しんにょう。 しんにょう・しんにゅう

辵部

しんにょう

遵守の正しい読み方は? 正しい読み方は 「じゅんしゅ」。 「遵」は「したがう」の意があり、「遵守」とは きまり・法律・道理などに従いよく守るという意味になります。 ここでいう「きまり」とは、わかりやすくいうと 交通ルールや労働法など主に公的なきまりを含むため、特に法律関係の場や書面などで使われることが多くあるようです。 また、法律のほかに道徳や習慣を従順に守るという意味もあり、古い習わしや学校の法則など 一律の基準に沿って行動する場面で使われる言葉でもあります。 これらはとっても固い場面での使い方になりますが、つまりは 自主的に法令を守るということをとても真面目な言い方で表現する場合に使われるのが「遵守」なのです。 尊守の正しい読み方って? 正しい読み方は 「そんしゅ」・・・ですが、実は辞書などでひいても出てきませんし、パソコンなどで「そんしゅ」と打っても変換されません。 同じ守るという意味でも、 「尊守」とは崇高なものとして尊重し守ることという意味があるのです。 尊守の正しい使い方 例えば、スポーツなどで「スポーツマンシップにのっとって~・・・」などの宣言を聞いたことはありますよね? これは、スポーツマンとしての ルールを守り敬意を払うという気持ちが込められているのですが、まさにこれは「尊守」の出番! 「フェアプレーの精神を尊守します」などと使えますね。 ちなみに、「尊守」という言葉がただの誤字で存在しないものとされているところでは、「遵守」に尊重をプラスするカタチで 「尊重して遵守する」という表現をされているようです。 遵守と尊守の意味の違い 「遵守」とは、規則や法律・習慣などの決まりごとに従うことの意味で、「尊守」とはそこに尊重の意をプラスされたもの。 つまり、 これらの規則を守ります!とルールに従う意思を示すものには 「遵守」を使い、国造りにおけるようななにか 壮大なルールや敬意を払うべき習慣に対しては 「尊守」が使えます。 どちらもきまりに従い守るという意味は同じなので、使い方をあまり心配する必要はありませんが、尊重の気持ちをプラスする時には「尊守」と覚えおくとよいでしょう。 遵守とよく似た厳守との違いは? 「交通ルールを遵守します。 」 「秘密は厳守するように。 」 このふたつの違いをひとことでいうと、 自主的に守とうとしているか人から守らされているかということです。 また、 遵守は公的なきまりや法律などを守ることを指しますが、厳守はもっと小さな範囲で起こるような誰かが決めたルールに従うことを意味します。 遵守と厳守の使い方に迷った時は、公のことなのか個人的なことなのかを目安にしてみるといいかもしれませんね。

次の

返・道・退(しんにょう・しんにゅう)|綺麗な書き方とコツ

しんにょう

しんにょうの字体差に隠れた歴史を追う まず前提として知っておいてもらいたいのは、中国の長い歴史の中で、 「正しい漢字の形」も変わってきたということです。 書道の作品などで見られる流れるような草書体や、学校教育で用いられる字体の元となった楷書体は、すべて中国の異なる時代に起源を持っています。 さて、明治時代の日本では学校教育制度の近代化が進み、 子供たちに教える漢字の形を法律で制定しようという動きが生まれました。 このときに模範とされたのが、中国・清の時代(西暦1700年ころ)に編纂された 『康煕字典(こうきじてん)』でした。 つまり、1700年ころの中国で正しいとされていた漢字の形が「 二点しんにょう」だったため、明治政府はそれを取り入れたのです。 時は流れて第二次世界大戦の終結後。 日本の政府はより分かりやすい教育を目指して、 それまで学校で教えていた漢字の一部を簡略化するという計画を実行しました。 このとき、「二点しんにょう」がまとめて「一点しんにょう」に変更されたのです。 ところで、この「しんにょうの点を一つ減らす」というアイデアはどこから生まれたのでしょうか? 実は、「一点しんにょう」が正式な形とされていた時代があったのです。 中国・唐の初期(西暦650年ころ)にあたります。 書道の世界では、楷書の手本は唐の初期にあり、というのが原則でした。 そのため、二点しんにょうが制定される以前も以後も、 書道界では一点しんにょうで書くことが普通だったのです。 また、書道に関わりのない一般人でも、手書きでは一点しんにょうの方が主流でした。 書道家たちは一点しんにょうの伝統を固く守り続けた。 こうして、人々になじみ深い形へ統一されたように思えたしんにょうの字体問題。 しかし、ここでツメの甘さが悪い結果を招いてしまいます。 「 常用漢字は一点しんにょうを正しい形とする」と定めたものの、常用漢字以外の漢字についてはまったく触れず、 二点しんにょうのまま放置してしまったのです。 新たに追加された常用漢字。 扱いはどうするの? 2010年、新たに196字が追加された『新常用漢字表』が作成されました。 このとき、問題が発生しました。 先に述べたように、もともと常用漢字の範囲外だった「二点しんにょう」の漢字を追加するとき、一点に統一するのか、二点のままにするのかで意見が分かれたのです。 結果として、問題のしんにょうが含まれていた「 謎(なぞ)」「 遜(へりくだ-る)」「 遡(さかのぼ-る)」の3文字は、「二点しんにょう」のまま『新常用漢字表』に追加されることになりました。 つまり、「 常用漢字は一点しんにょうが正しい」という原則に例外が生まれてしまったのです。 その主な理由は、パソコンなどの情報面にあるといわれています。 つまり、これらの漢字が常用漢字に追加される前に作られた文字のフォントが広く普及しているため、今から「一点しんにょう」を正式な字体にすると対応が面倒だと考えられたのです。 ただし、原則は「常用漢字は一点しんにょうが正しい」なので、現在これらの3文字については特例として「 二点しんにょうと一点しんにょうのどちらも正しい」として教えられることが多いようです。 「一点しんにょうと二点しんにょう、この漢字はどっちだったっけ?」となって使い分けが面倒な人は、とりあえず 一点しんにょうで書いておきましょう。 なにせ、書道の世界ではすべて一点しんにょうなのですから!.

