新型 特急 ひ の とり。 近鉄の新名阪特急「ひのとり」、わかっていること全詳細。車両、料金、時刻表など掲載!

新型特急「ひのとり」がくる! 2020年、近鉄から目が離せない (1/5)

新型 特急 ひ の とり

3月14日にデビューする近鉄新型特急「ひのとり」(イメージ) 名阪特急「ひのとり」が新たな伝説をつくる 近畿日本鉄道は3月14日、名阪特急ルートに新型車両「80000系電車」を投入する。 愛称は「ひのとり」だ。 従来の近鉄特急のイメージを変える真っ赤な車体に、鳳凰(ほうおう)を連想するシンボルマークが描かれる。 客室設備は「プレミアム車両」と「レギュラー車両」の2種類を用意。 6両編成のうち、両端の運転台付き車両が「プレミアム車両」で、中間車4両が「レギュラー車両」だ。 プレミアム車両はハイデッキフロアで、運転席越しの前方、後方の眺望も楽しめる。 座席は1+2列の本革シート。 電動リクライニングシートとレッグレスト、シートヒーターを装備。 前後の間隔は1300ミリで国内最大級。 バックシェルを採用し、後席を気にせずにリクライニングできる。 JR東日本が新幹線で採用した「グランクラス」並みの装備だ。 プレミアム車両はゆったり3列。 従来の名阪特急「アーバンライナー」もデラックスカーは3列だった。 「ひのとり」は座席の快適性を向上した レギュラー車両もバックシェルタイプのシートを採用した。 前後の間隔は1160ミリで、近鉄のレギュラーシートとしては最大。 新幹線のグリーン車に匹敵する。 バックシェルがあるぶんだけ新幹線グリーン車より格上感がある。 近鉄名古屋〜大阪難波間の運賃と特急料金と特別車両料金は、レギュラー車両の場合は4540円。 プレミアム車両の場合は5240円だ。 ちなみに、東海道新幹線の名古屋〜新大阪間は普通車指定席で6680円(通常期)、スマートEXで6480円(同)だから、プレミアム車両にしても新幹線より安い。 関連記事• 長崎新幹線のフリーゲージトレイン(軌間可変列車)採用は消えたが、近鉄が開発に積極的な姿勢を見せている。 新幹線でなくても、この技術は役に立つ。 なぜかというと……• 佐賀県は新幹線の整備を求めていない。 佐賀県知事の発言は衝撃的だった。 費用対効果、事業費負担の問題がクローズアップされてきたが、これまでの経緯を振り返ると、佐賀県の主張にもうなずける。 協議をやり直し、合意の上で新幹線を建設してほしい。 「北斗星」の保存を目的としたクラウドファンディングに参加したが、現地を訪れて、車両の傷みが進んだ姿にガッカリした。 だが、今後に期待できる事業も動き出した。 車両保存はゴールではない。 維持補修作業のスタートだ。 将来を見据えたプロジェクトでないといけない。 小田急電鉄などが手掛ける自動運転バスの2回目の実証実験が行われた。 1年前の前回はがっかりしたが、今回は課題に対する現実的な解決策を提示してくれた。 大きなポイントは3つ。 「道路設備との連携」「遠隔操作」「車掌乗務」だ。 2020年を迎えたが、鉄道分野では19年から停滞したままの「宿題」が山積している。 リニア中央新幹線の静岡工区、長崎新幹線の佐賀県内区間、そして過去の災害で被害を受けた路線の復旧……。 20年はこれらの問題解決に向けた動きが進むことを期待したい。

