あつ森 飽きてきた。 【あつ森】1ヶ月プレイした感想は飽きた!最初は良かったけどダメになった理由

あつ森に飽きた!そんな人におすすめしたいSwitchの傑作ゲーム5選!

あつ森 飽きてきた

3月下旬に発売されてから大人気のをプレイし始めました。 多くの人が楽しげにプレイしているのをTwitterで見かける一方、 「飽きそうでちょっとな〜」という声も聞くので、3DS版のどうぶつの森は1週間で飽きてやめた私が感想を書こうと思います。 一つの意見として参考になれば幸いです。 あつまれどうぶつの森の良いところと気になるところ プレイしてみて、いいところ&気になるところを簡単にまとめました。 住人たちが押し付けがましくない、優しい世界 最初はテント生活から始まる 過去作を一週間でやめてしまった理由として、 「たぬきちから勝手に借金を背負わされる」「住人たちから物をどんどん要求される」「リセットさん」がありましたが、それらはすべて解消されていました。 たぬきちが勝手に家を増築して借金を要求されることはなくなり、 こちらのタイミングで増築を申し出ていつでも好きな時に借金を返せるようになりました。 ゲームとはいえ話しかけるたびに小言を言われるのもストレスだったのですが、借金も ATMから返済という形になってコツコツと返しやすい仕組みになっています。 なにか重要な用事があるときは向こうから話しかけてくれますし、ストレスは全くありません。 気になる点は、買い物やアイテムの交換などの行動を取るたびに 割と長めのセリフを聞くことになって煩わしさを感じるところです。 このゲームの世界観として納得しなければならない部分だと思いますが、他のゲームのような簡素なやり取りに慣れた人にはかなりストレスになるかもしれません。 自由度の高いハウジング要素 始めて3日くらいでも家の中は結構自由にいじれる おそらくメインとなる要素だと思いますが、ハウジングに関してはものすごく自由度が高く、家具や小物類も豊富です。 ストーリーが進んでいくと家だけではなく、 島全体を自分好みに改造していくことができます。 私はまだプレイして日が浅いのでほとんど手を加えられていないのですが、オンラインで遊びに行くことができるフレンド達の島は個性豊か。 作る楽しみだけではなく、友達に 遊びに来てもらったり遊びに行く楽しみがあります。 色や柄によってかなり雰囲気が変わるので、より個性的な島づくりを楽しむことができます。 他のハウジング要素のあるゲームと比べると、1マス単位での配置となり 細かい調整ができなかったり、 斜めに物を置くことができないので、その辺りは自由度が低いと感じられるかもしれません。 オリジナルデザインを楽しめるファッション 家具と同じく、ファッションも自分のデザインを取り入れることができます。 デザインに関してはいわゆるドット絵なのですが、隣り合った色によって自然に曲線になったりするので誰でもある程度きれいなデザインが作れます。 その分、思い通りにするには少し癖があるのですが、ハマると一番時間がかかる要素でもあります。 フレンドがデザインした服 フレンドの島に遊びに行くと、服屋さんで売られている服 日替わり を買うことができたり、フレンドのデザインした服をコピーできます。 私は人の島に行くたびに色んなものを買って帰るので、全然借金を返せていません。 私はフレンドの島に行った時はその島で買ったものを身に着けて遊ぶというマイルールを作っているので、毎回変な格好になって帰ることが多いです 🤩 ファッションに関しては特に気になるところはありませんが、強いて言えば種類が豊富すぎてすぐに持ち物が一杯になってしまうのが気にかかる部分です。 島を私物化して荷物置き場にしています……。 思わず集めたくなる図鑑要素 前からある図鑑要素ですが、今作では博物館が非常に立派で美しく、集めて完成させたくなるような作りになっていました。 博物館が別ゲー感あってなんだか感動してしまった。 この建物が1日で出来上がるのですごいですね。 魚の展示コーナーはまるで水族館のようで、住んでいる地域に合わせて綺麗にレイアウトしてありました。 虫に関しては色とりどりの蝶が展示されている温室が非常に美しいです! 集めたらきっともっときれいなんだろうなと想像させる作りになっていて、今作で一番感動した部分です。 フレンドの数が世界の広さにつながる 一人で遊ぶのも楽しいですが、フレンドがたくさんいたほうがそれだけ世界が広がります。 島ごとに店売り家具の色が違うので交換したり、特産のフルーツが違うので売り買いしたりと、 フレンドの数が多ければ多いほど楽しみが増えていくような仕組みになっています。 常時誰でも入ってこられるわけではなく、その島の持ち主が 好きな時に開けたり閉めたりできるので、今日は一人で遊びたいなというときも何も気にすることなく気軽に遊べます。 発売から日が経って遊ぶ人が少なくなってくるとその辺りがどうなるのか気になりますが、今はかなり多くの人が遊んでいるのでしばらくはにぎやかに楽しめそうです! 残念ながらSwitch本体が非常に手に入りづらい状態になっているので、遊びたくても遊べないという人はとても多いと思いますが……。 Switchを持っていて、どうしようか悩んでいる人には沢山の人がやっている今のタイミングがおすすめです! 掲載されている画像の著作権は権利者に帰属します。

