ヨッシー サーキット 高 得点。 【マリオカート8デラックス】上級テクニック情報|最速プレヤーになるためのコツ

【マリオカートツアー】ヨッシーツアー開幕!

ヨッシー サーキット 高 得点

レース中にポイントが増える際にはキャラやマシンのポイントを参照しているため、ポイントが高いキャラやマシンでコースを走ると、自然に獲得ポイントも上昇します。 自分のプレイスタイルに合ったスペシャルスキルを持つマシンやグライダーを使用することで、ポイントをグッと獲得しやすくなります。 その状態では、画面を連打して「アイテム」を発動しまくることでかなりの高得点を出すことが可能です。 まずは高い順位を取れるように操作の練習やコースを覚えることが重要です。 そのため、1周目のゴール前では、順位を上げておくようにしましょう。 ゴール手前で相手の妨害アイテムを防ぐことができるように、甲羅やバナナ等のアイテムを保持しておくようにしましょう。 妨害アイテムをゲットした際には、確実に他プレイヤーに当てるようにしましょう。 アイテムボックス入手前にはあえて順位を落として妨害アイテムを入手するのも1つの手となります。 獲得できるアイテムが増えれば、それだけ妨害アイテムを手に入れる機会も増えるため、適正キャラを使用することも重要になります。 しかし、アイテムチケットは限りがあるため、アイテムチケット利用はここぞという時に限定しましょう。 グライダーを開いたらグライドキープボーナスは自然に追加されるため、あまり気にする必要はないですが、ポイントを稼ぐポイントとして覚えておきましょう。 指を下にスワイプしてキープすることで空中時間を長くでき、グライドキープボーナスが加算されやすくなるので、コンボを続けたい時に利用してみましょう。 少しの曲がり角でもドリフトを使えるようになるとポイントも稼ぎやすくなるので、ドリフトのテクニックは身につけておきましょう。 ギミック等を覚えると同時に、コインの配置も覚えておきましょう。 キャラ・マシン・グライダー関連• 使用キャラ・マシン・グライダーのステータス• マシン・グライダーのスペシャルスキル ギミック・テクニック関連• 妨害アイテムを相手に当てる• 自分に効果があるアイテムを使う• ダッシュプレートに乗る• ジャンプ台(段差)でジャンプする• グライダーを開く• ミニターボ(ドリフト)をする• スリップストリームをする• ロケットスタートを行う• コインを獲得する• コンボを繋げる 順位関連• ラップボーナス(1周目)• 順位ボーナス(ゴール時).

次の

【マリオカートツアー】【スロー走法解説付き】FEVER無しで高得点!初心者必見の「ヨッシーサーキットR」でのコンボの繋ぎ方解説【Mariokarttour】

ヨッシー サーキット 高 得点

概要 [ ] 発売の『』以降、に多く登場している。 カメ族 の一種。 「ヨッシー」という名は一の固有名ではなく、一族の総称である。 基本的に平和を好む種族であり、マリオの良きパートナーとして活躍することが多い。 ヨースター島、恐竜ランド、、ジャンボル島、ドルピック島などに生息する。 また、『ヨッシーのたまご』の任天堂公式ガイドブックでは、オリジナルストーリーやヨッシーの私生活が掲載されている。 で、褐色の丈夫な靴を履き、背中には を付けている。 大きな鼻が特徴。 初期は体が長かったが、次第に短くなっていき、鞍も現在はのコブのような形になっている。 性別がなく、異形の受精をせずに正常な発生が可能な卵を産むことができる。 性格は男性寄りであるが、設定が固まる前の『』にて「卵を産むからメス」と述べられたことがあり、これを踏襲した漫画作品もある。 容姿は恐竜であるが高度に人格化されたキャラクターであり、達とは普通に会話が可能。 一人称は「ヨッシー」または「ボク」(一部の漫画では「私」という場合もある。 