辛い もの 好き 性格。 辛いものが嫌いな人は、辛いものが好きな人に比べて舌(味覚)の...

辛い物好きは短気、甘い物好きは欲求不満? 食べ物の好みわかる性格診断

辛い もの 好き 性格

この話をすると、 いやいや辛味って結構代表的な味なんだから、基本5味に入れてあげなよ! って思っちゃいますが、 代表的だから、とか好みで5味を定義しているわけではありません。 基本5味と辛味では、感知する細胞(受容体)が違うため、定義が異なっているのです。 具体的には、 5味(甘味・塩味・酸味・苦味・うま味)は、味蕾(みらい)と呼ばれる細胞の集合体により感知され、 辛味は、TRPV1(トリップ ブイワン)、TRPA1(トリップ エーワン)という受容体により感知されます。 TRPV1(トリップ ブイワン)はカプサイシン受容体や熱刺激受容体とも呼ばれ、とうがらしなどの口の中がヒリヒリするような「ホット系」の辛味を感知します。 TRPA1(トリップ エーワン)は冷刺激受容体とも呼ばれ、わさびやからしなどのツーンとくるような「シャープ系」の辛味を感知します。 辛味がやみつきになる理由 ノースウェスタン大学の雑誌でブログの『Helix』では、 辛いものを食べるとエンドルフィンとドーパミンという脳内物質(神経伝達物質)が放出される、 と報告しています。 興奮や快感を覚えた時や美味しいものを食べた時、あるいはその逆でストレスや苦痛に襲われた時などに放出されます。 マラソンの「ランナーズハイ」と呼ばれる現象にはエンドルフィンが深くかかわっていると言われています。 ドーパミンとは ドーパミンの効果をわかりやすく言うと、 ・やる気アップ! です。 ドーパミンが不足すると、 意欲の減退や運動機能の低下、抑うつ感、不安感などの症状が出ると言われています。 辛味が苦手な人の特徴は? これまでの話をまとめると、 辛いものが苦手な人は、 エンドルフィンやドーパミンが出にくい人 と言えるのではないかと考えられます。 そして、辛いものを食べた時に脳内物質が出にくい人は、 普段からもエンドルフィンやドーパミンが放出されにくい人 であると推察されます。 また、エンドルフィンやドーパミンが出やすい人は、 普段から高い意欲や多幸感を得やすい=ポジティブ!と言えます。 以下の4つの質問のうち、当てはまるものを選択して「投票」ボタンを押してください! 1.私は 辛いものが好きな方で、どちらかといえば ポジティブだ!(仮説通り) 2.私は 辛いものが苦手な方で、どちらかといえば ネガティブだ!(仮説通り) 3.私は 辛いものが好きな方で、どちらかといえば ネガティブだ!(仮説と違うよ) 4.私は 辛いものが苦手な方で、どちらかといえば ポジティブだ!(仮説と違うよ) 【アンケート】.

次の

激辛好きは要注意!辛いものを食べ過ぎるとどうなるの?

