サッカリン na。 サッカリン・サッカリンNa

安全?人工甘味料サッカリンの特徴と危険性

サッカリン na

甘味料とは 甘味料とは、食品に甘みを加える調味料で、食品衛生法による食品の表示では「食品添加物」に分類されます。 甘味料には、「天然甘味料」と「合成甘味料」があります。 天然甘味料 天然甘味料には、「食品」と「添加物」に指定されるものがあります。 食品系の天然甘味料には、一般的に糖と呼ばれるブドウ糖やオリゴ糖、天然の資源から甘味成分を取り出し精製、濃縮した砂糖やはちみつなどがあります。 添加物系は天然に存在する甘味料ですが、酵素処理等によって甘み成分を合成した甘味料で人工甘味料に分類されるものもあります。 例)ステビア、、キシリトール、ソルビトールなど 合成甘味料 合成甘味料は、 食品に存在しない甘味成分を人工的に合成したもの(人工甘味料)です。 例)サッカリン、アスパルテーム、ネオテーム、アドバンテーム、アセスルファムカリウム、スクラロースなど 低カロリー甘味料や、カロリーゼロ、糖類ゼロの商品に良く使用されています。 過去には、発ガン性が高いとして、食品添加物の指定が取り消しとなり、使用が禁止された合成甘味料「チクロ(サイクラミン酸ナトリウム)」もあります。 人工甘味料の危険性や副作用 人工甘味料による体への影響は不明な点が多いですが、近年様々な研究結果が発表されています。 糖尿病のリスク 人工甘味料が糖尿病のリスクを高めている可能性があるという論文がイギリスの科学誌「ネイチャー」で発表されました。 その論文によると、人工甘味料入りの水を与えられたマウスは糖尿病につながり得る耐糖能障害が起きやすくなったそうです。 カロリーゼロなのに太る? カロリーゼロとうたっている食品でも、人工甘味料により血糖値が上がってインスリンが分泌され、体内に脂肪を蓄え逆に太ることも。 カロリーを気にしているのに、太りやすい体質になる副作用があるなんて恐ろしいですよね。 依存性 人工甘味料にはコカイン以上の強い依存性があると言われています。 依存することにより、どんどん食べたくなり買ってしまうということは、メーカーにとっては都合のいいことになりますね。 下痢の副作用 キシリトール、ソルビトール、マルチトール、スクラロースなど、人工甘味料が入っている商品に「一度にたくさん食べると、お腹がゆるくなることがあります」と書かれていることがあります。 なぜ、下痢の副作用がでるかというと、人工甘味料は天然に存在しないので、人間が持つ消化酵素では分解できないからです。 人工甘味料の種類 まずは、人工甘味料7種類を紹介します。 市場によく出回っていて、 安全性が心配される人工甘味料は、「アスパルテーム・アセスルファムカリウム・スクラロース」です。 この3つだけでも覚えておくと良いでしょう。 それでは、順番に紹介しますね。 アスパルテーム 砂糖の100~200倍の甘さです。 食品表示では「L-フェニルアラニン化合物」と併記されます。 この理由は、フェニルアラニン化合物を代謝することができない病気「フェニルケトン尿症」を悪化させるからです。 使用されている商品は、低カロリー甘味料のパルスイートをはじめ、洋菓子、、お菓子、飲料水などです。 安全性については、 がん、脳腫瘍や白血病との関連も強く疑われています。 なぜ、アスパルテームは、これらの危険性が疑われたのに食品添加物の申請が許可されたのか? アスパルテームについて詳しく知りたい方は下の記事もおすすめです。 この発表内容は、喘息があるマウスに人工甘味料「アスパルテーム」を投与すると、アレルギー性気道炎症が発症したというものです。 人工甘味料は用量依存性にマウスアレルギー性気道炎症を増悪させる 【結果】 ダニアレルゲン感作及び気道内投与により、好酸球を主体とする炎症細胞浸潤と杯細胞過形成を特徴とするアレルギー性気道炎症が発症した。 特に低カロリーを売りにした、清涼飲料水やアルコール飲料に使用されています。 アセスルファムカリウムは、「アセスルファムK」と記されることもあります。 後味が悪いと感じる人が多いので、 甘みの後引きのある「アスパルテーム」とよく併用されています。 製造過程で発がん性物質である「塩化メチレン(ジクロロメタン)」が溶媒として使われる場合があるため、一部では塩化メチレンの残留を不安視する声もあります。 「塩化メチレン」は、皮膚に接触すると炎症を引き起こす場合があることが知られています。 食品表示: 甘味料(アセスルファムカリウム) 甘味料(アセスルファムK) スクラロース 砂糖の約600倍の甘さです。 チューインガム、お菓子、清涼飲料、乳飲料、飲料、酒類など幅広く使用されています。 摂取しても、虫歯にならない、血糖値やインスリン値に影響を与えないなどと言われています。 一方、 138度以上に加熱すると有害な塩素系ガスが発生するので、安全性に問題があるとして、国会で取り上げられたことがありました。 米国ワシントン大学医学部研究チームが、スクラロースの危険性を以下のように 「糖尿病の発症につながる」と報告しています。 スクラロースについては、「摂取すると、血中のインスリンおよびグルコース反応の増強に関連していることが判明した。 出典: スクラロースは、比較的最近の1999年に食品添加物に指定された人工甘味料です。 