チャールズ アンド キース ださい。 どの年齢層の女性も熱愛!Charles&Keith(チャールズアンドキース)|ブランドバック・高級腕時計・金・宝石の買取なら買取エージェント

チャールズアンドキース(Charles and Keith)の通販 4,000点以上

チャールズ アンド キース ださい

「チャールズ&キース」は、チャールズ・ウォン、キース・ウォン両氏により、1996年にシンガポールで創設され、ファッション性の高いシューズ、バッグ、アクセサリーをラグジュアリーな環境で、リーズナブルプライスで提供するファストファッションブランドです。 ファッションに敏感な25歳~35歳の女性をターゲットとして急成長しており、アジア、欧州、中東、アフリカを中心に約30カ国、300店舗以上で展開。 この春待望の日本初上陸となります。 「チャールズ&キースジャパン」は、株式会社オンワードホールディングス(本社:東京都中央区 代表取締役会長兼社長:廣内 武)と、チャールズ&キースグループPTE. LTD. (本社:シンガポール 代表者:チャールズ・ウォン、キース・ウォン)の共同出資(オンワードホールディングス51%、チャールズ&キースグループ49%)により2012年12月設立。 2013年3月から、日本市場での「チャールズ&キース」の展開を行っていきます。 日本市場に本格参入するための拠点として、4月6日(土)にフラッグシップショップ「チャールズ&キース原宿本店」を、東京・原宿の明治通り沿いに路面店(約230m 2)としてオープンします。 2013年度は4店舗の出店を計画しており、3年後に約40店舗の出店を目指していきます。 なお、同ショップのオープンに先立ち、4月4日(木)に報道機関向け内覧会を開催する予定です。 詳細のご案内は、追ってご連絡させていただきます。 また、「チャールズ&キース原宿本店」では日本初上陸を記念し、オープン初日の4月6日(土)には、同店舗限定バッグの販売のほか、お買い上げ頂いた先着500名のお客様へのノベルティとしてバッグハンガーのプレゼントも予定しています。 LTD.

次の

CHARLES & KEITH チャールズ アンド キース

チャールズ アンド キース ださい

オープン当初だけ話題になって、そのあとまったく名前を聞かなくなるブランドはけっこうある。 株相場でいうと「上場ゴール」みたいなものである。 そういうブランドはたいていが数年内に閉鎖されている。 「チャールズ&キース」もその一つといえる。 「チャールズ&キース」国内全店舗を閉鎖 ECのみで事業継続 シンガポール発のレディースシューズとバッグの低価格SPAブランドで、2013年に日本に上陸した。 わずか3年前のことだが、当時はまだ海外ファストファッションブランドブームの余韻が残っており、業界関係者は「イケる」と踏んだのだろう。 日本では、オンワードホールディングスが合弁によるジャパン社を設立して、店舗展開を手掛けていた。 旗艦店の原宿店以外の13店舗はすでに撤退。 原宿店も12月31日に閉める。 ECは26日にいったん終了させた後、来年春に再スタートする。 全国主要都市のファッションビル、ショッピングセンターなどを中心に14店舗を運営していた。 とのことである。 業界関係者の熱心なプッシュに反して、オープン当時取材に伺ったが、それほど「すごい」とは思わなかった。 店作りに斬新さがあったわけではないし、ハイヒールやパンプスのデザインも珍しい物ではなかった。 価格は4900円だったが、それも飛びぬけて安いというわけではない。 5000円くらいのこの手の婦人靴なら日本には市場に溢れており、もっと安い商品も珍しくない。 何がそんなに評価されているのか正直わからなかった。 例えば、ややターゲットとテイストは異なるが、atta girlというブランドの方が安い。 しかも某スタイリストによると、「安いうえに履き心地が良く、作業の多い日はこのブランドを愛用している」という。 価格は1500~3000円くらいまでである。 たまにこのブランドの在庫品が投げ売られていることがあるが、その場合は1000円である。 チャールズ&キースはOLの仕事用やパーティー用っぽいデザインに限定されており、この市場は日本ではそれほど需要がない。 価格もそれほど安くはないから、売りは「シンガポール発」と「靴のグローバルSPA」という部分だけになる。 とくに消費者にとってメリットがないから、あまり売れないような気がしていたが、3年でブランド閉鎖になった。 提携したオンワードホールディングスの保守的な社風がそういう面白みのなさに拍車をかけたのではないかと見ている。 取材時にオンワードホールディングスの部長が対応してくださったが、見るべき部分のないコメントばかりでいかにもオンワードらしいと感じたことを覚えている。 チャールズ&キース、それから先のトップショップのように、単に「海外ブランド」を持ち込んでも今の日本では簡単には売れない。 もちろん、日本人にはわけのわからない舶来コンプレックスみたいなものがあって、海外ブランドの方が売れる可能性が高いが、すべてが売れるわけではない。 市場での優位性とか競合ブランドの有無とかで大きく売れ行きが異なる。 靴市場はそれほど詳しくないが、門外漢の筆者から見れば、国内で大量に流通している低価格婦人靴と一体なにが違ったのかよく理解できない。 価格も中途半端だし、デザイン性が突出しているわけでもない。 売り方が斬新かというとそうでもない。 この価格より安くて同じようなデザインをしている靴なら日本市場には掃いて捨てるほどある。 よほど目新しいやり方や、心をつかむような販促広報を仕掛けないと、難しかったといえる。 それに加えて、トップショップもチャールズ&キースも日本での提携先企業の選択を誤ったといえる。 アパレル・ファッション業界にはいまだに「欧州の〇〇」とか「米国の〇〇」とか「外国の〇〇」なんていう安易な発想でブランドビジネスを展開しようとする風潮が根強いが、よほど考えないと単なる「外国発」なんていう冠だけでは売れない。 それをトップショップやチャールズ&キース、カルフールなどが証明したといえる。

次の

ママだっておしゃれに!雑誌VERYで注目の「チャールズ&キース」がおすすめ♡

チャールズ アンド キース ださい

1996年、シンガポールにて創業者キース・ウォンによって始まりました。 リーズナブルなのにトレンド感満載なアイテムは、幅広い年齢層の女性に支持されています。 アジア発のブランドなので小柄なアジア人を考えて作られており、シンプルでスタイリッシュ、実用性の高さといった総合的な高評価を得ています。 現在はアジア・欧米・中東・アフリカなど世界35カ国に支店があり、日本でも愛用者が増えているチャールズアンドキース。 2013年からは日本国内に14店舗を出店。 しかし経営戦略の難航により、わずか3年後の2016年に国内実店舗は全て撤退し、一旦幕を閉じることになったのです。 昨今のIT時代、オンラインマーケットは大きなターゲットです。 現在はオンラインストア、実店舗でシューズとバッグを主に販売しており、「手頃で高見え」するアイテムがあるブランドとして密かなブームです。 とりわけ日本では「年齢」を気にする傾向がよくみられます。 様々な話題において年齢を引き合いに出されることは、日時用茶飯事です。 ファッションに関しては「自分がマイノリティではないか?」という点を気にする方が多いのではないでしょうか。 「若作りに見えそう」とか「若い頃によく買っていたブランドだけど・・・」といったことを気にしてファッションアイテムを選ぶことはよくあります。 右にならえが一概に悪いとも言えませんが「誰から見ても変ではないようにしたい」という点は押さえておきたいところ。 人気のバッグは7千円台からのラインナップですが、おそらく実物を見た人は その高見え加減に驚くでしょう。

次の