購入 対義語。 皆無の意味や読み方を紹介!対義語や類義語・使い方を例文で解説 | コトバの意味紹介サイト

改めて考える「賃貸」の意味!対義語は?分譲賃貸とは?などまとめて説明

購入 対義語

誰もが一度は使ったことがあるであろう「譲る」という言葉。 本来はどんな意味を持つ言葉なのか、きちんと説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。 そこで今回は「譲る」という言葉の意味や使い方をはじめ、きちんと使うために覚えておきたいことをまとめてご紹介します。 自分の所有物をほかの人に与える・売る 「譲る」という言葉のいちばん大きな意味は、「自分の所有物をほかの人に与えること」です。 着なくなった服を下の兄弟などに譲る、使わなくなった参考書などを後輩に譲るなど、自分がもともと持っていたものをほかの人に与えるときに「譲る」という言葉をよく使います。 一歩下がってほかの人を先にする 目に見えるもの以外にも、「譲る」という言葉を使うことがあります。 たとえば、またとないチャンスがめぐってきたときに、より強く志願している人に対してそのチャンスを与えることも「譲る」という言葉を使います。 このように、「譲る」という言葉の意味としては、自分自身が一歩下がり、ほかの人を優先させるということも含まれます。 自分の意見や主張を押し通そうとせず、ほかの人の考えに従うことを示す「譲歩」という言葉が示すとおり、ほかの人を優先させる姿勢を表す言葉として使われます。 「譲る」の使い方 ・読まなくなった本を弟に譲る。 ・定価の半額でバッグを譲る。 ・後ろの人に順番を譲る 「譲る」という言葉は、自分の行動に対して使われることが多いです。 「譲る」の使い方の例 チケットを売りたいときに「チケットを譲る」という表現を使うことがあります。 「チケットを譲る」という表現を使う場合には、無償なのか有償なのかをあらかじめはっきりと示しておかなければ、トラブルに発展してしまう場合があるので気をつけましょう。 「売る」ではなく「譲る」という表現をつかうのは、金銭が発生してしまうとチケットの転売だと解釈されてしまうのが理由のひとつです。 売ることが目的なのではなく、チケットを誰かに譲渡するのが目的であることを強調するために、あえて「売る」ではなく「譲る」という表現が好まれます。 お金を譲る 「譲る」という言葉は、たくさんの意味を持つ言葉なので、その意味合いによっていくつかの類義語が存在します。 言い換えるときには、文脈や伝えたい意図によって、適したものを選ばないと、文章として意味を成さない場合もあります。 ここでは、「譲る」を使いたい場合の状況による言葉の使い分けや、言い換えるときに使える類義語をご紹介します。 譲渡する・譲り渡す 「譲る」のもっとも大きな意味として、「自分の所有物を他の人にあげる」があります。 そういった意味では、「譲渡する」や「譲り渡す」が類義語として挙げられます。 さらにていねいに表現したい場合には「差し上げる」という言葉にも言い換えられます。 妥協する・譲歩する 「譲る」という言葉は、相手の言い分に合わせてこちらが折れるという意味も持つので、お互いに譲り合うという意味の「妥協する」や、自分の意見や考えを押し通さず、相手の意見に従う・または妥協点を見つけるという意味の「譲歩する」という言葉が類義語として挙げられます。 売る なにかを譲るかわりに金銭が発生する場合には、「譲る」ではなく「売る」を使ったほうが適している場合もあります。 たとえば、もともと金銭的な取引が発生するのを前提にしているのであれば、「譲る」ではなく「売る」を使ったほうが、相手にも金銭的な対価が必要であることを伝えやすいです。 