千葉大学 工学部。 千葉大学

創造工学部

千葉大学 工学部

新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う 電気工学とは、電気にかかわるありとあらゆることを研究する学問です。 エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。 まずは高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。 さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、専門の研究を進めていくことになります。 私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。 知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。 ダイオードやトランジスタ、集積回路(IC)などに組み込まれている半導体に関する技術の研究や開発を行う。 コンピュータや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、携帯電話など、あらゆる電気製品の小型化・高性能化に成功しているのは、半導体がチップやLSIに大量に組み込まれるようになったから。 半導体技術者は、この半導体を開発し、いかに効率よく限られた基盤の中に収めるかを設計し、チェックを繰り返して製品化する。 半導体を専門に扱うメーカーのほか、電気・電機メーカーはじめ、さまざまな企業が手がけている。 さらに企業の枠を超えて半導体の学会で論文を発表し、大学や各種研究機関とともに研究を進める半導体研究者も多い。 工学部 総合工学科では、以下の9コースを設けている。 カリキュラムは歴史、設計、環境、設備、構造、生産など多岐にわたり、建築を多面的に捉えられるように、また自分自身の適性を探れるように、幅広い領域を学べるよう構成されている。 教育カリキュラムは、環境の基盤となるハード、人と人とのコミュニティや情報の流通を司るソフトに関する工学的技術を幅広く学ぶ。 卒業生には、自動車、精密機械、家電製品、家具などの製造業、情報産業や地域開発産業などにおいて、企画・設計・開発などの業務を行うデザイナーとして、また、全国デザイン系大学の教員や試験研究機関におけるデザイン研究者として活躍する道が開かれる。 1年次は数学や物理学を中心とした科目を学び、2年次以降は機械工学体系の基礎科目となる材料力学、熱力学、流体力学、機械力学、制御工学を学ぶ。 共通基礎教育では専門分野の基礎となる数学・物理学・化学・生物学などの素養を涵養(かんよう)し、専門教育では化学および化学に関連する工学を幅広く修得できるように、多様な授業科目を受講する。

次の

千葉大学 工学部 画像科学科

千葉大学 工学部

この記事の目次• 5 都市環境システム…偏差値55 デザイン…偏差値55 機械工学…偏差値57. 5 医工学…偏差値57. 5 電気電子工学…偏差値57. 5 物質科学…偏差値55 共生応用化学…偏差値52. 5 情報工学…偏差値57. 5 千葉大学工学部の難易度は筑波大学の下、埼玉大学の上くらいです。 関東圏の国立大学工学部を目指す学生のうち、東京工業大学、横浜国立大学では少しレベルが高く不安な場合に、千葉大学を受験することが多いです。 千葉大学は、東京大学、東京工業大学、東北大学など難関国公立大学の滑り止めとして受ける人が多いです。 後期試験は、そのような難関校を落ちてから受ける人たちが多いため、前期試験に比べてレベルが高いので注意が必要です。 千葉大学「工学部」の志望理由 私が千葉大学を志望した理由は、家からの通いやすさと国立大学で経済的であったことです。 また、工学部機械工学科を志望した理由は、高校卒業の段階では、将来就きたい職業が決まっておらず、それでもなんとなく、「モノづくり」ができる職業に就きたいと考えていたので、卒業後の進路が広く、どのような職業にも就きやすい、機械工学科を志望しました。 国立大学の利点はやはり学費が安いところで、三人兄弟の末っ子の立場の私は、なるべく親に負担を掛けないため、選択肢はほとんど国立大学一択のような気持ちで受験に挑んでいました。 また、もう少し高難度の大学に筑波大学や横浜国立大学などが視野に入ってはいましたが、当時から自立したいという意思が強く、浪人して社会にでるのが遅れることは絶対避けたいため、当時の学力で合格率が高い国立大学として、千葉大学を選びました。 千葉大学「工学部」に入学してから感じたギャップ 私が千葉大学工学部に入学してから感じたギャップは、校舎があまりきれいではないことです。 危険というほどではないですが、全体的に建物は老朽化しており、工学部の研究室は、きれいであることの方が少なかったです。 国立大学であれば国からの支援で最新の設備などが整えられているものだと思っていましたが、学生たちからもらえる金額が少ない分、授業以外のサービスに使える予算は少ないようです。 そんな中、ガラス張りの新しい図書館が輝きを放っており、学生たちの憩いの場となっていました。 千葉大学「工学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判 世間からの評判 とても印象が良かったと思います。 顕著だったのは就活の時で、一般的には絶対に名前を知らないような会社を受けることが多かったのですが、大学名を見ただけでかなり頭が良いという評価をされていました。 東京の同級生に話す場合も、偏差値がとても高いと思われているようでした。 また、千葉県では千葉大学といえばトップクラスの大学なので、ひと際褒められ、称えられます。 また、東大など、より偏差値の高い大学に通う人達がいる界隈で話す際にも、馬鹿にされたり、特に悪い印象を持たれることはなかったように感じます。 内部生からみた評判 工学部は男子生徒が多く、男子校のような雰囲気です。 作業着のまま出歩く生徒も多く、華やかなイメージは全くありませんでした。 ただ、学生数はとても多く、俗にいうチャラい人たちから、オタクっぽい人たちまで、学生に一つの傾向は無かったように思います。 強いて言うなら、理系でモノづくりが好きなので、よくある理系トークがどんな場面でも繰り広げられます。 (校舎のつくりや学食の食器洗浄機の仕組みなど、興味深いものは尽きないので。 ) 千葉大学「工学部」のそれぞれの学科で勉強すること 工学部には、機械工学科、電気電子工学科、建築学科などがあります。 その後、専門性の高い科目が徐々に増えていきます。 機械工学科では、機械設計に必要な四力学の学習、教授方が研究している一部のテーマについて、実際に実験などを踏まえて学ぶ授業などがあります。 実際に手を動かしながら目の前で物理現象を観察するのはとても興味深いです。 電気電子工学科は機械工学科ととても似ていますが、電子回路の設計をメインに学習します。 自動で動くロボットを作製する場合には電子回路を深く理解しておく必要があるので、ロボットが好きな人が多い傾向があります。 建築学科は建築学を専門的に学びます。 卒業後も建築関連の仕事に就くことが多いようです。 千葉大学「工学部」のリアルな就職先について 優秀層・普通層の人たちはトヨタ・日産・ホンダ・スバルなど大手の車メーカーや、オリンパスなどの医療機器メーカー、NEC・富士通などのPCメーカー、JFEスチールなど鉄鋼業など、幅広く、大手工業系の企業に就職しています。 企業側のイメージが高いのか、成績があまり振るわない人でも大手の企業に就職できることが多いです。 成績が普通~低い人たちで、無名の企業に就職する場合も多いですが、しっかりと準備して就職活動に臨めば、職場環境が良好な企業を選択することができます。 本当に残念な人(大学が合わなかった人)は途中で辞めてしまうことが多いので、分かりませんが、そのような人は少数でした。 大学院に進む人がほとんどで、修士課程をとった人たちは、更に好条件での就職を実現することができますが、大学卒で就活に挑む場合も、トヨタなどの大企業に就職することは十分可能です。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、千葉大学「工学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。 千葉大学「工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひで千葉大学のパンフレットを請求してみて下さい。 関連記事.