実験結果等が少なく、安全性が不確かだと言えます。 食品表示: 甘味料(スクラロース) サッカリン 砂糖の200~500倍の甘さで水に溶けにくく、チューインガムにのみ使用されます。 1960年代に行われた動物実験で発ガン性があると発表され、一度は使用禁止になりました。 しかし、サルに対して試験が行われ、発ガン性が見られなかったため、使用禁止は解かれることに。 現在は、アメリカや中国では大量に使用されていますが、 日本では発ガン性の懸念より、使用量が制限されています。 ナトリウム塩にして水に溶けるようにした「サッカリンナトリウム」は、菓子類、アイスクリーム、清涼飲料水、乳飲料などに使用されています。 食品表示: 甘味料(サッカリン) 甘味料(サッカリンナトリウム) ネオテーム 砂糖の7,000~13,000倍の甘さで、アルコール類には溶けやすく、水にやや溶けにくい性質です。 ネオテームは、アスパルテームの改良品で、熱に強く水に溶けにくくなりました。 飲料類、デザート、チューインガム、お菓子などに使われています。 食品表示: 甘味料(ネオテーム) アドバンテーム 2014年6月に新たに認可された合成甘味料です。 砂糖の約14,000~48,000倍の甘さを持つ強烈な甘味料です。 アスパルテームのなんと約100倍の甘さとなります。 最近認可され、少量での使用となるので、 安全性は今の所不明です。 食品表示: 甘味料(アドバンテーム) キシリトール キシリトールは、 天然にも存在する添加物の人工甘味料です。 ストロベリー、カリフラワー、レタス、ニンジンなどにも含まれています。 合成の過程で、不純物が生成される可能性は低いと言われています。 キシリトールの効果として、虫歯を防ぐと言われていて、ガムに使用されています。 2013年5月10日、NHKが 「キシリトールは一部の人にアレルギーを起こす」と報道しました。 その後、日本アレルギー学会で以下のように、2. 4%のアレルギーの症例があったと発表されました。 (甘味料)等の摂取による即時型アレルギー全国調査 「エリスリトール(甘味料)等の摂取による即時型アレルギーの健康被害の確定あるいは疑いの症例がある」と回答があったのは2. 2次調査に「協力する」と回答があったのは90. 確定および疑い症例の内訳は,エリスリトールが16例, キシリトールが10例,ステビア,アセスルファムK,ソルビトールが2例,スクラロース,サッカリン,ガラクトオリゴ糖,マルチトールが1例であった(重複あり) 出典: キシリトールは、アレルギー特定原材料に指定されてはいませんが、 アレルギーの原因になり得ると認識しておくことが大切です。 また、原料のトウモロコシは、遺伝子組み換え作物の可能性があるので、大量摂取は控えた方が良いでしょう。 食品表示: 甘味料(キシリトール) 甘味料(キシリット) 天然甘味料 天然に存在する甘味料であり、酵素処理等によって甘み成分を合成した既存添加物で、人工的に合成される場合もあります。 ソルビトール ソルビトールは、梨やリンゴに含まれていますが、 人工のものはトウモロコシやじゃがいもを加工してつくられています。 砂糖と比べてカロリーが70%程度と低くなっています。 甘味料だけでなく、医薬品、化粧品の保湿剤として使用されています。 食品では、菓子類、あん類、ジャム、生めん、タレ類、魚介加工品などに使用されています。 WHOでは、極めて毒性の低い物質として認定しています。 副作用としては、一度にたくさん摂取すると下痢を起こしやすくなります。 比較的安全性が認められていますが、 原料にが使用されている可能性があるので、安全性を心配する声もあります。 食品表示: 甘味料(ソルビトール) 甘味料(ソルビット) 甘味料(d-ソルビトール) 甘味料(d-ソルビット) ステビア ステビアは、南アメリカ原産のキク科の植物です。 ステビアから抽出される、「ステビオシド」や「レバウディオシド」などが甘味成分として使用されています。 1968年に「ラットにステビアのエキスを投与したところ妊娠率の低下が認められた」という論文が科学雑誌「サイエンス」に掲載されたことがありました。 しかしその後、再現性がないことが明らかとされました。 2004年6月に WHO(世界保健機構)とFAO(国際連合食糧農業機関)の世界機関から安全宣言が出ています。 食品表示: 甘味料(ステビア抽出物) 甘味料(ステビアエキス) 甘味料(ステビオシド) 甘味料(レバウディオシド) まとめ いかがでしたか? 9種類の甘味料の危険性・副作用一覧をご紹介しました。 安全性が心配される人工甘味料「アスパルテーム・アセスルファムカリウム・スクラロース」だけは、覚えておいてください。 カロリーゼロ、低カロリーといっていても、ダイエットになる可能性は低いということですね… また、様々な実験や調査結果で人工甘味料の安全性が疑われています。 しかし、結果は症例が少なかったり、動物での実験結果だったりするので、100%危険ということではありません。 原材料名をチェックして、疑いのある人工甘味料は、極力摂取しないように気を付けることが大切だと思います。 日々のちょっとした選択の積み重ねが自分の身体をつくるので、一人一人が食に対する意識を変えていきたいですね。