『』では「ボク」、『』では「ヨッシー」であった)。 各ごとに能力は多少異なる。 「ヨッシー」という命名は、任天堂社員のあだ名に由来(『』より)。 また、その響きから、のパロディのように扱われることもある [ ]。 ヨッシーの特徴として、「足が速い」という事から、マリオシリーズのスポーツ関連の作品では、ほとんどが「スピードタイプ」に設定されていることが多い。 また、好きな事は「大好きなフルーツを長いで食べること」であることなどから、食べる事に執着している食いしん坊なキャラクターでもある。 『』では、審判のから「ヨッシーさん、他のチームメンバーを食べてはいけませんよ」と言われたほどであった。 にが調査した「好きなTVゲームのキャラクター」において、マリオシリーズのキャラクターでは1位のマリオに次いで3位にランクインしている。 キャラクターとしてのヨッシー [ ] ヨッシーとマリオの出会い [ ] 『』において、ヨッシーは赤ん坊時代のと出会っている。 ただし、ヨッシーは一族の総称であるため、同一の個体とは限らない。 マリオ自身も、赤ん坊の頃に『ヨッシーアイランド』のヨッシーと過ごした記憶は忘れてしまっているようである(『』より)。 また、『』のエンディングの「ヒーローの元に光る星」がベビィマリオ、ピーチ、ドンキー、ワリオなどの上で一つだけ余るが、最後に緑ヨッシーが卵から生まれ、余っていた星がヨッシーの上で光る。 これが、後にマリオと共に冒険するヨッシーであると捉える事もできる。 初出作品の『スーパーマリオワールド』でクッパ軍団に囚われ卵に閉じ込められていた所をマリオブラザーズに救出され、以降、背中にマリオやを乗せて走る。 長い舌でフルーツや敵を食べ、食べた物によっては、火を吐いたり、背中から羽を生やして空を自在に飛んだりすることが可能。 トゲが生えた敵や炎に包まれた敵も問題なく食べられる。 オバケが嫌いという設定があり、城やオバケ屋敷などには入りたがらず外で待機している。 またなど、オバケである敵は食べることができない(『ヨッシーアイランド』でのなどの例外あり)。 『』でもその設定が生かされ、プレイヤーキャラクターの中で唯一テレサを倒す事が出来ない。 なお、当初、ヨッシーが舌を出すのはマリオに頭を叩かれて驚いて舌を出すという設定であったが、後にマリオの指示によって舌を出すという設定に変更された。 『スーパーマリオワールド』、『スーパーマリオサンシャイン』、『』、『』では、ヨッシーに乗った際BGMにパートが追加される。 同じく『スーパーマリオワールド』でのヨッシーが卵から孵る時の効果音は、『』の主人公タマゴンが孵る時と同じものが使用されている。 『スーパーマリオワールド』の設定によれば、ヨッシーは「 スーパードラゴン」を自称している。 また『』では「神のちからを得たドラゴン」と説明されている。 『』では「スーパードラゴン」の名称で「最後の切りふだ」を使用している。 ゲームの取扱説明書や公式サイトの解説や『』のイベント戦では恐竜とされている。 ヨッシーの自立化 [ ] 『』(12月)で初めて主役になった。 『ヨッシーのたまご』は、タマゴの殻に敵を挟むとヨッシーが生まれる、というゲームである。 挟んだ敵の数に応じて生まれるヨッシーの大きさが異なった。 生まれるヨッシーの種類は、「チビヨッシー」、「ノーマルヨッシー」、「はねヨッシー」、「スターヨッシー」の4種類。 ヨッシーが主役のパズルゲームとしては、他に『』『ヨッシーのパネポン』がある。 『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』では、初めてにおける主役となる。 ジャンプ中に足をバタつかせて更に高く上がるふんばりジャンプを初披露。 