ガッテン 歯磨き。 歯磨きのあと、うがいをしないのが「いいね」ってご存知ですか?

ためしてガッテン イェテボリテクニック#イェテボリテクニック#ためしてガッテン#スウェーデン 歯磨き#もあ歯科医院#横浜市金沢区 歯科医院#金沢八景駅 歯科医院#金沢文庫 歯科医院|もあ歯科医院

ガッテン 歯磨き

先日、NHKの「ためしてガッテン」で、歯磨き粉の使い方に焦点を当てた特集を行っていました。 要約すると、虫歯予防をメインとした歯磨き粉の使い方として、• フッ素入りの歯磨き粉を使用すること• 歯磨き粉は2センチ程度、多めに使用すること• フッ素をお口の中にとどめるために、うがいはしないこと(しても少ない回数) といった内容のことを挙げていました。 一世代前ですが、歯磨き粉の量について、あくまで少量という時代がありました。 これは歯磨きはブラッシングの正しい方法というものの方が大事で、 歯磨剤を多くつけてしまうと、磨いた気になってしまって、しっかり磨けなくなるという考え方からでした。 私も歯学部学生時代はむしろ歯磨剤を付けずに磨いていたくらいです。 いまでは、フッ素の多く入っている歯磨き粉、 具体的には「チェックアップスタンダード」を使用しています。 フッ素濃度は1450ppmで、歯科医師としてもおすすめです。 (当院でも販売しています。 ) 「うがいはしない」というのは、さすがに難しく1回だけしています。 今春歯科衛生士学校を卒業した新人歯科衛生士に学校ではどう習ったの? と一応聞いてみたところ、「ためしてガッテン」と同じ感じでした。 しかも、ご丁寧にも、昔の先生は少量というけど、今は違うと教えられたとのことです。 自分が昔の先生になったような、自分との時代の格差を感じてしまいましたね。 番組では、ご家庭で行う歯磨きの話をメインとしていましたが、 最後には歯科衛生士さんのプロケア、歯科医院での予防歯科を受けることが、虫歯予防には最も大事とお話してくれました。 当院でも予防歯科について、 ご自宅でのセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアを車の両輪のようにしてバランスよく行うことが大事と考え、 予防歯科を全ての歯科治療のベースにおいて歯科診療を行っています。 予防歯科においては、歯科医師よりも歯科衛生士が主役です。 その診療方針のもと、当院では予防歯科に力を入れていることを形にして、 約10名の歯科衛生士が在籍し(全国平均は1歯科医院あたり1名以下。 それだけ歯科衛生士は少ないのです。 )、 日々、患者さまのお口の健康づくりや予防歯科を行っています。 歯科衛生士がきちんと仕事をしながら、長く定着してくれることで、 患者さまには、同じ歯科衛生士により、長期的に予防を行う、メンテナンスを受けることもできるようになります。 まだまだ道半ばですが、長い目で予防歯科に通いたいという患者さまにとっては、メリットのある歯科医院づくりが少しずつできてきています。 数や年数だけでなく、患者さまのために歯科衛生士として何ができるのか自分たちでも考え、 お互いも刺激しあい、よりよい予防歯科を提供しようと日々奮闘しています。 いつも感謝なのですが、当院の歯科衛生士たちは、やさしいし、患者さま思いです。 自信をもって皆様に予防歯科を提供しています。 お口の状態も人それぞれです。 その方のお口の状態だけでなく、リスク、年齢、生活習慣等に合った歯磨きの仕方のご説明や実際のクリーニング、メンテナンスが大切です。 お口の健康、予防歯科にご興味のある方は、お気軽に当院までご相談ください。 関連記事.