次の

サッカリンは危険な添加物?発がん性はウソホント?サッカリンの特徴を解説!

サッカリン na

サッカリンとは? サッカリンとは人工甘味料に分類される、 合成甘味料の1種です。 砂糖と比べて700倍ほどの甘みを持っているのですが、ゼロカロリーです。 サッカリンは 世界最古の人工甘味料と呼ばれており、第一次世界大戦で急激な砂糖不足になった時に、砂糖の代わりとして用いられ急激に世界に名を知られることとなった成分です。 甘みがあるからと 大量にいれてしまうと苦みがでてしまう成分なので要注意。 といってもサッカリン自体にカロリーがないのではなく、体の中で吸収されることなく外へと排出されるので、正確には 実質ゼロカロリーという事です。 血糖値はからだに吸収される物質や代謝が起きないと変化がないので、サッカリンは 血糖値に関係がないとされています。 しかしサッカリンには長い間発がん性がある成分だと考えられてきたため、 世界からはあまり良い印象は持たれていません。 1977年にはFDA(米国食品医薬品局)が甘味料として使用することを禁止しており、元をたどれば1970年代に研究で膀胱がんの関連性が指摘されたことから始まります。 今となってこそ通常に使われていますが、 昔のイメージが根強く、危険な成分としての扱いが多いのが現状です。 サッカリンが使われている商品 サッカリンは水に溶けない性質を持っているため、食べるものでいうと チューイングガムや加工食品をメインに使用されています。 例えば、さかなの缶詰や瓶詰の食品、魚肉ソーセージや乳飲料など。 粉末からつくる飲料やこうじ漬けのたくあんなどにも使われています。 他にも日用品にも使われており、 歯磨き粉などにも配合されています。 害はあるの?サッカリンの安全性 世界でも基準の高い日本の厚生労働省が、サッカリンを食品添加物として認可しているので、 安全性には問題が無いと考えられます。 一部の研究結果によると、がん細胞の成長を遅らせることが出来たという報告もあります。 昔から発がん性物質などと嫌われてきた成分ですが、近年では悪性のガンが成長したり転移するなどを防ぐ効果があるとの研究結果が発表されています。 1977年にFDA(米国食品医薬品局)が危険物として、 人工甘味料としての使用を禁止しましたが、FDAが依頼した研究機関から 人体には影響が無いと判明したため、その後1991年に 安全性が確認できた事を宣言しました。 毒性?サッカリンの危険性 1960年代におこなわれた動物実験で、 発がん性があるとの結果がでました。 ジャーナリストの渡辺雄二著者の「」に、オスのラット45匹のうち8匹に膀胱がんが発見されたという詳細が記載されています。 それまでに砂糖のかわりとして人気のあったサッカリンは一気に毒物扱いになり、FDAから使用の禁止が出され、GRAS(FDAが安全だと認められる物質に与える合格証みたいなもの)を解除されました。 その後、 アメリカ 連邦保健福祉省が猿などをつかった動物実験や毒性の研究をおこない、サッカリン自体に発がん性があるのではなく、混在していた オルトトルエンスルホンアミドという成分に問題があると発覚。 アメリカの国家毒性プログラムにより安全であるとの発表がされましたが、一度うけてしまったイメージのせいでサッカリンは中々使われにくくなりました。 しかし先進国である中国や、アメリカがサッカリンを使用し再開したことで、徐々に使用する国が増えていったようです。 現在は使用できる量が決められてはいますが、自由にサッカリンを使うことが出来ます。 ただ、サッカリンと同じような人工甘味料(・・など)が開発されており、今はそちらが主流になってきているため、 使用頻度は少ないようですね。 胃酸過多• お腹を下す• 発がん性• 体重が50kgの人だと250mgという事になります。 摂取量を大幅に超えてしまわないように気をつけましょう。

