太田 母 斑 と は。 太田母斑について。

太田母斑の症状,原因と治療の病院を探す

太田 母 斑 と は

[どんな病気か] 太田は、目のまわりを中心に、(ほお)、額(ひたい)や鼻に生じる褐青色から灰青色調の母斑(ぼはん)()です。 通常は顔のにできますが、両側の場合もあります。 また、生まれたときからすでにある場合と、小児期やにできて徐々に拡大する場合とがあります。 さらに、皮膚だけでなく眼球結膜(がんきゅうけつまく)や口腔(こうくうねんまく)にも青色斑をともなうことがあります。 色をもったが皮膚の深部(真皮(しんぴ))にあるため、青みをおびてみえます。 なお、同様のあざが肩から上腕(じょうわん)にみられることがあり、これは伊藤母斑(いとうぼはん)と呼ばれます。 [治療] 以前からドライアイスの圧抵療法(あっていりょうほう)が行なわれ効果をあげてきましたが、近年は治療(Qスイッチ・ルビーレーザー、Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー、Qスイッチ・YAGレーザーなど)にとってかわり、きわめて高い効果をあげています。 レーザー治療は、レーザー光線を皮膚にあてるものですが、皮膚の表面にはダメージをあたえず、その下にある色素細胞を選択的に(しょうしゃく)することができます。 およそ3か月の間隔で、少なくとも5~6回の照射が必要です。 ふだんの生活では病変部にカバーマークを使用します。 治療の時期ですが、小児の場合は全身麻酔が必要なため、3歳ごろから開始するのがふつうですが、より早期から開始するほうがレーザーの効果が高いといわれています。 なお、レーザー治療は以前、健康保険が使えませんでしたが、1996年4月から健康保険の適応になりました。 どんな病気か 頬部 きょうぶ を中心とした顔面(眼の周囲がほとんど)の片側、時に両側に青色からやや褐色の小さい点が集まって斑をつくっています(上)とくに女性に多くみられます。 出生直後から目立つ場合と、思春期ころに目立ってくる場合とがあります。 時には眼球にも青色のがみられます。 日本人に比較的多くみられるタイプです。 たまに肩から上腕部に同じような青色の斑がみられる場合もあります( 伊東母斑 いとうぼはん )。 治療の方法 部位や皮疹の様子から診断は容易です。 見た目が気になることが多く、化粧品(カバーマーク・資生堂など)で隠す、ドライアイスをあてる、薄く 削 けず るなどの方法がありましたが、最近ではレーザー(Qスイッチルビーレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザー)照射でかなり色調が改善し(消失例もある)、レーザーのよい適応疾患になっています(下)。 太田母斑に対するレーザー療法は健康保険が適用されます。 眼球の色素斑はレーザー照射ができないので、現在は治療法がありません。 病気に気づいたらどうする 小児期~思春期で顔面に青あざができればこの疾患とみてよいでしょう。 整容面(見た目)の問題が主になるので、気になる場合はレーザーを設置している施設で相談してください。 小さいうちのほうがレーザーの効果は高いのですが、治療には痛みも伴うので相談してください。 安田 浩.

次の

太田母斑が赤ちゃんにできる原因は?レーザーで治療できる?