次の

行きは「N700S」、帰りは「ひのとり」――近鉄特急の贅沢な「空間」を堪能した話

新型 特急 ひ の とり

こんにちは。 ついに都道府県を跨ぐ移動の自粛要請も解除されましたね! 単身赴任や学生で故郷や実家に帰省できなかった人も、漸く移動ができるようになりました。 自粛要請が解け自由になったことで心理的にぐっと日常に近くなった気がします。 とはいえ僕みたいな普通の人間が海外旅行できる状態ではありません。 開国第一弾はベトナムからのビジネス渡航らしいですが、まだまだ観光は無理そうです。 台湾政府は10月を目途に海外からの観光客を受け入れる予定らしいのです。 この夏は国内旅行が中心となりますね! いつまでも自粛している訳にはいかないので積極的に国内旅行して、経済復興に協力したいなと思います! という事で今日は国内の話題です。 2018-03-16 13:30 節約鉄道旅行の必須アイテム「青春18きっぷ」の1回あたりの単価を安くする更なる節約方法などを書いています。 僕は小さい頃は鉄道マニアだったので今でも鉄道が好きです。 廃線イベントに行くみたいなハードは活動はしていませんが新型車両に乗れる機会があれば積極的に乗ります。 鉄道関連の情報についてはある程度アンテナを張っています。 鉄道ファンにとって今年のビッグニュースは2つあるのではないでしょうか。 ひとつは東海道新幹線の新モデルN700S系のデビューです。 東海道新幹線は鉄道の花形、その新型となれば注目が集まります。 またN700Sは短編成対応が可能で、台湾新幹線の新型車両に採用される可能性が高いと個人的には考えています。 そしてもうひとつの鉄道界のビックニュースは今日話題とする近鉄特急の新型車両「ひのとり(近鉄80000系)」デビューだと思います! 私鉄の有料特急といえば「東の小田急ロマンスカー」「西の近鉄特急」が2大巨頭だと思っています。 有料特急を毎時2本運行して新幹線と競業する私鉄路線は日本でも近鉄だけだと思います。 昔は名古屋を出発して次の停車駅は大阪鶴橋というノンストップ運行をしていました。 名古屋で乗り間違えると途中で降りられず大阪まで行ってしまうという悲劇がありました! 名阪特急の所用時間は大阪難波と名古屋途中、奈良県や三重県の通り約2時間。 東海道新幹線の最短所要時間は50分程度なので、速さでは近鉄が負けます。 しかし、近鉄は大阪ミナミの中心、難波に駅がありミナミが活動の中心の方、観光の目的地がミナミの方にとっては、新幹線駅の新大阪から難波の移動の手間を考えると近鉄が有利です。 そして近鉄名阪特急最大の魅力は東海道新幹線に比べ料金が安い事です。 巧くチケットショップを利用すれば東海道新幹線より3、4割安く移動できます。 近鉄名阪特急を利用する人は、出張旅費を浮かせたいサラリーマン、安価に大阪に遊びに行きたい学生など様々です。 小田急ロマンスカーみたいな観光列車ではありません。 従ってビジネス需要と新幹線対策のために喫煙室が残っている珍しい私鉄特急でもあります。 近鉄は前述の大阪と名古屋以外の重要な拠点として、京都や奈良、そして三重の伊勢を中心とした観光地へも路線を持っています。 名阪特急以外の近鉄特急は観光列車の側面もあり、伊勢神宮の式年遷宮の年には伊勢志摩方面への新型車両を投入するのが恒例となっています。 直近では2013年デビュー、大阪、京都、名古屋から伊勢志摩を結ぶ「特急しまかぜ(近鉄50000系)」が有名です。 特急しまかぜは、グランクラス並みのシートや食堂車を連結するなど、JRを含めた日本の鉄道車両でも最高級の鉄道車両です。 近鉄は長距離路線があり、グループで鉄道車両メーカー近畿車両を有し、汎用化が進んでいて通勤電車主体の他大手私鉄とは違った存在感がある会社です。 そんな近鉄特急の中でも基幹路線の「名阪特急」に満を持して17年振りの新型車両が今日紹介する「特急ひのとり」です。 「特急ひのとり」プレミアムシート最前列の予約成功! 今回、6月に「特急ひのとり」に乗車しました。 6月21日現在、近鉄特急の指定席券は乗車日の1週間前の発売開始です。 通常は乗車日1か月前発売ですがコロナ禍の影響で特別対応となっています。 折角乗車するので新幹線でいうグリーン車に相当するプレミアム車両!それも最前列を予約しようと思い、特急券発売日の発売開始時間10時30分に合わせネット予約しました。 と思っていましたが、平日だったせいか普通に予約できました! 近鉄はインターネット予約システムがあります。 そこで号車座席指定できますので、どうしても最前列で乗りたい方はネット予約してみてください。 デビューして2か月経って落ち着いたからか、コロナ禍の影響か、特急券が買えない状況ではなく当日駅でも買えると思います。 ひのとりの料金は3階建てになっています。 令和2年6月中旬、難波のチケットショップでは980円で近鉄株主優待券が売っていました。 コロナ禍の影響の深刻さを思い知りましたね。 それでは次の章で乗車レポートします! ひのとりプレミアム車両に乗車!.