また、食べた生き物をその場でタマゴとして産み、それを投げて攻撃する方法も身につけている。 お尻から垂直落下して踏み付けるヒップドロップという攻撃もヨッシーのオリジナルの攻撃方法である。 『』では、マリオから離れ、単独で冒険している。 元々体が長かったヨッシーだが、この作品からが縮小された体型となっている。 種族としてのヨッシー [ ] 色違いヨッシーについて [ ] 一般的に知られるヨッシーの体色は緑だが、他にも赤、青、黄、水色、オレンジ(茶色)、紫、桃色、白、黒など、さまざまな体色のヨッシーがいる。 『』や『』などでは、色によって能力や性格が多少異なっている(青ヨッシーはマリオのことを「マリオさん」と敬称付きで呼び、黄色ヨッシーはやや臆病な性格など)。 や『』では、様々な色のヨッシーがカラーバリエーションとして登場している(性能は基本的に同じ)。 『』ではプレイヤーキャラとして個別に登場する(赤、ピンクはテクニック、黄色はパワー、青、水色はスピード、白はトリッキー、黒はオールラウンドと、それぞれタイプが異なる)。 また一部の漫画(『』『』など)では、赤は「熱血漢、短気」、青は「冷静、皮肉屋」、黄色は「のんびり屋というよりおとぼけ」、桃色は「女性というよりオカマ」だったりと、それぞれ個性的な設定がなされる事が多い。 『スーパーマリオワールド』の特殊ヨッシー [ ] 詳細は「」を参照 赤ヨッシー 他の色のヨッシーは赤のの甲羅を口に含んだ場合にのみ火を吐くことができるが、赤ヨッシーはどの色の甲羅でもを吐くことができる。 1回火を吐くと甲羅はなくなる。 青ヨッシー 他の色のヨッシーは青のノコノコの甲羅を口に含んだ場合にのみ翼が生えて空を飛ぶことができるが、青ヨッシーはどの色の甲羅でも翼が生えて空を飛ぶことができる。 また、ヨッシーに乗った状態でヨッシーの翼を取ると、どの色のヨッシーでも必ず青ヨッシーになる(リメイク版の『』では青ヨッシーにならない)。 一定時間経つと甲羅は飲み込まれてしまう。 黄ヨッシー 他の色のヨッシーは黄のノコノコの甲羅を口に含んだ場合にのみジャンプ後の着地時に地震を起こすことができるが、黄ヨッシーはどの色の甲羅でもジャンプ後の着地時に地震を起こすことができる。 起こした地震による衝撃で敵を倒すことができる。 一定時間経つと甲羅は飲み込まれてしまう。 なお、『スーパーマリオワールド』では、赤、青、黄の3色のヨッシーは「伝説の3色ヨッシー」と呼ばれる。 卵から生まれた段階ではまだミニヨッシーに乗ることができず、敵キャラを5体食べさせる(もしくはスターやなどを1つ食べさせる)ことでようやく騎乗が可能となる。 『ヨッシーストーリー』の特殊ヨッシー [ ] 詳細は「」を参照 ダッシュヨッシー 赤いダッシュフルーツから変身。 一定時間、速く走ることができ、普段上れないような壁や水上も走れる。 ただし、変身が解けるまでは止まれない。 バルーンヨッシー 青いバルーンフルーツから変身。 風船のように膨らみ、空中に浮ける。 メーターがなくなると元に戻る。 Aボタンで息を止めることもでき、メーターの消費を和らげる事も可能。 上昇中にWiiリモコンを振ると、その場ですぐに変身が解ける。 ライトヨッシー 黄色のライトフルーツから変身。 一定時間、身体が光り、通常では見えない床を照らす事ができる。 ダメージを受けても元に戻る。 その他のヨッシー [ ] 『』に登場した、サングラスを掛け悪ぶっている青色のヨッシー。 足が速いことを自慢していて、ヨースター島の他の仲間達が自由にかけっこすることを禁止していた。 マリオに敗れてからは改心し、他のヨッシー達と仲良くかけっこを楽しむようになった。 日本国外版では「 Boshi」という名前になっている。 チビヨッシー(ミニヨッシー) 赤ん坊のヨッシー。 