「譲る」の読み方 ビジネスの場で使われることが多い敬語表現で、「譲る」と言うときには、どのように表現すれば良いのでしょうか。 まずは敬語の種類を簡単にまとめましょう。 敬語は大きく3つの種類に分けることができます。 1つ目は相手の言動を高めて述べることで、その相手に敬意を示すことのできる尊敬語です。 2つ目は自分や自分の組織・身内をへりくだって言い、相手を必然的に高め敬意を示すことのできる謙譲語。 そして3つ目が物事を丁寧に述べることだけで成り立つ丁寧語です。 丁寧語 敬語表現のなかでもっとも使いやすく、基本的な形となるのが丁寧語です。 丁寧語は、ものごとをていねいな言葉で表現することで、相手に対する敬意を表す敬語表現です。 語尾を「です・ます」でしめくくったり、尊敬語と同じく、文頭に「ご・お」を付けるのが基本的な使い方です。 「譲る」を丁寧語で表現するときには「譲ります」や「お譲りします」を使いましょう。 その他の動詞を丁寧語で表現するときにも、同じように動詞の後ろに「ます」を付けると、丁寧語として表現できるので、覚えておくと便利です。 尊敬語 尊敬語は、目上の相手の言動をていねいに言い表すことで、相手に敬意を伝える敬語表現です。 「お話になる」「ご覧になる」のように、相手の行動の頭に「お・ご」を付けて表すことが多いです。 「譲る」という言葉を尊敬語にしたい場合には、「お譲りになる」を使いましょう。 尊敬語の基本表現である「なさる」を付け、文頭に「お」をつけると、さらにていねいに表現できます。 謙譲語 謙譲語は、自分自身や自分に関わる人間の言動をへりくだって、相手への敬意を示す敬語表現です。 「拝見する」「お伺いする」など、他の敬語表現に比べて表現が難しいのが特徴です。 また、あくまでも自分自のまつわるものごとについて話すときに使うので、目上の相手に対して「拝見される」や「お伺いなさる」といったふうに使ってしまうと失礼にあたりますので、混同しないように注意しましょう。 自分が譲る側の場合には「お譲りする」や「お譲りいたします」を使うのがただしい表現方法です。 動詞である「譲る」の後ろに、「する」という言葉が変化した「いたす」を付けるのが、謙譲語を使うときに多いパターンです。 また、自分自身が譲ってもらう側の場合には「お譲りいただく」や「お譲りいただけますか」といったふうに使いましょう。 状況別譲るの使い方 使う場面や状況などによって、言葉を言い換えたり、使い方を変えて使うことも大切です。 「譲る」という言葉にも、使う状況によって変える必要があります。 いつでも同じように使ってしまうと、相手によっては失礼にあたる場合もあるので、どのように使うのか正しいかを把握しておくことが必要です。 ここでは、「譲る」という言葉の状況別での使い方をご紹介します。 メール ふだんの生活だけではなく、ビジネスシーンでも使われることが多いメール。 言葉づかいはビジネスマナーとしてわきまえておくべきことですので、メールでもきちんとした言葉づかいを徹底したいものです。 メールもふだんの会話と同じく、相手に適した敬語表現を使いましょう。 もし目上の相手や取引先の相手など、敬うべき相手とのやりとりであれば、「譲る」という言葉も、正しい敬語表現に言い換えましょう。 目上の相手に対して、自分が何かを譲る側の場合には「お譲りいたします」を使い、謙譲語で相手への敬意を示しましょう。 また、ほんの少しの気遣いであることを表したいときには「どうぞお使いください」や「お役立てください」と言い換えるのもおすすめです。 目上の相手から譲ってもらう場合には「お譲りいただけませんでしょうか」や「お譲りいただきありがとうございます」など、尊敬語の基本形である「いただく」を活用しましょう。 「譲る」の対義語.