次の

もっと知りたいフッ素の話 その32 ガッテン放送に各地からの意見~フッ素入り歯磨きは危険、吐き出さないなんて非常識

ガッテン 歯磨き

梅雨から夏、「におい」が気になる季節だ。 ビジネスでも「悪臭」が相手に与える印象は非常にネガティブ。 だが、人は自分の臭いには鈍感なもの。 さらに、わかっていても対策が不完全な人も多い。 『日本人はなぜ臭いと言われるのか』(光文社新書)を出した内科医の桐村里紗氏は、「日本は、歯磨きの方法がガラパゴス化しており、ダメな歯磨きで口臭につながっている人が多い」と指摘する。 ガラパゴス化する日本の、NGな歯磨き法 さまざまなことが特殊に進化し、ガラパゴス化している日本。 歯磨きの方法も、実はガラパゴス化していることの一つだ。 それどころか、日本人の歯磨きの方法は、虫歯や歯周病を悪化させ、口臭の原因になっている可能性がある。 写真=iStock. com/itakayuki 残念ながら、多くの日本人は、世界では非常識とされる、誤った歯磨き方法を行っている。 「食後すぐに歯を磨く」という方法だ。 子どもの頃、母親や学校の先生から、「食べたらすぐに歯磨きしなきゃダメでしょ!」と怒られた経験はないだろうか。 以前はそれが良いとされ、「1日3回、3分間、食後3分以内に歯を磨こう」という「3・3・3運動」が日本全体で推進されていた。 国全体がそれを良しとしてしまったのであって、親や先生を恨んではいけない。 科学的な1つの論理は、後に覆(くつがえ)される可能性があるのが世の常だし、あるコミュニティーの常識は、別のコミュニティーの非常識とは、よくあることだ。 90年代よりも現代のほうが歯周ポケットが増えている 絶対的真理でない限り、それらを100%信じ込むのではなく、常にアンテナを立てて、自分自身をバージョンアップできるようにしておくのが賢明である。 厚生労働省によると、1日2回以上歯磨きをする日本人は、昭和44年は20%以下だったのが、年々増加し続け、平成28年には77%になっている。 平成11年と平成28年を比較すると、3回以上歯磨きをする人も右肩上がりで、10%以上増加している。 それにもかかわらず、治療対象となる4mm以上の深い歯周ポケットを持つ人は、平成11年から平成28年で、どの年代でも増加しているのだ。 75歳以上では、20%以上も増えて、50. なんと、15~24歳でも、17. 6%となっている。 ちなみに、平成11年といえば、ミレニアムを目前にした1999年。 懐かしの90年代よりも、現代の方が、歯周ポケットが多いなんてことがあってよいのだろうか。 いろいろな要素が絡み合うため、この原因は一概には言えないが、歯磨きの回数が増えたところで、歯周ポケットの形成予防には功を奏していないことは言える。 歯周ポケットが形成されると、当然、炎症から口臭の原因にもなるので、諸外国から「口が臭い国民」と言われても仕方がない。

次の

NHK『ガッテン!』で北欧の歯磨き法「イエテボリ・テクニック」が紹介されました。試してみましたが気持ち悪さがあります

ガッテン 歯磨き

梅雨から夏、「におい」が気になる季節だ。 ビジネスでも「悪臭」が相手に与える印象は非常にネガティブ。 だが、人は自分の臭いには鈍感なもの。 さらに、わかっていても対策が不完全な人も多い。 『日本人はなぜ臭いと言われるのか』(光文社新書)を出した内科医の桐村里紗氏は、「日本は、歯磨きの方法がガラパゴス化しており、ダメな歯磨きで口臭につながっている人が多い」と指摘する。 ガラパゴス化する日本の、NGな歯磨き法 さまざまなことが特殊に進化し、ガラパゴス化している日本。 歯磨きの方法も、実はガラパゴス化していることの一つだ。 それどころか、日本人の歯磨きの方法は、虫歯や歯周病を悪化させ、口臭の原因になっている可能性がある。 写真=iStock. com/itakayuki 残念ながら、多くの日本人は、世界では非常識とされる、誤った歯磨き方法を行っている。 「食後すぐに歯を磨く」という方法だ。 子どもの頃、母親や学校の先生から、「食べたらすぐに歯磨きしなきゃダメでしょ!」と怒られた経験はないだろうか。 以前はそれが良いとされ、「1日3回、3分間、食後3分以内に歯を磨こう」という「3・3・3運動」が日本全体で推進されていた。 国全体がそれを良しとしてしまったのであって、親や先生を恨んではいけない。 科学的な1つの論理は、後に覆(くつがえ)される可能性があるのが世の常だし、あるコミュニティーの常識は、別のコミュニティーの非常識とは、よくあることだ。 90年代よりも現代のほうが歯周ポケットが増えている 絶対的真理でない限り、それらを100%信じ込むのではなく、常にアンテナを立てて、自分自身をバージョンアップできるようにしておくのが賢明である。 厚生労働省によると、1日2回以上歯磨きをする日本人は、昭和44年は20%以下だったのが、年々増加し続け、平成28年には77%になっている。 平成11年と平成28年を比較すると、3回以上歯磨きをする人も右肩上がりで、10%以上増加している。 それにもかかわらず、治療対象となる4mm以上の深い歯周ポケットを持つ人は、平成11年から平成28年で、どの年代でも増加しているのだ。 75歳以上では、20%以上も増えて、50. なんと、15~24歳でも、17. 6%となっている。 ちなみに、平成11年といえば、ミレニアムを目前にした1999年。 懐かしの90年代よりも、現代の方が、歯周ポケットが多いなんてことがあってよいのだろうか。 いろいろな要素が絡み合うため、この原因は一概には言えないが、歯磨きの回数が増えたところで、歯周ポケットの形成予防には功を奏していないことは言える。 歯周ポケットが形成されると、当然、炎症から口臭の原因にもなるので、諸外国から「口が臭い国民」と言われても仕方がない。

次の