『スーパーマリオワールド』では、特殊ヨッシーが卵から孵ったばかりの状態の時にこの形で登場するほか、恐竜ランド各地に囚われたヨッシーの卵がエンディング時に孵化してこの姿になる。 『マリオストーリー』ではヨッシー村に複数匹が登場している。 また、『ヨッシーストーリー』で操作するヨッシーでもある。 デブヨッシー 『ヨッシーのたまご』で初登場した、太っているヨッシー。 卵の殻の間に7匹以上の敵を挟むことで生まれる、ゲーム中最も高得点のヨッシー。 『スーパーマリオRPG』では、ヨースター島に登場するヨッシー達の赤ちゃんとして登場。 『マリオストーリー』では、ヨッシーの村の村長として登場。 チビヨッシー(個体) 『』に仲間キャラクターの1人として登場する赤ん坊ヨッシー。 ウーロン街という場所の屋で新製品の開発材料として卵の状態で連れて来られたが逃走、マリオたちに卵のままついて来て、その後孵化してマリオの仲間となる。 赤ん坊ながら、かなり強気でやんちゃな性格。 マリオに対しては、出会った際に彼がウーロン街の闘技場で使っていたである「ゴンザレス」の名で呼ぶ。 「チビヨッシー」とは名で、名前はプレイヤーが自由につけることが出来る。 あみぐるみヨッシー 『』で初登場した、の姿をしたヨッシー。 上記の他、ゲームとは直接関係ないが、攻略本『ヨッシーのたまご 任天堂公式ガイドブック』では、日本系ヨッシーやインド系ヨッシーやアメリカ系ヨッシーが登場している。 ヨッシーの生息地 [ ] ヨースター島 『スーパーマリオワールド』で初登場。 ヨースター島は複数のゲームに登場するが、島の形などはそれぞれ異なる。 『スーパーマリオワールド』のヨースター島は恐竜ランド内にあり、ヨッシーの自宅「ヨッシーの家」がある。 『』ではワッシーもいる。 『』では過去のヨースター島に行くことが可能。 『』シリーズでは、『』以降、対戦ステージとして登場。 スターロード ヨースター島と同じく『スーパーマリオワールド』で登場。 「伝説の3色ヨッシー」の卵がある。 ヨス湖 ヨッシーが生まれたという噂の湖。 『』で登場。 ヨッシーアイランド ヨッシーの生息地。 『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』で登場。 昔はの住むクッパ城があった。 ジャンボル島 『』で登場。 南国風の島で、とても暑い。 火山やジャングルがある。 ヨッシーの村にはも住んでいる。 ドルピック島 『』で登場。 その昔、生息していたとされる場所。 主にピンナ島に生息していたとされ、同島に建設されているにはヨッシーゴーランドなる乗り物もある。 卵にフルーツを与える事でフルーツの色に対応したヨッシーが現れ、口からジュースを吐き出して攻撃する。 なお、今作のヨッシーは落書きから生まれた存在の為、吐き出せるジュースの残量が無くなるか、水の中に入ると溶けて消滅する。 キノコ王国 『』や『』で登場。 『スーパーマリオ オデッセイ』では、マリオがヨッシーにキャプチャー(憑依)することで操作する。 ヨースターギャラクシーなどの惑星 『』では、ヨースターギャラクシーから登場、以後星船マリオでも出現(タマゴ)。 ヨッシー関連の地域 [ ] 『』と『マリオカート8』で登場。 謎の巨大卵のようなものが回転している。 『』で登場。 ヨッシーの顔をしたがいる。 ヨッシーサーキット 『』と『』と『マリオカート8』で登場。 コースがヨッシーの形をしている。 ヨッシーフォールズ 『マリオカートDS』と『』で登場。 謎の巨大卵のようなものがコースの中心にある。 ヨッシー星(正式名称不明) 『』で登場。 スターピースを与えたハラペコチコが変身した星。 が多数生息。 鼻からは溶岩スチームが吹き出てくる。 カラカラいせき 『』で登場。 ヨッシーの顔をしたがある。 ヨッシーの類似キャラクター [ ] ドッシー 同名だが、姿や性質の全く異なる2タイプが存在する。 