ヴェルテ アナコンダ。 捕食植物ヴェルテ・アナコンダ(プレデタープランツヴェルテアナコンダ)カード情報・考察

捕食植物ヴェルテ・アナコンダ【真紅眼融合】

ヴェルテ アナコンダ

1 :このカードが闇・地・水・炎・風属性の全てを素材としてリンク召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドのカードを全て破壊する。 2 :フィールドのこのカードは他のカードの効果を受けず、 闇・地・水・炎・風属性モンスターとの戦闘では破壊されない。 3 :相手エンドフェイズに発動する。 自分の墓地からカード5枚を選んで裏側表示で除外する。 5枚除外できない場合、このカードは墓地へ送られる。 「F・G・D」のリメイク版といえるカードで、召喚条件はモンスター5体のリンクモンスターです。 1つ目の効果は光属性以外の属性を全てリンク素材にした時に相手フィールドのカードを全て破壊できる効果。 2つ目はフィールドのカードの効果を受けず、闇・地・水・炎・風属性モンスターとの戦闘では破壊されない効果。 3つ目は相手エンドフェイズ時に自分の墓地からカードを5枚除外する効果で、除外できなければこのカードが墓地に送られる効果です。 モンスター5体と召喚条件が厳しいものの、トークンでも問題はないので、 「スケープゴート」などを使えば、召喚自体はそこまで難しくはありません。 しかし1つ目の効果を発動が厳しく、複数の属性を持つ効果を持つモンスターとの併用が良いでしょう。 2つ目の効果を狙わなくても効果耐性がある上に、神属性と光属性以外の戦闘では破壊されない上に攻撃力5000と非常に高いので、頻繁に攻撃力を超えられることはないでしょう。 問題は維持コストがかかるので、このカードをリンク召喚する際は、数ターンと割り切るか、大量に墓地を肥やす手段が必要となります。 非常にロマンあふれるカードですが、面白い1枚です。 お互いのフィールド・墓地の魔法カードの数だけこのカードに魔力カウンターを置く。 2 :フィールドに「エンディミオン」カードが存在する限り、 相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。 3 :1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに、 自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。 自分の手札・墓地から魔法使い族モンスター1体を選び、 このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。 召喚条件は、魔法使い族を含む2体以上で、1つ目の効果が、リンク召喚時にお互いのフィールド・墓地の魔法カードの数だけこのカードに魔力カウンターを置く効果。 2つ目がフィールドに 「エンディミオン」カードがあれば、攻撃対象にならない効果。 3つ目が1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除くことで手札・墓地から魔法使い族を特殊召喚できる効果です。 「エンディミオン」デッキと相性の良い効果を持ち、特に3つ目の効果は 「エンディミオン」に限らず、魔法使い族を使うテーマであれば、汎用性の高い効果となっております。 1 :フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。 2 :2000LPを払い、 「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。 この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。 1つ目の効果は指定したモンスターを闇属性に出来る効果。 2つ目は2000のライフをコストに 「融合」「フュージョン」をデッキから墓地に送ってその効果と同じになる効果です。 1つ目の効果を使い2つ目の効果で 「超融合」などを使えば 「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」が融合召喚しやすいので 「超融合」の主張性がこのカードで高くなったと言えます。 召喚条件も緩いので、今後悪さをすることは間違いないモンスターです。 まとめ LINK VRAINS PACK 3の詳細が判明し、今回のパックもかなり期待できる内容なのではないかと思います! まだまだ未判明テーマは多いですが、情報が入り次第追記してまいります!.

次の

超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ

ヴェルテ アナコンダ

1 :フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。 2 :2000LPを払い、通常・速攻魔法カードまたは通常・速攻魔法カード1枚をデッキから墓地へ送って発動できる。 この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。 LINK - 2 パスワード:70369116• LVP3の融合サポートで出されたハリファイバー枠。 融合カードはタダになるが素材は自分で調達する関係上消費は大きくなりやすい。 そのためデッキ融合や、墓地融合を使いたい。 ハリファイバーの反省を活かしてか融合が終着点になるようなデメリットが搭載されている。 …のだが長い間環境に居座っているサンドラの安定度を上げたのはまだ可愛かったもので、ドラグーンを実質効果モンスター2体で安定して出せる様にしてしまった。 素材の緩さも災いし、ほぼどのデッキからもフリールートで出てきて回答が無ければそのままそれだけで詰まされかねない物が出てきてしまう事になってしまった。 出張パーツ嫌いなのに出張パーツとしてもヤバい部類の物を作り上げるのは流石に頭コンマイとしか言いようがない。 裁定により文字通り化け物クラスの汎用サポートとなった捕食リンク。 打点は低いものの、緩い素材指定と使いやすいマーカーに加えてとにかく効果が優秀。 2000LPという決して安くはないコストからデッキの融合かフュージョンをコピーでき、その後はモンスターを特殊召喚できなくなるものの、いつも通りぶん回した後に使えば良いよねとなる。 問題はこのパックと同時期に出るレッドアイズ融合と、このカードの裁定で真紅眼融合の発動制限を踏み倒せてしまう事で、たしかにデメリットがキツすぎるという不満は度々上がっていたがもう少しやり方があっただろと思わずにはいられない。 しかも低打点にしてもリンクソリティア系ならマスカレーナから相手ターンにアストラムでカバーできるのも地味に厄介。 もちろん融合関連は種類がとにかく豊富で、カテゴリ専用から超融合にカップ麺とかなり自由度が高いく、最近オフリスが緩和されたと言えどサポートやリンクの欲しかった捕食にも 割と強化方針に違和感はあるが 真っ当な強化なのは評価できる。 それでも、売りたい欲が露骨に伝わってくるのはアレだなぁとも思える。

次の

「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」の考案と考察!相性の良いカードとデッキを紹介!「捕食植物」リンクモンスター登場!

ヴェルテ アナコンダ

一緒に売ってるランキング• 1位 3800円買取中!• 2位 1000円買取中!• 3位 1000円買取中!• 10位 1000円買取中!• 15位 150円買取中!• 1位 3800円買取中!• 2位 1000円買取中!• 3位 1000円買取中!• 4位 800円買取中!• 5位 600円買取中!• 6位 400円買取中!• 7位 350円買取中!• 8位 400円買取中!• 9位 1300円買取中!• 10位 1000円買取中!• 11位 2000円買取中!• 12位 160円買取中!• 13位 900円買取中!• 14位 200円買取中!• 15位 150円買取中!• 16位 1200円買取中!•

次の