次の

【あつ森】向いてる人・向いてない人の特徴!センスいる?ソシャゲ要素ありで楽しめない?男女比とハマる人・これから買う人へ

あつ森 飽きてきた

3月下旬に発売されてから大人気のをプレイし始めました。 多くの人が楽しげにプレイしているのをTwitterで見かける一方、 「飽きそうでちょっとな〜」という声も聞くので、3DS版のどうぶつの森は1週間で飽きてやめた私が感想を書こうと思います。 一つの意見として参考になれば幸いです。 あつまれどうぶつの森の良いところと気になるところ プレイしてみて、いいところ&気になるところを簡単にまとめました。 住人たちが押し付けがましくない、優しい世界 最初はテント生活から始まる 過去作を一週間でやめてしまった理由として、 「たぬきちから勝手に借金を背負わされる」「住人たちから物をどんどん要求される」「リセットさん」がありましたが、それらはすべて解消されていました。 たぬきちが勝手に家を増築して借金を要求されることはなくなり、 こちらのタイミングで増築を申し出ていつでも好きな時に借金を返せるようになりました。 ゲームとはいえ話しかけるたびに小言を言われるのもストレスだったのですが、借金も ATMから返済という形になってコツコツと返しやすい仕組みになっています。 なにか重要な用事があるときは向こうから話しかけてくれますし、ストレスは全くありません。 気になる点は、買い物やアイテムの交換などの行動を取るたびに 割と長めのセリフを聞くことになって煩わしさを感じるところです。 このゲームの世界観として納得しなければならない部分だと思いますが、他のゲームのような簡素なやり取りに慣れた人にはかなりストレスになるかもしれません。 自由度の高いハウジング要素 始めて3日くらいでも家の中は結構自由にいじれる おそらくメインとなる要素だと思いますが、ハウジングに関してはものすごく自由度が高く、家具や小物類も豊富です。 ストーリーが進んでいくと家だけではなく、 島全体を自分好みに改造していくことができます。 私はまだプレイして日が浅いのでほとんど手を加えられていないのですが、オンラインで遊びに行くことができるフレンド達の島は個性豊か。 作る楽しみだけではなく、友達に 遊びに来てもらったり遊びに行く楽しみがあります。 色や柄によってかなり雰囲気が変わるので、より個性的な島づくりを楽しむことができます。 他のハウジング要素のあるゲームと比べると、1マス単位での配置となり 細かい調整ができなかったり、 斜めに物を置くことができないので、その辺りは自由度が低いと感じられるかもしれません。 オリジナルデザインを楽しめるファッション 家具と同じく、ファッションも自分のデザインを取り入れることができます。 デザインに関してはいわゆるドット絵なのですが、隣り合った色によって自然に曲線になったりするので誰でもある程度きれいなデザインが作れます。 その分、思い通りにするには少し癖があるのですが、ハマると一番時間がかかる要素でもあります。 フレンドがデザインした服 フレンドの島に遊びに行くと、服屋さんで売られている服 日替わり を買うことができたり、フレンドのデザインした服をコピーできます。 私は人の島に行くたびに色んなものを買って帰るので、全然借金を返せていません。 私はフレンドの島に行った時はその島で買ったものを身に着けて遊ぶというマイルールを作っているので、毎回変な格好になって帰ることが多いです 🤩 ファッションに関しては特に気になるところはありませんが、強いて言えば種類が豊富すぎてすぐに持ち物が一杯になってしまうのが気にかかる部分です。 島を私物化して荷物置き場にしています……。 思わず集めたくなる図鑑要素 前からある図鑑要素ですが、今作では博物館が非常に立派で美しく、集めて完成させたくなるような作りになっていました。 博物館が別ゲー感あってなんだか感動してしまった。 この建物が1日で出来上がるのですごいですね。 魚の展示コーナーはまるで水族館のようで、住んでいる地域に合わせて綺麗にレイアウトしてありました。 虫に関しては色とりどりの蝶が展示されている温室が非常に美しいです! 集めたらきっともっときれいなんだろうなと想像させる作りになっていて、今作で一番感動した部分です。 フレンドの数が世界の広さにつながる 一人で遊ぶのも楽しいですが、フレンドがたくさんいたほうがそれだけ世界が広がります。 島ごとに店売り家具の色が違うので交換したり、特産のフルーツが違うので売り買いしたりと、 フレンドの数が多ければ多いほど楽しみが増えていくような仕組みになっています。 常時誰でも入ってこられるわけではなく、その島の持ち主が 好きな時に開けたり閉めたりできるので、今日は一人で遊びたいなというときも何も気にすることなく気軽に遊べます。 発売から日が経って遊ぶ人が少なくなってくるとその辺りがどうなるのか気になりますが、今はかなり多くの人が遊んでいるのでしばらくはにぎやかに楽しめそうです! 残念ながらSwitch本体が非常に手に入りづらい状態になっているので、遊びたくても遊べないという人はとても多いと思いますが……。 Switchを持っていて、どうしようか悩んでいる人には沢山の人がやっている今のタイミングがおすすめです! 掲載されている画像の著作権は権利者に帰属します。