次の

行きは「N700S」、帰りは「ひのとり」――近鉄特急の贅沢な「空間」を堪能した話(2020年6月27日)|BIGLOBEニュース

新型 特急 ひ の とり

2020(令和2)年6月13日(土)、東海道新幹線の新型車両「N700S」を取材したその足で近鉄の新型特急車両「ひのとり」に乗車してみました。 試乗会に参加した「鉄道チャンネル」華やか部門の二人から 「ひのとり」がいかに素晴らしいかという話を聞き及んでいたのですが、このご時世、大阪や名古屋へ出向くわけにもいかず……そんな折に「N700S」取材で久々に新大阪を訪れたので、この機を逃すわけにはいかぬと思いたち「ひのとり」で帰ることにしたのです。 (名古屋からは「ワイドビューしなの」「あずさ」を乗り継いで帰京) 「ひのとり」ってどんな車両? 「ひのとり」は今年3月14日(土)にデビューした近鉄の新型特急車両。 大阪と名古屋をつなぐ名阪特急の新たな担い手として、2021年度末までに11編成72両が新造・投入される予定です。 大阪〜名古屋間の移動に関しては東海道新幹線と近鉄の名阪特急が競合しており、速さの東海道新幹線に対し安くて快適な近鉄特急という構図になっています。 2020年はJR東海が「のぞみ12本ダイヤ」や「N700S」の投入で輸送品質の向上を図り、一方の近鉄は「ひのとり」で対抗するという流れでした。 料金や所要時間を具体的に比較してみましょう。 「ひかり」指定席なら6,470円、「のぞみ」指定席なら6,680円。 所要時間は「のぞみ」なら約50分。 一方の「ひのとり」は大阪難波〜近鉄名古屋間を約2時間8分で移動。 従来の近鉄特急が4,340円、デラックスシートで4,860円であったことを考えると若干割高になりましたが、過去のリリースや乗車体験記を読むに座席や車内設備に相当力を入れていることが分かります。 もちろん大阪〜名古屋間の移動なら新快速を乗り継いでいく手もありますし、高速バスなら更に安い。 名阪特急は名阪間における様々な移動手段の中でも、グレードの高い選択肢として位置付けられているとみて良いでしょう。 「ひのとり」の過ごしやすさはダテじゃない 「ひのとり」のコンセプトは「くつろぎのアップグレード」——これまでにない移動空間を提供し、最高のひと時へ誘わんとする近鉄の矜持が感じられる響きです。 その実力のほどを拝見しようじゃないの……ということで「プレミアムシート」に乗ろうと思ったのですが、残念ながら当日の「窓側の席」は満席。 というわけで今回はレギュラーシートに乗ります。 大阪難波駅発 ひのとり14号車 行先表示器 「名古屋」表示 「HINOTORI No. 14」 カフェスポットではコーヒーやお菓子を販売 「ひのとり」車内にはカフェスポットがあり、コーヒーやお菓子などを購入することができます。 「ひのとり」コーヒーは200円。 お湯は無料。 コーヒーの提供時間はおよそ40秒。 普段泥水のようなコーヒーしか飲まない味音痴なので「セブンイレブンのコーヒーとあんまり変わらなくない?」という印象を抱いてしまったのですが、普通に美味しいですし、車内で買えるコーヒーというのはそれだけで100円の差額を払う価値のあるもの。 記念に一杯買っていきましょう。 くつろげるベンチスペース 無料ICカードロッカー デッキ部にはベンチスペースが備えられており、座席以外でもくつろげるようになっています。 その対面にはICカードロッカーがあり、ICOCAやPASMOを持っていれば無料でロッカーが使うことも。 