けた中野がペナルティエリア内に進入して、最後は足の先でチョコンと流し込むようなシュート。 これがゴールネットを揺らしてジュビロが先制。 うーん、流れが変わりかけていたときだっただけに、ギラヴァンツとしては痛かったですね。 後半20分に北九州がツートップを2枚とも交代。 池元に代えて新垣、鈴木に代えてディサロ。 これね、もっと早く仕掛けて欲しかったですね。 斧澤の良いシュートもありましたが、ジュビロGK八田の好セーブもあり、なかなかジュビロゴールを割ることができません。 1点リードしながらも流れをつかみきれないジュビロ。 後半32分にルリーニャに代えてルキアン、大森に代えて松本昌也。 そして後半40分に針谷に代えて山本康祐と、5枚の交代枠を使い切る展開。 直後のジュビロのコーナーキック。 右CKを蹴るのは入ったばかりのコースケ。 クロスは一旦、はね返されるも、そのボールは再びコースケへ。 そこからクロスを送ると、ペナルティエリア中央で反応したルキアンがヘディングシュートを決めて追加点。 そしてそのままジュビロが逃げ切って... 試合結果|磐田 2-0 北九州 ジュビロ磐田 2— 0 ギラヴァンツ北九州 (Goal:中野, ルキアン) うーんとですね、 点差ほどに内容に差はなかったですよ。 多分、北九州に先制点が入っていたら、逆のスコアになっていたと思います。 結果論と言われればそれまでなのですが、交代した選手が活躍したジュビロ、交代したものの流れを持って来れなかったギラヴァンツ、この差かな...と感じてしまいました。 今月いっぱいは「超厳戒態勢時」の観戦スタイル 新型コロナの影響で、「新し観戦スタイル」とかなんとかいうヤツで、立って応援するの禁止、タオルマフラーを振り回しの禁止、手拍子禁止...と制約がいろいろあっての観戦。 そもそも観客はホームチームのサポーターのみで、Max. 5千人という上限付き。 今回観戦した場所も、本来ならアウェイゴール裏席なんですけど...K指定席っていうジュビロサポーターの指定席になっていました。 それでも選手たち、ちゃーんと試合後に挨拶にきてくれましたよ。 まぁ、なんといいますか、 ジュビロサポーターとしても ギラヴァンツサポーターとしても、なんか モヤモヤ感が残る試合でした。 これから密なスケジュールで戦いが続きます。 スタメンも選手交代も、目先の一試合という意味合いと、長期的な選手起用と、両方の視点が必要になってきますね。

次の