幸い 意味。 「幸いです」の意味とは?目上への敬語表現と類語を例文で紹介

「幸いです」とは?意味と使い方

幸い 意味

ビジネスメールでよく見かける「幸いです」という言葉。 便利な言葉ですが、その意味と正しい使い方を、あなたはご存じでしょうか。 目上の人に対して使ってもいい表現なのか、ほかにどんな言い方があるのか。 今回は、「幸いです」の正しい使い方や言い換えについて解説します。 ビジネスメールで多用される「幸いです」でも実は目上の人には失礼? つまり、「幸いです」という言葉には 「出来ればで構いませんので」というニュアンスが含まれているのです。 そのため、「必ず実行してもらいたい」場合に使うべき言葉ではありませんので、注意しましょう。 「幸いです」という言葉は、とても丁寧な表現のように思えますが、実は、目上の人に対して使うには、相応しくない表現とされています。 「幸いです」という言葉は、丁寧で柔かい表現ではあるものの、その言葉でもって締めくくられると、どこか一方的に要望を述べられて終わっている感があり、相手に失礼な印象を与えかねないからです。 また、目上の人に対して何かを依頼するならば、謙譲語を用いるべきです。 では、どんな表現が相応しいのでしょうか。 「幸甚」は、「この上なく幸せ」「非常にありがたく思う」という意味ですから、「幸いです」よりもさらにうれしいということを示す丁寧な表現と言えます。 同僚や対等な立場にある相手に対しては「幸いです」を、相手が目上の人の場合には「幸甚です」を用いると良いでしょう。 同僚や対等な立場にある相手に…… ・「本日中に提出していただけると幸いです」 目上の人に…… ・「明日までにお返事いただけると幸甚です」 「幸いに存じます」「幸甚に存じます」 「幸いです」よりも「幸甚です」の方がより丁寧な表現ですが、文章がとても硬い印象になってしまいます。 丁寧かつ柔らかい表現にしたいのであれば、「幸いに存じます」がおすすめです。 また、より強い敬意を表したいのであれば、「幸甚に存じます」とするのも良いでしょう。 ちなみに、「存じます」は「思います」の謙譲語ですから、どちらも目上の人に対して使うのに相応しい謙譲表現になります。 ・「プレゼンの資料を今一度ご確認していただけると幸いに存じます」 ・「なお、懇親会の席にもご出席いただけると幸いに存じます」 より強い敬意を表す場合…… ・「お時間の許す限り、ご高覧賜りましたら幸甚に存じます」 ・「新しいプランを作成して参りましたので、再度検討していただけると幸甚に存じます」 「助かります」「ありがたいです」 「幸いです」のよりくだけた表現に、「助かります」「ありがたいです」があります。 同僚や対等な関係にある相手に、メールや文書で依頼するのであれば「幸いです」を使うのが一般的ですが、電話や会話では「助かります」「ありがたいです」を用いても良いでしょう。 ただし、かなりくだけた表現になりますので、距離感の近い相手に限定して使うようにしましょう。 距離感の近い同僚や対等な立場にある相手に おもに口語 …… ・「この資料、明日までにまとめてもらえると助かります」 ・「明日の仕事、代わってもらえるとありがたいです」 今回は、「幸いです」の使い方と類語をご紹介しました。 「~してください」という断定的な言い方を避けた柔かい表現ではある反面、「してもしなくてもいい」という非常に曖昧な言葉でもあります。 また、目上の人に使う場合には注意が必要です。 そのことを理解した上で、正しく賢く使い分けするようにしましょう。