辛い もの 好き 性格

私は 辛い食べ物が大好きです。 若い頃は特に辛い食べ物ばかり食べていました。 七味唐辛子やタバスコなどは、食卓に常備されその消費量もハンパなかったです! あまりに辛いものを食べ続けると、それまでの辛さでは満足できなくなります。 そのため、どんどんエスカレートしていって、ついにはお腹が痛くなるくらい辛いものを食べるようになってしまいました。 さすがに今ではそこまで辛いものは、食べなくなりましたが、今でも変わらず辛いものが大好きです。 このように辛いものがクセになるのは、私だけではないと思います。 一体なぜ辛い食べ物はクセになり、辛さもどんどんエスカレートしていくのでしょうか? 今回は辛いものが好きな心理となぜクセになってしまうのかについてお伝えします! 目次• 辛い食べ物が癖になる理由 辛いものはなぜクセになるのでしょうか?実をいうと人間の脳は、辛いものを食べると 清々しい気持ちになって、ちょっとした 恍惚感を持つようにできています。 そう、 この恍惚感がポイントなのです! 辛い食べ物が恍惚感を生む理由には、次の二つの脳内ホルモンが関わっています。 アドレナリン• エンドルフィン なぜこれらの脳内ホルモンが、辛い食べ物がクセになってしまうことと関係するのでしょうか?その理由を見ていきましょう。 アドレナリン アドレナリンは脳を 興奮状態にして、闘争心と集中力、運動能力を向上させます。 その効果には次のようなものがあります。 【アドレナリンの効果】• 心臓の筋肉の収縮力の向上 全身に血液をたくさん送れるように心臓のポンプ機能を向上させます。• 全身の筋肉への血管の拡張 筋肉を活発に動かせるように、筋肉に血液を送る血管を拡げます。• 胃腸などの消化器の機能低下 体の運動機能にエネルギーを回すために、消化機能を低下させて省エネモードにします。• 肺のガス交換効率の上昇 たくさんの酸素を全身に送れるように、肺の機能を向上させます。• 瞳孔の拡大 より小さなことも見逃さないように、目の瞳孔を拡げて光を多く取り込みます。• 痛覚の麻痺 痛みは運動を妨げるため、痛みを感じないようにして、運動能力を維持することを優先させます。 人間は身の危険を感じるような状況に置かれた時に、自分の身を守るために 飛躍的に運動能力を向上させようとします。 そのための働きをするのがアドレナリンなのです。 アドレナリンは身の危険を感じるような様々なシチュエーションで分泌されます。 また、格闘技の試合やマラソン、スカイダイビング、スキーの滑降競技、モータースポーツなど、命の危険を感じるようなスポーツでも分泌されます。 そして、 辛いものを食べた時にもアドレナリンは分泌されるのです!辛い食べ物の辛さの原因は、 カプサイシンという成分です。 このカプサイシンは粘膜に触れると、強い刺激を与えます。 実は辛さは味ではなく、 カプサイシンによって味覚が刺激された痛みなのです! そして、脳はカプサイシンの刺激によって強い苦痛を感じると、体を守るためにアドレナリンを分泌させるのです。 つまり、脳にとって辛いものというのは、体を危険にさらす存在なのです。 私たちはそんな危険な物を平気で食べているわけです…。 エンドルフィン さて、一方の エンドルフィンですが、このエンドルフィンは 脳をリラックスさせ幸福感や恍惚感を与え、苦痛を和らげる働きをします。 エンドルフィンは脳内麻薬などと呼ばれ、モルヒネと同じような働きをするのです。 辛いものがクセになってしまうのには、このエンドルフィンが関係しています。 辛いものを食べるとアドレナリンが分泌され、全身の運動能力が向上して戦闘状態になります。 しかし、この状態は全身にたくさんの活性酸素を生み出し、脳にとっても かなりストレスのある無理な状態です。 このような状態は脳にとってはあまりにも苦痛なため、 脳はバランスを取るためにエンドルフィンを分泌して、苦痛を和らげるのです。 人間がマラソンや命の危険のあるスポーツなどに楽しさや爽快感を感じる理由も、このエンドルフィンにあるのです。 命の危険にさらされるような行為にもかかわらず、人間はその状態になると、恍惚感を感じることができるため、より危険な行為を求めてしまうのです…。 辛さがエスカレートしていく理由 しかし、辛いものを食べ続けていると、段々と今までと同じ辛さでは満足できなくなっていきます。 一体それはなぜなのでしょうか? 脳内ホルモンにはそれぞれに対応した 受容体と呼ばれる器官があります。 エンドルフィンにも対応する受容体があります。 この受容体はエンドルフィンの分泌量に比例して増えていきます。 そして、受容体が増えると 今までよりも多いエンドルフィンでないと幸福感を得られなくなってしまいます。 更なる満足を得るためには、より多くのエンドルフィンを分泌させなければなりません。 そのためには、より多くのアドレナリンを分泌させる必要があるため、どんどん 辛さがエスカレートしていってしまうのです! さて、辛い食べ物はどうやら幸福感をもたらすようですね。 ところで、世界には辛い料理を食べる食文化が色々ありますが、そういった食文化の国の人はみんな幸せなのでしょうか?調べてみると面白いことが分かりました! スポンサーリンク 幸福度と料理の辛さには関係がある!? 何年か前に話題になりましたが、自分のことを幸福だと感じている国民の率が世界一のなのは ブータンです。 このブータンという国はバングラデシュの北、インドの北東に位置する山間の国で、決して裕福な国ではありません。 ブータン人はみんなつつましやかな生活をしています。

次の

辛いものが好きな心理!脳は苦しいと気持ち良くなる!?

辛い もの 好き 性格

「味覚」と「性格」は関係が有ると思います。 味覚には、「本能的な味覚」と、「社会的な味覚」があります。 本能的な味覚とは、遺伝子に刻み込まれた味覚です。 人間が採取生活を送っていたころ、味覚は食べ物を探すための重要な要素でした。 そのため「この味を食べれば生きられる、この味を食べたら危険」という判断が、本能に入っています。 例えば肉の旨味や、砂糖の甘味は、本能的味覚では好ましい味にあたります。 肉の旨味はアミノ酸、身体に必要なたんぱく質の味です。 甘味は糖分ですから、カロリーの元、炭水化物の存在を示しています。 油脂分も炭水化物と同様。 菓子の多くが砂糖と油脂を使っているのは、偶然ではありません。 他の味覚はどうでしょうか。 ピーマンやゴーヤ(ニガウリ)のような苦味、お茶のような渋みは、毒草に多い味です。 強力な酸味は、腐敗を意味しますし、唐辛子の舌を刺す辛さにいたっては、そのまま凶器ですね。 いずれにしても危険に直結しており、不用意に食べていい味ではありません。 人間の本能は、これらの味を警戒します。 これらの味覚をおいしいと感じられるようになるのは、社会的な訓練のおかげです。 周囲の人がおいしそうに食べているものを、まねして食べる。 食べなさいと勧められて食べる。 そのような積み重ねによって、味覚が広がってゆくのです。 回りの人から影響をうけてできあがる、このような味覚は「社会的味覚」と呼ぶことができるでしょう。 そう考えると、好き嫌いが少ないということは、人がおいしそうに食べるのを見てきたということ。 また食べることについて、しつけを受けてきているということを示します。 それが、同じく人とのふれあいで形成される人格と相関関係をもつことは、十分に有り得る話です。 よく言われる?一般的な「味覚」と「性格」です。

次の