フランス語 数字 綴り。 フランス語の数字に強くなりたい人!数字練習アプリで反射神経を鍛えよう

フランス語の数字の覚え方、10000以上はカンマを使うと便利【実践録】

フランス語 数字 綴り

フランス語の数字の書き方の基礎をお伝えさせていただきましたが、フランス人が小学校で学ぶときにも、子供向けに特別な方法があるわけでもなく、何度も繰り返し書いては覚える方法で覚えさせられているようです。 結局、フランスで育ったフランス人の人たちでも、数字を正しく文字で書くのは苦労していて、お金のやり取りに小切手がいまだによく使われるフランスでは、小切手には数字を文字で書く欄があるので、代表的な数字を文字で表した表が銀行から配布されるほどです。 例えばわたしが持っている表には 1825,83ユーロは、「 Mille huit cent vingt-cinq euros et quatre-vingt-trois centimes」と書く と書いてあります。 フランス語で数字を書くときの注意事項で、• このおさらいからでも、milleはもともと複数形なので、sはつかないし、centは1825をフランス語の文字で書く時、 Mille huit cent vingt-cinqと書いてcentにはsがつかないけれど、もしこれが、1800だったら Mille huit centsとsがつくことがわかりますよね。 ただし1990年代の改革により、その数字を表すすべての数字表現の間に入れても良いことになったそうです。 でも、わたしは小切手でmillion(100万)やmilliard(10億)といった支払いをすることも、受け取ることもないので、全く関係ないのです・・・^^ フランス語の数字の綴りをアルファベットで書くのはいつ? そもそも数を数字で書くときと文字で書く時、フランスでは使い分けのルールがあるということを知ったのは、本当につい最近のことです。 それではまず、どんなときにフランス語で数字が文字で書かれるのか見てみましょう。 フランス語で数字が文字で書かれる時 数字自体が表現の一部のとき 例えばトランプのスペードはフランス語ではun「cinq de pique」といいますが、これは表現なので、このなかのcinqを5と表すことはありません。 0から20までの数字や大体の数字 文章中で0から20までの数字を表現するときは、文字で表現する慣習があります。 ただ、同じ文章中で2つの数字が出てきて、1つが20以下、1つが20より大きい数字のときは、文字か数字どちらかに揃えるのが普通です。 また100くらい、5000くらいといった正確ではない大体の数字も文字で書きます。 文章先頭の数字 20より大きい数字であっても、文章の先頭に数字が来るときは、その数字は文字で書きます。 例としては、 「Vingt-cinq personnes sont venues. midi(正午)やminuit(午前0時)に続く数字 例えばお昼の12時半は midi et demiと文字で書くのが通例です。 その他、 フランスの銀行が発行する小切手や、契約書、公式な書類の数字は、文字と数字を併記することが多い です。 逆に、 一般的な文書の中で 数値をデータや情報としてわかりやすく示したいときは文章中でも数字がつかわれることが多いです。 小数点のついた数字や、「何番目の」といった、順番を表す序数の場合は、数字そのままで表記されます。 この文章は「この本は1356ページあって、わたしは1245ページ目を読んでいる」という意味で、1356はページの量を表す数字で、1245は序数になるので、1245にはカンマもスペースも入れない、ということになります。 いかがでしたか。 ざっくり言ってしまうと、 簡潔に数を示したいときは数字は数字で表記されて、文学的に表現したいときや、法的文書の中では数字はしばしばアルファベットの綴りで表記されることが多い、ということのようです。 つぎに、 フランス語のお金の読み方をご紹介しますね。