次の

「譲る」の意味と使い方・類語・対義語・読み方|敬語/チケット

購入 対義語

スポンサードリンク 『注文』の例文、使い方 例文としては 「わがままなのかやたら注文が多い」 のような 「頼みたい条件」 の代わりのような使い方が良さそうです。 『注文』と『発注』の違い 『注文』(ちゅうもん)は 1.種類・寸法・数量・価格などを示して、その物品の製造や配達・購入などを依頼すること 2.人に依頼したり、自分が希望したりするときにつける条件 3.文書。 かきつけ 『発注』(はっちゅう)は 注文すること 『文書』(ぶんしょ)は 書きつけ 『書き付け』(かきつけ)は 1.心覚え程度に書いたもの。 メモ心覚え程度に書いたもの。 メモ 2.勘定書き。 請求書 といった意味になります。 意味を見比べてみると 「発注」の意味が「注文する」なので意味に違いはないようですが、使い方に違いがあるようで 業界用語のように会社内では「注文」ではなく「発注」が使われるようです。 また、ある程度使い分けがあるようで 『発注』は 会社や業者、作業工事などの依頼 『注文』は 個人の客、商品や飲食店など、形がある依頼 といった違いになります。 ただ、雑貨屋や大きな店など数量が多い場合は 形があっても「発注」が使われることがあるようです。 『注文』の対義語、反対語 『注文』の対義語、反対語は特にないようですが 『発注』の意味 注文する、注文を出す の対義語は 『受注』(じゅちゅう) 品物や仕事の注文を受けること といった意味の言葉になります。 「注文」と「発注」は使い分けは違っても意味は同じなので 対義語として近い意味にはなりそうです。 また、 『注文品』(ちゅうもんひん)の意味 注文した品物。 注文された品 の対義語は 『既製品』(きせいひん) 既製の品物。 出来合いの品 『規格品』(きかくひん) 規格に従って作られた製品 『出来合い』(できあい) 注文によって作るのではなく、すでにできていること といった意味の言葉となります。 スポンサードリンク 『注文』の類義語 注文 『希望』の慣用句.