『スーパーマリオRPG』ではクッパ城で登場する。 体型こそヨッシーに近いが、体色は赤黒く、鋭いを持ち、ヨッシーと違い、凶悪そうな表情である。 英名は「 Bahamutt」。 『』の「やみにとける どうくつ」や『』などのミニゲーム、『』のワールド4に登場する(『64』のリメイクである『スーパーマリオ64DS』と『New スーパーマリオブラザーズ』ではゴーグルをしている)。 背中に乗って地底湖や毒の沼を渡れる。 ヨッシーとはかなり異なり、の身体で水棲ののような姿をしている。 『』では海の国、湖の国、キノコ王国、月の国もっと裏で登場する。 英名は「 Dorrie」。 ゲッシー 『』に登場する、ヨッシーに似た巨大なゲドンコ生物。 マリオたちやベビークッパを舌で飲み込む。 体内ではヨッシーを卵に閉じ込め怪物化しようとしている。 原動力の「ショッキング・エッグ」を失うと死ぬが、体は消滅せずにそのまま残る。 英名は「 Yoob」。 プレッシー 『』で初登場した、ヨッシーの四肢、尾が的にアレンジされたキャラクター。 一部のコースに登場する。 関連キャラクター [ ] 『スーパーマリオワールド』以降、多くの作品で共演。 『スーパーマリオスタジアム』では、 ルイージ等のマリオシリーズのメインキャラの中でキャサリンと共に相性が良い設定になっている。 『スーパーマリオスタジアム』ではベビィルイージとは相性が良くなっているが、大人のルイージとは相性が普通になっている。 『』では、あまりの空腹で誤ってルイージを食べてしまう。 マリオ、ルイージ同様相性が良い(『』、同『』より)。 卵を吐くピンクの恐竜。 『』以降は、スポーツゲーム等でヨッシーとペアを組んで登場する事が多く上記の3人と共に好相性で恋仲とされている時もある。 ヨッシーから「キャサリンさん」と呼ばれている。 を攫う大魔王。 『スーパーマリオワールド』ではヨッシーをタマゴに還し、世界各地のへ封印するという悪行を成した。 また、『ヨッシーアイランド』ではヨッシーを独り占めしようとした。 度々クッパに攫われる姫。 『スーパーマリオワールド』のエンディングではヨッシーの背中に乗っている。 『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』では、大人のピーチは相性が普通だが、ベビィピーチとは相性が良い。 『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』では、大人のデイジーは相性が普通だが、ベビィデイジーとは相性が良い。 『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』では、大人のドンキーコングは相性が普通だが、ベビィDKとは相性が良い。 ノコノコの天敵はヨッシーらしい が、『』の初めの映像で一緒にゴルフをしていたり、2人で寝ているシーンなどがあり、『』でもダブルスを組んでいるので、相性としては悪くない。 どちらも温和な性格であり、相性はよいという設定がつけられている。 一部シリーズでは同じ地域に生息している。 『』では、デュエルマップで、ヨッシーの初めからのお助けキャラ(パートナー)がテレサとなっている。 『』ではヨッシーの前進を妨害する。 一方で『スーパーマリオ64DS』ではヨッシー、ルイージ、マリオ、ワリオと力を合わせてピーチを助けるためにパワースターを集める。 『』のエンディング後の場面では、ヨッシーの手にキノピコを乗せている。 ヨッシーが登場する主な作品 [ ] ヨッシーシリーズ [ ] ヨッシーが主役として登場しているタイトル。 