次の

サッカリン・サッカリンNa

サッカリン na

フッ素入り歯磨き粉は安全?危険? まずは、フッ素で虫歯を予防してくれる某有名メーカーの製品の成分表(左写真)をご覧いただこう。 次に、赤線で示した「フッ化ナトリウム」いわゆるフッ素と「SDS」という単語をGoogleで検索してみてほしい。 「フッ化ナトリウム SDS」という具合にだ。 どの企業でもよい、その中の1つを開いてご覧いただきたい。 化学に明るくなくても、PDFデータに記載された下記の三つのマークを見れば該当する化学物質が、人体に有害か無害かは容易に判断できるだろう。 サリンの原料?化学兵器とフッ化ナトリウム 2019年7月、フッ化水素を含む3品目について日本から韓国への輸出が規制された。 といっても緩かった輸出時の手続きを、通常の手続きにしただけの事ではある。 規制の理由は、韓国が第3国を経由してフッ化水素を含む3品目を北朝鮮に輸出していることが分かったからだ。 フッ化水素を含む3品目は、半導体の洗浄だけなく恐ろし化学兵器の材料にもなるのだ。 マスコミは「経済制裁」と騒ぎ立てているが、極めて安全保障上の問題がであることがよく分かる。 その後、生物・化学兵器を含む大量破壊兵器製造のための原料として、過去に日本からの数品目が、韓国を通じ北朝鮮やイランといった国へ不正輸出されていたことも分かった。 その数品目の中に、歯磨き粉で聞き覚えのあるフッ素こと「フッ化ナトリウム」が入っていたのだ。 「虫歯予防」と広く宣伝しているまさにその物質・フッ化ナトリウムは、驚くことにあの猛毒サリンの原料になるという。 歯磨き粉に含まれる「ラウリル硫酸Na」「サッカリンNa」 フッ化ナトリウム(フッ素)以外の成分はどうだろうか?上に示した成分表記の写真から、「ラウリル硫酸Na」と「サッカリンNa」について見ていく。 ラウリル硫酸ナトリウム 発泡剤として使用されるラウリル硫酸ナトリウムは歯磨き粉のほか、界面活性剤として洗剤やシャンプーにも広く使われている。 ラウリル硫酸ナトリウムも、上記で案内したフッ化ナトリウムの検索方法と同様に、「ラウリル硫酸ナトリウム SDS」と検索すると分かる通り、どくろ表示や健康有害性表示など、穏やかでないマークが並んでいる。 加えて「飲み込むと有害」や「皮膚に接触すると有毒」なども文字も踊っている。 アメリカや欧米の一部では、ラウリル硫酸ナトリウムの使用を禁止している。 ではなぜラウリル硫酸ナトリウムのような有害物質を歯磨き粉に使うのかというと、「売れる」からである。 ブラッシングで程よい泡がシュワシュワ立つことで歯磨きをした気分になり、使用感が良いと感じる消費者が多い。 水のような泡の立たない歯磨き粉は売れにくいのだ。 消費者のニーズが細かくなれば細かくなるほど、消費者自身を苦しめる結果になりかねない。 サッカリンナトリウム 歯磨き粉には香味料として使用されているサッカリンナトリウムは、人工甘味料でもある。 ガムや加工食品、甘くて美味しい醤油なんかにも添加されている。 そしてサッカリンナトリウムは、発がん性が疑われている。 1960年代にラットによる実験で膀胱がんの関連性が指摘されたことで、一旦は使用禁止になった。 その後今日に至るまで使用されている。 ただし現在の日本では厚生労働省により、大量摂取を避けるための規制がしかれている。 いくら摂取量の規制があっても、消費者は毎日1食だけ・毎日1度だけ歯磨きをするのではない。 