インゲン 茹で 時間。 いんげんの冷凍保存まとめ!茹で時間や保存期間は?

おいしいそら豆のゆで方/ゆで時間:白ごはん.com

インゲン 茹で 時間

茹でたインゲンって何日くらい日持ちするんでしょうか? インゲンってお弁当の彩りとか普段の食事にも使えて便利なので、 茹でて保存しておきたいですよね。 でもどれくらい日持ちするのかを知っておきたいところ。 そこで今回は茹でたインゲンはどれくらい日持ちするのか、 冷蔵と冷凍の保存期間と、解凍時に水っぽくならない方法を紹介します。 茹でたインゲンの日持ち冷蔵庫ならどれぐらい? 茹でたインゲンはだいたい冷蔵で2~3日保存できます。 思ったよりもあまり日持ちしないんですね。 実はインゲンってどうしても傷みやすくなってしまうんですよね。 また、茹でたインゲンを保存する場合は、 タッパーなどに水で湿らせたキッチンペーパーを敷き、 その上にインゲンを置いて蓋をして冷蔵庫へ入れておきましょう。 ただし、しっかり密封した状態でも、 やっぱり最高で3日までしか日持ちしないので早めに食べるといいですね。 ちなみに、インゲンは生のままの方が茹でて冷蔵するよりも、 多少は日持ちが長いですよ。 生のインゲンはラップにぴったり包み、 フリーザーバッグに入れて冷蔵庫の野菜室で保管します。 するとなんと1週間も日持ちするんです! 茹でて冷蔵するより確かに長持ちしますね。 ただ、生のままだと料理にすぐ使えないので、 やっぱり茹でてないとあんまり意味がないですよね…。 インゲン冷凍庫だといつまで大丈夫? 茹でたインゲンを長期保存したいなら、やっぱり冷凍庫が一番安心! 冷凍しておくと約1ヶ月は日持ちするので、 かなりお弁当とか料理に大活躍しそうですね。 では茹でたインゲンを冷凍する際の手順を解説します。 ・インゲンを茹でて氷水で冷やす まずインゲンはヘタと筋を取ったら15秒ほど茹でておきましょう。 そして茹でた後は氷水で冷やし、 キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取っておきます。 ・フリーザーバッグに入れて冷凍させる インゲンの水気を十分に拭き取ったら、 フリーザーバッグに入れていきましょう。 この時、なるべくフリーザーバッグが平らになるように、 インゲンを並べて詰めていくと良いですよ。 スポンサーリンク その方がインゲン全体は早く凍るので鮮度を保てます。 あとはフリーザーバッグの口をしっかりと閉じて、 冷凍庫に入れておけば大丈夫! 1ヶ月間は日持ちするので、お弁当の彩りとか、 普段のご飯にも役立てられるでしょう。 ちなみに、より調理の時に使いやすくするためにも、 インゲンは食べやすい大きさにカットしてから冷凍しておくといいですよ。 冷凍したインゲンは冷蔵庫で自然解凍するか、熱湯にサッとくぐらせるか、 凍ったまま炒め物など料理に使うのがおすすめです。 いんげんの冷凍 解凍後水っぽいのを防ぐために 冷凍したいんげんは解凍後に水っぽくならないか心配ですね…。 でも、いんげんを冷凍する際は、 必ず硬めに下茹でしてしっかり水気を拭き取っておけば、 解凍した時にべちゃっとなることはありませんよ。 いんげんってもともと水分量の多い野菜なので、 茹でずにそのまま冷凍してしまうと、 解凍時に中から水分が出てきてしまうんですよね。 そのため、水っぽくなるのを防ぐためにも、 硬めに下茹でしておくことが重要。 それにやっぱり茹でてから冷凍しておいた方が、 いざ使いたい時にすぐに使えて便利ですからね。 また、冷凍しておいたインゲンは、 冷蔵庫に移して時間をかけて解凍することで、 より中の水分が流れ出てしまうのを避けられます。 ということでインゲンは使う分ずつに小分けにして、 冷凍保存をしておくのが一番なんですね。 前日にいんげんを使う分だけを冷蔵庫に移しておけば、 翌日はちょうどよく解凍されているし、 水っぽくもならないので安心ですよ。 もちろん時間がない時はレンジで解凍しても良いですが、 解凍後はキッチンペーパーで水気を拭き取るなどをしておきましょう。 そうすればかなり水っぽさが軽減されますよ! まとめ 茹でたインゲンは冷蔵だと2~3日ですが、 生で冷蔵しておくと一週間は日持ちします。 また、冷凍しておけば1ヶ月間日持ちするので、 長期保存したいなら冷凍が一番ですね。 また、インゲンを解凍する時は、 水っぽくならないように冷蔵庫に移して自然解凍しておきましょう。