詳細は「」を参照 アクションゲーム• (ゲームボーイアドバンス)• (ニンテンドーDS)• (ニンテンドー3DS)• パズルゲーム• (、)• (、ゲームボーイ)• () - 収録作品の中の一つ• (ゲームボーイ、) その他• () マリオシリーズでの登場作品 [ ]• - 初登場作品• - パワースター120個獲得後のおまけで登場。 - プレイヤーキャラとして登場、オリジナル版にはいない。 - 『スーパーマリオ64DS』にも収録されていたミニゲームの一部分に登場。 本編には登場しない。 New スーパールイージ U• - ファイルセレクト画面のアイコンとしてのみ登場。 シリーズ• シリーズ(GBA版は除く)• シリーズ• シリーズ• その他の登場作品 [ ]• シリーズ• - として登場• - 人形として登場• - 人形として登場• (Wii U版の配信ステージ「ヨッシーアイランド」で登場) 実写・アニメ [ ]• (CM(アニメ形式)、、) - 声はあてられていない。 (CM(アニメ形式)、1992年、日本) - 声はあてられている。 (実写映画、、)• (CM(アニメ形式)、、日本) - 声はあてられていない。 (CM(アニメ形式)、、日本) - 声はあてられていない。 (CM(アニメ形式)、1996年、日本) - 声はあてられていない。 (CM(アニメ形式)、、日本)- 声はあてられていない。 (CM(アニメ形式)、、日本) - がヨッシーを演じている。 amiibo [ ]• ヨッシー(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ、発売)• ヨッシー(スーパーマリオシリーズ、発売)• あみぐるみヨッシー みどり(ヨッシー ウールワールドシリーズ、2015年発売)• あみぐるみヨッシー ピンク(ヨッシー ウールワールドシリーズ、2015年7月16日発売)• あみぐるみヨッシー みずいろ(ヨッシー ウールワールドシリーズ、2015年7月16日発売)• あみぐるみヨッシー ビッグ(ヨッシー ウールワールドシリーズ、2015年発売)• 『マリオスポーツ スーパースターズ』amiiboカード(発売) - 全90種類のうちヨッシー関連のものは5枚ある 担当声優 [ ] 『』以降の関連作品で声を担当。 戸高の収録した声を加工して使用している。 作品によって戸高ボイスかSEのどちらかが採用されている(『』の『3』までや『』などはSE。 『』では戸高ボイスとSEの両方が使用されている)。 しばらくの間、ヨッシーの鳴き声は『ヨッシーストーリー』で収録、加工されたものがそのまま使い回されていたが、後半頃からは、新たに収録、加工した声も使われるようになった。 サウンドエフェクト 初期の作品の鳴き声は独特なが使われていたが、その音について様々な媒体で文字に例える試みがなされている。 『スーパーマリオワールド』発売当時の漫画雑誌『』での記述によれば「ウィッキー」。 「ヨッシー!」という掛け声を再現したものという見解もある。 ネット上コミュニティにおいては「でっていう」と聞こえるという説が広まり、によるでは15位に選ばれた。 『ヨッシーストーリー』以降も、このエフェクトは初期の『マリオパーティ』シリーズなど一部のゲームで使用されていたが、2000年頃からはほとんど使われなくなった。 『』で久々に採用され、その後発売された『』では、戸高の音声と併用する形で使用されている。 、 一部のTVCMで声を担当。 、 『スーパーマリオワールド マリオとヨッシーの冒険ランド』で声を担当。 緑ヨッシーを坂本、赤ヨッシーを大谷が担当している。 その他 [ ] 名前 [ ]• 1993年の任天堂キャラクターガイドには「T. ヨシザウルス・ムンチャクッパス」(T. Yoshisaur Munchakoopas)と表記されていた。 名前のの綴りは、現在では"Yoshi"で統一されているが、かつては"Yossy"だったことがある。 