コロナ 禍 使い方。 「コロナ禍」は何て読むの?正しい読み方・意味・使い方とは

「コロナ禍」とは?読み方は?誰が使い始めてなぜつくったのか考察│御パンダと合理天狗の雑記

コロナ 禍 使い方

結局ばらまかれたけど症状は大したことないみたいになるんじゃないかなー? あと、感染源がヘビという話もあるけど、ヘビって発熱しないよね? ピット器官! —. 5%のシーケンス識別を共有 更に、全ゲノムレベルでコウモリコロナウイルスと96%同一 nCoVがSARS-CoVと同じ細胞侵入受容体、ACE2を使用することも確認 2020年2月3日ネイチャー発表 — 八洲 元 やしま はじめ nihon8888 驚くことに1月後半に 『コロナ禍』を使用されている方がおられました。 しかし使用される頻度はかなり少なく、それは2月後半頃まで続きました。 広く使われるようになったのはやはり大手メディアが使い出し、その言葉が認知されだした 3月中旬頃だということが分かりました。 あくまで私の検索結果となります 『コロナ禍』1月ツイートに注目 ここで1月にツイートされた内容に注目したいと思います。 中国で アウトブレイク 感染症の突発的発生 したことで有名で記憶に残っている方も沢山おられると思います。 過去に書籍やメディアに登場した単語として 『 エボラ禍』、 『 ペスト禍』、 『 エイズ禍』、そして上で紹介した 『 サーズ禍』等があることが分かりました。 このことから、大規模な感染症が発生した際に使われる漢字が 『 禍』ではないかと考えられます。 よく似た単語である 『コロナ渦』に関しては該当記事が 『コロナ禍』と比べて極端に少ないという結果となりました。 誤表記なのでは?という意見もネットで散見されましたが、同じ新聞社で使われているケースもあり誤表記と断定するのは戸惑われます。 『渦』の意味としては、文脈から考えると 『禍』と同じような意味で使用されているようです。 また、混乱する様を表す 『渦中』という単語を 『渦』として省略として使われているようにも考えられます。 『コロナ渦』に関しては単語の出現頻度から考えると一般的に広く使用はされていないことが分かりました。 単語の意味や読み方についてはこちらの記事をご参照ください。 『コロナ渦』誤表記の可能性は? ここまで調べてきて、もしかしたら誤表記の可能性もあるのではないか、という疑念も出てきました。 『禍』、 『渦』、2つの漢字を使用した該当記事数が極端に違う事。 『渦』の使用方法としては、 『渦中』と使うのが自然だという事。 誤りで確定とは言い切れませんが、記者の方が誤用している可能性も考えられます。 現状では、 『コロナ禍』と使う方が正しいと思われます。 コロナ禍、コロナ渦に対するネットの反応 既に指摘されている方も多いようだが、「コロナ禍」と「コロナの渦中」が混淆したと思われる「コロナ渦」という表記が大量に出現中。 全くの誤りと見るべきか、新語と見るべきか。 — yhkondo yhkondo 最近目にした用語: 新型コロナ禍(か) 新型コロナ渦(うず?) 新型コロナ鍋(なべ??) — StarKnight StarKnight ニュースで見る 【コロナ禍】が【コロナ鍋】だと持ってて 「コロナなべって何よ… あっ【なべ】ちゃうわ、【うず】か」 ってなって変換してみたら 【コロナ渦】で ちゃうやんけ!なんて読むんやー! って調べて 【か】って読むのわかったけど 【わざわい】とも読む コロナか?コロナわざわい? — ふじわらさん sunfishFujiwara 「コロナ渦」という記述、元々はコロナ禍(か)を誤記した物だとは思うのだけれど、意味的には偶然にも「渦中」の意味を拾って何となく定着してゆくんだろうなという雰囲気。 個人的にはコロナには「禍」の部首「ネ・示(しめすへん)」にある、人智を超えた天命天災的な意味を感じているけれど。 — まんだむ manndamm.

次の

コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

コロナ 禍 使い方

よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 と出てきました。 「コロナ禍」というのはどうやら漢字の意味そのままのようで、【 コロナによるわざわい】という解釈でよさそうです。 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 (当たり前っちゃ当たり前なんですけど。 笑) 「新型コロナ禍」 「コロナウイルス禍」 「新型コロナウイルス感染症禍」 など似たり寄ったりなワードを見かけますが、いずれも新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので意味としては一緒ですよね。 ちなみに 「禍」と「災い」、どちらも「わざわい」と読みますが、この2つには差があるのでしょうか? どうやら、 【渦(うず・か)】 渦(うず):勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 渦を使った単語には、「渦中」や「戦渦」といった単語があります。 世界中がコロナウイルスによる混乱に巻き込まれている現状は、「コロナ渦」と表現しても意味的におかしくはありませんよね。 「コロナ禍」の方がよく見かける辺り最初は誤用だったのかな?とも思いますが、認められて使われている部分もあるように思います。 読み方としてはこちらも「ころなか」になるんでしょうかね? ちなみに「 コロナ鍋(なべ)」という言葉もちらほら。 こちらも検索してみましたが、どうやら誤用かな?という印象でした。 笑 コロナウイルスに関しては聞き慣れない単語も多いので戸惑ってしまいますね。 コロナ禍とは? 今回「コロナ禍」という単語を調べてみてすっきりしました! 「ころなうず」だと思っていたでの中々あれなのですが、1つ賢くなりましたね。 笑 とにもかくにも世界中に広まる「コロナ禍」、早く終息することを願うばかりです。

次の

コロナ禍で10〜20代に起こった変革 デジタルよりリアルを欲する人も

コロナ 禍 使い方

よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 と出てきました。 「コロナ禍」というのはどうやら漢字の意味そのままのようで、【 コロナによるわざわい】という解釈でよさそうです。 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 (当たり前っちゃ当たり前なんですけど。 笑) 「新型コロナ禍」 「コロナウイルス禍」 「新型コロナウイルス感染症禍」 など似たり寄ったりなワードを見かけますが、いずれも新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので意味としては一緒ですよね。 ちなみに 「禍」と「災い」、どちらも「わざわい」と読みますが、この2つには差があるのでしょうか? どうやら、 【渦(うず・か)】 渦(うず):勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 渦を使った単語には、「渦中」や「戦渦」といった単語があります。 世界中がコロナウイルスによる混乱に巻き込まれている現状は、「コロナ渦」と表現しても意味的におかしくはありませんよね。 「コロナ禍」の方がよく見かける辺り最初は誤用だったのかな?とも思いますが、認められて使われている部分もあるように思います。 読み方としてはこちらも「ころなか」になるんでしょうかね? ちなみに「 コロナ鍋(なべ)」という言葉もちらほら。 こちらも検索してみましたが、どうやら誤用かな?という印象でした。 笑 コロナウイルスに関しては聞き慣れない単語も多いので戸惑ってしまいますね。 コロナ禍とは? 今回「コロナ禍」という単語を調べてみてすっきりしました! 「ころなうず」だと思っていたでの中々あれなのですが、1つ賢くなりましたね。 笑 とにもかくにも世界中に広まる「コロナ禍」、早く終息することを願うばかりです。

次の