次の

冷凍いんげんレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

インゲン 茹で 時間

シャキシャキの歯ごたえが特徴のスナップえんどうは、大人から子どもまで大人気の春野菜。 彩りがきれいなのでお弁当やサラダにも映え、行楽の季節にもってこいです。 でも、筋取りや下茹でなど、「下ごしらえ」がちょっと面倒そう…なんて人もいるのでは? そこで今回はスナップえんどうが格段においしくなる茹で方と、簡単に下処理するコツをご紹介します! *** スナップえんどうの筋取り方法は? 下ごしらえの基本 食卓やお弁当のおかずとしておいしくスナップえんどうを食べるために、絹さやよりも太い「筋」を丁寧に取ってあげましょう。 コツをつかめば、簡単にできちゃいますよ。 〜筋取りの方法〜 1. ヘタが付いていないほうの先端を爪を立てて曲げ折り、そのままスーッと引っ張って短いほうの筋を取る。 続いて、ヘタのある頭も同じように曲げ折り、ゆっくり引っ張って長いほうの筋を取っていく。 シャキッと食感を楽しむための「茹で時間とポイント」 筋を取ったら、次は茹でていきましょう。 この、茹で時間がとっても大事! スナップえんどうはシャキッとした食感が命。 茹ですぎるとおいしさを十分に楽しめなくなってしまう可能性も。 【POINT】 茹で時間は、スナップえんどう10本に対して2分を目安にするといいですよ! 2分茹でたら鍋から取り出し、少し隙間を空けながらザルやバットに並べて冷ます。 【POINT】 これは「陸揚げ」 (おかあげ)といって、10分ほど自然に冷めるまで待つ方法です。 水に浸けて冷ますと水っぽくなりがちな野菜も、この方法なら保存期間が長くなりやすく、お弁当のおかずや作り置きにぴったり!陸揚げする時間がなければ、冷水に1分ほどさらして冷ましましょう。 スナップえんどうをおいしく茹でるポイント 茹でるときのポイントは、適量の塩加減にし、短時間で茹であげること。 適量とは、しょっぱくならずに素材の甘さと旨みを引き出すのに最適な塩加減のこと。 この塩加減で茹でると冷めても味がぼやけず、そのままお弁当に入れてもおいしく食べられます。 また塩には緑色の色素を引き出す作用があるので、茹であがりの色が鮮やかになるんですよ。 塩水が沸騰したら、強火で一気に茹であげましょう。 冷ます時の予熱で火が通るので、通常の温野菜より短めに茹でるのがポイントです。 【POINT】 下ごしらえで取り除いた筋を一緒に入れて茹でると、お湯にスナップえんどうの香りが移って、より香り豊かな仕上がりになるのだとか…。 ぜひやってみたいですね! 下ごしらえと茹でる際のほんのちょっとしたコツで、格段と食べやすく、おいしくなるスナップえんどう。 【関連記事】 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん [PROFILE] 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

次の

いんげんの冷凍保存まとめ!茹で時間や保存期間は?

インゲン 茹で 時間

シャキシャキの歯ごたえが特徴のスナップえんどうは、大人から子どもまで大人気の春野菜。 彩りがきれいなのでお弁当やサラダにも映え、行楽の季節にもってこいです。 でも、筋取りや下茹でなど、「下ごしらえ」がちょっと面倒そう…なんて人もいるのでは? そこで今回はスナップえんどうが格段においしくなる茹で方と、簡単に下処理するコツをご紹介します! *** スナップえんどうの筋取り方法は? 下ごしらえの基本 食卓やお弁当のおかずとしておいしくスナップえんどうを食べるために、絹さやよりも太い「筋」を丁寧に取ってあげましょう。 コツをつかめば、簡単にできちゃいますよ。 〜筋取りの方法〜 1. ヘタが付いていないほうの先端を爪を立てて曲げ折り、そのままスーッと引っ張って短いほうの筋を取る。 続いて、ヘタのある頭も同じように曲げ折り、ゆっくり引っ張って長いほうの筋を取っていく。 シャキッと食感を楽しむための「茹で時間とポイント」 筋を取ったら、次は茹でていきましょう。 この、茹で時間がとっても大事! スナップえんどうはシャキッとした食感が命。 茹ですぎるとおいしさを十分に楽しめなくなってしまう可能性も。 【POINT】 茹で時間は、スナップえんどう10本に対して2分を目安にするといいですよ! 2分茹でたら鍋から取り出し、少し隙間を空けながらザルやバットに並べて冷ます。 【POINT】 これは「陸揚げ」 (おかあげ)といって、10分ほど自然に冷めるまで待つ方法です。 水に浸けて冷ますと水っぽくなりがちな野菜も、この方法なら保存期間が長くなりやすく、お弁当のおかずや作り置きにぴったり!陸揚げする時間がなければ、冷水に1分ほどさらして冷ましましょう。 スナップえんどうをおいしく茹でるポイント 茹でるときのポイントは、適量の塩加減にし、短時間で茹であげること。 適量とは、しょっぱくならずに素材の甘さと旨みを引き出すのに最適な塩加減のこと。 この塩加減で茹でると冷めても味がぼやけず、そのままお弁当に入れてもおいしく食べられます。 また塩には緑色の色素を引き出す作用があるので、茹であがりの色が鮮やかになるんですよ。 塩水が沸騰したら、強火で一気に茹であげましょう。 冷ます時の予熱で火が通るので、通常の温野菜より短めに茹でるのがポイントです。 【POINT】 下ごしらえで取り除いた筋を一緒に入れて茹でると、お湯にスナップえんどうの香りが移って、より香り豊かな仕上がりになるのだとか…。 ぜひやってみたいですね! 下ごしらえと茹でる際のほんのちょっとしたコツで、格段と食べやすく、おいしくなるスナップえんどう。 【関連記事】 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん [PROFILE] 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。

次の