次の

「幸いです」の意味とは?目上への敬語表現と類語を例文で紹介

幸い 意味

「幸甚」の意味と正しい使い分け、上手な使い方 「幸いです」のワングレード上の表現=「幸甚」 ビジネスメールや文書で誰かにお願いごとをする際に、定番の言い回しとして「〜していただけると幸いです」が用いられるケースがよくあります。 「幸いです」は「自分にとってうれしい・幸せなことだ」という意味を持ち、「そうなってくれたら運が良い」というニュアンスも含まれています。 「助かります」と比べるとはるかに丁寧な表現ではあるのですが、お得意先や目上の方が相手の場合は、「幸いでございます」や、 「思います」の謙譲語である「存じます」をくっつけた「幸いに存じます」を使います。 そして、もうワングレード上の表現として、ぜひ一度トライしてみていただきたいのが「幸甚」という言葉です。 「この上なくありがたい」という気持ちを伝える「幸甚」 改まった商用の手紙や文書などで、 「幸甚です」「幸甚に存じます」という表現を目にされたこともあるかと思います。 もともとは手紙言葉であり、昨今ではビジネスメールでもよく用いられるようになってきました。 「幸甚」とは、文字通り「甚(はなは)だ(=普通の程度をはるかに超えて)幸せ」の意を表す、「幸福の最上表現」です。 相手に対して敬意を払う表現でもあるため、「幸いです」の代わりに「幸甚です」を使うことによって、「この上なくありがたい」という想いが強く表現されます。 また、より一層気持ちをていねいに表したい場合は、「幸甚に存じます」「幸甚の至りです」という最上級の言い回しもあります。 「依頼」「感謝」「贈り物」の場面でそれぞれ使われる「幸甚」 「幸甚」という言葉には三つの使われ方があります。 一つは、目上の方や立場が上の取引先などに対し、自らの要望や依頼事項を丁寧に伝える場合です。 相手に望みを叶えてもらえると「この上なく助かる」という気持ちが、そこには込められています。 (例) 「ご連絡をいただけると幸甚に存じます。 」 「ご来臨くだされば幸甚の至りに存じます。 」 二つめは、相手からの配慮や心遣いに対する自らの「深い感謝の意」を伝える場合です。 (例) 「お招きいただき幸甚に存じます。 」 「お気遣いをいただき幸甚の至りです。 」 そしてもう一つは、目上の方などに「贈り物」をする場合です。 贈る相手にぜひ喜んでもらいたいという想いです。 (例) 「お気に召していただければ幸甚に存じます。 」 「ご笑納いただければ幸甚に存じます。 」 相手に応じた「使い分け」と、使いすぎないことが肝要 「幸甚」は「これ以上ありがたいことはございません」という意味合いを伝える表現なので、使いすぎると他人行儀なイメージや大げさな印象を与えかねません。 距離が近い相手や親しい関係なら「助かります」や「ありがたいです」、会社関係の相手などには「幸いに存じます」、目上の方の場合は「幸甚に存じます」というように使い分けが大切です。 贈り物に添える文面に使う場合も同じです。 ごく親しい相手に対しては、丁寧さがむしろ嫌味に感じられてしまう恐れがあります。 こちらも「幸いです」「何よりの幸せです」などの表現と上手く使い分けてください。 また、使いすぎると仰々しくなり硬い印象を与える表現であるため、相手に「くどい」と思われないよう、同一文章内での「幸甚」の使用は一回にとどめるように気をつけましょう。 堅苦し過ぎるのも…という人のための「幸甚」の言い換え方 相手との心理的な距離感をつかみかねていて、「幸甚」という言葉は少し堅苦し過ぎるかも…と不安に感じる場合は、「幸い」「ありがたい」「うれしい」などの言葉を使った下記のような表現をお勧めします。 (例) 「ご連絡をいただけると幸いです。 」 「ご来場くださればありがたく存じます。 」 「お招きいただき光栄に存じます」 「お気に召していただければうれしい限りです。 」 なお、目上の人や上司に叱責を受けたときに、「お許しいただけるなら幸甚です」などと用いてしまうと、かえって相手を馬鹿にしたような印象を持たれる恐れがありますので、不用意に使ってしまわないように気をつけましょう。 文豪たちの作品に見る「幸甚」の使われ方 少しかしこまった形で用いられる「幸甚」ですが、昔の文学作品では時折見かける表現でもあります。 いくつか例を挙げてみますので、参考にしてください。 「大方の諸君子にして、予が常識の有無を疑はれなければ幸甚である。 」(芥川龍之介「きりしとほろ上人伝」) 「楽な気持で推理をたのしみながら愛読をたまわれば幸甚です。 」(坂口安吾「明治開化 安吾捕物帖」) 「全文或いは概要を貴誌に掲載して貰へれば幸甚です。 」(萩原朔太郎「蒲原有明に帰れ」) 「各地方小学教師のために備考の一助ともならば幸甚のみ。 」(福沢諭吉「小学教育の事」) 「すでに求め終わっているのなら幸甚である。 」(有島武郎「片信」) 「今後の私抄について彼我対照して戴ければ幸甚である。 」(北原白秋「夢殿」) 「賢明なる読者諸君に対して、いささかでも反省の資料になってくれたら幸甚である。 」(太宰治「花吹雪」) スポンサードリンク.