次の

しんにょう・しんにゅう

しんにょう

どちらの場合も、御質問者が納得いかないのは当然です。 裁判を起こせば、御質問者の勝ちです。 でも、このことを説明するのは、結構、骨が折れるのです。 なぜなら、日本の漢字政策のまずさにあるからです、 先ず、理解が必要なことは「腿」という漢字は、常用漢字表にない漢字(表外漢字)ということです。 専門学校の先生がなぜ、「二点しんにょう」の「腿」だけを正解にしたのか? これを推定してみます。 テキストの「腿」の印刷文字に「二点しんにょう」が使われ、おそらく先生は、この「二点しんにょう」だけが正しい字と思いこんでいるためです。 それでは、なぜ、テキストの印刷文字に「二点しんにょう」の「腿」が使われているのでしょう。 表外漢字の印刷文字字体については、ルールがありませんでした。 これでは困るということで、平成12年に国語審議会から、よく使用される表外漢字1,022字について印刷文字の標準字体が「表外漢字字体表」として答申されました。 ここで、採用された字体は、原則的に康煕字典体に従っています。 常用漢字で、新字体、旧字体といって区別することがありますが、旧字体の方になります。 康煕字典は、300年ほど前に中国(清の康煕帝の時代)に編纂された勅撰の字典です。 現在でも、日本の漢字の規範になっています。 添付画像の上段は、字体表の「腿」の箇所です。 ここで、備考欄に3部首とありますが、「二点しんにょう/一点しんにょう」、「示へん/ネへん」、「饉のしょく へん/飠へん」の3部首は、それぞれ前者が印刷標準字体(康煕字典体)ですが、後者の字体を印刷文字として使用している場合は、そのまま使ってもよいとしています。 この処置は、「三部首許容」と呼ばれています。 しかし、印刷文字もワープロ文字も字体も、印刷標準字体の字体に合わせています。 この「表外漢字体表」は、前文・字体表・参考の3部構成になっているのですが、その前文に、 3 字体・書体・字形にかかわる問題とその基本的な考え方 3 印刷文字字形(明朝体字形)と筆写の楷書字形との関係 という項目があります。 3 から、文言の一部を引用すると以下になります。 【】は追記。 表外漢字における印刷文字字形と筆写の楷書字形との相違は、常用漢字以上に大きく、常用漢字表でいう字体の違いに及ぶものもあるので、この点については特に留意する必要がある。 そのような字形の相違のうち、幾つかを例として掲げるが、これは、【手書き上の習慣に従って筆写することを、この字体表が否定するものではないことを具体的に示すためである。 】以下、「明朝体字形」を先に掲げ、次に対応する「楷書字形の例(明朝体字形に倣ったものの例/手書き上の習慣に従ったものの例)」という順に並べて示す。 (引用おわり) 例示の一部を添付画像の中段に示します。 都合よく「腿」が例として使われています。 「遡」「腿」で、「明朝体字形に倣った例」を省略してありますが、筆写の字形としては一般的でないことによります。 要は、「二点しんにょう」は筆写の習慣になく、印刷文字だけに使われるということです。 なお、「手書き上の習慣に従ったものの例」は、中国唐代、日本では明治になる前までです。 明治以後、活字印刷が盛んになりましたが、康煕字典体が漢字の規範となりました。 この結果、「二点しんにょう」で筆写する例(康煕字典崇拝)も見られます。 なお、平成22年に常用漢字に追加された漢字に、「遜」「謎」「遡」があります。 これらの漢字は康煕字典体で追加されましたが、「一点しんにょう」で筆写してもよいことが常用漢字表に示されています(添付画像下段)。 また、学校の書き取りは「筆写の習慣による字体」で習いますので、「一点しんにょう」の方で覚えるでしょう。 こう言った記憶がある方は、「腿」を「二点しんにょう」で書くことはありませんね。

次の