こういう設備があることは知識としては知っていたのですが、改めてこの贅沢なサービスを目の当たりにするとちょっと真顔になりますね。 治安の悪いインターネットの住民が見たら「福利厚生じゃん、こんなの……」と呟くレベル。 座席の乗り心地は抜群 レギュラーシートの座席前後間隔は116cm 「ひのとり」レギュラーシート背面 分厚さを感じるテーブル 「N700S」の取材時には新たな機構が導入され改良された座席に乗り、グリーン車のシートも満喫しています。 その感触が腰に残っている状態で座ればさすがに見劣りするんじゃないかな……と思いながら「ひのとり」レギュラーシートに腰を落ち着けたところ、あまりの快適さに一歩も移動したくなくなってしまいました。 リクライニングした瞬間がすごいんですよ、ひのとり。 座面の先端が浮く。 膝のあたりがほんの少し持ち上げられて快適な乗り心地になってる。 しかも全席バックシェルなので後ろの人を気にせずにリクライニング出来る。 もちろん「N700S」の座席も素晴らしいのですが、ひのとりのシートからは速度で劣り快適さに賭ける近鉄特急が座席の質で負けるわけにはいかない、というプライドが伝わってきます。 腰とかに。 もちろん、サービスは座席の質によってのみ決まるものではありませんが、レギュラーでこれならプレミアムシートはグランクラスを余裕で超えていくんじゃないのか?と期待が膨らみますね。 ちなみに座席の背面には傘などをかけられるフックも搭載。 これは「N700S」の普通車にも装備されていて、全席コンセント・Free Wi-Fiなどともに令和の標準装備みたいな感覚がありますね。 雨の日は傘の置き場に困ることもたびたびですが、このフックは柄を引っ掛けて固定するのに大変使いやすくて便利でした。 ひのとりのフックに傘をかける 参考:N700S量産車普通号車のフック 5kgまでかけられる 「ひのとり」は揺れない 「ひのとり」は先頭車両に電動式のフルアクティブ制御を導入しており、空気式のフルアクティブ制御を導入した「しまかぜ」と比較しても揺れを抑えられた車両になっています。 こんな置き方をしても蓋は落ちなかった 自分は写真のように飲み終えた「ひのとり」コーヒーのカップにズレ落ちそうな状態で蓋を引っ掛けたまま乗車していたわけですが、これが終点まで落ちない。 びっくりするほど揺れない。 ひのとりの静けさと揺れなさは「リクライニングチェアでくつろいでいると窓の外の画面が勝手に切り替わっていく」イメージです。 あまりの揺れなさに「電車に乗っている」ことを忘れてしまうほど。 もちろん、新幹線だって揺れる乗り物じゃありません。 記者が生まれる前の話ですが、東北新幹線の試運転では「タバコが立つ」と噂になったそうで。 長野新幹線や北陸新幹線では「コインが立つ」という話もあります(実際試したことはないのですが……)。 「N700S」だって揺れの大きい車両にはフルアクティブサスペンションを備えています。 それでも乗り比べてみると「『ひのとり』はいいぞ」になってしまう。 大阪難波から近鉄名古屋まで2時間ちょっと。 しかも料金は「のぞみ」で行くのとさほど変わりない。 もっと安い移動手段も充実している。 それでも「ひのとり」を選ぶ可能性はあるかと問われると——自分としては「Yes」と答えざるを得ません。 いずれは「ひのとり」プレミアムシートと「グランクラス」で乗り比べをしてみたいものです。 文/写真:一橋正浩.

次の