一例として、SFCの『ヨッシーアイランド』の一部ステージでは、リフトのレールが「YOSSY」の形になっている箇所がある。 ただし、日本国外版では「YOSHI」になっている。 脚注 [ ] []• 2010年10月21日発売の『』付属のブックレットの「スーパーマリオワールド」内でののコメントより。 『』では赤い甲羅とも言われている。 2010年10月21日発売の「スーパーマリオコレクション スペシャルパック」付属のブックレットの「スーパーマリオワールド」内でののコメントでも、「コウラのつもり」と証言している。 Oricon Inc. 2009年6月22日閲覧。 『スーパーマリオカート』ではヨッシーのライバルキャラになっている。 ITmedia News 2007年12月14日. 2007年12月14日時点のよりアーカイブ。 2019年10月14日閲覧。

次の

【マリオカートツアー】ヨッシーサーキットXのスコアの稼ぎ方|ショートカット|ゲームエイト

ヨッシー サーキット 高 得点

中級編で紹介したエアードリフトを使った応用テクニック。 エアードリフトからトランポリンに進入し、飛ぶときにジャンプアクションをすることで通常よりも低く飛ぶことができるテクニック。 これをすることでトランポリンの跳躍にこの加速が乗り、着地後にスーパーミニターボが発動されるので成功すれば通常よりかなり速くなる。 ただし、 トランポリンに進入する時のキャラクターの向いてる方向にジャンプしていくので進入するさい注意しないといけない。 ドリフトの上級テク 溝落とし コーナーによって内側に穴が空いている場所がある。 そこで使えるのがこの溝落とし。 タイヤの前輪を少し溝に落としながらコーナーを曲がることによって 減速しないで曲がれる。 なので場所によっては減速ドリフトよりも速く走れるので使えるところでは積極的に使っていく。 ターボ早溜め ドリフトのタイミングでスティックを上手く調整して通常より短い時間でスーパーミニターボを溜めるテクニック。 今回は右に曲がりたい場合の説明。 左に曲がる時は操作を逆にする。 通常ドリフトをする場合はを右(3時くらいの方向)に倒すが、ターボ早溜めの場合はスティックを右斜め上(大体1~2時の方向)に倒してドリフトを開始する。 ドリフトの体勢を作ったら 青い火花が出て音が鳴るまでスティックを左斜め上(10~11時の方向)に倒して通常のドリフトと同じように走る。 青い火花の溜まる音を聞いたらすぐにスティックを右斜め上に倒す。 通常ドリフトと同様にコーナー抜けにミニターボを発動するとスーパーミニターボになっていると成功。 ただし、 オレンジの火花が溜まった瞬間にスティックを左方向に倒さないと右にコースアウトしてしまうので注意。 スローダウンサンダードリフト 中級編で紹介したぴょんぴょん走法(サンダードリフト)の応用編。 通常サンダードリフトはぴょんぴょんと左右に連続してジャンプしてるが、このスローダウンサンダードリフトは左右にジャンプする感覚を少しゆっくりにする。 視覚で判断するにはミニジャンプして着地したさいに、 後ろタイヤの横に砂煙がでるのでそれが出たら次のミニジャンプをすると成功しやすい。 難しいので練習が必要。 ねじれドリフト 非常に難しいができるようになればタイムアタックで確実に上位が狙える。 通常ドリフトをする時はミニジャンプ後または同時くらいのタイミングで方向キーを入力していると思う。 ねじれドリフトの場合は違い、ギリギリまで方向キーの入力遅らせて着地と同時のイメージで入力する。 視覚で判断するには左右に連続してやっていると後ろタイヤの横に大きな煙が出てくるが、それが片側からしかでないのが目安。 これができるようになると 通常状態で走るよりも速くなる。 上級編.

次の