醤油を浴びるようにかけて食事をする人や、歯磨きを日に何度も行う人もいる。 規制があるから安全!とは言い切れないのが、消費者としての心情だ。 これ、使ってます!おすすめの歯磨き粉 では一体どの歯磨き粉を使えば安全なのか。 答えは、フッ化ナトリウムもラウリル硫酸ナトリウムもサッカリンナトリウムも使っていない歯磨き粉である。 と簡単にいうものの、フッ素フリーの歯磨き粉を探すのは、容易ではない。 「オーガニック 歯磨き粉」「無添加 歯磨き粉」と検索すれば、安全な歯磨き粉はいくらでもある。 しかし、CMに出てくる有名メーカーの歯磨き粉のように、ドラッグストアで安売りはしていない。 そのためお値段はもピンキリ。 海外のおしゃれなオーガニック商品になれば、価格も当然おしゃれなものになる。 私が試したものは、主に500円以内で購入できる国産の歯磨き粉だ。 発泡剤入りの一般的な歯磨き粉に慣れていれば、どの無添加系歯磨き粉(フッ素・ラウリル硫酸Na・サッカリンNa不使用)でも、はじめは味や使用感に物足りなさを感じるだろう。 しかし、無添加の良いところは、安全であるばかりでなく、 歯磨き直後に食事をしても、食べ物の味が変わらないことだ。 一般的な歯磨き粉に見られる舌のヒリヒリときついミント、そしてあのまとわりつく後味が、どの無添加系歯磨き粉にもないため、すぐに美味しい食事を楽しめる。 そんな無添加系歯磨き粉の中でどれを選ぶか。 いろいろ試してみて決め手とのなるのは、口に入れるものであることゆえ重要視するのはやはり 「味」。 中にはミント感が少なく、もろに「石けん」の味がするもの、独特のハーブ感でなかなか舌が慣れないものなどあるなか、たどり着いたのが、 『パックス ソルティーはみがき』だ。 価格は容量80gで、1本税抜き300円前後。 上記で述べたフッ化ナトリウム・ラウリル硫酸ナトリウム・サッカリンナトリウムは、もちろん入っていない。 それどころか、パッケージに堂々且つデカデカと、 『合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウムなど)やサッカリン(人工甘味料)を使用していません』 と明記してる。 頼もしい! 肝心の味は、程よい塩気は嫌味がなく、ミントも程よく効いていて、磨いた後には心地よい爽快感。 成分は簡単明瞭で、泡立ちもまずまずあり、石けん歯磨き粉にありがちな「泡立ち問題」もクリアされている。 そして何よりうれしいのは、安全安心でありながら、手の届く価格設定。 申し分ない一品だ。 実際に毎日使って本当に良いものを紹介しているだけで、決して押し売りではないことだけはご理解いただいたうえで、「フッ素やラウリル硫酸ナトリウムを避けたいが、どの歯磨き粉を使っていいか分からない」、「石けん歯磨き粉の味がどうも苦手」という方は、ぜひ試していただきたい。 2020年4月4日追記) 『パックス ソルティーはみがき』のパッケージがリニューアルされている。 100%自然由来成分 商品名は 『PAX NATURON ソルティー石けんはみがき』となっており、「100%自然由来成分」であることが一目で分かるナチュラル押しのでデザインになっている。 容量は以前の小さめサイズ80gから、安心サイズの120gとやや大きくなり、さらに毎度回して開けなければならかなったキャップが、ワンタッチキャップに変更され使い勝手がよくなった。 ご安心あれ。

次の