次の

あつ森に飽きた!そんな人におすすめしたいSwitchの傑作ゲーム5選!

あつ森 飽きてきた

あんなに楽しみにしてたはずなのに… あつまれに飽きてしまった。 の新作が出ると分かったからSwitchを買ったし、発売日が発表されればすぐに予約したし、発売されてからは毎日してたし、攻略本も買った。 それなのに飽きてしまった。 今現在進行形で楽しんでる人には申し訳ない。 なんというか…あつ森は私が求めていたとは違った。 私は自分好みの島を作りたかったわけではなくて、 私は自分の島で自由気ままに不自由な生活を楽しみたかった。 私はどうぶつたちと自由気ままな生活がしたかっただけなのに。 住民との会話 まず、 どうぶつたちとの会話が楽しくない。 は一生やりたくないと思うほど、住民との会話がそればっかりになったし、話しかけても私が昨日何してたかとか同じ内容ばっかり。 向こうから話しかけてくれても、大体新しいリアクションを教えてくれるだけ。 それかこの家具買ってよ あげるよ だけ。 しかもいっぱい話しかけるとうざがられてしまう。 「そんなに話しかけないでくれよ…」「いま考え事してるから後にしてくれ」とか言って迷惑がられてしまう。 なんか前はもっと…会話してる感があった気がする… 住民と仲良くなったら貰える写真。 仲良くなった人だけ貰える特別な写真。 私はそれが大好きだった…なのにあつ森では写真は簡単に手に入る。 しかも驚くほどあっさり貰えてしまう。 家具をあげたお礼と同じテンションで写真を貰えてしまう。 前は 「俺たちの友情の証だぜ!」感あったのに… 住民が突然家に遊びにくるのも好きだった…大体変なタイミングで遊びにきてくれるから「今は部屋の模様替えしてたのに…」とか「ちょっと持ち物整理しにきただけなのに…」とか思いながらも、住民がニコニコ部屋を見て回ってるのを温かい目で見守ってたのに。 遊ぶ時間約束するのも好きだった。 何時に家に遊びにいくとか時間を決めるやつ。 そしてすっかり忘れてて後で住民に落ち込まれるっていう…笑• レシピ・ 自体は面白いと思ってるよ。 よく不満として言われてる1個ずつしか作れないとか、資材を持ってないといけないのが不便とかはそこまで気にならない。 でも レシピがめちゃくちゃ被ることと、期間限定レシピが手に入りにくいのはめちゃくちゃ不満がある。 不満しかない。 レシピほんとにめちゃくちゃ被る、とくに住民から貰えるレシピ。 というかレシピ貰うために住民の家に突撃するのもぶっちゃけ嫌…。 ふつうに住民の家に遊びに行きたいのに、レシピ欲しさに突撃してると段々「何だよしてないのかよ」って思っちゃうから嫌。 期間限定レシピは どこのソシャゲだよ。 ってくらい大変だった。 桜はほんと地獄だった。 5分置きに飛んでくる風船を狙って海岸を走り回る。 しかも期間が短いくせに風船にレシピが入ってる確率がめちゃくちゃ低い。 しかも入ってたレシピも被る可能性がある。 そしてほんとにレシピが全然入ってない。 しかもと被ってたから「あ、風船の音が聞こえる!」って思って近づいたらの風船だった…ということも何度あったか…本当にソシャゲのイベント走ってる気分だった。 ソシャゲはいいんだよ。 ソシャゲだから。 無料で遊べるし、課金してもらってなんぼのゲームだからさ。 