次の

フランス語の「時間・時刻・日時」などの書き方 [フランス語] All About

フランス語 数字 綴り

学生:先生、この文章なんですけど。 Ils chantent souvent cette chanson. 先生:前期に勉強した -er 動詞の練習問題だね。 学生:先生は、-er 動詞の活用語尾は、nous と vous 以外は読まない、と教えましたね。 先生:ラテン語が変化して成立したフランス語が、文字にして記録されるようになったのは9世紀に遡るけれど、今のフランス語の綴りは、だいたい12世紀頃の読み方がもとになっている。 文字を読む、読まないとか、母音の組み合わせをこう読むとかいった規則は、その後の音韻変化を反映しているのだよ。 生徒:どういうことですか? 先生:たとえば、現代フランス語には語末の子音字を読まないというルールがあるよね。 そもそも、綴りが定着し始めた頃には語末の子音字が発音されていたから、文字としても書いていたんだ。 ところが、時代が下るにつれて語末の子音字は発音されなくなってしまった。 同様に、母音字に m, n がついたら鼻母音になるのは、鼻母音でなかったものが鼻母音化したということなんだよ。 今は読まれない動詞の活用語尾とか、名詞や形容詞が複数であることを表す -s が残って記されているお陰で、話し言葉では区別できないことが、書き言葉では明確に区別できるようになっているんだ。 同音異義語だって同様だ。 最初は複雑に思えるかもしれないけれど、歴史を踏まえた正書法があるというのは、むしろよくできたシステムだとは思わないかい? 学生:漢字のようなものというわけですね。 それはまあ納得です。 僕、フランス語好きですから。 だけど、今の説明、最初の質問に対する答えになっていないですよ。 先生:どきっ、君、鋭い質問をするね。 これは実はね、同じじゃなかったんだよ。 生徒:どういうことですか? 先生:それを説明するには、これらの言葉の語源に遡らなくてはならない。 ils chantent の chantent は、古典ラテン語の cantant に、souvent は、古典ラテン語の subinde にそれぞれ由来する。 ラテン語からフランス語への変化をたどる際には、ラテン語でどの音節にアクセントが置かれていたかということが重要なのだけれど、 cantant は最初の "can" の音節、 subinde は二番目の "bin" の音節にアクセントがある。 2世紀から5世紀にかけて俗ラテン語で起こった大きな音韻システムの変化の結果、それぞれ、以下のように変化したと考えられている。 下線は、ここにアクセントがあるということだよ。 subinde の "b" の文字が "v" になっちゃってますけど。 先生:そうだね。 [b] の音が [v] になるとか、ラテン語にあった母音の長短の区別がなくなった結果、短い [i] の音が狭い [e] になるというのは、音韻変化の規則に則ったことなのだけれど、話が長くなるから、そのことには今日は触れないでおこう。 同じに見える cantant も他の単語と同様に、抑揚のアクセントが強弱のアクセントに変わるという大きな変化を受けているのだけれど、そのことにもね。 学生:(綴りをじっと見て) cantant の "ant" と、 sovende の "end" のあたりが、フランス語の -ent にあたるということですか? 後者にはアクセントがあるけれど、前者にはない。 先生:そこが重要なんだ。 じゃあ、まず souvent の方から説明しよう。 さっき、ラテン語からフランス語への語形の変化をたどるには、アクセントの位置を把握することが重要だと言ったね。 それは、一般的に言って、ラテン語にあった母音の中で、その後の変化を経て最後までフランス語に残ったのは、最初の音節と、アクセントのある音節だけだからなんだ。 8世紀頃に、語末の [e] は発音されなくなってしまう。 有声子音の [d] も、無声子音の [t] に変化して、 sovende は sovent に変化する。 学生:もうほとんど現代フランス語の souvent と同じですね。 先生:この段階では、語末の -ent は、[ent]「エント」と発音されていたけれどね。 学生:では、ils chantent の -ent はどうなのですか? 先生:ラテン語からフランス語への変化では、一般に、アクセントのない最後の音節では、[a] 以外の音は消えてしまう。 例えば、ラテン語の男性名詞の murum(壁)は語尾に [u] の音があるけれど、これを語源とするフランス語 mur の語尾にはこれが残っていない。 一方、 filiam(娘)のように最後の音節は [a] で終わるものがラテン語の女性名詞には多い。 この文字は、その音の名残というわけさ。 学生:あ、 cantant の "ant" が chantent の -ent になった理由がわかりました。 先生:そのとおり。 それが消えるのは17、18世紀のことと考えられているよ。 それまでには、語尾の子音も消えてしまった。 これはさっき説明した [ent] のように鼻母音にならず、音としては消滅してしまったというわけだ。 学生:なるほど、いま同じ綴りになっていても、たどってきた歴史が違うから別の読みになったというわけですね。 ところで、実は僕、ラテン語も勉強しているんです。 cantant は辞書には canto で載っていて、不定詞が cantare になる第一活用ですよね。 学生:先生はさっき、『アクセントのない最後の音節では、[a] 以外の音は消えてしまう』とおっしゃいましたよね。 学生:どうして語尾の [nt] を維持する必要があったのですか? 先生:ラテン語もそうだけれど、フランス語の初期の時代は、現代フランス語とは違って、動詞に主語をつける必要はなく、活用語尾で人称を判断していたから、なくさないための努力が働いたということだろうね。 三人称複数の語尾の -nt は、ラテン語の規則変化の動詞のあらゆる法・時制に共通するから、現代フランス語の動詞でも、ils sont, ils ont や ils font のような例外を除けば、あらゆる法・時制で動詞の三人称複数の語尾は -ent になる。 活用表で確認してごらん。 学生:なるほど、言葉の歴史を知っていれば、文法も納得しながら勉強できるというわけですね。 [注]• 多くの歴史音声学の入門書では、この件に関しては断言を避けているように見える。 ここで先生は、便宜的に12世紀と言っているものと理解してもらいたい。 14, 29. Ibid. , p. Ibid. , p. 現代フランス語で -e で終わる名詞の8割が女性名詞なのは、このことによって説明できる。 et J. 44,• 147. 有田豊、ヴェスィエール・ジョルジュ、片山幹生、高名康文(五十音順)の4名。 中世関連の研究者である4人が、「歴史を知ればフランス語はもっと面白い」という共通の思いのもとに2017年に結成。 語彙習得や文法理解を促すために、フランス語史や語源の知識を語学の授業に取り入れる方法について研究を進めている。 有田豊(ありた・ゆたか) 大阪市立大学文学部、大阪市立大学大学院文学研究科(後期博士課程修了)を経て現在、立命館大学准教授。 専門:ヴァルド派についての史的・文献学的研究• ヴェスィエール ジョルジュ パリ第4大学を経て現在、獨協大学講師。 NHKラジオ講座『まいにちフランス語』出演(2018年4月~9月)。 編著書に(三省堂)がある。 専門:フランス中世文学(抒情詩)• 片山幹生(かたやま・みきお) 早稲田大学第一文学部、早稲田大学大学院文学研究科(博士後期課程修了)、パリ第10大学(DEA取得)を経て現在、早稲田大学非常勤講師。 専門:フランス中世文学、演劇研究• 高名康文(たかな・やすふみ) 東京大学文学部、東京大学人文社会系大学院(博士課程中退)、ポワチエ大学(DEA取得)を経て現在、成城大学文芸学部教授。 専門:『狐物語』を中心としたフランス中世文学、文献学 編集部から おすすめコラム• 2020年3月20日 学生:先生、-er 動詞の命令法2人称単数で、語尾の -s が落ちるのはどうしてですか? 先生:-er 動詞だけでなく、ouvrir、offrir […]• 2009年11月14日 「おいしい方言」と題して味覚に関わる各地の方言の使用例をとりあげ、連載する予定と前回お約束しましたが、少しお待ちいただいて、今回は、夏訪れたベルリンのドイツ方言をご紹介します […]• 2019年10月18日 学生:先生、なぜフランス語には男性名詞と女性名詞があるんですか? 単語の意味だけじゃなく、いちいち男性名詞か女性名詞かも覚えなくてはならないので大変です。 […]• 2009年3月30日 名詞の大文字書きは名詞が文の中で情報を担う重要な要素であり、それを拾い読みするだけで文やテクストの大体の意味を読み取ることができるから、読み手にとってはたいへん便利である。 しかし […].