次の

「ムーブメント」とは? その意味や語源、類義語・対義語を知ろう

購入 対義語

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「慧眼」とは? 読み方や意味を知ろう c Shutterstock. com 「慧眼」と書いて、「けいがん」と読みますが、この言葉についてご存知ですか? 同じ読み方をし、意味も似ている「炯眼」という言葉もあります。 「慧眼」の正しい意味から、使い方の説明、「炯眼」との違いまで丁寧に説明していきます。 この機会に「慧眼」という言葉をマスターしてくださいね。 「慧眼」の文字を一文字ずつ紐解いていきましょう。 まず、「慧」は「さとい」、「知恵」を表します。 「眼」は「目」という意味の他にも、「物事を見て判断する能力」も指します。 すなわち、2つの文字が組み合わさった「慧眼」は、物事の本質を見抜いたり、結果として先を見通す力がある際に使われます。 仏教では、真理を認識する能力を眼になぞらえて、5種類に整理しています。 それを「五眼」といい、「慧眼」はそのうちのひとつです。 せっかくですから、他の4つの能力についてもご紹介しましょう。 「肉眼」(にくげん):人間の肉体が持っている眼のこと。 「天眼」(てんげん):欲望を離れた色界の天人が持っている眼のこと。 過去、現在、未来、東西南北すべてを見通すことができます。 「慧眼」(えげん):真理を見抜く智慧を兼ね備えた眼のこと。 「法眼」(ほうげん):菩薩が持っている眼のこと。 すべての生き物を救うために、一切の本質・実相を正しく見極めます。 「仏眼」(ぶつげん):仏陀が持っている眼のこと。 肉眼、天眼、慧眼、法眼のすべてを備えています。 英語で当てはまるのは「insight」。 「insight」は名詞で、「物事を見抜く力」、「洞察力」のことを指します。 「have an insight into~」で「~についての見識を持っている」と表現することができます。 具体的な例文は下記をご覧ください。 例文:He has an insight into human psychology. (彼は人間真理への慧眼がある) 慧眼の使い方を例文でチェック 「慧眼」の意味がわかったら、次は実際の使用方法を見ていきましょう。 1:「今年の新入社員の中でも、彼女はなかなかの慧眼の持ち主だ」 物事の本質を見抜く力のある人や鋭い洞察力のある人を、「慧眼の持ち主」と表します。 主にビジネスシーンで使われますよ。 同じ意味で「慧眼の士」とも言います。 「唯一、上辺に惑わされなかった彼は慧眼の士だ」というようにも表現できますね。 c Shutterstock. 他にも、「慧眼には脱帽する」、「慧眼には感服する」という表現も使えますよ。 目上、目下関係なく、使える褒め言葉として覚えておくと便利です。 目上の相手に使用する場合は、慧眼に接頭語をつけて、「ご慧眼」とするといいでしょう。 「一代で会社をここまで大きくした、社長のご慧眼には感服いたします」というように使いますよ。 3:「彼は幼い頃から苦労して育ったからこそ、慧眼を得たのだろう」 この例文のように、「慧眼を得る」という表現もよく使われます。 「慧眼を得る」の意味は、物事の本質を鋭く見抜く力を努力して手に入れること。 人生経験を積んで「慧眼」を身につけたときに使われます。 慧眼の類語は? 続いて「慧眼」と意味が類似する言葉をご紹介していきます。 1:先見の明(せんけんのめい) 「先見の明」とは、物事が起こる前にそれを見抜く見識のこと。 ですから、「慧眼」の類語に当たりますね。 「彼ほど先見の明に長けた人物を私は知らない」などというように使うことができます。 c Shutterstock. com 2:洞察力(どうさつりょく) 「洞察力」とは、物事を見抜いたり、見通す力のこと。 こちらも「慧眼」の類語に当たります。 「このトリックを見破るなんて、洞察力が鋭い」などというように使いますよ。 3:達眼(たつがん) 「達眼」とは、物事の本質を見抜く鋭い眼力のこと。 こちらも「慧眼」の類語と言えますね。 「一目で真偽を見抜くとは、さすが達眼の士だ」などというように使います。 慧眼の対義語は? では、「慧眼」の反対の意味を持つ言葉にはどんなものがあるのでしょうか? 3つご紹介します。 1:節穴(ふしあな) 「節穴」とは、見えるはずのものを見落としたり、物事の意味を見抜く力のないことを指します。 今までご紹介してきた「慧眼」とは真逆の意味ですね。 したがって、「慧眼」の対義語に当たります。 「1年近くも騙されていたなんて、私の目は節穴だったのかもしれない」などというように使いますよ。 c Shutterstock. com 2:凡眼(ぼんがん) 「凡眼」とは、平凡な眼識のこと。 ですから、こちらも「慧眼」の対義語となります。 「私のような凡眼でも、この器の素晴らしさはわかる」などというように使いますよ。 3:只者(ただもの) 「只者ではない」というフレーズはよく聞いたことがあるかと思います。 「只者」だけを抜き取ると、普通の人という意味です。 ですから「只者」という言葉は、「慧眼」の対義語になります。 「只者ではない」というフレーズの意味は、普通ではないということを示しますね。 「取引先との契約を1回でまとめてくるなんて、只者ではない」などというように使いますよ。 「慧眼」と「炯眼」について 「慧眼」と同じ読みをする言葉に「炯眼」という言葉があります。 読みは同じ(けいがん)で、意味も似ています。 2つの言葉の違いについて、ここでは考察していきましょう。 「炯眼」とは、鋭く光る目、物事をはっきりと見抜く力を意味します。 「物事をはっきりと見抜く力」という点は共通していますね。 ですから、「慧眼」と「炯眼」は類語に当たります。 しかし、鋭く光る目という意味は「炯眼」だけが持ちます。 反対に「慧眼」には、先を見通す力が意味に含まれていましたが、「炯眼」にはそのように広く見通す力は含まれていません。 繊細な差異ではありますが、これらの言葉を使う際には、意識して使い分けたいですね。 最後に c Shutterstock. com 「慧眼」について紐解いてきましたが、いかがでしたか? ビジネスシーンでもよく出てくる言葉ですから、しっかり覚えておきたいですね。 類義語、対義語も一緒に覚えておくと使い勝手がいいですよ。 TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の