太田 母 斑 と は

ご質問ありがとうございます。 世間では親の介護のために退職を強いられる人も多くいると聞きます。 介護と仕事の両立は大変だと思いますが、頑張ってくださいね。 では、太田母斑について詳しく説明して行きます。 太田母斑の特徴 太田母斑は、 通常のシミよりも皮膚の深い所(真皮)にあるシミです。 灰青色に褐色が入った色をしていて、 顔面の片側にできることがほとんど。 まれに、両側にできる両側性太田母斑もあります 後ほどお話します。 原因は不明。 発症は男性の4~5倍とも言われており、女性に多くみられる疾患です。 また、日本人を含む東洋人に多いとも言われています。 典型的な太田母斑は 額・眼瞼・頬部に多くみられ、次いで、鼻根部や鼻翼部、稀に耳介や耳後部に出現することもあります。 日本人の0. 1~0. 2%の頻度と推定されていますが、あまり目立たないシミなど軽症のものを含めると実際はもっと多いのではないかと思われます。 太田母斑の多くは、生後1年以内に出現することが多いですが、20~40代で発症することも稀ではないようです。 乳幼児の時にシミが生じた場合、10代後半になってシミが拡大したり色が濃くなったりします。 太田母斑の特徴は、通常のシミよりも皮膚の深い場所にシミの色(メラニン)を作る色素細胞(メラノサイト)があることです。 通常のシミは、皮膚の表皮にメラニンを過剰に作るメラノサイトがあり、通常のレーザーを使用すれば比較的簡単に治療することが可能です。 ところが、太田母斑の場合は、メラミン細胞が真皮に存在するため通常のレーザー波では治療ができません。 両側性太田母斑について 太田母斑には、片側性の他、両側性である「遅発性両側性太田母斑様色素斑」もあります。 中年以降に生じる両側性のシミの場合には、この遅発性両側性太田母斑様色素斑を疑う必要があります。 また、目の下のクマも軽い太田母斑の場合があります。 太田母斑の治療について 高出力のレーザーを非常な短時間で照射する「 Qスイッチ・レーザー」という特別なレーザーを使用します。 このQスイッチ・レーザーは、表皮細胞や正常な色素細胞や真皮を傷つけることなく太田母斑の異常な色素細胞のみを治療することが可能です。 治療頻度は 3~4ヶ月おき。 3回以上照射します。 照射部位が小さい場合は問題ありませんが、ある程度の大きさになった場合には痛みを感じることがあり、麻酔クリームやテープを使用することがあります。 レーザー照射によって真皮のメラニンが破壊。 一過性に炎症を起こすため、レーザー照射後、数日間はシミの色が濃くなります。 その後徐々に薄くなります。 破壊されたメラニンが吸収される時間を考慮して、3~4ヶ月という間隔でレーザーを照射。 通常はレーザーによる副作用はなく、傷跡が残ることもありません。 おわりに.

次の

太田母斑が赤ちゃんにできる原因は?レーザーで治療できる?

太田 母 斑 と は

一般的に「青いあざ」という場合には、打撲などのあとに一時的に青紫色に腫れてしまう「青たん、うちみ」と、何もしていないのに生まれつきある、もしくはだんだん勝手に現れてくる「あざ、母斑」の2種類があります。 前者の「うちみ」の場合は、皮膚の下にたまった一時的な出血が原因であり、数週間で勝手に消えていくことが多いので大きな問題は残りません。 しかし後者の「あざ」の場合は治療なしに消えることは原則なく、見た目が気になる場合には何らかの治療が必要となります。 実は「青あざ」「茶あざ」「黒あざ」の正体はすべて「メラニン」と呼ばれる黒っぽい色素が原因です。 では同じ「メラニン」が原因なのに、どうして色味が違って見えるのでしょう?答えは「皮膚の中での深さが違うから」です。 深さがちがうとレーザーの効き方が異なります。 だから同じメラニン系病変である、「茶あざ」や「黒あざ」にはあまり効かず、「青あざ」によく効くのです。 太田母斑(おおたぼはん)とは、1939年に日本人の太田正雄先生が世界で初めて報告した青あざの一種で、英語でも「Nevus of Ota」と呼ばれる日本人の名前がついた母斑です。 日本人を含む黄色人種の女性に特に多いと言われています。 生後すぐに現れる「早発型」と思春期に現れる「遅発型」の2種類が知られています。 特徴は、顔の片側(まれに両側)のおでこ〜目のまわり〜頬〜上くちびるといった領域に限って現れる点状の青あざであるということです。 一度発生すると、自然消退することはありません。 レーザー治療がよく効くとされています。 目の白目部分が青くなることもよくありますが、こちらには眼球へのダメージを考えレーザー治療ができないので、現在の医学では治療が難しい部分となっています。 生まれたての赤ちゃんのおしりの青あざを「蒙古斑」といいます。 ただ「おしり以外にできた青あざ」は「異所性蒙古斑」と呼ばれ、自然に消える可能性は少ないと言われています。 「異所性」とはおしり以外にできた、とい う意味です。 異所性蒙古斑は、レーザー治療が効く可能性の高いあざです。 青あざは見た目に目立つということ以外には特に体の中の病変と関連しやすいといったことは報告されていません。 レーザー治療がよく効くとされています。 手術は一般的にあまり行われず、飲み薬や塗り薬などの治療も行われません。 医療用レーザーにはいろいろなものがある中で、青あざにはQスイッチ付アレキサンドライトレーザーとQスイッチ付ルビーレーザーが適応とされ、太田母斑と異所性蒙古斑に限っては保険診療が可能です。 「自分のあざは何色のあざ?診断は?レーザーは効く?保険適応?自費??」など、あざ(母斑)の診断及び治療法の選択には、まず形成外科医、皮膚科医の診察が必要です。 ご相談だけでも可能です。 どうぞお気軽に 、「血管腫・あざ外来」に お尋ねください。

次の