次の

「幸いです」の意味や使い方と類語!ビジネスメールでの注意点は?|語彙力.com

幸い 意味

「幸甚」の意味と正しい使い分け、上手な使い方 「幸いです」のワングレード上の表現=「幸甚」 ビジネスメールや文書で誰かにお願いごとをする際に、定番の言い回しとして「〜していただけると幸いです」が用いられるケースがよくあります。 「幸いです」は「自分にとってうれしい・幸せなことだ」という意味を持ち、「そうなってくれたら運が良い」というニュアンスも含まれています。 「助かります」と比べるとはるかに丁寧な表現ではあるのですが、お得意先や目上の方が相手の場合は、「幸いでございます」や、 「思います」の謙譲語である「存じます」をくっつけた「幸いに存じます」を使います。 そして、もうワングレード上の表現として、ぜひ一度トライしてみていただきたいのが「幸甚」という言葉です。 「この上なくありがたい」という気持ちを伝える「幸甚」 改まった商用の手紙や文書などで、 「幸甚です」「幸甚に存じます」という表現を目にされたこともあるかと思います。 もともとは手紙言葉であり、昨今ではビジネスメールでもよく用いられるようになってきました。 「幸甚」とは、文字通り「甚(はなは)だ(=普通の程度をはるかに超えて)幸せ」の意を表す、「幸福の最上表現」です。 相手に対して敬意を払う表現でもあるため、「幸いです」の代わりに「幸甚です」を使うことによって、「この上なくありがたい」という想いが強く表現されます。 また、より一層気持ちをていねいに表したい場合は、「幸甚に存じます」「幸甚の至りです」という最上級の言い回しもあります。 「依頼」「感謝」「贈り物」の場面でそれぞれ使われる「幸甚」 「幸甚」という言葉には三つの使われ方があります。 一つは、目上の方や立場が上の取引先などに対し、自らの要望や依頼事項を丁寧に伝える場合です。 相手に望みを叶えてもらえると「この上なく助かる」という気持ちが、そこには込められています。 (例) 「ご連絡をいただけると幸甚に存じます。 」 「ご来臨くだされば幸甚の至りに存じます。 」 二つめは、相手からの配慮や心遣いに対する自らの「深い感謝の意」を伝える場合です。 (例) 「お招きいただき幸甚に存じます。 」 「お気遣いをいただき幸甚の至りです。 」 そしてもう一つは、目上の方などに「贈り物」をする場合です。 贈る相手にぜひ喜んでもらいたいという想いです。 (例) 「お気に召していただければ幸甚に存じます。 」 「ご笑納いただければ幸甚に存じます。 」 相手に応じた「使い分け」と、使いすぎないことが肝要 「幸甚」は「これ以上ありがたいことはございません」という意味合いを伝える表現なので、使いすぎると他人行儀なイメージや大げさな印象を与えかねません。 距離が近い相手や親しい関係なら「助かります」や「ありがたいです」、会社関係の相手などには「幸いに存じます」、目上の方の場合は「幸甚に存じます」というように使い分けが大切です。 贈り物に添える文面に使う場合も同じです。 ごく親しい相手に対しては、丁寧さがむしろ嫌味に感じられてしまう恐れがあります。 こちらも「幸いです」「何よりの幸せです」などの表現と上手く使い分けてください。 また、使いすぎると仰々しくなり硬い印象を与える表現であるため、相手に「くどい」と思われないよう、同一文章内での「幸甚」の使用は一回にとどめるように気をつけましょう。 堅苦し過ぎるのも…という人のための「幸甚」の言い換え方 相手との心理的な距離感をつかみかねていて、「幸甚」という言葉は少し堅苦し過ぎるかも…と不安に感じる場合は、「幸い」「ありがたい」「うれしい」などの言葉を使った下記のような表現をお勧めします。 (例) 「ご連絡をいただけると幸いです。 」 「ご来場くださればありがたく存じます。 」 「お招きいただき光栄に存じます」 「お気に召していただければうれしい限りです。 」 なお、目上の人や上司に叱責を受けたときに、「お許しいただけるなら幸甚です」などと用いてしまうと、かえって相手を馬鹿にしたような印象を持たれる恐れがありますので、不用意に使ってしまわないように気をつけましょう。 文豪たちの作品に見る「幸甚」の使われ方 少しかしこまった形で用いられる「幸甚」ですが、昔の文学作品では時折見かける表現でもあります。 いくつか例を挙げてみますので、参考にしてください。 「大方の諸君子にして、予が常識の有無を疑はれなければ幸甚である。 」(芥川龍之介「きりしとほろ上人伝」) 「楽な気持で推理をたのしみながら愛読をたまわれば幸甚です。 」(坂口安吾「明治開化 安吾捕物帖」) 「全文或いは概要を貴誌に掲載して貰へれば幸甚です。 」(萩原朔太郎「蒲原有明に帰れ」) 「各地方小学教師のために備考の一助ともならば幸甚のみ。 」(福沢諭吉「小学教育の事」) 「すでに求め終わっているのなら幸甚である。 」(有島武郎「片信」) 「今後の私抄について彼我対照して戴ければ幸甚である。 」(北原白秋「夢殿」) 「賢明なる読者諸君に対して、いささかでも反省の資料になってくれたら幸甚である。 」(太宰治「花吹雪」) スポンサードリンク.

次の