次の

千葉大学工学部電気電子工学コース

千葉大学 工学部

氏名 高原 茂 フリガナ タカハラ シゲル 英名 Shigeru Takahara 職名 融合科学研究科 教授 大学院専攻 情報科学専攻 コース 画像マテリアルコース 学部学科 画像科学科 研究室 画像化学領域4 TEL 043-290-3461 FAX 043-290-3460 Eメール takahara ( マーク以下にfaculty. chiba-u. jpと入力してください。 ) URL 経歴 筑波大学第一学群自然学類 1980,筑波大学大学院博士課程化学研究科,1982 理学修士,1985 理学博士 職歴 1985-1995 三井東圧化学株式会社,1995 千葉大学講師工学部,1996 千葉大学助教授工学部,2007千葉大学准教授融合科学研究科 2015-現職 所属学会 日本化学会,光化学協会,フォトポリマー懇話会,日本印刷学会,高分子学会,ヨウ素学会 専門分野 光化学,光機能材料 研究テーマ 「新しい反応機構と新しい光パターニング材料」を目指して,増感反応,光励起中間体・光生成物の解析や材料評価など物理有機化学的な手法を駆使し,高感度な光開始系や光による分子間力の変化などを使った「先進フォトリソグラフィー材料」を分子レベルから有機薄膜や表面,微粒子,会合体などの構造体を含めて設計・合成し,その応用を図る。 Photopolym. Sci. Technol. , 28 1 , 55-59 2015. ・Formation and Dichroism of Poly vinyl alcohol -Iodine Complex in Photocurable Film,Polym. Adv. Technol. , 26 4 , 338—344 2015. Photopolym. Sci. Technol. , 25 4 , 439-444 2012. Photopolym. Sci. Technol. , 22 3 , 289-294 2009. ・Mutifunctional photo acid generator for fluorescence imaging based on self-contained photoreaction, J. Photochem. Photobio. A:Chem. , 200, 181-186 2008. ・Sensitization Reaction of Oxime Type Photoacid Generator, J. Photopolym. Sci. Technol. , 21 4 , 499-504 2008. ・On the cleavage process of the N-trifluoromethylsulfonyloxy-1,8-naphthalimide photoacid generator, Chem. Phys. Let. , 443 4-6 , 323-327 2007. ・365nm用光ラジカル発生剤の開発,日本印刷学会誌,43 2 , 26-32 2006 . ・The Participation of the Anion and Alkyl Substituent of Diaryliodonium salts in the Photo-Initiated Cationic Polymerization Reaction, Polym. Adv. Technol. , 17 3 , 156-162 2006. ・Pyrromethene dye sensitized photopolymer - photochemical behavior in polymer matrix and application to photoresist for printed circuit board, Polym. Adv. Technol. , 17 5 , 348-353 2006. Photochem. Photobio. A:Chem. , 181 1 , 60-66 2006. ・A Novel Negative-tone Photopolymer Based on Photo-Initiated Cationic Polymerization of Epoxides in Polymer Film,J. Photopolym. Sci. Technol. , 18 6 , 719-727 2005. ・Diphenyliodonium Salts with Pyranine Conk as an Environment-friendly Photo-acid Generator and Their Applications to Chemically Amplified Resists, Polymer J. , 37 8 , 545-549 2005. ・Three-Component Photo Radical initiating System —The effect of 2-Mercaptobenzothiazole as a Co-initiator in Polymer Matrix-, Polymer, 46, 2238-2243 2005. 3, Jean-Pierre Fouassier and Xavior Allonas ed. , Research Signpost 2010 (分担) ・光応用技術・材料事典,産業技術サービスセンター(2006)(分担) ・高分子工業化学,朝倉書店(2003) ・新しいレジスト材料とナノテクノロジー,シーエムシー(2002)(分担) ・改訂五版 分析化学便覧,日本分析化学会,丸善(2001)(分担) 担当講義 【融合科学研究科】像物質科学,ナノイメージング特論(分担)【画像科学科】光反応化学,国際実習,画像記録システム(分担),イメージサイエンス総論(分担)【JPAC】Fundamentals of Imaging Science(分担) 研究概要.

次の