でもこれはお金を払って買ったゲームじゃん。 マイルのソシャゲ感 日替わりミッションやログインボーナスみたいなマイルも嫌だった。 なんというか…ソシャゲ感がどうしても受け入れられなかった。 ミッション達成しなきゃ…ミッションのために住民に話しかけなきゃ…木を切らなきゃ…服着替えなきゃ…みたいな感じがしてしまう。 嫌ならマイル無視したらいいんじゃんって? でもゲーム内の住民もマイルに触れてくるし、マイルが貯まらなければ出来ないこともある。 マイル旅行券欲しいし、交換したい家具とか色々ある。 最初だって呼ぶ為に、島の評判をあげなくちゃいけないし、その為には家具置いて橋かけて坂作って…と島を作り替えなければいけない。 そうすると自然とマイルが必要になってくる。 マイル集めるためにはミッションクリアしていくしかないじゃん。 島クリエイター あと、あつ森の醍醐味だと思うんだけど… 島クリエイターで自分好みの島に作り替えよう!みたいな感じも合わなかった。 じゃあ島作りしなかったらいいじゃんって? でも、自分の家の場所どころか住民の家の場所、たぬき商店や服屋の場所、博物館の場所ですら自分で決めなければいけない。 そうすると段々、もっとこっちの方が…とか思ってきちゃう。 やっぱり店はまとめようかな…と思ってしまう。 別に店の位置ぐらい勝手に決めてくれてもいいのにさ… 確かに前作で住民が変な場所に引っ越してきてキレたことはあるけど、それでもその不便さが楽しかった。 私も村で暮らしてる住民の1人だし、仕方ないかな…って笑。 そんな全部思い通りにしたかったわけじゃない。 島クリエイターも始めは楽しかった。 「やっと解放された!!」って嬉しかったし、ちょこちょこ作り替えたり池の場所変えたりしてた笑。 でもなんか…別に私は箱庭ゲームがしたかったわけじゃなくて、を楽しみたかった。 それなら島作りしなかったらいいじゃんって話なんだけど、そもそもあつ森の醍醐味が 島クリエイターな時点で、 私はがターゲットとする層から外れたんだなって思ってしまった。 ポケキャンが家具集めてお気に入りの住めて写真撮って…みたいな箱庭ゲームなのはゲームだからかなって、ソシャゲだからかなって思ってたのに、純粋にみんながに求めてるものと私が求めてるものが違っただけだった…• 家具 シリーズ廃止・色違いとか 家具にも不満がある。 シリーズ家具の廃止と色違い家具問題とたぬき商店の品揃え。 前作まであったカラフル家具やシックな家具モノクロとかログハウスとかその他諸々が全部ない。 センスが無い私的にはシリーズ家具がないと、部屋に何を置けば良いのか分からない笑 これは私の問題かもしれないけど… この部屋はモノクロシリーズで、あっちの部屋はシックな家具で…みたいな感じで家具を集めていくのが楽しかったのに、私みたいなタイプは早くもネタ切れ起こしてる。 あと純粋にシリーズ家具に 愛着があった。 家具とかも好きだった… 色違い。 これはマイル家具が通信でしか色違いが手に入らない問題もそうなんだけど、 普通の家具も色違いが多すぎる。 せっかく「可愛いな…」って思えたラタン家具も、持ってる色がバラバラすぎて統一感ゼロだから、結局部屋に飾ってない。 という飾れない。 まず好みの色の家具を自力で揃えるのが大変難しい。 