次の

【フランス語の記号】アクサンテギュ?トレマ?é,à,ü,çなどの発音と綴り記号一覧│フランス語学習ライオンさん

フランス語 数字 綴り

フランスに住むようになって、自分の生年月日を言う機会も多々あります。 の記事でもご紹介した の中の、数字コーナーでトレーニングしました。 特に と は有意義でした。 電話番号のレッスンは0から99まで、図書館の本は0から999までのレッスンで、本の分野などの名詞も覚えられます。 こちらのサイトの数字の学習は4桁以上の大きい数字も含めて20レッスンにわたっていますので、どれを選んでよいかわからなかったら、まず電話番号を、2桁の数字がばっちりになったら図書館のレッスンをおすすめします。 パリを旅していたある日のこと、セーヌ川沿いのブロカントの、吹けば飛ぶような店先に、バレエのレッスン風景が描かれた油絵が風になびいていました。 こよなくバレエを愛する私の目は釘付けです。 有名な画家による作品でないものの、画家が表現したかったことが手に取るようにわかる絵。 プロフェッショナルな激しさではない、大人のクラスの穏やかさ、品の良さがバレリーナの表情から伝わってきます。 セーヌ川の辺りで他の絵に混じって吊るされているのはあまりに忍びない、 欲しい。 絶対、欲しい。 値段を尋ねると、80ユーロ とのこと。 おー、私が勉強を避けてきた 20が4つ=80 ではないか。 ウイーンの住まいに持ち帰り、近所のガラス店で額装してもらって(お店のご主人に、素敵な絵だね、とすごく褒められました)、今再びフランス語の数字が分かったときの感動はそのままにフランスへ戻ってきたわけです。 数字に自信がなかった頃の私は、大好きなバレエのおかげで「3は大きな3羽の白鳥 トロワ trois」とか、パ・ド・カトル quatre や白鳥の湖の6人 six の花嫁候補のイメージなしではフランス語の数字のイメージがわかなかったです。 数字といえども、最初は自分が大切 にしている世界からイメージをつなげると覚えやすいものとつくづく思います。 そして、数字の理解が耳、口、手、と進んであやふやが解消されると、イメージと結びつけて頑張った日は本当に昔のことになります。 フランス語は学習項目が盛りだくさんですが、 なるべく学び始めの早い時期に集中トレーニングをして自信をつけていくと、その後の勉強もパワフルなものになると思います。 ドイツ語を習い始めたばかりのレッスンで突如数字が始まり、わけがわからないままドイツ語の足し算までビシビシ教わり、そのときはレッスンが早く終わることだけを願っていましたが、今もその先生に感謝しきりです。

次の