難しすぎる。 欲しい色が自分の島の店では売ってない場合は、通信するしかほぼ無理ゲーに近い。 せっかくリメイク出来るなら色違いに出来たらいいのに、出来ない。 何のためのリメイクなんだ… あとたぬき商店の品揃え悪くないか…?最近ほとんど持ってる家具しか並んでない。 デパートになるなら今はまだ我慢できるけど、今のところこれが最大。 しかも通常時で5個しか並んでないのに、高級家具に1枠取られるから実質4枠。 高級家具高すぎじゃない?グレースの家具とかでもないのに高すぎじゃない? そして家具が全然手に入らないから、住民から貰うか木をゆするか…の二択になってくる。 でもあんま家具が手に入らないからレシピが集めたくなってくる。 割と可愛いレシピ多いからさ… _____________________ 最後に でもそうしてくるとなんか悪循環で… ちなみに割と早い段階でマイルは無視しようと決めたんだけど 住民と会話しても楽しくないから島作りしようかな…でもやっぱ島クリエイター合わないから家具集めようかなって思っても、次は家具全然集まらない。 じゃあレシピ集めようかなって思うけど風船と海岸の瓶だけじゃ限界がある。 家具とレシピ欲しいから住民に話しかけようかな…でも住民との会話楽しくない…もはや住民の存在価値が家具とレシピくれるだけ………… 釣りしたり歌ったり本読んだりしてるのは可愛いと思うよ! 何でなんだ… 私はどうぶつたちと自由気ままなをしたかっただけなのに!!!! 他にも例えば… ・ハニワが無い 集めるの楽しかった ・金の道具でも壊れる 流石に金だと壊れないかと思ってたから割とストレス ・かっぺいとかマスターとかぺりこぺりみぺりおとかししょーとかおまわりさんがいない 今作登場キャラ少なすぎじゃない…?夜中に行ってぺりみさんにキレられるの好きだったし、ぺりおを撃ち落とすのも好きだった笑 ・喫茶ハトの巣やとかビューサロンとかがない マスターと仲良くなるの大好きだった。 「いつもの」って言えるようになるまで通うのが好きだったし、ハニワ預かってくれたりしたのに…バイトも出来たのに… ・釣り大会、虫取り大会がポイント制になった ポイント集めるために何回もするソシャゲ感。 そして前みたいに大きさ競うの純粋に好きだった笑。 時々謎に大物釣り上げて1位掻っ攫っていく住民にキレたりしたかった笑 別にゲームだから進化していく過程で削ぎ落とされていくものはあると思う。 それは仕方ないと思ってる。 でも、 前作では出来たのにあつ森では出来ないことが割と多い。 そしてあつ森は施設が少ないから出来ることが少ない。 も割と村づくり感強かったけど、施設もたくさんあったし小ネタとかやること多かったからそんな気にならなかった。 そしたら島作りくらいしかすることがない。 だってそれがあつ森の醍醐味だから… そう、私はあつ森の醍醐味である島づくりが合わなかった。 ただそれだけである。 あんなに楽しみにしてたあつ森… は1年以上続けてたのに… このためにSwitch買ったのに… ずっとの新作楽しみにしてたのに… それなのに飽きてしまった自分。 のターゲット層から外れてしまった自分。 それが悲しくて仕方がない。 私はあつ森に飽きてしまった。 mana310.

次の